お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2009年09月

特製つけそば@松戸 中華蕎麦 とみ田

tomi1_26Sep2009

今日は二郎の三田本店に参拝の予定でしたが
某ニンニク掲示板の情報によると臨休とのことなので、
松戸方面をフラフラと徘徊。

二郎松戸店とどっちにしようかと悩みましたが、
久しぶりにとみ田へ行ってみることに。


えらく並んでいます。
行列は、店の建物に沿って一往復した後に
道を渡った先の歩道まで続いています(;´Д`)

結局1時間20分ほど並んで入店。
2時間コースを覚悟していたので
意外に回転は速いのかも。


列の中で喫煙するお客さんが
ほとんど居なかったのも好印象。
なんとなくストイックな雰囲気の客層。

tomi2_26Sep2009

特製つけそば(大) 1030円


前回訪問時は特製中華そばを食べたので
今回は特製つけそばで。

カウンター席に座りましたが、
前回と比べると席の間隔がやたらと狭く感じます。
1席増やしたんですかね?
自分が太ったせいかもしれませんが(笑)


つけ汁と麺ドンブリが届いたところで
ホール担当の方に撮影許可を請おうとしたら
先読みされ

『フラッシュは絶対に焚かないでください。
撮影は1枚だけでお願いします』

とのご説明。
ラヲタ対策も完璧ですね(笑)


つけそばの味ですが、
2年前に食べた記憶と大体同じかなと思います。
最近、この手の豚骨魚粉系が巷に溢れているせいか
新鮮味は無くなりましたね。

しかしながら、完成度の高さは
群を抜いた素晴らしいものがあると思います。
濃厚豚骨系にありがちなケモノ臭さも皆無ですし
麺も極太なのにゴワゴワしてなくて
最後まで飽きずに食べることができました。


最後はスープ割りを
『あっさり味 刻みネギとチャーシュー追加』
でお願いしました。
ゆず皮の千切りも入っていて、
実にさっぱりとした美味しいスープ割りでした。
どうもごちそうさまでした!

辛つけ@高田馬場 べんてん

benten1_24Sep2009

最近辛つけを食べていない事に気がつき、
終業後にべんてんへ。


10分かそこら並んで入店すると
なぜか田中店主が厨房に立っておられます。

『あれ?めずらしいですね!』と挨拶すると
今日は、とある事情があり
O部さんがお休みなのだそうです。
I上店長との二人体制で営業していました。


先月の終わりごろに、
『来月はバタバタすると思うけど…』と仰っていたのを
思い出しました。大変ですね。

benten2_24Sep2009

仕事の後のビールは
結構キます。


そういえば
今日はこの時間(19:50ごろ)でも
まだメンマトッピングがオーダー可でした。

benten5_24Sep2009

辛つけ 850円
【中盛り(+100)少なめの少なめ 生卵(+50円)麺の上全卵】


最初、生卵は注文しなかったのですが
I上店長が『生卵は?』と尋ねてきたので
付けてもらうようお願いしました。

実は厨房内の作業が煩雑になって
ご迷惑になるのではないかと思い
生卵呪文は封印していたのですが…。
お気遣いありがとうございます。

benten3_24Sep2009

辛味は別皿にせず
最初からつけ汁に溶かすと
当然辛いのですが、辛味の風味が
最大に発揮されるような気がします。

benten4_24Sep2009

今日の辛味はかなり辛かったです。
シビレるような鮮烈な辛さでした。
思わずウヒョーと唸る辛さ。

benten6_24Sep2009

ラー油をかけた麺の上に
生卵ちゃんが乗せられました。

麺量が、少なめの少なめにしては
あまり少なくないと最近いつも
思うのですが、少なめの少なめの少なめ(SSS)
のオーダーだとどうなるんですかね?
グラム数でのオーダーも可能らしいですが。


今夜の辛つけはとてもシビレました!
辛いけど旨い。旨いけど辛い。カラウマですね。
途中からヒーヒー言いながら食べました。

スープ割りして98%ほど飲みましたが、
残り2%が超えられない壁でしたね。
カラウマな辛つけ、ごちそうさまでした!

