お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2011年06月

【家二郎】 FP使用の加水率30%で打ってみた

昨日届いたフードプロセッサー(FP)で
家二郎麺の水回しをやってみました


今回は調子に乗って
加水率30%という
アマチュアには難易度の高い
低加水率に挑戦


設定は以下の通り

小麦粉(オーション): 300g
水: 81g
カンスイ(ツクバネ、液体35度): 7g
塩: 2g

カンスイはボーメ度が約5になる計算のはずですが
ちょっと自信がなかったりして (^^;

IMG_1803

FPに小麦粉を入れて

 

IMG_1804

このFPの上蓋には
液体や固形物を投入できる窓が
付いているので
そこから熱湯で溶かした
塩+カンスイをチョロチョロと
入れながら攪拌

 

IMG_1805

このFPを使うのは初めてなので
どのくらいの攪拌スピードがベストなのか
試行錯誤で行くしかありません

 

IMG_1806

ときどきヘラを使って
外側で固まった部分を
内側に戻す必要がありました


後で気づいたんですが
ブレードの下の部分も
固まりがちなので
そこもヘラで崩してやる必要が
あると思います

 

IMG_1807

ジップロックもどきに入れて
上から手で押して
空気を抜いた状態


前回の麺打ちの時より
ムラがかなり少ないように
見えます

 

IMG_1808

2時間ほど寝かして
(ていうか自分が寝てたw)
三等分にした断面


やっぱり
FPを使わない時と比べると
雲泥の差がありますね

 

IMG_1809

おのくろちゃんで延ばすと
こんな感じに


加水率30%なのに
ちゃんと麺帯ぽくなってる!(笑)

 

IMG_1810

こうしてロール状にした麺帯に
コーンスターチを塗ってから
食べるときまで
冷蔵庫で寝かすことにしました


実食編はまた後日に

 

【自作】 フードプロセッサーをポチってしまった件

IMGP2885

前回の記事
院長さんから頂いたコメントに
激しく心動かされ
気がついたら
アマゾンで
フードプロセッサー
ポチっていました
\(^o^)/


夜中のネットサーフィングは
危険ですね (^^;

 

IMGP2887

知る人ぞ知る
山本電気の製品

あの美味しんぼの46巻にも登場した
道場六三郎さんプロデュースだそうで
ちょっとミーハーぽいけど
価格COMやアマゾンでの評判が
異常に良いので
思わずポチってしまいました

IMGP2892

家庭用の普通のコーヒーメーカーくらいの大きさで
とてもコンパクト


しかも構成パーツがとても少ないので
収納や清掃が楽そう

IMGP2893

ブレード、デカっ! ∑( ̄ロ ̄|||)


ブーメランみたいに投げつけたり
棒の先につけて振り回すと
一気に北斗の拳の世界になりそう


これを使えば
低加水麺の水回しが完璧に出来そうで
ワクワクしてきました

あいにく今日は夏風邪っぽくて頭がクラクラするので
本格的な使用は近日中にレポします

【家二郎】 ミートソース家二郎5

IMG_1779

二郎と
スパゲッティミートソースを
同時に食べたくなったので
自作してみました

 

IMG_1780

今回はボーメ度5に調整したカンスイ
オーション400gと塩3%で
加水率33%の設定で打ちました


沸騰させたお湯で
塩とカンスイを溶かし
湯捏ね状態で
ハンドミキサー使用にて
水回し


底の方がちゃんと攪拌されてなかったらしく
水回し的にはイマイチです

 

IMG_1781

ジップロックもどきに入れて…

 

IMG_1782

空気を抜くように
手で上から押さえつけました


足で踏むと圧力が高すぎて
ツルツルの麺になりがちなので
今回は手でソフトに押さえ
水分がまんべんなく行き渡るように
心がけました

 

IMG_1783

おのくろちゃん
ローラーに通るよう
3分割

 

IMG_1784

断面


水回しがイマイチだったので
水分が不均等な所が (^^;

 

IMG_1785

久々に登場の
おのくろちゃん

 

