お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2009年12月

雪割りそば@そば処 湯沢庵

これは昨日(12/30)、べんてんの後に北陸方面へ旅した時の記録です。

setu1_31Dec2009

上越新幹線で
越後湯沢乗換えの時、
乗り換え時間が沢山あったので
鉄ちゃんを装って撮影。


681系はくたか
(通称:スノーラビットエクスプレス)

これは9号車の方からの画

setu2_31Dec2009

これは1号車からの画


確かに、じぃーっと見ていると
雪うさぎに見えてきますね。

setu4_31Dec2009

越後湯沢駅での乗り換えで
いつも楽しみなのが
こちらの立ち食い蕎麦。

setu5_31Dec2009

名物の舞茸天そば・うどんが狙いでしたが
売り切れていたので
雪割りそばを注文することに。

setu3_31Dec2009

雪割りそば 450円

大根おろしと梅干がトッピングされた蕎麦です。
とてもさっぱりしていて美味しいです。
ヘヴィーなラーメンとは対極の位置にある麺類ですね。
おいしかったな〜♪
ごちそうさまでした!

setu9_31Dec2009

越後湯沢駅から、はくたか号に乗り換え、
富山の高岡駅まで移動した後、
JR氷見線に乗り換えました。

ハットリ君仕様の車両でした。
(上の写真は氷見駅で撮ったものなので
行き先表示が高岡になっています)

setu6_31Dec2009

車内には、藤子不二雄A先生のサイン入りのタペストリーが。

setu7_31Dec2009

運転席付近。

setu8_31Dec2009

車内はレトロな雰囲気。

setu10_31Dec2009

やっと氷見駅に着きました。
一泊だけの予定です。
31日はまた大移動なのです。


今年の更新はこれが最後になります。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

塩ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_30Dec2009

今年最後はべんてん三連チャンで締めることに。

今日はこれから、べんてんに寄った足で北陸方面に移動なので
トランクを東京駅のロッカーにぶちこんでから高田馬場へ。

10:58頃開店

benten2_30Dec2009

塩ラーメン 850円 (味薄め)
味玉ありがとうございました

benten3_30Dec2009

ちょっとライト系かな?と思いましたが
ぐいぐい引っ張られるような力強さは健在ですね。

benten4_30Dec2009

麺は文句の付け様が無いツルシコ感で最高でした。

べんてんの美味しい塩ラーメンで
今年のラーメンの締めができて良かったです。
ごちそうさまでした!

つけ麺@高田馬場 べんてん

benten1_29Dec2009

14時ちょっと過ぎに到着。
15人+α待ちですかね。

benten2_29Dec2009

約35分ほどでポールの位置まで来ました。
割とスムーズな流れです。

benten3_29Dec2009

ついに入店。
女性店員さんと新人男性店員さんとO部さんの3人体制でした。
女性店員さんは通しで勤務していらっしゃるのでしょうか?

メンマがあるか聞いてみたら、
案の定、売り切れでした。
しばらく後に、玉子も売り切れになっていたので
具材のやりくりが大変そうです。

benten4_29Dec2009

今回は、何ヶ月ぶりかで
辛味を注文しました。
辛味別皿半分です。

そのまま味見してみると
唐辛子の辛味がストレートに舌にきました。
残さずに食べられるか不安になりました。

benten5_29Dec2009

つけ汁おいしそ〜!
O部さんが作るものを食べるのは
これが初めてです。
楽しみ楽しみ♪

benten6_29Dec2009

ラー油をちょっとかけて頂きました。ありがとうございます。

benten7_29Dec2009

つけ麺 800円
【中盛り(+100円)少なめの少なめ 辛味(+50円)半分別皿】
味玉ありがとうございます

例によって、前半は逆つけ麺方式で食べました。

今回は辛味があるので、辛味もチョコチョコと麺の上に
ふりかけて食べましたが、具と一緒になると
辛さがマイルドになり意外でした。

benten8_29Dec2009

麺は、田中店主の時よりは硬めです。
前店長のI上さんの時の仕上がりに似ていますが
それよりは気持ちソフト寄りかな?
つるつるしこしこで旨いですよー!絶品ですねー。

benten9_29Dec2009

ノーマルつけ麺を存分に味わった後は、
つけ汁に辛味をドバッ!と投入して
味変(ラヲタ風)

めちゃくちゃ辛くてヒーヒー言うかと思ったら
意外や意外、そんなに辛く感じませんでした。
この辛味、以前のとは全然違いますね。
ニンニクや海老が姿を消しています(少しは入ってるかも)
あと、花椒の痺れるような峻烈な辛さがありません。
そのせいか、結構食べやすいかも。

