お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2011年05月

ラーメン二郎@京成大久保店 de 『みそラーメン』5

DSCF0292

今日は梅雨の晴れ間で
小さいお友達の運動会を
見守りに行ってきましたが
風が吹いて寒くて
せっかくの肉襦袢も
役に立たず


こういう涼しい時には
京成大久保店で
味噌ラーメンが
食べたくなるので
久しぶりに行ってきました


18:30頃到着で
中待ち3人ほど


厨房の中は
眉店主と
真希波メガネの奥さんの
2名体制でした


ニンニク掲示板によると
昼の部の助手さんは
ローラ・チャン似の女性だそうで
今度ぜひ
昼の部に行ってみたいものです

 

DSCF0288

みそラーメン 750円 (コール=ニンニク)


ヤサイは相変わらずシャッキリとした茹で加減で
みそラーメンと良く合いますねー

DSCF0289

ブタも相変わらず独特の偏平気味の形をしたもので
二郎味が染みていて
みそラーメンの中では
唯一カネシを感じるパーツです

DSCF0290

スープは若干甘め寄りになっていましたが
みそラーメンの時に入れるザラメのような
調味料の入れ加減によるものなのか
それとも味噌ダレの調合によるものかどうかは
よく分からないです


今日はベースのスープがアッサリ気味だったのか
スープ全体としてはごくごく飲める感じで
プチ・ダイエットの大敵です (^^;

DSCF0291

みそラーメンの時の麺は
仕上がりが全然ブレないですねー

ぷりぷりとしていて
普通のラーメンの時のグダグダ感が
微塵も感じられません
グダグダの麺も割りと好きなんですけどね (^^;


眉店主のまん前の席だったので
プレッシャーがかかりまくり
ついついスープを完飲

「潜入!リアルスコープ」で放送していた内容によると
目黒二郎(メグジ)の小ブタ一杯のカロリーは
1427Kcalだそうなので
ここのみそラーメンもそんなもんか
あるいは
それよりも多いのかもしれません

カロリーだけなら一日一杯に抑えておけば
大丈夫でしょう
塩分は危険かもしれません (^^;


昨年のみそラーメンは
6月で終わったようなので
これが今季のみそラーメンの
食べ納めなりそうです
ごちそうさまでした


次来るときは
つけ麺かな?

【自習室】 ラーメンにおける化調/無化調 〜その1〜

『包丁人味平』や『美味しんぼ』の影響なのか
無化調、無添加物を売りにしている
ラーメン店が少なくないけれども
逆に
化学調味料使用、食品添加物使用を売りにしている
ラーメン店を見たことがないのは
何故だろうか?

とフと考えてみた




無化調とはなんぞや?




『無化調』でググってみると
検索ランク上位ページの中に

「無化調」神話と訣別しよう

というものがあって
季刊 麺の世界
という季刊誌からの抜粋らしい


上記のページの冒頭部分を抜き出してみると

「無化調」主義は無知の所産
こうして「ええ格好しい」の競演が始まった。 第一に、「無化調」を標榜している使い手(ラーメンなどの作り手)についてだが、 「化学調味料」についての正しい知識を知らずに唱えているなら単なる「無知」であり、 知っていて唱えているなら許しがたい「偽善」である。


なんだかえらくカッコイイのである


この

季刊 麺の世界

とはいったい何者なのだろうか?
この季刊誌HPのトップページに紹介されている
執筆顧問の面々の肩書きが

日本コナモン協会・会長
日本うどん学会・前会長
富士宮やきそば学会・会長

や大学教授などそうそうたるメンバーなのである


しかも、編集長の奥山忠政氏を
あのひと検索スパイシーで検索すると
あの石神氏や
ラーメンズや
故 竹内伸氏(載ってる写真が全然違うような気が…)
とも関係があるらしいのだ Σ(゚д゚;)


更にバックナンバーの内容を見てみると
かなりマニアックでコアな内容で
興味をそそられるものがあるが
2009年春号を最後に
発行がストップしているらしい
残念である


この季刊誌HPの中に
『ラーメン価格の推移』という
大変貴重な資料が載っていたので
エクセルの勉強がてら
数値をインプットしてグラフにしてみたのが
次の図である

ラーメン価格(補正前)

データは2003年までしか載っていないので
2011年現在のラーメン一杯の価格は
グラフから目分量で推測するしかないが
昨今の材料費の高騰を加味するに
だいたい650〜700円あたりではないだろうか?


