お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2009年08月

辛冷し油そば@高田馬場 べんてん

benten1_29Aug2009

昨日に引き続き
今日も朝からべんてんに並びました。

待ち時間は地獄のように暑かったので
ビールが旨いです。
メンマは昨日と同じくコリコリした食感。

benten2_29Aug2009

辛冷し油そば 800円


もしかすると今日で油そばが
終了するかもと思い、
油そばを注文しましたが、
店主と超常連さんとの話では
月曜まであるとかないとか。

benten3_29Aug2009

平麺をサービスでいただきました。
いつもありがとうございます。
平麺だけはあまりマゼマゼせずに
端っこによけておきました。
ツルツルした食感で喉越し最高ですねコレ。

benten4_29Aug2009

最後は醤油ダレを少したらしてもらって
スープ割り。
土曜日は開店時間が早いので
ダシ感は平日より弱いですね。
ライトなスープ割りになります。
ごちそうさまでした!


余談ですが
なんと、スタッフのH田さんが
今日限りでべんてんをお辞めになるそうです。
昨日店主が言っていた『9月に入ったら…』
というのはこの事だったんですね。多分。

辛冷し油そば@高田馬場 べんてん

benten1_28Aug2009

久しぶり(?)のべんてん。

メンマがいつもより
コリコリした歯ごたえで
おいしいです。
昔のべんてんのメンマに
戻ったような気がしますが
もしかして乾燥メンマになったんですかね?

benten2_28Aug2009

辛冷し油そば 800円


なんとなく、そろそろ油そばが
終わりそうな予感がしたので
油そばにしました。

benten3_28Aug2009

玉子ありがとうございます。
おでん君に出てくるガングロ玉子ちゃんを
思い出しました。

benten4_28Aug2009

味噌ダレの味が熟成を重ねられたような
深い味わいになっていました。

今日は特にスープ割りが美味しかったです。
魚系のダシがとても濃厚です。
平日は開店時間が遅いからなのか、スープが
旨く感じる時が多いですね。
ごちそうさまでした!


帰り際に、店主から油そばがもうすぐ
終わりそうだということを伺いました。
それと、9月からバタバタするかも
という意味深な事も
伺いましたが、気になります。
まー、9月になれば分かるんでしょうけど。

小ブタ@ラーメン二郎 京成大久保店

jiro5_25Aug2009

約一月ぶりの京成大久保店。

待ち列は出来ないものの
常に半分以上の客入り。
眉店主は、半藁や舌打ちすることも無く
柔和な表情でお仕事をされています。

夏休みが終わって
学生さんが戻ってくると
混むんだろうなあ…

jiro1_25Aug2009

小ブタ 750円 (ヤサイニンニク)


最近は小ブタでお腹いっぱいになります。

jiro2_25Aug2009

ヤサイニンニクにしたので
プチタワー状態。
ここは盛り付けの手順が
スープ→麺→ブタ→ヤサイ
なので、ブタはヤサイの下に
ほとんど隠れてしまいます。
ブタが温められるので、その方が
おいしく食べられていいですね。

ニンニクはタッパーの残り全部を
ドバっと入れてくださいました。

jiro3_25Aug2009

この店に以前からレンゲがあったかどうか
全く記憶にないのですが、今日フとカウンターの上を見たら
レンゲがあったので、スープを飲むのに使ってみました。
二郎でレンゲを使うのはこれが初めてかも。

凄く濃厚なスープです。
味に深みもあって、カネシもドッシリと効いています。
『京成大久保店が化けた!』と、最近巷で
噂されているようですが
それも納得です。

jiro4_25Aug2009

やはり先月あたりから
麺が変化していますね。

以前は若干幅広でピロピロした麺だったのですが、
今の麺は幅が狭まって、厚みがあります。
そのせいか、麺の中心あたりが二郎独特の
生煮えっぽいボソボソとした食感に。
以前の麺より、今の麺が断然好きです。


待ち客が居なかったので、
2ロットいっぱい使ってゆっくり完食完飲。
ホント旨かったなあ。ごちそうさまでした!