以前の辛味と比べると、シンプルな構成になっていますが
その分、辛味としてのエッセンスがストレートに
伝わってきて、味の深みを感じます。

今度つけ麺を食べるときも辛味を注文したいと思います。
なかなか気に入りました。これはハマる味かも。

benten10_29Dec2009

最後はスープ割りをしてもらって完飲。

O部さんが作るつけ麺、とても美味しく食べさせていただきました。
つけ汁に関しては、
田中店主のものよりもカエシが少なめなのか
マイルドにじわ〜っと味が広がるような、
そんな美味しさでした。
節系のダシも利いていて、食後の充実感がかなり高かったです。

夜営業が本格的になったら、
以前のように夜の部にもちょくちょく
食べに来たいと思います。
おいしいつけ麺、ごちそうさまでした!

ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_28Dec2009

早朝まで降っていた雨も上がり
おだやかな天気です。

11:13頃開店しました。
今朝は開店時に30名程度の行列が
出来ていたように見えました。
今年最後の食べ納めにいらっしゃる方も
多いのでしょうか。

benten2_28Dec2009

例によって、朝から飲んだくれるおっさん(=自分)

いつものように
『つまみでメンマ』(+150円)の呪文を唱えると、
スーパーボルケーノをほうふつとさせるメンマ盛りが
つまみ皿に出現。

今日のメンマはフレッシュ感が抜群でしたネ。
味付けは若干薄めで、温かく、絶妙のコリコリ感。

benten3_28Dec2009

ラーメン 750円
味玉ありがとうございます


田中店主が超常連の方々に、
このスープはあっさり系の仕上がりだという意味合いの事を
おっしゃっていました。

benten4_28Dec2009

超常連さん、レンゲを取って下さりありがとうございました。
それと、○×△ごちそうさまでした。
その場ではお礼を言いそびれたので、ブログ上で恐縮ですが
感謝の気持ちを記しておきたいと思います。

benten5_28Dec2009

麺が川の流れのように、スープの中で流麗な線を描く様は
いつ見ても目を楽しませてくれます。

この芸術品を箸で乱すのがもったいないとすら感じます。



って、気取りすぎ(笑)

benten6_28Dec2009

今日のスープは動物系と節系のバランスが最高でしたね!
今年食べたべんてんのしょうゆラーメンの中では
一番旨かったように思います。

スープを飲みながらフと、「サントリー 山崎」のCMの名コピー

『何も足さない 何も引かない』

が頭に浮かびました。
何故なのかは自分でも分からないのですが…

benten7_28Dec2009

麺は中心部までモチモチではなく
噛んだ時、中心で僅かに「プチン!」とはじけるような食感があります。
この感じ、イイです!ナイスですね!!


やっぱり、べんてんのしょうゆラーメンは
私を惹きつけて止まない何かを持っています。
何度も書いていますが、塩もかなり旨いんですよ。

だけど

しょうゆラーメンは、
子供の頃に初めて食べたラーメンの原体験に
繋がっているのでしょうか。
食べ重ねるほど好きになるように思います。
もうトシだからという意見も一部でありますが(笑)


今日もおいしいラーメン、ごちそうさまでした!

ぶた入りラーメン@ラーメン二郎 松戸駅前店

jiro1_27Dec2009

超久々に
松戸の二郎に
行ってきました。

開店15分前に到着すると
20番目くらいでした。


思えば松戸駅前店に
来るのはこれが4回目。
過去2回は
閉店時間に間に合わず
食べられなかったので
通算1勝2敗。

今回はなんとか
食べることができそうです。

jiro2_27Dec2009

ぶた入りラーメン 750円 (コール=ニンニク)


入口からすぐの角の席でしたので
少し寒かったです。

ちょっと宮本信子似の松子さん(仮称)は
ビシビシお客さんの並び方などの指導を
されていました。カコイイ!!(・∀・)
蝶野店主(仮称)は眼光鋭くお客さんを
睨みつけておられます(こえぇぇ…)
私も負けじと睨みつけました(笑)

私を含めてロット4杯のうち、2杯が硬めでした。
私は普通で頼みました。
硬めと普通の麺上げのタイミングは1分以上の
差があったように見えました。
硬めだと、かなりハードな仕上がりに
なっているのではないでしょうか。

jiro3_27Dec2009

ブタは、トロっとした部位あり、ほぐし風の部位あり
端麗美豚な部位ありで、とても楽しませていただきました。
味付けも丁度良い塩梅で、おいしかったです。
ぶた入りにして良かった〜♪

jiro4_27Dec2009

麺がこれまた秀逸なんですヨ!
モチモチ感が抜群で、
麺の中心部に二郎の神様が宿っているかような、
そんな味と食感と香りのする麺。

麺うまいよ麺!