上のデータは
「その当時のラーメン一杯の値段」なので
1930年ごろの値段が一杯0.1円という
現在の物価とは全く比較できないものに
なっている


物価指数を頼りに
2011年現在の物価に換算できないものか
考えてみた


物価指数には
企業物価指数と
消費者物価指数の
2種類があるそうで
どっちを採用するかで結果がかなり違ってきて難しいのだが
企業物価指数については
かなり昔からのデータが
日本銀行のサイトに掲載されていたので
それを使うことにした


次のグラフは
2003年を1とした
企業物価指数だが
戦後の右肩上がりの経済成長や
異常だったバブル時代を
よく反映しているように見える

企業物価指数

この企業物価指数を基にして
ラーメン一杯の値段を
2003年の物価を基準に
換算すると
次のようなグラフになった

ラーメン価格(補正後)

第二次大戦直後の混乱を除けば
意外と単調に推移しているように
見受けられる


バブル景気を境にして
物価指数や経済は右肩下がりなのに
ラーメンの値段は順調に
上がり続けているのだ


昔から物価変動の少ない
卵や牛乳はよく
「物価の優等生」と言われるが
そうすると

ラーメンは物価の不良?

なんでしょうか?


教えてください
海は死にますか
山は死にますか
風はどうですか
空もそうですか


そんなこと
どうでもいいですね




無化調について勉強するつもりが
なぜかラーメン価格の
時代推移についての話になってしまい
長くなったので
続きはまたいつか

ご当地 ベビースターラーメン紀行 詰め合わせ

DSCF0280

台風接近中らしいので
今日は絶賛ひきこもり中


昼間から酒を飲みながら
おつまみになるものはないかと
食料庫を物色していたら
こんなものを見つけました


家の中の人たちが
既に3袋を食べてしまったので
残り3袋しか残っていません

 

DSCF0279

パッケージの背面には
股間が縮み上がるような
恐ろしいまでの数の原材料リストと
栄養成分表が


一袋120Kcal前後で
食塩相当量は0.6g程度なので
酒のつまみに3袋ぐらいは
ただちに健康に影響を及ぼすことは無いでしょう (^^)

DSCF0281

残っていた3袋は

東京 特製もりそば味 東池袋大勝軒
喜多方 正油ラーメン味 大安食堂
札幌 味噌ラーメン味 けやき

DSCF0282

各小袋の裏には
各店の歴史が紹介されています

DSCF0284

まず最初に食べてみたのは
やはりというか
東池袋大勝軒


東池袋大勝軒系のラーメンの味がするかと言われると微妙ですが
後味は似ているかなー?という感じでした

でも、後味が納豆を食べた後にも似ていて
かなり旨味調味料が使用されているような
気がします (^^;

DSCF0286

「喜多方 正油ラーメン味 大安食堂」は
通常バージョンのベビースターラーメンとそんなに変わらなかったので
感想は割愛させていただきます




意外とおいしかったのが
「サッポロ 味噌ラーメン味 けやき

パッケージの写真の麺とは違って
中身は極太麺のイメージです


口に頬張ると
バターのような風味が
かすかにふんわりと広がり
その後からスパイシーな味がやってきます

スパイシー味のポッキーに似ていて
ベビースターラーメンのイメージからは
若干逸脱している感も受けますが
これはこれでおいしいです

味噌の風味が明確には感じられなかったのが
ちょっと残念でしたが…



「ベビースターラーメン二郎味」

なんて作ったら面白そうなんですが
絶対ムリでしょうね(笑)

ラーメン二郎@相模大野店 de 『お茶漬け〜麺』5

DSCF0274

未訪二郎探査計画シリーズ
今回は

ラーメン二郎 相模大野店
(通称=スモジ)

です \(^o^)/

DSCF0263

午後から脱走できたので
いそいそと
ラーメン二郎 相模大野店
へと出かけることに(家出中年?)


店頭に到着したのが14:15頃

そのすぐ後に
高校生風グループが
列に接続したかと思ったら
14:23頃に打ち切られたので
ギリギリだったようです (^^;

 

DSCF0273

店頭には貼り紙がぺたぺた


当店は、少し
ややこしいお店です。
よろしいですか?