IMG_1786

水回しがイマイチだと
グルテンの結合が不均一なのか
麺帯の断裂が起こりやすいのです


水回しは歩留まりを大きく左右するので
次からはもっと丁寧にやりたいものです

 

IMG_1787

ローラーに通すたびに
ベンチタイムを30分ほど取って
徐々に麺帯を薄くして行きます


最終的に
麺帯の厚みは3mm程度になりました

 

IMG_1788

こちらこちらこっちにあるように
二郎麺の特殊な切り方(幅と厚みが逆)で
麺を切り出します

 

IMG_1789

コーンスターチを打ち粉にして
手で揉むとこんな感じに

 

IMG_1790

茹で前重量300gで
試食してみましょう
(夜中から食べ過ぎ

 

IMG_1793

水で締めるので
少し柔らかめの茹で加減で

 

IMG_1794

流水で締めます

 

IMG_1797

麺を皿に盛り
その上から

自家製ミートソース(昨晩作った)
自家製煮豚
茹でモヤシ(茹で後に冷蔵庫で冷やしたもの)
刻みニンニク(水にさらしたもの)

を乗せて完成〜♪

 

IMG_1799

ヨコから見た画

 

IMG_1801

ミートソースとニンニクが
二郎風の極太麺と
良く合っててイイ!(・∀・)


モヤシが
意外に合わなかったのは内緒(笑)


特に今回の麺はかなり良い出来でした
(自画自賛

 

ラーメン店 ふわふわ@四谷三丁目 de 『こがしネギ 塩ラーメン』5

DSCF0445

(実食日: 2011/06/25)

東武練馬から池袋に戻り
ふわふわ@四谷三丁目を目指す


四谷三丁目だから
丸ノ内線に乗ればいいのだ
と安直に考えて乗ったところ
大手町を経由してしまい
恐ろしく遠回りになった(笑)


16時過ぎ
小雨模様の空の下
やっとこさ店頭に到着


張り紙がされていない
立て看板を見るのは
これが初めて

不思議な気分にさせる
シュールなデザインで
カッコイイ!(・∀・)

 

DSCF0446

スペシャルな企画メニュー(悪魔?)
が無い日は
牛頭のモニュメントに
赤い布キレは
下がらない法則ナノカ…

 

DSCF0449

こがしネギ 塩ラーメン 780円


土曜日のみ提供の「こがしネギ」は
塩か正油味を選べるそうで
自分はどっちも未食だったので
塩でお願いしました
(正油にするとコッテリかアッサリを選べるみたい)

DSCF0447

トッピングは

巻豚チャーシュー(すごくトロトロで旨い!)
メンマ
海苔
小口切りの白ネギ



こがしネギ


こがしネギが香ばしくて
食欲を加速させるようです


ネギがカラっと揚がっているためか
油っこさは感じられず
しかも焦がしネギにありがちな苦味は皆無で
これは良いトッピングですね!

DSCF0448

スープは牛骨ベースなのかな?
ホタテも使われているようで
ドンブリの底にホタテの細かいカケラが
沈んでいました


悪魔やがんこ西早稲田の塩に比べると
塩分は控えめで
しょっぱウマー(・∀・)な塩ラーメン
しょっぱさよりもダシ感が勝ったスープも
良いものですね


とても美味しく戴けました
ごちそうさまでした!

つけめん らーめん みとや@東武練馬駅北口 de 『辛つけめん』5

DSCF0426

今日は午後から自由の身になったので
昨年のオープン日に伺って以来
1年近くご無沙汰していた
東武練馬駅北口の
「みとや」さんに
行ってきました


土曜日は15時までなので
それに間に合うように
14:15頃到着すると
カウンターのみの客席は
8割方埋まっており
なかなかの盛況ぶり


厨房には店主さんと奥様の
お二人がいらっしゃいました

 

DSCF0430

ラーメンもいいな
塩ラーメンも気になるな
と逡巡し結局
辛つけめん(750円)の並盛(250g)に決定!(・∀・)


麺の量は並盛でも中盛(350g)でも同料金なのですが
最近プチ・ダイエットを止めて
ガチ・ダイエットをしていたので
食べ切れる自身が無くて
並盛にしただけだったりして (^^;

DSCF0428

ビールについてくるおつまみは
相変わらず気前の良い盛りです (^∀^)



メニューや内装などの全てが
オープン日からそのまま変わらないように
見受けられましたが
ただ一つだけ大きく変わっていたのが

空調

なんですねー

ものすごく快適になりましたヨ!


