お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2011年10月

山形飛島 亞呉屋@仙台 de 『焼あご煮干中華』5

DSC_0353

天高く
豚肥ゆる



昨晩は
二郎をチャージしたため
朝から何も食わないで
青葉山に登っても
全然へっちゃら


そのまま夜まで
何も食わずに過ごせる二郎は
完全食なのかもしれない

DSC_0377

夕食は
どこのラーメンを
食べようかと
ググり悩んでいる所へ

超ラーメン通の方から
超ナイスな情報を頂き

仙台駅前の
EDENという
オサレなビルの1Fにある
こちらへ

DSC_0363

タッチパネルの券売機で
焼きあご煮干中華と
子ぶた丼を
ピピっと購入

DSC_0365

シックな内装は
若い男女に最適


だが
オッサンには
やや
ハイスペックすぎ^^;

DSC_0366

19時台の夕食時なのに
客はオレひとり


その後
カップル客が
チラホラと


ここは
本当に
旨いのだろうか・・・
不安がよぎる

DSC_0367

1個10円の
ゆで玉子は
震災の義捐金に
なるそうだ


だが
玉子で太るわけにはいかんのだよ
スイーツでもいかんのだよ


漢が太るなら

肉と炭水化物と脂

コレ
大切ですから

DSC_0369

焼あご煮干中華 (中) 750円


キタ(゚д゚;)コレ!!

DSC_0371

見ただけで
美味しさを
120万%確信できてしまう
この出で立ち

DSC_0373

あご(飛魚)煮干のダシが
これでもかっ!!
というほど
ドンブリの中に満ち溢れていて

旨い。旨いなあ!(´▽`)


薀蓄書きによると
山形のブランド鶏も
使用されているそうだ


あごの煮干しは
味が上品で
濃厚な魚ダシが楽しめて
好きだなあ

DSC_0374

麺は
白河中華そば
思い出させる
平打ちピロピロ風


こんなに旨いのに
なんでこんなに空いてるのか
摩訶不思議すぐる

DSC_0375

子ぶた丼 200円

は甘めのタレで
味付けされた
豚バラ薄切り肉が
4枚ほど入っていて
ラーメンのスープを飲み飲み
食べるのに丁度良いサイズ

 

肉が長いので
ご飯に巻きたくなる衝動が起こる

のちの肉巻きおにぎりである    ←ウソ



スープが少なくなってくると
ドンブリの底に
煮干しが砕けて
粉状になったと思われるものが
出てくる

それをレンゲで
かき混ぜながら飲むと
煮干し風味がまた強くなって

最初から最後まで
おいしい煮干し味が続いて
最高でした!
ごちそうさま〜

ラーメン二郎 仙台店 de 『小豚ラーメン』5

DSC_0335

豚だ 豚だ おまえは豚になるのだ!



おいしいファット
二郎さん


先週オープンした
ラーメン二郎37番目の新店舗

ラーメン二郎 仙台店

に遠征してきました\(^o^)/


遠征ってのは嘘で
出張のついでなんですよん (* ̄∇ ̄*)
DSC_0336

昼ごろ届いたメルマガによると
今日は事情により
昼休み無しの通し営業で
18時頃麺切れ終了の
予定とのこと


こんなこともあろうと
早めの時間の
新幹線を予約しといて
良かった( ´_ゝ`)


開店時には
30人以上並んでいるという
情報を聞いてましたが
17時頃店頭に着くと
10人ぐらいしか並んでなくて
これはラッキー!(´∀`)

DSC_0338

回転は良くて
15分ほどで入店着席


レンゲは置いてなくて
箸は割り箸
卓上カネシ有り
白コショウと七味

DSC_0339

小豚ラーメン 750円 (コール=ニンニク)


このところの
プチ断食で
胃が小さくなってるので
コールはニンニクだけ


デフォでも
ヤサイの盛りが
良いですね^^

DSC_0340

キャベツ率も高いし

DSC_0342

豚は関内店のような巻豚で
とても柔らかくて
超ウマ!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_0343

スープは
乳化率高めで
液体アブラの層が薄い代わりに
固形アブラが多めかな?


