お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2009年07月

ポン酢@蒲田 凛

rin6_31Jul2009

家の中の人たちが
避暑にお出かけになるということで、
朝から羽田に見送りに行きました。

見送りの帰りに、
かねてから宿題店(ラヲタ?)としていた
蒲田の『凛』に寄ってみました。


店に入ると、右側に券売機があります。
Zenさんのサイトで見た『ポン酢』が
以前から食べたかったので、
ポン酢と煮豚増し券を購入。

寡黙にお仕事をされる店主。
なんと、いきなり目の前の
カウンターの上で
ドンブリの盛り付けを
始めました。

しかし、そこは予習していた事なので、
特別驚くことはなかったのですが、
知らなかったら『エッ!?』っと思うでしょうね。

rin1_31Jul2009

ポン酢(900円) +煮豚増し(200円)
(ニンニク入り)


ノールックパス風に
聞きとれないくらい小さな声で
ニンニクの有無を聞く店主。
もちろんニンニク入りでお願いしました。

壁の注意書きに、
『撮影は一声かけて』とありますので、
もちろん撮影許可をもらうのも忘れずに。

rin2_31Jul2009

ヤサイは、
提供直前に茹でるというところに
キメ細かさが感じられます。

さすがにこれはシャキシャキで旨いです。

rin3_31Jul2009

このスープ、ある意味ヤバイです(笑)
液体アブラの層が2cmはあるでしょうか。
さらに大小の背脂がギッシリと
入っています。

表面は液体アブラのせいで
味が薄く感じますが、
底の方に行くにしたがって、
ポン酢とカエシの味が
ガツンと襲ってきます。

rin4_31Jul2009

麺は一般的な硬めの茹で加減だと
感じました。
大崎の凛と同じくらいかな?

底の方から麺をグワッと
持ち上げると、ポン酢醤油の絡んだ麺が
出てきます。

『これは面白い味だ〜!』
と新鮮な驚きがありました。
ラーメンでもつけ麺でも油そばでも無い
特別な食べ物のようですね、これは。

rin5_31Jul2009

煮豚増しにしたので
大切りの豚が
バサバサ入っています。

どの豚も柔らかくて、
一見あぶら身のような部分も
実はサシが入ってたりして
これはかなりのものだと思いました。


終盤はアブラに押されて
ちょっと苦しかったですが、
スープ以外は完食しました。
さすがにスープまで飲むのは
危険と判断。

ここはアブラ上級者向けの
お店だと思いました。
今度は違う味も試してみたいです。
ごちそうさまでした!

塩ラーメン@高田馬場 べんてん

benten6_30Jul2009

先日の辛冷し油そばの記事に頂いたコメントで、
最近は夜も塩ラーメンをやっていると
教えてもらったので、
早速夜のべんてんに行ってきました。

benten1_30Jul2009

ちょうどお湯換えのタイミングだったので、
ゆっくりビールが飲めました。

benten2_30Jul2009

塩ラーメン 850円


夜でも塩の札が掛かっているのは
不思議な気持ちがします。

今日はとても暑かったせいか、
ほとんどの注文がつけ麺で、
塩は店内で自分一人でした。

夜の塩ラーメンは
初めてなので、
とりあえずデフォで食べてみることにしました。

benten3_30Jul2009

最初にスープを連続で三すすりほどして
味を確認。

まず、輪郭のハッキリしたしょっぱさが
感じられます。辛味も多めですね。
デフォで濃い目カラメなのかな?

でも、しょっぱさや
辛さが立っている印象はありません。

benten4_30Jul2009

茹でモヤシが
トッピングされていました。
シャキシャキしてて、
しょっぱ辛めのスープと
良くマッチしています。

benten5_30Jul2009

麺がこれまた絶妙な
茹で加減で、最高でした。
口の中で、活きの良いお魚が
ピョンピョン弾けてるような食感で
最後までダレない美味しさでした。


田中店主のお作りになる
塩ラーメンとはまた違った個性が
感じられる一杯だと思います。

今度は、もう少し早い午後の時間帯に来て
塩ラーメンの味の違いを楽しんでみたいです。

おいしい塩ラーメン
ごちそうさまでした!