久しぶりに出ました。麺うまいよ麺!

jiro5_27Dec2009

ドンブリ上空30cmから振り落とされる背脂の
小片が、スープ表面にきめ細かいテクスチャーを
織り成しており美しい。

麺のおいしさに興奮してしまいましたが
その興奮も覚めやらぬうちに
今度はスープの旨さに感動してしまいました。

ドンブリの底の方はカネシが濃くなっているので、
底から攪拌するようにスープをまぜまぜして
レンゲを使って飲んでみました。

うんまあぁぁい!!

かすかにほんわりと甘さも感じられます。
単純なベターっとした甘さではなく、
香ばしい甘さなんですね、これが。
そのわずかな甘さが、カネシ、アブラ、ヤサイ、ブタ、麺に
統一感を与えて、最高の一杯に
仕上げているように感じました。

もちろん完食・完飲。

帰り際、松子さんと蝶野店主に
『ごちそうさまでした!』と言うと
お二人ともニコニコ笑顔で
『どうもね〜』とか返してくださいました。
ツンデレですか?(笑)



最高に美味しかったので、今年はこれで
二郎の食べ納めにしてもいいかなと
思ったくらいです。多分これで
二郎は食べ納めになることでしょう。多分ですが。
おいしい二郎、ごちそうさまでした!

塩ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_26Dec2009

午前中は家の中の人たちを見送りに
羽田空港に行ってきました。

なんだか手荷物受付カウンターに
長蛇の列が出来ていましたね。
年末の帰省ラッシュがもう始まっているとは
思ってもみませんでした。

受付カウンターは激混みなのに、
空港の飲食店はお昼時にもかかわらず
そんなに混んでないという
不思議な状況が生まれていました。

benten2_26Dec2009

そんなこんなで、最初は田町駅で降りて
二郎三田本店に参拝しに行こうかと思ったのですが、
某ニンニク掲示板を見ると
どこの二郎も凄く混んでいるとのことでしたので
午後のべんてんへ。


14時着で中待ちを含めて15人待ちぐらいでした。
35分ほどで入店。標準的な待ち時間ですかね。

benten3_26Dec2009

てっきりO部さんがメインで厨房に入っているかと思っていたら
O部さんはおらず、田中店主がいらっしゃいました。
女性店員さんと新人男性店員さんとの3人体制。


入店した時、つけ麺の盛り付けをしていたので、
このタイミングで塩を頼むと
ビールを急いで飲まないといけないと思い、
ラーメンを注文しました。

ところがその後、お湯チェンジタイムに入ったので、
急遽ラーメンを塩に変更して
ゆっくりビールを味わうことができました。
ラッキーでした。

benten4_26Dec2009

塩ラーメン 850円
味玉ありがとうございます

いつもは塩の味薄めで頼むのですが
今日は言うのを忘れてデフォ設定の味です。
たまには確認する意味も含めて
デフォ設定で食べるも良いものです。

benten5_26Dec2009

昨日のつけ汁と同様、ちょっと琥珀色というか
金色っぽい色をしたスープで、
動物系が濃厚な風味を際立たせています。
食べた後にくちびるがテカテカペトペトヌラヌラします。

午後のスープはもしかすると
薄めではなく、デフォ設定で丁度良いかもしれません。
塩ダレが濃くても、スープがそれをしっかりと受け止めてくれて
ガツン!と味の波が押し寄せてくるようです。
「これですよ。これですね。べんてんのスープは」みたいな。

田中店主が『濃い薄いがあったら言ってね♪』というのは
そういう意味なのかな?塩ダレは繊細ですから
毎日微妙に変化するスープの出来によって
おいしいと感じる塩ダレの量も人によって変化するとかですか?
そうなんですか?うーん。深いですねー。
駄舌のおっさん(=自分)には難しすぎます。

よし!次からは最初薄めにしておいて
スープが今日のようなフルボディ系の場合は
後から塩ダレを足してもらう作戦にしてみよっと♪


今日もおいしい味の謎かけに悩みながらも
楽しく完食させていただきました。
ごちそうさまでした!