辛みそラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_23Sep2009

思えば、このブログを始めたのが
昨年の秋分の日。
偶然なのか計画的なのか
本日がブログを始めてからべんてん100食目。
いやー、我ながら良く食べました。
家の中の人たちからは『どんだけだよ!』と
呆れられておりますが(笑)

benten2_23Sep2009

今朝は田中店主がいらっしゃいました。

10時ちょっと過ぎに開店。
味噌系の短冊メニューがかかっています。

ビールのつまみ皿に
煮こごりを付けてくださいました。
ありがたく戴きます。

benten3_23Sep2009

煮こごりは、ちゅるんとお口に入れると
舌の上で淡雪のようにジュワっと溶けるような食感。
しょうがが利いていて、
とてもビールがススム君な大人の味でした。

benten4_23Sep2009

みそラーメン 850円


本日の特製『辛みそラーメン』。
(※もしかすると『みそ』の部分は漢字だったかも)
味噌系は久しぶりに食べるので
ワクワクします。


これは全くの余談ですが、
短冊メニューの値段の所を見ると、
『800円』と書かれているのが横棒線で消されていて
『850円』に書き直されていました。

benten5_23Sep2009

もやしの上に、
辛味と特製味噌と針しょうがが載っています。

benten6_23Sep2009

パッと見は塩ラーメンに似ていますが、
熱したサラダ油はかけられていないです。

最後にラー油をかけてから
提供していました。

benten7_23Sep2009

スープは簡単に言うと味噌風味です。
味噌をトッピングするだけのバージョンとは
また違う味わいがありますね。


『味の濃い薄いがあったら…』と言われましたが
トッピングされた特製味噌やラー油があるので
ちょうど良い塩加減だと思いました。

逆に言うと、トッピング味噌やラー油が無かったら
後半は飽きが来たかもしれません。
味噌は難しいメニューですね。

benten8_23Sep2009

塩の時よりは若干柔らかめの
田中店主らしい麺の仕上がり。

もっちり感が出ていて
絶妙ですねー。

benten9_23Sep2009

麺にトッピング味噌や辛味を絡めて食べると、
最後まで飽きずに美味しく楽しめました。
しゃっきりモヤシの歯ごたえも(・∀・)イイです。

たまには良いものですね。味噌ラーメン。
ごちそうさまでした!

ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_22Sep2009

ラーメン 750円


今日も昨日と同じくらいの時間に
高田馬場に着きました。
10時少し前に開店です。
田中店主は今日もお休みでした。
朝からお弟子さんタイムです。


考えてみたら、
朝からお弟子さんが作るラーメンを
食べたという記憶が無いので、
自称べんてんウォッチャー(笑)としては
『これは食べるしかっ!』ということで
今回はラーメンで行くことにしました。


今日初めて気づいたのですが、
塩と醤油ラーメンの注文が同じロットに混在する場合、
I上店長は塩も醤油も同じタイミングで
麺上げをされるんですね。
そのせいか、麺の硬さが醤油ラーメンでも
しゃっきりぽん!としています。

田中店主の場合、
醤油は塩に数分遅れて提供されるので
『まだビールゆっくり飲めるな』と思ってたら、
今回は早めの提供で、ちと焦りました(笑)。

benten2_22Sep2009

いい感じで
コラーゲンの膜が張ってます。
座った席が、丁度エアコン風の通り道なせいかも。

benten3_22Sep2009

スープは、べんてんの醤油ラーメン独特の
タレ由来と思われるマッタリ感が舌を覆います。
コッテリではなく、マッタリです。
メンマラーメンにしてもピッタリな味です。

朝はスープがライト系なせいか
醤油ダレの味が勝ちぎみな感がしますが
これはこれで好きな味です。

benten4_22Sep2009

食前の撮影会が終わる頃には
スープの表面の膜は
更にびっしりと成長を遂げていました。

べんてんの醤油ラーメン、
もっとローテーションに加えてみようかと
思うほどの旨さ再確認。
ごちそうさまでした!



※以下はラーメンとは無関係な映画関係の話です。
movie2_22Sep2009

べんてんから帰った後、
小さなお友達に連れられて
映画を見に行きました。
この作品の邦題は原題をかなりひねったのかな?と
思いきや、原題は
"Cloudy With A Chance of Meatballs"
なんですね。
関西人なら『そのまんまやんけ!』とか言って
つっこみそうな…。

最近の子供向けの映画は
東映アニメ映画祭りとかでも
3Dグラスで楽しめるものが
かなり多くなっていて、驚きました。
これからの映像エンターテイメント関係は
3Dが当たり前になるんでしょうかね?