大豚(汁なし)@ラーメン二郎 横浜関内店

jiro7_28Jul2009

早朝から
横浜方面へプチ出張だったので、
その帰りに関内へ寄りました。

13時ごろ関内二郎前に着くと
野球部の団体御一行様が
並んでいたりして
20人以上の待ちでした。

jiro2_28Jul2009

大豚(800円)+汁なし(80円)+ニラキムチ(80円)
(アブラニンニク)


今日は直帰なので
迷うことなくニラキムチも
追加しました。

jiro3_28Jul2009

ニラキムチは味が強い(しょっぱい)ので、
混ぜないで漬物のように
麺に少しずつ絡めながら食べると、
感動的においしいです。

これでチーズの食券が
売り切れてなければ
もっと良かったのですが。

jiro4_28Jul2009

巻き豚ちゃんは
相変わらず柔らかくって
とてもナイスですね。
レベル高すぎです。

jiro5_28Jul2009

やはり、関内の汁なしは
卵黄を麺に絡めて食べると
最高に旨いです。

麺がアツアツなので、
カルボラーナのように
卵黄が麺にネットリと絡みついて
絶品です。

jiro6_28Jul2009

ジロリアン以外の人にとっては
グロにしか見えない『アブラ』。

汁なしに追加すると
コッテリ感+で
お気に入りです。


久しぶりの関内二郎は
意外に量が多かったような
気がしました。
ブレですかね?

いやいや、旨かった。参りました。
ごちそうさまでした!


※ ここのカウンター下の棚って、奥に4cmくらいの
隙間が空いてるんですね。
そこからデジカメを落っことしてしまいました(笑)
幸い、壊れなかったですが…。

辛冷し油そば@高田馬場 べんてん

benten1_25Jul2009

今日は一巡目に入れず。

熱射病になるかと思うほど暑かったです。

benten2_25Jul2009

とりあえずビールで水分補給を。

飲むとシャキン!と生き返りました。

benten3_25Jul2009

冷し油そば 800円
【中盛り少なめの少なめ(+100円)】


今日の短冊メニューは

  • とろろつけ 900円
  • 辛冷し油そば 800円

でした。


とろろもいいなあと思いましたが
辛冷し油そばもいいなあということで
心の中で綱引きをした結果
辛冷し油そばに決定しました。

味噌ダレの味が微妙に変わったような
変わってないような。
駄舌なので分かりません。

相変わらず量が多くて
味も大満足です。
ごちそうさまでした!

小ブタ@ラーメン二郎 京成大久保店

jiro1_23Jul2009

小ブタ 750円
(ヤサイニンニク)


ここのところ二郎に行ってないことに気づき
夜の部の京成大久保店に
行ってきました。

助手はアンジェラ奥さん。
やはり、あの助手さんは
もう帰ってこないんですね (´Д⊂)

jiro2_23Jul2009

先週は、店主が腰を痛めた為、
休業が続いていたようです。
常連さんとアンジェラ奥さんの話を聞いていると
ぎっくり腰だったようです。
大変でしたね。

スープの味は
深いコクのある味わいで
若干苦味も感じる複雑なものでした。
いぶし銀の渋い味。

麺はデフォで硬めかな?
杯数が少ないロットのときは
硬めに仕上がることが多い気がします。

なにはともあれ、久しぶりの二郎は
旨かった。ごちそうさま!