Σ(゚д゚;)




Σ(゚д゚;)





Σ(゚д゚;)







Σ(゚д゚;)





よろしいです!

 

DSCF0264

「賄い」という混ぜ麺にしようか
どうしようか迷いましたが
券売機の上のPOPに

「おすすめは致しません」

とあったのでヤメにして
予定通り
つけ麺+お茶漬け+温玉
で行くことに


豚入りにするつもりでしたが
豚入りの券は売り切れ


おみやげ豚(500円)や
味付うずら(100円)や
ミニ・トマト(100円)も
売り切れでした

早い時間に来ればあるんですかね?

 

DSCF0265

ラーメン(650円)
つけ麺(150円)
お茶漬け〜麺(200円)
温泉玉子(50円)

の食券4枚を握り締め
店内待ちの列に並んでいると
店主さんから食券査察要求がキタ!


食券が多すぎるから
何を食べるのか教えてくれと言ってきたので
つけ麺をお茶漬けで食べたいと答えると
それならつけ麺の券は要らないとのこと

助手さんがつけ麺の券だけ払い戻してくれました


なるほど
つまり公式は次のように書けるんだな!

お茶漬け〜麺の券 = つけ麺券 + お茶漬けトッピング
        ↑                ↑      ↑
    200円           150円     (50円:単体では売ってない)

 

DSCF0266

卓上には

  • 一味唐辛子
  • 粗挽きブラックペッパー
  • ホワイトペッパー
  • カネシ(?)ボトル

が置いてあり
カネシボトルを味見したかったんですが
食べているうちにお腹が苦しくなってきて
その余裕が無くなってしましました
(次回の課題にします)

 

DSCF0267

先に温泉玉子が
やってきました


そしてその次に
つけ汁のドンブリがやってきて
ついにコールタイム


自分は「ヤサイニンニク」でお願いしましたが
高校生風グループは
ほぼ全員が「全マシで!」と答えていました


私はバッチリ予習をしてきたので
この店で「全マシ」や「マシマシ」などと言うと
逆にデフォよりも量が少なくなる恐れがあることを
知っていました


高校生風のラーメンを横目でチラ見すると
案の定、盛りが全然少なかったです


スモジって怖いですねー ( ̄ロ ̄|||)

 

DSCF0269

お茶漬け〜麺 650円+200円
(コール=ヤサイニンニク)

DSCF0270

二郎はきっと奥の方
ヤサイのずっと奥の方


ニンニクはヤサイのずっと奥の方に
隠れていることを
だいぶ食べ進んでから
気づきました


ニンニクコールしたのに
入ってないって変だよな〜と
最初思っていました(笑)

DSCF0271

麺の上には
謎のフリカケがかかっていて
梅干も乗っかっています


このフリカケの正体は
魚粉と昆布とアラレ+α
のようです


これは傑作ですネ!
正にお茶漬け感覚の風味が
ややもすると単調になりがちなつけ麺に
変化球的な趣をプラスしていて
美味しさと同時に楽しさを感じさせる
素晴らしいフレイバーです

DSCF0272

つけ汁の味付けは
京成大久保店のつけ麺に
かなり近いと思いました

二郎の本流から外れない
カラメのつけ汁で
酸味や甘味はほとんど感じませんでした


豚さんはホロホロで柔らかく
量も結構あって
これなら豚入りでなくても
十分満足です


というか
後半かなり満腹になってきて
ツラかったです

貼り紙には小サイズの麺量は300g
と書かれていたんですが
もっとあるんじゃないのか?
あるいは
自分の胃がプチダイエットで
小さくなったのか?
と不思議になりました


それでもがんばって
固形物はほぼ食べつくし
大満足してごちそうさまでした

DSCF0277

味はカラメがデフォな印象でしたが
お茶漬けトッピングが衝撃的で
近くに寄る機会があれば
また食べてみたいと思いました

【自作】 冷やしゆし豆腐ラーメン

IMG_1632

昨日の続きです


ゆし豆腐を冷やしている間に
スープを作りました


グルの暗黒面にとらわれず
ちゃんと
リアル昆布と
リアル花かつおを使って
ダシを取りましたよ

 

IMG_1634

調味料は最近マイブームな
キッコーマンの生しょうゆ


みりんを入れるのを
忘れてしまいました(しくしく)

 