店主さんのお話では
エアコンの室外機を置く場所を変えただけで
空調が格段に効くようになったとのことで
なるほどこれは革命的に嬉しい変化ですネ!

DSCF0431

辛つけめんの場合
特に『辛味別皿で』と言わなくても
デフォで別皿提供だそうです


この辛味
べんてんの今の辛味よりも
ピリっと唐辛子の辛さが効いています

その一方で
べんてんの辛味と比べると
甲殻類(桜エビ?)の香りは
漂ってこないので
もしかすると甲殻類不使用なのかも
(ちょっとは入ってるのかな?)

DSCF0433

続いて
つけ汁の登場です

DSCF0434

小口切りのネギがたっぷり入ってて旨そうなビジュアル!
ネギだいすき (´∀`*)


照明や撮影機材の関係もありますが
約1年前に戴いたつけ汁と比べると
若干薄めの色合いになったような気がします

味的にも醤油っぽさが
前回感じたカドの立ったような所が無くて
全体がまとまった印象を受けました

酸味と甘味は控えめに効かせてあって
自分的にはかなり好みのバランス

節系のダシと風味も効いてるんだけれど
べんてんで節系がMAXに効いている時の
m9( ゚Д゚) ドーン!
という感じとはまた違ってて
ライトな効き方でジワっときました

具のメンマと短冊切りのチャーシューは
文句の付け様のないお味で
量もたっぷりと入っていて
満足度十分です

DSCF0436

辛つけめん 750円


エアコンの涼しい風が吹いてくる席だったので
麺が到着するまでの僅かの時間のうちに
つけ汁表面のゼラチン質の膜が成長して
旨そうなテリを演出していました


もうすぐ閉店時間ということで
残った味玉をサービスしてくださいました
ありがとうございます <(_ _)>

DSCF0439

お店の入り口の左手に置かれている
製麺機で作られた
みとやの自家製麺


前回戴いたものと比べると
瑞々しさがぐんとアップしたようで
しなやかさと喉越しも素晴らしいですね!


店主さんの話では
空調が改善されて
麺を打つ環境(温度、湿度)が安定したので
仕上がりが格段に良くなったそうです


確かに
べんてんの麺に比肩し得るほどの
おいしい麺に進化した感を受けました

IMG_1770

麺の表面は完全なツルツルではなく
細かいテクスチャがあるので
つけ汁との絡みも良好です


麺をたぐる愉しみを感じますね (^∀^)

DSCF0442

中盤からは漢らしく
辛味を一気に全投入して
辛つけめんとして楽しみます

IMG_1771

【問題】
ちょくせつ食べると辛いけど
つけ汁に入れるとそんなに辛くない辛味ってな〜んだ!?

【答】
みとやの辛味



もしとても辛くなって
食べられないほどだったらどうしよう ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
と心配してたんですが
これが意外と辛くないんですヨ!

辛いことは辛いんだけど
後を引かない辛さっていうのかな…
絶妙な辛さレベルだと思いまシタ

DSCF0444

最後にスープ割りをしていただきました


自分がネギ好きだって事もあるかもしれませんが
スープ割りをすると
ネギの美味しさに
ハッ!Σ(゚д゚;) と気づかされますね
みとやさんのネギは旨い!(^∀^)


全体的にべんてんの系譜を感じまくることが出来るんですが
みとやさん独自のベクトルも入ってて
べんてんフリークな方々なら
新鮮な発見があるかもしれないですね


おいしい辛つけめん
ごちそうさまでした!

ラーメンと塩ラーメンはまだ食べてないので
今度食べに来たいですねー
でも夏場はつけ麺が一番かな〜?