てびちそば@那覇空港 琉球村

ryu8_24Aug2009

とうとう沖縄を発つ日がやってきました。

那覇空港では、この『琉球村』か『風月』で
食事をとることが多いですね。

ryu7_24Aug2009

ここはメニューがワリと本格的なのと
店内が民芸調で落ち着けるからなのかも。

ryu1_24Aug2009

最後もオリオン生(600円)で〆。

ryu2_24Aug2009

これは同行者が食べたがっていた
『バクダンかまぼこ』。
かまぼこの中にジューシー(沖縄風炊き込みご飯)が
入っています。なかなか美味しいですよ。

ryu3_24Aug2009

てびちそば 800円


てびちが好きなんです。

ryu4_24Aug2009

黒砂糖入りの煮汁で
濃い飴色に煮込まれたてびち。
柔らかくてとろとろです。

ryu5_24Aug2009

八重山そば系の細くてコシのある麺。
ビールを飲みながらダラダラ食べていたので
少し柔らかくなってしまいました。

ryu6_24Aug2009

スッキリ塩味のスープ。
ダシ感はあまりありませんが、この麺には
合っているように感じました。

ryu10_24Aug2009

まだ飛行機の時間には余裕があったので
那覇空港3FにあるA&Wに寄りました。
最近は行列が出来るほどの人気ぶりです。
フライトアテンダントのお姉さんたちも
テイクアウトで買っていきますね。

ryu9_24Aug2009

ゲート内で食べる用にテイクアウトで
『ビッガーダブルチーズバーガーコンボ』(860円)を注文。
ドリンクは当然のごとくルートビアを選択。

ビッガーダブルチーズバーガーは
なんとなく巨大なモスバーガーぽかったです。

ryu11_24Aug2009

飛行機が水平飛行に移った頃
外を見ると、島が見えました。
そこで島撮りをすることに。

なんか細長い島があるぞ?

ryu12_24Aug2009

と見とれていたら、丸っこい島が見えてきました。

『もしかして水納島かなあ?』と思ったのですが
後で地図を調べたら、
最初の長細い島が『伊平屋島』で、
丸っこい島が『与論島』なのでした。

飛行機だと、島の間をあっという間に
渡っちゃうんですねえ。
飛行機って頭で考えてる以上に速いんだなあ。

てびち煮付け@首里 あやぐ食堂

ayagu3_23Aug2009

あやぐ食堂には今年の正月にも来たんですが
同行者がディープな『あやぐマニア』なので、
今回もお昼ごはんを食べに。

店に着いたのが12時半くらいだったので
当然満席で、店内・店外待ちも出来ていました。

ayagu1_23Aug2009

てびち煮付 730円

定食が500円ぐらいで食べられるこのお店では
700円オーバーの値段は
高級料理のカテゴリーに入ります。

ayagu2_23Aug2009

足てびちのカタマリが4個ほど
入っており、てびちの他には
島豆腐やレタスなんかも入っています。

卓上のコーレーグースをたらしてから
食べましたが、ここのコーレーグースは
ほとんど泡盛で、なかなか危険な香りです。

てびちは可食部分が意外に少なく、
骨の間のぷるぷるした所を吸うように食べます。
口の中で間接が外れて骨がバラバラになるので
小皿にぺぺぺっ!と出すので
キレイなお姉さんにはお勧めできません(笑)


やっぱり沖縄食堂のてびちは
よく煮込まれているし、処理も完璧なので
とてもおいしいです。
ごちそうさまでした!

ayagu4_23Aug2009

チリチーズカーリーフライ 350円


夕方まで牧志公設市場周辺で
お土産を漁った後、ドライブ途中に
おもろまちのA&Wで休憩しました。

このチリチーズカーリーフライは、
A&Wのカーリーフライの上に
スパイシーなコニーソースとチーズがかかったもので、
昨年あたりに発売された比較的新しいメニューです。

かなりオススメできる品です。

ayagu5_23Aug2009

ルートビア(R) 200円


ネ申の飲み物(笑) 『ルートビア』 です。

日本人にはほとんどウケない味ですが
沖縄や北米とかに行くと、かなりポピュラーな飲み物で、
かく言う私も大好きです。

A&Wではルートビアがおかわりし放題なので
1回だけおかわりしました。
おかげで、オナカちゃぷちゃぷです。

本ソーキすば@おもろまち けんぱーのすばやー

kenpa8_22Aug2009

那覇新都心への用事がてら
某所で沖縄そばランキング一位になっている
『けんぱーのすばやー』でランチをとることに。
店の外観はチト怪しい(笑)