牛肉そば@高田馬場 べんてん

benten1_20Jul2009

特製 牛肉そば 1100円


祝日は、いつもより出足が早いので
いつもより30分ほど早めに
べんてんに到着。

曇り空なので
全然暑くなく快適。

10時を少し過ぎたころに開店しました。
本日の短冊メニューは二種類

特製 牛肉そば 1100円
辛冷し油そば 800円

benten2_20Jul2009

牛肉そばは、GWに食べて以来です。

バラの部分と
スジの部分が入っていて
どちらもトロトロに
煮込まれています。

benten3_20Jul2009

スープの表面を、
牛肉の煮込み汁が軽く覆っています。

レンゲですくうと
僅かにとろ〜んとしています。

味は、GWに食べた時よりも
スパイシーさが増しているように
感じました。

benten4_20Jul2009

牛肉の他には、
特別なトッピングとして
細モヤシとワカメが
載っています。

benten5_20Jul2009

麺の茹で具合は、
塩よりは柔らかめだけれども、
ラーメンよりは硬めのように
感じました。

柔らかすぎず、硬くもなく
絶妙な茹で加減で
とてもおいしいです。

benten6_20Jul2009

途中で特製ラー油をかけてもらって
辛くしました。

benten7_20Jul2009

レンゲで
ラー油の部分をすくって
飲んでみると、
花椒の鮮烈な辛さが
グッときて
味覚がリセットされたように
感じました。

辛くすると
味が引き締まって
後半飽きが来なくて
良かったです。


美味しい牛肉そば、
ごちそうさまでした!

潮風公園

※ この記事はラーメンとはほとんど関係がありませんのでご注意ください

g1_18Jul2009

『そんなわけで
この公園にやってきたのだ…』

いや…、別に深いワケは無いんですけど
やってきました。

浜松町駅バスターミナルから
どこまで乗っても200円(多分)の
都バスに揺られて
やってきました。

g2_18Jul2009

この方を拝みに…(笑)

8月1日から
ガンダムの向かって右肩(多分)の所に
東京都のオリンピック招致ロゴが入るそうで
カッコ悪くなる前に
撮っておこうということで。

g3_18Jul2009

一応、当サイトは
なんちゃってグルメブログなので、
会場の飲食情報も
載せておかねばということで。

g4_18Jul2009

つけ麺がありましたが、
カメラを持っているため、
ドンブリを二つ持つのは不可能と判断し
チャレンジしませんでした。

メニューの写真を見た感じ、
豚骨魚粉系のような…

g5_18Jul2009

ビールを飲んだりして
ダラダラ過ごしていると、
あっという間に夕焼け小焼けの時間に。

ここに集まった人々は
ほとんどがガンダムの方向を
向いています。

原始宗教みたいですね(笑)

g6_18Jul2009

ガンダムの首が動いて
ダクトからミストが噴射される
イベントが30分ごとに
発生します。
※ ○○時30分は首が動くだけです。

これは何回見ても飽きません。
かなりカッコイイです。

g7_18Jul2009

結局、イベント終了時刻の20:00まで
会場で過ごしてしまいました。

お祭り的な雰囲気なので、
コアなガンダムフリークじゃなくても
楽しめるイベントだと思いますよ。

ガンヲタなら
かなり楽しめると思いますが(笑)

ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_18Jul2009

土曜のお昼過ぎの
ネ申スープを堪能しにきました。

並び始めは
10名を超えるかと思われるような
列だったのですが、
意外にサクサク進んで
あっという間に
店内イン。

benten2_18Jul2009

ラーメン 750円

benten3_18Jul2009

今マイブームの
べんてんのお昼過ぎの
しょうゆスープ。

benten4_18Jul2009

いつも思ってるんですが、
川の流れのような
見事な麺の盛り付けですね。

今日も実に旨いラーメンでした。
ごちそうさまでした!

これから
土曜日のこの時間に来る頻度が
増えるかもしれません。


この後、某所に夜景撮りに行くことになります…

辛冷し油そば@高田馬場 べんてん

benten1_16Jul2009

いや〜、今日もアチかったっすね!