たけ川うどん@山梨 de 『肉つけうどん』5

今年は我が家の三大狩り行事の内


イチゴ狩り
潮干狩り


の二つまでもが
ことごとく大人の事情により
中止になったのだが
最後の一つ

さくらんぼ狩り

だけはなんとかミッションを遂行することが出来た


昨年の記録によると
今年は一週間ほど狩りの時期が遅いようだ


狩りの前日はいつも
富士急樂園でテンションをageるのが
恒例なのだが
その前の腹ごしらえで
吉田のうどん』を食べに行ってきたのだ

DSCF0388

『たけ川うどん』は今年の4月ごろに
秘密のケンミンSHOWの「うどんサミット」という企画に
出ていたので脳裏に焼きこまれていた店だ


日曜の11時ちょい過ぎに駐車場に到着すると
どんどん客が店に吸い込まれるように
店内に入って行く


まるで新興宗教か何かのようである


店舗外観を撮影する余裕も無く
駐車場からダッシュで
暖簾を押し分け店内に駆け込む


入店すると同時に
店の女将と思われるスタッフから
人数と注文を聞かれるが
さんざんネットでググり尽くして予習したにもかかわらず
しどろもどろになり挙動不審者そのものと化す


え… えと…
に… 肉つけうどんと… ワカメつけうどんの
ぜ… 全部 ひ… 冷やで…


こう言うだけでせいいっぱいなのだ


ジモティーと思われるお客さんは
注文を憶えられているらしく
ノーコールな人が多い

またしても絶望的アウェー感のリフレインが叫んでる

DSCF0389

客席は全て座敷になっていて
4人がけの座卓が8卓ほどだろうか

1〜2人客だと相席になるのが当然のようだ

ラーメン二郎 横浜関内店も真っ青の回転率である


着席と同時に
お品が運ばれてくる
それと同時にテーブル会計だ


注文した品がちゃんと揃っているのかすら曖昧なまま
言われた通り1300万円を支払う


これほどのスピードで進行する店が
いまだかつて存在しただろうか?


この記事の一番最初の写真は
肉つけうどんだと思い込んで撮ったものである


ところが、実はそうではないらしい


その証拠に
つけ汁だと思っていたドンブリは
実は【わかめうどん】だったのだ! Σ(´д`;)

DSCF0393

時間が経つにつれようやく
富士山頂にかかっていた雲が消えるがごとく
状況が把握できてきた


我々のテーブルには何故か

わかめうどん(中) 300円 ×2
つけうどん(中) 300円
肉つけうどん(中) 400円

が届いていたのだ(何故か温かいうどんが2つも!)

DSCF0391

これが(肉)つけうどん(中)の麺

茹でキャベツが添えられている

まるで府中二郎の『ざるラーメン』のようだ(てか未食ですが)

DSCF0395

味噌汁の椀だと思っていたのが実はつけ汁でした(笑)

つけ汁は味噌汁に似た味で
そのまま普通に味噌汁として飲めるぐらいの
優しいお味


超極太麺を浸して食べるも
つけ汁との絡みが弱くて
正直なところ『あれっ?!』っと拍子抜けするほど

DSCF0394

ところが
卓上の自家製辛味や

DSCF0398

揚げ玉をつけ汁に入れて食べると
ガラっと印象が変わります


炭水化物と油分と辛味

部屋とYシャツと私


中毒性の高いこの危険な組み合わせが
ここにもやはり息づいていました

DSCF0396

肉つけうどんのつけ汁には
馬肉を煮たものが入っていて
デフォのつけうどんと比べると
つけ汁の味に深みがあるというか
ジャンクさが加味されるというか
これはハマる気持ちが分かります

DSCF0397

更に特筆すべきは麺の長さ! Σ(゚д゚;)


相席で向かい側に座った人妻風の方に
麺を持ち上げてもらい撮影しましたが
何故かフォーカスがすっぽ抜けて
麺じゃなくて人妻さんに合ってしまいました(笑)