外から見るとキャパは小さそうですが
中に入ると、結構広いです。
お客さんもひっきりなしに入ってきて
回転がかなり早そう。

kenpa7_22Aug2009

メニューは
トッピングの肉の種類で
名前が付けられているようです。

入って左側の券売機で食券を買って
奥の注文カウンターに持っていくと
注文確定です。

kenpa1_22Aug2009

本ソーキすば(大) 750円


ソーキそばは基本的に避けているのですが、
この店はソーキが別皿で出てくると予習していたので、
本ソーキそばの大盛にしました。

ジューシー(沖縄風炊き込みごはん)は
ランチタイムの無料サービスです。

ビール中瓶(500円)も注文したのですが、
そばが出てくるのがとても早かったので、
食前にゆっくり飲むというわけには行きませんでした。

kenpa2_22Aug2009

麺量は沖縄では多い方だと思います。

kenpa5_22Aug2009

軟骨を含まない部分のスペアリブを
本ソーキと言って、軟骨ソーキとは区別します。
今回食べたソーキは硬めだったかな。

kenpa6_22Aug2009

紅しょうがもデフォではトッピングされていません。
嬉しい心遣いです。

kenpa3_22Aug2009

麺は細めで硬めのザクザクとした食感。
宮古そばを彷彿とさせます。
こういう食感は好きです。
もう少し太ければもっと好きですが…。

kenpa4_22Aug2009

スープは透明感のあるスッキリ味です。
ダシ感が薄かったのが少し物足りなかったですねえ。
でも、宮古そば系だと思えばこんなものかも。
これは再訪して見極めないといけないかな。
機会があれば、また是非。
ごちそうさまでした!

氷ぜんざい@本部町 新垣ぜんざい屋

arakaki3_21Aug2009

ちゅら海水族館で1時間半ほど過ごした後
新垣ぜんざい屋に向かいました。

arakaki5_21Aug2009

沖縄のお店って
コンクリートの壁面に
直接ペンキで店名を書く所が
多いですね。
看板だと台風で飛ばされるからだという説がありますが…。

arakaki1_21Aug2009

店に入ると左側に券売機があります。

このお店には氷ぜんざいしか無いので、
券売機のボタンには、氷ぜんざい一人前250円から
20人前5000円までがずらっと並んでいます(笑)

arakaki4_21Aug2009

氷 ぜんざい 250円


これ以上シンプルなぜんざいは無い
というほどシンプルです。
氷はそれほどキメが細かい感じはしませんが
素朴なこの地域らしい一品ですね。

arakaki2_21Aug2009

ほど良い甘さのトロッと煮込まれた小豆が
この氷ととても良くマッチしています。
近くに住んでたら、夏場は毎日でも
食べに来たくなるだろうなあ。
また近くに来たら寄らせてもらいます。
ごちそうさまでした!

そば大@本部町 岸本食堂

kisi7_21Aug2009

ちゅら海水族館に行く途中、
本部町通過時刻が
岸本食堂の開店時間(11時)に近かったので
ここで早めのランチにすることにしました。

kisi11_21Aug2009

こちらは本店で、
八重岳入り口に数年前に出来た支店があります。

kisi8_21Aug2009

数年前に訪れた時は
店の駐車場は無かったのですが、
今は店から歩いてすぐの所に
数台停められるようになっています。

kisi2_21Aug2009

メニューは至極シンプル。
そばとジューシーしかありません。
私はそば大とジューシーを注文。

kisi9_21Aug2009

そば大 650円


小ぶりなドンブリに
山状に盛られた麺とトッピング。
量は少なめです。

kisi5_21Aug2009

お肉は、
三枚肉と赤身の二種類。
柔らかくて、味もバッチリです。

kisi4_21Aug2009

カツオ出汁がガツンと効いたスープ。
麺よりはスープのインパクトが強いように
いつも感じます。
こういうスープは好きです。

kisi6_21Aug2009

この麺は、ガジュマルの木を燃やして作った灰を
水に入れ、その上澄みをカンスイ代わりに使って
打たれているそうです。

首里そばのような
パツンパツンとした食感は無く、
うどんに近いモチモチとした食感です。
加水率がうどん並に高いと思われます。

太くてモチモチとした麺は、
沖縄そばの中では
独特な部類に入るのではないでしょうか。
これはこれで非常に美味です。

kisi10_21Aug2009

これは一緒に注文したジューシー。
沖縄風炊き込みごはんですね。

kisi3_21Aug2009

とても具沢山で
椎茸、沖縄かまぼこ、ニンジン、豚肉などが入っていて、
そばのスープと同じ濃厚なカツオ出汁で
炊かれているようです。
このジューシー、かなりオススメです。

そばとジューシー、とても美味しかったです。
ごちそうさまでした!