つけ麺@高田馬場 べんてん

benten2_25Dec2009

あたりまえですが
一週間後の金曜日はもう来年なんですね。
理由は無いけれど、なぜか気持ちが焦ります。


今朝は一番乗りを目指して
いつもの平日より少し早めに到着。
思ったとおりで誰も並んでいません。

benten1_25Dec2009

店頭に年末年始の営業スケジュールが
貼ってあったので
パチっと撮ってきました。

今度の正月は旅行に出かけるので
元旦のスペシャルラーメンが食べられないのが
非常に残念。
今、生き急ぐようにべんてんに通っているのは
そのせいでもありますが…

benten3_25Dec2009

つけ麺のときは、ファーストロットでビールを飲んでいても
そんなに慌てることはありません。
通常のペースで飲み終わった頃に
つけ麺が出来上がります。

田中店主、お元気そうでなによりです。
語りが軽妙でした。

benten4_25Dec2009

つけ麺 800円
【中盛り(+100円)少なめの少なめ】
味玉ありがとうございます

benten5_25Dec2009

外で並んでいた時、
動物系スープの香りがしていたので
なんとなく予想はしていたのですが、
今日のつけ汁は動物系が
どっしりと利いた感じがしました。

もちろん、節系のダシがしっかりと下支えしています。
夕方になるとこれがどう変化するのか楽しみですねー。
そろそろO部さんタイムにも行っておきたいので
明日は夕方来ようかな〜?(午前中は用事で来れないし)

benten7_25Dec2009

今日のつけ汁は琥珀色っぽい美味しそうな色をしていました。

海苔をちょっと多めに頂きました。
ありがとうございます。
つけ汁に浸した海苔を麺といっしょにほおばると
麺がより一層おいしく食べられます。

benten6_25Dec2009

とりあえずいつものように、
つけ汁から具を麺の上に移動して食べる
『逆つけ麺』
で半分くらいの麺をスピーディーに消化。


やっぱりいつ食べても冬場の「プリリン♪」と締まった麺は最高ですね!

つけ麺の中少なめの少なめを食べると、
いつもファーストロットではビリケツになって
ロットを乱してしまうのですが、今日は美味しすぎて
ロットを乱さずに食べ終えることができました。
おっさん(=自分)でもやればできるんです(笑)

benten8_25Dec2009

極太短冊チャーシューが柔らかくて
トロっとしていて旨かったです。
今日はネ申チャーシューの日だったんですかねぇ?

毎回違う表情を見せるべんてんのつけ麺
何回食べても飽きることが無いですねー。
今日も大変おいしかったです。
ごちそうさまでした!

タコソバ@自宅

taco1_24Dec2009

昨晩作った自作メニューの話です。


そろそろ目黒屋で購入したお持ち帰り用太麺を
食べないといけない頃になったので
タコライス風に汁なしを作ろうと思い立ちました。
自宅でタコライスはたまに作るのですが
麺類を使うのは、これが初めてです。

ネットで検索したら、「タコそば」とか「タコヌードル」という
メニューがあったので、同じ発想をする人は
大勢いらっしゃるのだなあと思いました。

上の写真は、近所のスーパーで売っていた
タコソースとタコシーズニングです。

taco2_24Dec2009

合挽き肉を炒めて、余分な脂を捨てた後に
タコシーズニングと水を加えて15分ほど炒め煮にします。

taco3_24Dec2009

トマトは食べやすい大きさの
粗みじん切りにします。

taco4_24Dec2009

レタスは冷水につけておいて
シャキシャキ感が高まった頃に
太めの千切りにします。

taco5_24Dec2009

『タコライス風だけだと面白くないかなー?』と思い、
坦々麺風のタレを作ってドンブリの底に
仕込んでおきました。

taco6_24Dec2009

タコソバ

目黒屋の太麺を5分茹で、ザルに上げてから
熱々のままドンブリに盛り付けました。
トロけるチーズも外せないアイテムです。

taco10_24Dec2009

ちょっと混ぜてみたところ。

taco7_24Dec2009

上に乗っかっているタコライス風の具だけで麺を食べると
いかにもテクス・メクスな風味がして
中華麺を食べいる感じがしないですねー。
これならスパゲッティの麺でも絶対合いますヨ!

taco8_24Dec2009

熱々の麺でとろかしたチーズが麺に絡むと
これまた美味。
タコスやタコライスが好きな人は
絶対ハマる味ですよ。

taco9_24Dec2009

ドンブリの底の坦々麺風のタレに麺を絡めた画。

ちょっとタレの味が濃く感じました。
タコライス風トッピングには、
少し濃い目のコンソメスープみたいなのが
バランスが良いんじゃないかと思いました。

日々これ精進ですね。

ジャンキーですが、中毒性がある味なので
また機会があれば作りたいと思います。

ラーメン@高田馬場 べんてん

benten1_23Dec2009

祝日はいつも出足が早いので、
ちょっと早めに行列に加わりました。

体調のせいもありますが
今日は底冷えがする感じで、
風が無いのにとても寒かったです。


店長(?)のO部さんは、早朝から仕込みをされていたようで
田中店主と入れ替わりでお帰りになられましたが、
また後でお戻りになるとのこと。
多分、午後からメインで厨房に
お立ちになられるのでしょう。大変ですね。
お蔭様でおいしいラーメン&つけ麺を食べられるので、
いつも感謝しております。