長いもので1mはあるでしょうか
やたらと長いんです


しかも硬いので
普通のうどんに慣れた方は
かなり戸惑うのではないでしょうか


ただし
二郎やイマドキの極太麺に慣れたヲタな方たちなら
多分普通においしく戴ける味じゃないかと思います

 

DSCF0399

卓上には一味(七味かも)、胡椒、醤油もあるので
無限に近いカスタマイズ度

これに加えて刻みニンニクと豆板醤もあったらと思うと
夜も眠れません


結局
つけうどん、肉つけうどん、わかめうどん
温かいのと冷たいのの両方を味わうことができましたが
どっちかというと温かい方が
麺のモッチリ感が良く出ていてバランスが一番かな

つけの方も
揚げ玉と辛味を入れてワシワシと食べるのがハマりそうで
また絶対に再食せねばと思いました

(以下おまけ)

富士山眺望2011

泊まったホテルから撮ったパノラマ写真

左手が富士急ハイランドで
中央付近から右手が富士山(があるはずの所)です

梅雨時に来るのはこれが三回目ですが
この時期は富士山を拝めるチャンスは
かなり低いですね (^^;

DSCF0424

今年のさんくらんぼも美味しかった〜 (⌒〜⌒)

DSCF0425

時間無制限狩り放題のところなんで
かなり食べ過ぎてしまい
自分がさくらんぼになったような錯覚にすら陥る

って大塚愛かよっ!?∑( ̄ロ ̄|||)

(麺)並木商事@東千葉 de 『並商ラーメン』5

DSCF0380

今日は
超ラーメン通な御方が
並商にご興味をお持ちとのことだったので
お供させていただきました


土日は混むのか
昼間が混むのか
知りませんが
13時過ぎの時点で
外待ちは無いものの
カウンター9席は
ほぼ埋まっている状態

DSCF0381

考えてみれば
42時間がかりで怒涛の三連食目


今回は
『並商の大好きなおつまみ』(380円)の提供時に
塩かタレかを選択させてもらえたので
迷うことなく塩で


魚心あれば水心あり


旨い。旨いなあ!(´∀`)

DSCF0382

並商ラーメン(醤油) 680円


並商つけめん → 鶏白湯ラーメン


と来たので
今回は券売機の左上のボタンにある
基本のラーメンを頂くことに



私の隣では
90歳近いと思われるお姉さんが
並商つけめんをオーダーしております

てっきり店員さんが

「つけ麺は濃厚なので なんたらかんたら」

とやんわり制止するのかと思っていたらなんと

「麺は300gに増やせますが…」

と話しかけているじゃありませんか!Σ(゚д゚;)

すげぇ… これがプロの仕事なんだと
ひそかにまぶたから目ん玉が落っこちそうなくらい
感動したのでした
(その後お姉さんは「おいしい」と言いながら食べていました)


閑話休題

DSCF0385

トッピングは
豚バラ@チャーシュー
白ネギ
白キクラゲ
豚軟骨肉

だと思います

IMG_1725

どうですか!


並商つけめんの時と同程度の濃厚さが
ラーメンにもあって
麺がスープを持ち上げることといったら
半端ないっス

IMG_1726

白キクラゲも
良い箸休めになってます

IMG_1727

軟骨もプリプリ柔らかくて旨いですねー (^∀^)

IMG_1728

濃厚なスープですが
脂分が少ないからだと思うんですが
口の周りにベタベタとまつわり付くようなことは無くて
意外とアッサリ食べられます


なんとなくですが
毛蟹のカニミソから
カニ臭さを取り除いたような感じ

あるいは

白子から魚臭さを取り除いたような

そんなマッタリ感が感じられて
とても不思議なスープです

IMG_1729

卓上の並商オリジナル胡椒をかけると
これがまた良く合うんですねー
旨いなあ (´∀`)


昨日食べた鶏白湯ラーメンだと
少しかけるだけでガツンとした風味の変化がありましたが
今回の並商ラーメンの場合は
たくさん入れても
濃厚なスープがそれをガッチリと受け止めてくれるので
鮮烈な胡椒の味と濃厚スープのコラボレーションが
存分に楽しめました