IMG_1636

豆腐だけでは脂気が無く
物足りなさそうだったので
冷蔵庫にストックしてあった
チャーシューを薄切りにして
玉子焼き器で
じっくりと脂気を落とすように
焼いてみました


イメージ的には
カリカリベーコンみたいな感じ


焼いてると
すごい量のアブラが出てきますよ!
おれはこんなのを食べてたのかー!
みたいな(笑)

 

IMG_1637

焼き終わったら
キッチンペーパーで
余分な脂を吸い取っておきます

 

IMG_1639

冷やしゆし豆腐ラーメン


キンキンに冷やしておいたスープに
茹でた後に氷水にさらしてキンキンに冷やしたエアin麺を入れ
そこにキンキンに冷やしたゆし豆腐をトッピング


どれくらいキンキンかというと

「そんなに冷やさなくてもねぇ…」って
町内会費を取りに来たオバちゃんが真顔で心配するほど冷たくて
これなら体温よりも高い気温の猛暑でも
大丈夫だと思われます
冷たさ的には…

IMG_1638

見た感じ
そんなに悪くないような気がします

IMG_1640

うーん、まずい! Σ(゚д゚;)


青汁のCMではありませんが
なんだか不味いです
食べられないほどではないので
スープ以外は完食しましたが
いろいろと不味いです

  • スープの味が薄い。作りたての温かいうちは「薄味でダシ感もあってイイネ!」と思ってたんですが、冷やすと全然ダシが薄く感じてダメです。やはり冷やすと味覚に届きにくくなるのか、もっと濃くてインパクトのある味に仕上げないとダメなようです。
  • ゆし豆腐が冷やしには合わない。やっぱりゆし豆腐は温かいほうが絶対旨い。
  • チャーシューが冷やしとは合わない。ひえひえのスープに浸って冷たいうちは旨くも不味くも感じないのですが、口中でチャーシューの脂が温まってくると豚の風味が変に立ってきて、かなり不味いです。動物系のトッピングは冷やしの場合、脂の無いものを使うのが無難なようです。


そういうことで
また本田宗一郎さんの名言集にお世話になります


忘れた頃に
猛暑の頃に
また冷やし系に
挑戦してみようかな

【自作】 冷やし系のためのトッピング 〜ゆし豆腐〜

欲を出して
冷やし系に合うトッピングなんてのも
考えてみたりして


冷やし系だと
麺や汁の入った丼にトッピングするスタイルと
トッピング別皿スタイルに分かれると思うんですが
今回は同じ丼にトッピングするスタイルを想定して
足りない頭を悩ませてみました


同じ丼にトッピングする場合

冷えた状態でも美味しく食べられるもの

という縛りが発生します


これがなかなかやっかいなもので
植物系以外のほとんどの食材が
縛られそうです



冷えた状態でも美味しそうなものとして
豆腐が頭に浮かんだのですが
買ってきて乗せるだけだと面白くないので
沖縄風の『ゆし豆腐』を
作ってみることにしました


ちなみに『ゆし豆腐』とは
おぼろ豆腐や寄せ豆腐と同じような豆腐で
沖縄地方では温かい状態でしか食べません
冷した「ゆし豆腐」を食べるのは
ある意味チャレンジングな行為です

IMG_1623

北野エースで買ってきた
大豆300g

418万円 Σ(゚д゚;)

さすが国産大豆さんだ!

 

IMG_1624

朝仕事に行く前に水に浸しておいて
帰ってきたらこんなに
膨らんでいました

 

IMG_1625

それを我が家の暴力装置No.3の
『タイガー君』で
水と一緒に粉々にしてやります


ちなみに
沖縄と本土の豆腐の作り方の違いは
生のまま砕いて呉汁を絞る「生絞り」か
豆を茹でてから呉汁を絞る「煮絞り」の
違いだけです

沖縄の豆腐は生絞りなんですねー

 

IMG_1626

はい。粉々になりました。


さすが頼りになるタイガー君!
これをスリコギとスリ鉢でやったら
軽く死ねると思います

 

IMG_1627

こんな感じで細かくなりました

 

IMG_1628

それを布で濾します

 

IMG_1629

珍しい風景なので
ギャラリーが集まってきました(笑)

 

IMG_1630

ギューギュー絞らないといけないので
これが大変です


こんなことなら
豆乳を買ってくればよかったと
激しく後悔しました

 