あ、映画は面白かったですよ。
深く考えないで楽しめるし
色んな要素が過不足なく上手くちりばめてあって
良い映画だと思いました。

つけ麺@高田馬場 べんてん

benten1_21Sep2009

今朝はいつもよりかなり早く
着いたにもかかわらず、
一巡目には入れず。
さすが祝日です。

けれども、最終的にはさほど列は伸びず、
結局いつも来てる人が早く
来てるだけなのかな?


9:40頃開店。
今日は田中店主がいらっしゃらず
I上店長とO部さんの二人体制。

benten2_21Sep2009

つけ麺 800円
【中盛り(+100円)少なめの少なめ】


もう少し遅い時間帯なら
ラーメンか塩にしていたのですが、
今回は
早い時間帯のスッキリクリアスープで
つけ麺を食べてみることにしました。

benten3_21Sep2009

ラー油をかけてもらいました。
I上店長の手によるラー油半月がけです。
いつもありがとうございます。

ロット内で自分ひとりだけ
つけ麺だったので、いつもより若干
麺が柔らかめでした。
でも、これくらいの方がプリプリした弾力と
麺のみずみずしさが楽しめて美味しいかも。

benten4_21Sep2009

スープ割り後の画。
ラー油が浮いて油っぽく見えますが
微辛味で味わい深いスープ割りで
とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした!

塩ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_18Sep2009

今朝並んでいた時、
数人隔てた所に発生源があると思われる
強い香水のニオイにビビりました。

発生源と隣り合わせのお客さんが
とってもとっても可哀相だと思いました。
とんだ災難でしたね。

benten2_18Sep2009

塩ラーメン 850円


気を取り直して…

今週も塩ラーメンです。
もう平日の店主タイムは
永久に塩ラーメンでもいいかな。

とか言いつつ、もうすぐ水温が下がったら
『つけ麺超最高!』なんて言うかも(笑)

benten3_18Sep2009

ほんの少しだけ寄りの写真。

スープに混じっている
黒っぽいツブツブで
味が予想できるとかできないとか。


塩チャーシューよりは、デフォの塩の方が
節系の味を感じやすいかな?
ガッツリ肉を食いたい気分の時は
塩チャーシューで、というように
その日のコンディションや気分で
チャーシュートッピングを選択するのも
良いかも。

今日の塩は、絶妙なバランスのスープで
いつもと同様とても旨かったです。
ごちそうさまでした!

博多つけ麺@博多一風堂 クイーンズイースト店

ippu1_16Sep2009

横浜でプラプラ。
遅いお昼を食べようと、
クイーンズスクエア内を怪しげに徘徊していると、
博多一風堂のつけ麺の短冊メニューが
目に入ってきました。

九州ラーメンの細麺はあまり好んで食べない方なのですが
このつけ麺は太麺使用とのことなので、
つけ麺で行くことに。

ippu2_16Sep2009

先に麺だけが運ばれてきて
3分ほど放置プレイ。
みずみずしいルックスの麺です。
多加水で、タピオカ澱粉でも入っていそうな
ぷりっぷり感があります。

ippu3_16Sep2009

博多つけ麺 850円
【大盛り(+150)、ごはん(+150円)】


大盛りで、茹で前重量350gぐらいでしょうか。

ippu4_16Sep2009

つけ汁にはサイコロチャーシュー、
刻み玉葱、青ねぎ、魚粉(節?)などが入っていて
旨みギッシリで、『旨みガツン系』です。

このつけ汁は文句無しに旨いですよ。
イマドキのつけ汁としては完璧に近い品だと
思います。

ippu5_16Sep2009

麺との絡みも最高です。

どっぷり浸けると
〆のライス・インが楽しめないので
ほどほどに浸けるようにしました。


最初は超最高だと思っていた麺が
後半は少し飽きが来てしまいました。
冷凍うどんぽいところが飽きが来る原因かな?
自分的には、もうちょい中華麺らしいほうが
良かったなあと。

ippu6_16Sep2009

〆はライス・イン・ザ・つけ汁で。
最後までガツンと来ますねー。
ごちそうさまでした!