やっぱここの濃厚系メニューは
並商オリジナル胡椒とセットで味わうのが
楽しいと思います


これで麺類メニューは全制覇したので
今度来るときは
つけ麺を再食しようかと思います(胡椒を振ってガツンとネ)
ごちそうさまでした

(麺)並木商事@東千葉 de 『鶏白湯ラーメン』5

点観測(ラヲタか?)
と呼ぶには短すぎるインターバル


キャバ嬢にハマったオヤジよろしく
24時間がかりでの連食

DSCF0371

仕事の後のコレは格別


おつまみの美味しさに負けて
今日は禁断の2本目行っちゃいました
ダイエッツよサバラ!(・∀・)つ

DSCF0367

ビール(500円)をごくごく
おつまみ(380円)をチビチビ齧ったところで
撮影を思い出したので
チャーシューに自主補正が入ってます (^^;


お店の方から
チャーシューに卓上の塩をちょこっと振ると美味しいと伺ったので
やってみたら
これが超旨いのなんのって
ビールがススム君で2本目逝っちゃうハメに(笑)


そういえば
昨日はつまみ皿の底に甘辛いタレが敷いてあったのが
今日は無かったような気がする


あのタレはポテサラには合うんだけど
チャーシューには塩だけの方がビールとは合うと思うので
なかなか難しいな
(タレ別皿だといいかも)

DSCF0369

オレンジ色の黄身の半熟味玉ちゃんは
今日もブレないですね
(ってか、昨日初めて食べたんですが^^)

DSCF0370

昨日は試すのをすっかり忘れていた
並商オリジナル胡椒を
チャーシューに少しかけてみたところ


それほどのインパクトは受けず


ところがラーメンに使うと
これがすごいんです!(キリッ

DSCF0376

鶏白湯ラーメン 680円


チャーシューは提供前に
一枚ずつローストしているんですねー
丁寧ですねー


スープは鶏白湯スープの上に
香味油か別仕込みのスープを乗せた
ダブル・レイヤー構造のようになっているように見えます
(というか作ってるとこをチラ見したらそんな感じでした)

DSCF0372

昨日の『並商つけめん』とは
見た目の印象がガラっと変わって
ライト寄りの風情が感じられます


鶏白湯なんだけども
そんなにトリトリ迫ってくるような香りではなく
洗練された佇まいですね


白キクラゲがトッピングされていて
繊細な歯ごたえが楽しかったりして^^


麺はつけ麺より細めの
中細のモチモチ感のある
多加水っぽい麺で
スープと良く合ってると思いました

DSCF0378

最初の一口目のスープが
インパクト絶大で
驚かされましたヨ!


アクエリオンで喩えさせてもらうと


不動指令がバァッ!とコートの前をはだけると
Tシャツに大書された「椒」の一文字が!


そんな感じで
「なんなんだ!?このスープは何者なのだ!?」
という鮮烈な第一印象を受けましたが
スパイスが効いてるような効いてないような
不思議な感覚に陥ります
ホント不思議



でも食べて行くうちにだんだん
マイルドな鶏白湯ラーメンだな〜
って味に落ち着いくるので
心配御無用


昨日のつけ麺は
つけ汁が少し甘め寄りに感じましたが
この鶏白湯スープはそんなことはなく
鶏の旨さが素直に出ているようなお味で
とてもさっぱりと戴けました

DSCF0379

さあどうだ かけないか


終盤に差し掛かった頃に
並商オリジナル胡椒を
ほんの少しだけ
耳掻き一杯分くらい
麺の上に落として
スープには混ぜずに
そのまま麺と一緒に食べてみたところ


キタ━(゚∀゚)━!!


てな感じで
この胡椒スゴイんです!