しばらくすると、女性店員さんと新人男性店員さんが到着。


10時を過ぎると、『今日はいつ開くのかな?』という思いが
だんだん強くなってきます。
店が準備中の間は、店舗向かって左側の窓際に
白いタオルがかかっていますが、それが取られると
もうすぐ開店です。


10:20頃開店しました。

benten2_23Dec2009

ラーメン 750円
いろいろありがとうございます


長時間並んで体が冷え切った時は、
つけ麺よりラーメンを選んじゃいますね。


今朝の1順目では、塩ラーメンには(アオサ?)海苔が、
ラーメンとつけ麺にはゆず皮のサービスがありました。

『塩ラーメンにはゆずの風味は合わないのかな?』

とフと思いましたが、田中店主は確固としたポリシーを
お持ちのようで、『塩には海苔、しょうゆにはゆず』
なんでしょうね。
時々思い出したようにゆずの香りがしてきて、
とてもおいしく食べることができました。

benten3_23Dec2009

ビールをゆっくり飲むため、
超常連さん方がいらっしゃる
神ロットの末席を汚すことに。

豚の三枚肉の薄切りを、しょうゆ風味の味付けで煮込んだと思われる
一品のご相伴に預かりました。ありがとうございます。
しょうゆラーメンの味にとても良く合っていて美味しかったです。
ごちそうさまでした。

benten4_23Dec2009

しょうゆスープの味がイイですね!!
まろやかで力強く、煮干の香りがふんわりと漂う
高貴さすら感じるスープです。

もしかして、最近しょうゆダレに変化があったんでしょうか。
つけ麺やしょうゆラーメンがやたらと美味しく感じます。
しばらくは、 しょうゆ系:塩=2:1 の割合で
ローテーションを組もうかな、なんて思っちゃいました。
塩もかなり旨いんですけどね。
実に悩ましいです。

benten5_23Dec2009

これは、超常連さんから分けて頂いた
大判海苔巻き豚です。
やっぱり超常連さん仕様の大判海苔は
家系で食べる海苔みたいで
食べ甲斐があります。ライスが欲しくなりました(笑)
ありがとうございます。ごちそうさまでした。


今日もおいしいラーメンごちそうさまでした!

大ラーメン@ラーメン二郎 小岩店

jiro1_22Dec2009

今朝はラーメン二郎三田本店に
参拝しようと企んでいたのですが
寝坊したため、久しぶりの小岩店へ。


11:30頃列に並びました。
最初は2番ポールの先頭あたりでしたが
回転は速かったです。
あっという間に1番ポールに移動。

jiro2_22Dec2009

某ニンニク掲示板で
知ってはいたのですが、
来年から昼営業のみに
なってしまうんですねー。

jiro3_22Dec2009

大ラーメン 800円 (コール=ヤサイニンニク)

助手見習い中とおぼしきオバちゃんが
厨房内で店主と助手さんから指導を受けていました。

jiro5_22Dec2009

小岩の麺は旨いです。

デフォで硬めになっていて、野猿の麺よりは細いですが
噛むとパツンと小気味良く切れる
大好きなタイプの二郎麺です。

まず最初に天地返しをして、ムシャムシャと
一心不乱に食べ進みます。
至福の時。

jiro6_22Dec2009

豚は標準的な厚みのものが一枚と
厚切りのものが一枚、
そして端切れの豚も入っていました。

しょうゆダレに浸かりすぎた
しょっぱい豚に当たることが多かった小岩店ですが
今日の豚はイイ感じの味付けになっていました。
これなら豚入りにしても問題なかったですネ。

jiro4_22Dec2009

スープも以前はデフォでカラメの味付けだったのに、
今日のスープは『カラメ指定してもよかったかな?』と思えるほど
全然しょっぱくなかったです。

小岩のスープは夏場にしょっぱくなる傾向があるので
もしかすると冬バージョンなのかもしれませんね。
しょっぱくないとは言え、健康の事を考えて
スープはほとんど飲みませんでしたが…。


今日の小岩店の二郎、バランスが良くて旨かったですヨ。
ごちそうさまでした!

今年中に、あと2回は二郎を食べておきたいです。
さて、どうなることやら。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