この後、すぐ近くの『新垣ぜんざい店』で
デザートにしようかと思ったのですが、
開店時間が12時だったので
ちゅら海水族館の帰りに寄ることにしました。

首里そば@首里そば

shuri7_20Aug2009

この写真は食後に撮ったものですが
最近は並びが長くなって
出足も早くなっています。

以前は開店15分前に行けば
余裕で一番乗り出来たのですが、
今日は開店45分前に着いたのに
すでに先客さんがいらっしゃいました。

shuri1_20Aug2009

看板メニューの『首里そば』は
大きさが大中小あります。
基本的に量が少なめなので
男性なら大でも余裕でしょう。

煮付けも注文しました。

shuri8_20Aug2009

首里そば(大) 600円


幻の名店と言われる『さくら屋』の製法を
受けついでいると言われている沖縄そばです。

『さくら屋』には数え切れないくらい行ったので、
首里そばがさくら屋の完全なコピーでは無いことは
分かっていますが、さくら屋を思い出す味であるのは
確かですね。煮付けは似てないですが。

shuri2_20Aug2009

トッピングの三枚肉の数が
以前より増えたような気がします。

shuri3_20Aug2009

紅しょうがでは無く、針しょうがが
載っています。繊細なスープには
針しょうがが良く合いますね。

shuri5_20Aug2009

自家製麺です。

昔の沖縄そばの麺は、
こういう、ワシワシとした硬い麺が多かったです。
モチモチ感はほとんど無く、
噛むとパツンパツンと切れるような食感。
素晴らしい麺です。

shuri4_20Aug2009

超クリアなスープ。

カツオ出汁の味が良く出ていて
塩味もほどよく、思わず完飲してしまいます。

ここの沖縄そばは、
麺とスープだけで十分で
トッピングが余計に感じるほどです。

shuri6_20Aug2009

とは言え、
三枚肉もホロホロに崩れるほど
柔らかくて美味しいですよ。
味付けが薄味にしてあるので
スープを壊してはいません。

やっぱり首里そばは、
沖縄そばの中でトップランクの旨さです。
また食べに来たいなあ。
ごちそうさまでした!

沖縄そば@座間味島 ペンションはまゆう

hama1_19Aug2009

座間味島滞在最終日の今日は
宿の近くの阿真ビーチで
シュノーケリングを2時間ほどやりました。

干潮に近い時間帯だったので
ダイビング船のすぐ近くまで行っても
足が立つほどです。
さすがに船のところでは急激に深くなっていましたが…

昨日行った古座間味ビーチとは
また違う面白さがある阿真ビーチ。
海ヘビもいました。
白と黒の縞々模様の
『ザ・海ヘビ』という感じのやつが。

『わっ!海ヘビ、こっちくんな!』と思っていると
どんどん近寄ってきて、自分の腹の下を
くぐり抜けていった時は
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル!しました。

hama2_19Aug2009

沖縄そば 600円


海から上がると、ちょうどランチ時。
座間味滞在初日に行った『ペンションはまゆう』で
沖縄そばを再食することに。

沖縄そばを注文すると、
麺が12:30にしか届かないとのことでした。
時間はたっぷりあるので、待つことに。
麺は那覇から取り寄せているそうです。

三枚肉は、一昨日より味付けが濃くなっていました。
スープは相変わらずイイですね。
ごちそうさまでした!

hama3_19Aug2009

帰りはフェリーではなく
高速艇『クイーンざまみ』で。

hama4_19Aug2009

フェリーの2倍くらい速いですが
水上を滑るように行くので、
大きな波を切るときには
それなりに揺れます。

hama5_19Aug2009

50分ほどで泊港着岸

hama6_19Aug2009

夜は、某宅の縁側で
チマチマと七輪で焼き物をしたりして
まったりと過ごしました。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