暑いと分かってても
シャッターべんてん(二郎か?)
シャッターの定義とか気にしない気にしない

10時半ごろまで一人ぽっち。
炎天下で苦行僧の面持ちで
『あぢーあぢー』とつぶやき続けていると
11時5分頃開店しました。

benten2_16Jul2009

『あー生きるの楽しいなーチキショー!』 な瞬間(アル中か?)

benten3_16Jul2009

冷し油そば 800円
【中盛り少なめの少なめ(+100円)】


jwさんのレポを読んで
『やっぱり初物は素の味をまず確認するべきだろ』
と思ったので
今日は生卵を入れずに
注文することにしました。
benten4_16Jul2009

先週の土曜日に食べたときは
中少なめの量で
ヤバイ思いをしたので
今日は中少なめの少なめ。

この量はイイ感じ。

benten5_16Jul2009

今回は時間をかけて
念入りにまぜまぜしました。
※ 写真は最後の一枚を除いて混ぜる前のものです

やっぱり、油そばは半端にまぜるのは
良くないような気がします。
人それぞれだと思いますが…。

底のほうには
ワカメが入っていました。
ありがたや。

benten6_16Jul2009

jwさんのレポに書いてあったように
甘さと酸味が効かせてあるせいか、
味噌にありがちな
味の重ったるさが感じられなくて
これは傑作ですね!

コショウも結構効いていて
甘辛酸っぱい味に加えて
スパイシーで、
更にショウガが
鼻の奥に抜けるような
爽快感を演出しているように
感じました。

benten7_16Jul2009

もちろんスープ割りも今日はお願いしました。

『甘かったら言ってくださいね』と
O部さんが言ってくださいましたが
血圧を気にしているので、
カエシは入れてもらわずに
そのまま全部飲み干しました。

これは凄い油そばだと
改めて思い知らされました。
昨年から大きく進化しているかも。

ごちそうさまでした!

超ガメラ@らーめん 福たけ

fuku1_12Jul2009

先週日曜日の
メガ豚煮干しつけめんの記事に頂いたコメントで、
『超ガメラ』という超絶裏メニューを
教えていただいたので
早速食べに行ってきました。

駅から15分も歩くと
喉が渇きますな〜
などとオヤジ臭いことを言いながら
今日は生ビール(500円)。

fuku2_12Jul2009

おつまみにメンマが付きました。

fuku7_12Jul2009

ビールのお供に餃子(300円)。

fuku6_12Jul2009

これは同行者が注文した
背脂しょうゆらーめん(あっさり) 600円。

fuku3_12Jul2009

超ガメラ 800円


注文する時、
『超ガメラの大盛りってできるんですかねえ?』
とホール係のお姉さんに尋ねたら
『できないです』とのことでした。

fuku4_12Jul2009

白髪ネギの上に載っている
観葉植物みたいな葉っぱは
めかぶだったか芽ひじきだったかが
品切れした為の代用品だと
お姉さんから説明がありました。

食べたことのない葉っぱなので
なんとなく得した気分になります。

fuku5_12Jul2009

スープは
期待を裏切らないドロドロさです。

背脂ポタージュ?(笑)

fuku8_12Jul2009

麺は浅草開化楼特注麺のチーメン。
旨いです。

fuku9_12Jul2009

スープは表面だけではなく
底までギッシリ背脂ギッシュな
特濃スープです。

スープの味自体は、
先週食べた
『メガ豚煮干しつけめん』と比べると、
煮干し由来の苦味を
あまり感じないので
食べやすいと思いました。

背脂の濃厚さが
前面に出ていて、
背脂マニアには
たまらないでしょう。

神保町の『のあ』とはまた違った
背脂道を感じます。

fuku10_12Jul2009

麺と具を食べきって
スープがこんなに
残ってしまったよぅ
どうしよう、母さん?

そんなこともあろうかと
用意しておきました…

fuku11_12Jul2009

半ライス(100円)を投入して

『ライス・イン・ザ・スープ!』

ですよ。

fuku12_12Jul2009

ライスを背脂ドロドロスープに混ぜると
これが異様に馴染む馴染む(笑)

背脂おじやですね。
危険な食べ物ですが
背脂フェチには堪りません。

fuku13_12Jul2009

結局
スープまで全て完食してしまいました。

大ガメラをすっ飛ばして
超ガメラを食べたので
今度また機会があれば
大ガメラも食べてみたいな。

物凄い背脂ラーメン
ごちそうさまでした!

余談ですが、
ホール係のお姉さんが
背脂で滑りやすくなっている床を
上手にワザと滑って
平行移動していたのが
とても印象的でした(笑)

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