ガツン!と来るんです

あの注意書きは
ブラフじゃなかったんです


強烈なインパクトがあるので
初めて食べるときは
終盤に少しだけ試すのが吉だと思われ


逆に
昨日食べた濃厚つけ汁のつけ麺の場合だと
最初の段階から使っても
オモシロそうでハマりそうで
また今度食べにくるのが楽しみっス^^


今日も思いっきり美味しいものを
食べて大満足しました
ごちそうさま〜

(麺)並木商事@東千葉 de 『並商つけめん』5

DSCF0363

先月10日に東千葉にオープンしたらしい新店
実は最近になって知りました (^^;


JR千葉駅東口から歩いて10分くらいかな?
千葉市民会館を目指すといいかも

東千葉駅までは行かないので
歩きでも楽勝です

DSCF0366

ディープ ちば!
ディープ ディープ ちばっ!


千葉駅から歩く時は
栄町は通らずに
大通りから行くのが吉と思われ

 

DSCF0365

無料案内所を過ぎたら
すぐそこ

 

DSCF0360

到着〜♪

DSCF0362

(鶏)を前面に押し出していることが
立て看板からも読み取れます

 

DSCF0361

パーキングチケットを見せると
100円バックしてくれるそうですヨ
(平日限定ですが)

 

DSCF0339

券売機


こっちに来る前に
いろんなブログ等で
予習した内容よりも
メニューが増えているみたい

 

DSCF0344

鶏ベースで
魚介と野菜とチャーシューダレが
ブレンドされていて
濃厚でやさしいスープ

 

DSCF0340

清潔感溢れる店内だけれども
変に小洒落た所はないので
とても落ち着きます

DSCF0341

注意書きのある
オリジナル胡椒が
卓上にありますが
今回は使うの忘れました (^^;

 

DSCF0342

とりあえず
ビール(500円)と
おつまみ盛(三百円台だったかと)で
グビグビっとやります


(゚д゚)ウマー!




このおつまみ(チャーシュー、ポテサラ、半熟味玉)が
とってもお得かつ美味しくて
ビール2本目行こうかと真剣に悩んだほど (^^;

先週のべんてんでの学習効果が
突如イデのごとく発現し
ビールを1本に抑える事に成功
よかった よかった

DSCF0346

ビールとおつまみを楽しんだところで
メインのお品をお願いしました


まず先に出てきたのが
なんこつごはん(120円)

煮込まれてトロトロの軟骨やお肉と
小口切りのネギがごはんの上に乗って
120円ですよ!(普通に量があります)

甘辛いタレが掛かっていますが
個人的な好みを言わせてもらうと
タレはもうちょっと甘味を抑えた方が
つけ麺と合うと思います

DSCF0349

並商つけめん 780円


麺の量は普通盛で200gですが
無料で300gに増せるとのことで
300gでお願いしました

DSCF0352

ものすごく濃厚そうな鶏ベースのつけ汁
若干甘めの仕上がりになっています


濃厚だけれども
しょっぱくはなく
意外なほどに後味スッキリで
クドさを感じないのが
不思議なつけ汁です

天一に近いのをイメージしていたけれど
全然違いましたね
安直に「ドロドロ系」と表現できない魅力があると思います


つけ汁の上に乗っているチャーシューとは別に
底の方にもゴロゴロと別の種類の
お肉が入っていて
食べ応え満点

DSCF0354

しなやかでコシのある太麺は
そのまま食べてもイケますヨ!
旨い麺です

DSCF0355

つけ汁が濃厚なので
麺に絡む!絡む!カラムーチョ!


この調子で食べ続けると
つけ汁が全て麺に絡め取られて
無くなりそうな気がしたので
お店の方に食べ方を聞いてみたところ
途中で別仕込みのアッサリ鶏スープを
足して食べるお客さんも多いとのこと


じゃあソレやってみよう!

DSCF0357

ということで
途中でアッサリ鶏スープを足してもらいました

カエシのようなものも
少し入りましたヨ


かなりスッキリ感のあるスープに
メタモルフォーゼしました!

これに残りの麺を入れると
まるでラーメンのようになるんです

このまま一気にマッハ50で食べきり
ごちそうさまでした!