あ…、スープ割りするの忘れた(笑)

汁なし@ラーメン二郎 横浜関内店

jiro6_15Sep2009

汁なし(ニンニク少し)
【大ぶた(750円)+汁なし(80円)+粉チーズ(100円)】


今書きながら計算してたら、
どうやらお釣りを50円取り忘れていたみたいです(笑)

jiro7_15Sep2009

今日は仕事で横浜へ。

小雨の降る中、 18:10ごろ関内二郎の前に到着すると
列は写真館の角あたりまで延びていました。
20人ぐらいの行列でしょうか。

それでも回転の速い関内二郎。
20分ちょいで着席できました。
いやはや、驚異の回転率です。

jiro8_15Sep2009

関内の巻き豚ちゃん。
いつも柔らかくって
味が程よくついていて
隙の無い旨さです。
俗に言う『ネ申豚』ですね。

jiro9_15Sep2009

今日は粉チーズをトッピングしてみました。

全体の味のコッテリ感が増して
かなり好きな味になりました。
これからは粉チーズがあれば
必ずトッピングしようと思います。

jiro10_15Sep2009

麺に生卵とチーズとタレを絡めて食べると
とても幸せな気分に。

やっぱり関内の汁なしは
めちゃくちゃ旨いです。
大でもペロっと簡単に食べきれちゃいますね。
ごちそうさまでした!

塩チャーシュー@高田馬場 べんてん

benten1_11Sep2009

怒涛の飲み会から帰ってきて
最後の力を振り絞ってブログを更新しています(笑)


先週の金曜日と同じ時間に
高田馬場に降り立ち、べんてん前に着くと
先週と同じ光景で、同じ順番に並びました。
デジャヴュかと思いました(笑)

田中店主の手によるビールのつまみ。

benten2_11Sep2009

塩チャーシュー 1100円


先週のネ申チャーシューに比べたら
今日のチャーシューは通常バージョンでした。
通常バージョンも味があってイイですよ。

同じ曜日の同じ時間に通っても
同じ味にありつけるとは限らない
というところにべんてんの妙味が隠されていると
思います。

今日のスープは動物系が7割?に感じました。
これが夜の部になると、節系7割になるんでしょうか。

ワカメも乗っけてもらって
いい感じで食べ進み、いつの間にか完食。
ごちそうさまでした!


去り際に田中店主から○○屋さんの話を伺いましたが
なんだか最近毎週大変そうな話を伺うので
気が気ではなりません。
それではまた来週(?)

大豚入り@ラーメン二郎 小岩店

jiro7_09Sep2009

小岩二郎に前回来たのは
2月だったので、
約7ヶ月ぶりになります。

19時過ぎに店に着いた時は
1番ポール以内に列は収まっていたのですが、
店を出た時には2番ポールを超えて
列が伸びていました。

jiro1_09Sep2009

行列マナーに関する新しい注意書きが。
二郎は横入りに厳しいですね。
横入り禁止は当たり前の事なんだけど
書かないと分からない人が居るんですね。

jiro3_09Sep2009

大豚入り(ヤサイニンニク) 900円


しばらく来ない間に
100円値上げされていました。

スープの量が少ないですね。
しょっぱいので、ほとんど飲まないから
少なくても全然問題無いです。

jiro4_09Sep2009

ヤサイは
キャベツ率が高めです。
最近野菜が高いのに
頑張っていますね。

豚がやたらとしょっぱいです。
しょうゆダレの味しかしません(笑)
今日は豚入りにして失敗しました。

jiro5_09Sep2009

天地返し後の図

『小岩の麺て、こんなに旨かったっけ?』
と思うほどおいしい麺でした。
二郎の中ではトップクラスではないでしょうか。

jiro2_09Sep2009

小岩店のメルマガで知っていたのですが
先月から魚粉(無料)がテーブルに
置かれるようになりました。

jiro6_09Sep2009

麺が残り少なくなった頃に
魚粉をかけてみました。

正直なところ、微妙です(笑)

小岩は超カネシガツン系なので
魚粉の存在感がほとんどありません。
ちょっと期待外れだったかな。


でも今日は麺のおいしさに感動したので
来て良かったです。
ごちそうさまでした!

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