しょっぱさ控えめですが
卓上カネシがあるので
自分で調整できますよ

DSC_0344

麺は
表面にツルみがあって
太さは二郎では
標準的じゃないでしょうか


二郎によくある
ボソボソ感やデロデロ感は
低めな代わりに
モチっとした食感があります


二郎は久しぶりなのもありますが
麺量は結構多く感じました^^;

DSC_0346

固形物を
ほぼ食べ終わった状態


ドンブリの文様が
普通の中華料理屋みたいで
二郎っぽくないですね^^


1ロット半くらいの時間で食べきり
ごちそうさま



店舗奥右側には
魔法の国のアリスに出てきそうな
小さな出入り口があって
そこから出ることができます

DSC_0347

このように
並ぶ時は
歩道の道路側に
並びます


食券を買うタイミングは
特に無いようですが
待ってる時に
厨房からサイズを聞かれたら
買っておいたほうが
良いでしょう


二郎のシステムに
慣れていないお客さんが
多いようで
回転が止まってしまいそうな
一幕もありましたが
そういうのを見てハラハラするのも
新店訪問の楽しみではあります^^


出張はまだ続くので
あと何回か
こちらで二郎を
食べることができそうです


ちなみに
店員さんに聞いたところ
旗日も営業するそうですよ


【住所】 仙台市青葉区立町2-8
【営業時間】 11:30〜14:30 (中休みを挟む) 17:00〜21:00
【定休日】 月曜日


大きな地図で見る

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_0321

秋は別れの季節です


ファットさんとは
もうお別れよ


でも
なかなか
離れてくれない
ニクい
あいつ

DSC_0323

さっぱりしてそうに見える
このつけ汁にも
かなりの量が
溶け込んでいるという

DSC_0324

だから
つけ汁まで
スープ割りして
完飲してしまいがちな
つけ麺は
危険だと
言う方も
おりますが

DSC_0326

辛つけ 850円


べんてんとか
べんてんとか
べんてんでは

ラーメンにしろ
つけ麺にしろ
どちらにしろ

スープを
残しづらい
空気があるので

結局のところ
完食完汁
してしまうわけで

DSC_0327

ラー油まで
掛けていただくと
ありがたいこと
この上ない
気分になるのですが

ラー油の分だけ
ウォーキングの時間を
延ばさざるを得ず

DSC_0329

Mな体が
歓喜に打ち震え
被写体ブレを
起こす始末

DSC_0330

血の池地獄のような
辛つけ
スープ割りを
ちびちびと
飲みながら

まったりと
過ごす
夕方のべんてんも
またよきかな


ごちそうさまでした

麺屋 翔丸@大久保 de 『辛し油そば』5

DSC_0311

世界的なビッグウェーブに
乗り遅れること幾年月


新宿西口で機種変手続きを済まし
2時間待ちのアイドリングタイム


平日の正午前という
新宿の超宿題店を攻めるには
この上ない絶好の時間帯

DSC_0312

ちょ!Σ(゚д゚;)

DSC_0317

臨休ぐらいでは
あきらめない
へこたれない
むしろ喜びのM属性が発現


リカヴァリー先は
すぐ近くの翔丸



翔丸が荻窪にあったときに
1度だけ入ったことがあって
その時は撮影禁止でしたね


今は撮影OKらしいので
食券を出した直後に


「写真撮らせてもらってもいいですか?」


と尋ねると


「え?何の?!」


と少し怒ったような口調で言われる


「ラ・・・ ラーメンの写真を・・・」


とビビりながら答えると了承してもらった (´д`;)