IMG_1631

副産物のオカラ


実は栄養成分的には
豆乳よりもオカラの方が何倍も
栄養やビタミンが含まれているらしい

 

IMG_1633

搾り出した豆乳を
鍋で火を通してから
にがりを打ちます

 

IMG_1635

あんまり固まらなかった(笑)


水分が多すぎなのか
にがりを打つ温度が高すぎたのか
不明ですが
本田宗一郎さんの名言集を読み返して
自分を慰めることにしました


長くなったので
実食編は次回の更新分で

 

【自作】 キンキンに冷やしても硬くならない太麺の開発

太麺フェチの自分としては
やはりキンキンに冷えてても美味しく食べられる
太麺作ってみたいわけで
どうやれば作れるんだろうと
小一時間考えてみたわけです


天から降ってきました!
くだらないアイディアが(笑)


エアin麺


冷えてもしなやかな太麺を作るには
これしか無かろうと

エアinチョコのオマージュですが(笑)

IMG_1604

有言実行
無間地獄


使う材料は

オーション 300g
ドライイースト 小さじ1(3g)
かん水(ボーメ度3になるよう計算)
砂糖(大さじ1)
塩(小さじ1)

を加水率50%()の割合で麺にしますよ


イースト菌や砂糖を入れると
パンのような匂いや甘味が気になるんじゃないのかと心配になりますが
前回考察したように
冷やして食べる分には甘味や香りは抑えられているので
問題無いんですねー(多分)



実はここで少し問題が…

イースト菌の発酵は弱酸性環境がベストなんですが
かん水はアルカリ性なので
うまく発酵してくれない可能性があるんですねー
(ドキドキ)

 

IMG_1605

ちょ… 気にしない気にしない

 

IMG_1606

イーストを
予備発酵させておき

 

IMG_1608

もろもろの材料と一緒に
混ぜ合わせ
こねこねして

 

IMG_1610

オーブンを30℃に設定して
60分間発酵させた後に
適当な大きさに切り分け

 

IMG_1611

エアin麺生地

(パンかよっ!)

 

IMG_1613

2週間ぶりに活躍の
おのくろちゃんで
ふわふわの生地を
やんわり延ばし

 

IMG_1615

おのくろちゃんの
カッターで
優しくカット

 

IMG_1614

加水率が高いのと
エアin麺なのとで
やたらと柔らかく
ふわふわになりました

 

IMG_1617

40℃で2次発酵もさせてみましたが
2次発酵は
ほとんどしなかったっぽい

 

IMG_1618

さて試食タイム♪


茹で上がりが
めちゃくちゃ早いです

なんたって
エアin麺さんですから

 

IMG_1620

ザルに上げて
流水で洗った後に
氷を入れて
キンキンに冷やした図

 

IMG_1621

試食用に
めんつゆで作って
キンキンに冷やしたスープに
キンキンに冷えた麺を
投入の図

 

IMG_1622

キンキンに冷やしても
ふわふわもちもちの食感

さすがエアin麺さんだ!

まるで天女の羽衣を
食べているようです


加水率を45%ぐらいにして
極太麺にすれば
もっと美味しくなりそうな気がします


次回の課題は『冷えても美味しいスープの開発』です


(つづく)

 

【自作】 冷やし中華は何故不味いのか(極私的所見)

梅雨を間近に控え
まだ本格的な夏には程遠い季節ですが
ややフライング気味に
冷やし中華や冷やしラーメン等の
冷やし系メニューを提供し始めたお店が
あちこちに出てきましたね



正直なところ
タイトルは言い過ぎかなと思いますが
ぶっちゃけて言うと
いまだかつて
心から美味しいと思う冷やし中華を
食べたことがありません
(冷やし中華が好きな方、ごめんなさい