ビールも飲めて
つまみも旨いし
大満足でした

鶏白湯ラーメンが最近メニューに加わったそうなので
それも食べたいな〜

【自作】 7-11の冷凍麺で作る冷やしラーメン

真に旨いラーメンというものは
麺と汁のみの
いわゆる「素ラーメン」の状態でも
十分に旨い


という仮定をおくと


真に旨い
冷やしラーメンや
冷やし中華も
素の状態でも旨いはず


という
トッピングやギミックに頼り(逃げ)がちな
冷×冷系ラーメンの
存在意義に関わりかねない問題を
提起しちゃうことにもなりかねず


そこで色々と熟考を重ねたあげく

冷やし系には冷凍麺

という斜め上を行く着想を得て
(理論的裏付けは今考え中)
その実験を今回やってみることに
したわけです

IMG_1710

冷凍ラーメンの中で
特にネ申レベルと称賛の声の高い
セブンイレブンの冷凍ラーメン(一袋100円!)

これを今回のベースに選んでみた


買ったてきたのは

セブンプレミアム 醤油ラーメン
セブンプレミアム 味噌ラーメン

の2種類


残念ながらセブンプレミアム豚骨ラーメンは
売り切れで入手できず

IMG_1711

セブンプレミアム味噌ラーメンの
パッケージ裏


塩分相当量が7.4gもあるから
小さいお友達や
大きいお友達も
汁はあんまり飲まないようにしよう

 

IMG_1712

セブンプレミアム醤油ラーメンの
パッケージ裏


普通に温かいラーメンを作る場合は
電子レンジでも
鍋を火にかけても
どっちでもいいらしい

 

IMG_1713

醤油ラーメンの中身


当然だが
麺はカチコチだ

 

IMG_1714

当然のごとく
中華スープの元も脂肪分が固まってるわけだが
固まってる脂肪分は残したまま
液体の部分のみを
ドンブリに入れよう

IMG_1715

今回は50度くらいに熱した湯200ccを
中華スープの元に投入


正しい作り方だと湯の量は300ccだが
冷やすと味覚が鈍化するので
濃いめの味を目指してみたのだ

IMG_1716

温かい状態のスープ

IMG_1717

ここに冷凍のままの麺を投入


が、ドンブリが小さくて
ちゃんと汁に浸からない (^^;

IMG_1718

天地返しをしながら麺をふやかすと
なんとかドンブリに収まるようになった
やれやれ

IMG_1719

しばらく放置すると
カチカチに冷凍された麺と
温かいスープとの間で熱交換が起こるのだ


ニュートンの冷却の法則によると
温度差が大きいほど
冷える速度が大きいので
マイナス数十度の冷凍麺と
プラス数十度のスープとの温度差で
全体が冷めるのはあっという間である

IMG_1720

10分も放置するとこのように


麺もスープも冷え冷え
(3℃くらいか?)


スープに残っていた若干の脂分が固化するが
気になる場合は一旦スープを濾せばいいのだ
(でも面倒なので濾さないのだ)

IMG_1721

とりあえずそのまま食べてみる


この冷凍麺は
加熱して食べることを仮定して設計されているので
硬めに茹で上げて冷凍してあるようだ


なので、加熱せずに解凍した場合は
硬めの日本蕎麦のような食感になる

これはこれで
ぷりぷりぱつぱつとした食感がオモシロ旨い

ヘタに色々工夫した冷やしラーメンなんかより
旨いかもしんまい

IMG_1722

深夜のバラエティ番組に毒されているので
ちょい足しで遊んでみた


一味唐辛子は
実に良く合う

IMG_1723

パルメザンチーズは正直失敗した

冷めた状態だと香りが立たないし
味気なく変な感じだ

IMG_1724

ちょっとした出来心で
りんご酢を入れてみた

予想どおり
一気にヒヤチュー化(笑)


面白いことに酢が加わると
それまで全く感じられなかった
苦味が浮き上がってくるのだ
(かつおだしに多く含まれるヒスチジンやアンセリン?)



セブンプレミアムの醤油ラーメンは
素の冷やしラーメンとして食べても
十分に美味しいことが判った

冷やし味噌ラーメンは次の機会に試してみようっと



近いうちに
冷凍麺作りから始める冷やしラーメン
をやってみたいです

それでは また (・∀・)つ

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