かの『美味しんぼ 第8巻5話』では
編の三部構成で
冷やし中華について大騒動を起こしていますが

美味しい冷やし中華を追求するはずが
いつの間にか

海原雄山に冷やし中華が立派な中華料理であることを納得させる

という妙な話になっていて
なんだかなーと
腑に落ちなかった少年時代の自分を
遠い目で思い出します
(オチは冷やし中華の調味料に全て中国産のものを使うというもの



実は今回の自作の動機は
「美味しんぼ風 冷やし中華」を作ることではなくて

『冷やし系の麺料理で
果たして美味しいものが作れるのか?』


ということなんです


一応、作る前に傾向と対策を考えるため
麺の温・冷とスープ(汁)の温・冷の組み合わせで
どのように麺料理がグループ分けできるかを
まとめてみました

種類分け

本質を浮き上がらせるため
トッピングを無視した
「麺」と「汁」の組み合わせで潔くグループ分け

汁無しや和え麺のようなスープが無いタレのみの料理も
「スープが異常に少ない麺料理と見なす」
という若干強引とも思える抽象化を行っています

鴨せいろや「吉田のうどん」のような
温かい汁に冷たい麺を浸して食べるものは
便宜上すべて「つけ麺」グループに
組み入れています



この表を見ると
温・温グループの

圧倒的ではないか我が軍は

という声が聞こえてきそうです



冷・冷グループは
ざるそばとぶっかけうどん以外は
みんな小物です
量産型ザク未満です

やはり夏季限定でしか売れないという
弱さがあるのでしょうか
可哀想すぎます



不思議なのが
「温かい麺」と「冷たい汁」の組み合わせが
存在しないことです
(というか思い浮かばなかった)





次に興味を持って調べてみたのが
「冷たいものだと味覚はどうなるか」です

温度と味覚

■ 甘味は体温付近の温度で一番強く感じられるそうで
確かにヌルいコーラとかカルピスは甘ったるく感じますよね

■ 塩味と苦味は低温でカドが立ったように感じ
高温ではまろやかに感じるようになるそうです

■ 酸味は温度による変化はほとんど無いとされています
そのため、酢飯や冷やし中華などの冷えた料理でも酸味が強く出すことが出来るのですが
中華の本場中国では、冷えて酸味のある料理は腐敗していると見なされ
かなり不人気だそうです(南方の一部では例外的に存在するらしい)

■ 辛味の本質は味覚ではなく痛覚なので
温度による違いは本来ほとんど無いはずですが
実際には熱い方が辛く感じるので
こういう表現になっています

■ 香りは当然ですが温かい方が成分が揮発しやすいです
そのためか冷たい麺料理では
トッピングや薬味に
食べると香りの立つ香味野菜を
多く使う傾向があるように見受けられます



つけ麺を食べていると
つけ汁が冷めてきて
不味く感じることがありますよね
それは温度によってそれぞれの味覚が
バラバラに変化することが
その原因なのかもしれません
(提供時の温度のまま最後まで食べられたら最高なんですが…)


冷やし中華が美味しいと感じない理由も
酸味と甘味とダシのバランスが
口中温度で変化して後味が悪くなるからではないのか
と思っています



そのほかにも
冷やし系の麺料理には
冷たいなりの困難が存在します
(ホント大変です)

  • 動物性の脂が固まってしまう → 脂質を取り除くか、動物系の素材を使わない
  • グルテンの締まりが強くなり、太麺ほど硬くなり食感が悪い → そのためか細麺を使用する店が圧倒的に多い。米粉で作った麺や、特別な配合で硬くならないような平打ち麺を使用する等
  • 低温では貝類のダシ成分であるコハク酸の旨みが抑えられるので、貝類のダシはふんだんに使わないと効かない → 高くつく



以上を簡単にまとめるとズバリ

冷たい料理を美味しく作るのは難度が高い

こういうことになるでしょうか




そこまでして
人は何故に
夏場に冷たい料理を食べようとするのでしょう?
そりゃ暑いからに決まってますよね
暑いとラーメン店の売り上げが落ちるのもそのせいです


暑いと不平を言うよりも
すすんで汗をかきましょう



大きなお世話ですが
夏場でも熱い麺を食べて汗をかいて
食後にガリガリ君でも食ったほうが
よっぽど涼しくて旨いんです


とはいえ
昨今の夏場に生じる異常高温では
気温が体温より高くなることもありがちなので
キンキンに冷えたものを食べて
体を内部から強制的に冷やす重要性も
軽んずるべからずと
偉い人から言われました


そういうことで
キンキンに冷えた麺とキンキンに冷えた汁の組み合わせでも
美味しい麺料理が作れるように
精進してみようと思います

(つづく)

べんてん@高田馬場 de 『ラーメン』5

今朝は雨が降りそうな空模様だったので
ビニール傘を持って
べんてんへ出かけました

開店待ちの間には
ほとんど雨は降りませんでしたが…


11:10を少し過ぎた頃に開店したでしょうか
その時点で30人くらいの行列になっていました
月曜日ってこんなに並ぶんだっけ?

DSCF0253

久しぶりの朝イチべんてん


つまみメンマ増量(+150円)
の盛りが良くなってますよ!

 

DSCF0254

ラー油マシマシだそうです

 

DSCF0255

おまけに○○汁が大漁 (´∀`)


これをご飯にかけて食いたいなー

 

DSCF0257

ラーメン 750円 (R B メ)


今朝は肌寒かったので
油そばの予定を変更して
ラーメンで温まることにしました


1順目で油そばを注文する方は
いらっしゃらなかったようです
やっぱり油そばは暑いときに
食べたくなるもんなんでしょうかね?

DSCF0256

チャ、チャーシュー デカっ! Σ(゚д゚;)

DSCF0259

これは滅多に出会えない
デカさと旨さを兼ね備えた
至高のチャーシュー…

かどうか知りませんが
これでチャーシュー麺だったらどうなるんだろう?
とか思わずにはいられない大きさです
柔らかくて肉の味がじゅんわりと染み出してきて
旨いチャーシューです


そういえば遥か昔
必勝件@津田沼で開店待ちの一等賞だったかで
巨大な(草履のような大きさの)チャーシューを
頂いたことを思い出しました
(デカいけど硬くて噛むのが大変だったのは内緒


閑話休題

DSCF0260

やっぱり朝のスープは違いますねー

スッキリと節系のダシが効いて
凛とした醤油スープでイイですね〜
昼下がりのスープも夜のスープも
それぞれ良さがありますが
結局どれも好きなんですね〜


プチ・ダイエッター(自称)なので
胃が小さくなっているためか
量が多く感じて
完食できるか途中で不安になりましたが
気が付くとスープまで飲み干していました
ごちそうさまでした

今日はコレだけで摂取カロリーは十分そうなので
お昼ごはんはもちろんのこと
夕ご飯もパスしよう
うん、そうしよう



お勘定を済ませてべんてんから出たときには
雨は降っておらず
こういう時にはうっかり傘を忘れる
うっかり屋さんが多いんですよね


自分がそのうっかり屋さんです(笑)
これで今年三本目かな?
どこかで誰かの役に立つといいですね (・∀・)つ

ラーメン店 ふわふわ@四谷三丁目 de 『塩の悪魔ラーメン』5

DSCF0248

またそんなわけでメゾンド四谷にやって来たのだ

DSCF0246

がんこスペシャリストな方から
悪魔を食べても大丈夫
とのお墨付きを頂戴したので
早速行ってまいりました


午後3時半ごろ
四谷三丁目駅の4番出口を出ると
かなりの勢いで
雨が降っていました


店頭の立て看板には

塩の悪魔ラーメン
ビール、ズワイガニスープ
渡りがに
と表示されています
(ビールも入ってるの?)


お店の戸の小窓から中を覗くと
お客さんがかなり入っています
先週の日曜日とは大違い!
これががんこフリークな方々なんですね

 

DSCF0252

塩の悪魔ラーメン 1000円


塩スープの悪魔というのは今日だけだそうで
来週からは醤油スープの悪魔になるそうです

DSCF0250

当初はズワイガニでとったスープの予定だったそうですが
事情があって渡りがにでとったスープになったそうです


トッピングにはズワイガニが乗っていて
身をほじくって直接食べたり
スープに混ぜると
ズワイガニの味と香りが広がって
甲殻類フェチには堪りません

DSCF0251

スープはカニの風味が前面に出ていて
それを支えるように動物系や魚介のダシも
ふんだんに使われているようです


明らかに塩分過剰でしょっぱいですが
抜群にキレのあるスープの中に
天然素材のダシがスッキリと息づいています

旨い。しょっぱ旨いなあ!(^∀^)

塩分濃度で比較すると
先日食べたがんこ西早稲田の方が強かったので
しょっぱさ的には全然平気でした


食後、一条家元に美味しかった旨を申し上げると
失敗して美味しくなっちゃたと嘆いていて
面白い方だなーと思いました


今度は醤油スープの「とても喰えない!」悪魔を
食べてみたい気持ちになりました
ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