確かに、「ラーメンの写真を撮ってもいいですか?」
と聞くべきだったなあ・・・

DSC_0313

辛し油そば 800円


でも
翔丸の店主さんは
絶対いい人に違いない


心からそう思う

DSC_0315

だって
こんなに美味しい
油そばを作ってくれるんだから

DSC_0316

辛し油そばは
冷たいバージョンも言えば作ってもらえるそうだけど
今回はデフォで注文したので
温かい麺


ドンブリの底に仕込んであるタレと
トッピングの味噌が
下から上に
上から下へ
混ぜ方で
どんどん味が変わって行くのが面白いなあ(´∀`*)


もし
ここの自家製麺が
口をきけたなら
きっとこういうだろうな


私、油そばでもすごいんです






とにかく素晴らしい油そばでした
ごちそうさま

丸長@勝田台 de 『こいくちつけそば』5

DSC_0310

月・火のプチ断食を乗り切り
またまたやってきました
勝田台 八千代市 千葉


先日の営業再開初日に来たときは
緊張のあまり
予定とは逆に
スパイシーさが一番少ない
「つけそばB」
を注文してしまいました


今回は
「こいくち」の味を確認したくて
お昼の13時過ぎに入店


平日は12時台が混むらしいですが
13時を過ぎると
空いているようです
(再開したばかりだから
これからどうなるか分かりませんけどね)


トッピングのチャーシューは
大体12時台で売り切れるみたいで
今日は丁度私が入店した頃に
売り切れたようです (´Д⊂)

DSC_0302

缶ビール500ml(500円)とお通しのメンマ


一度に茹でる杯数(麺量?)の上限が決まっているのか
次のロットになってしまいましたが
ビールがゆっくり飲めて良かった

DSC_0304

先に運ばれてきたつけ汁


見た目では
先日の「つけそばB」との違いは
よく分かりません


この黒い色は醤油の色のように見えて
そんなにしょっぱくないので
節やスパイスが溶け込んだ結果なんでしょうね

DSC_0305

具はメンマ、ネギ、チャーシューが確認できます

DSC_0306

こいくちつけそば 700円 大盛り(+100円)


なんとなく大盛りにしてみました^^

DSC_0307

大盛りは
普通盛りの2倍くらいの量かな?


食べてる途中で
危機感を抱くほどの量で
TKDNBBのBNTNのつけ麺普通盛りより
多いんじゃないかと思いますよ!

DSC_0308

今日の麺は前回よりも若干硬めで
麺の中心に押し返してくる食感がありました

これくらいがベストな食感かも


こいくちの味ですが
最初のうちはスパイスの辛さを弱く感じたんですが
食べ進むうちに
だんだんスパイスの辛さが強く感じられてきて
最後の方では十分な辛さになりました


「つけそばB」の時は
ほんのりと感じていたビターな味ですが
こいくちにするとしっかりと感じますね

このビターな味はどこから来るのだろう?
もしかして、黒胡椒の粒を焙煎していて
その過程で入ってくるのかな?
よく分かりませんが、大人の味です

DSC_0309

スープ割り後の画
(焦点が合ってない^^;)


久しぶりの「こいくち」でしたが
以前のこいくちと比べると
山椒由来と思われる
危険なほどシビれる辛味感が
大人しくなってて
バランスが変わったのかなーと
思いました

でも、相変わらず唯一無二なタイプのスパイシーなつけそばで
大変おいしく頂けましたよ(辛いのダメな人はつけそばBにしましょう)

次は普通のつけそばを食べてみたいな
ごちそうさまでした

 

【自作】 ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)ふりかけご飯

DSC_0296

ケンタッキーふりかけご飯


昨夜は
ケンタッキー・フライド・チキン100%の
ふりかけを作るところまでやりましたが
今夜はそれをご飯にふりかけて
旨いのかどうか
実食検証してみました

DSC_0295

ご飯は

『サトウのごはん 銀シャリ』

を500Wの1分30秒レンジで温め

DSC_0299

ああ・・・

ケンタッキー・・・

刻が見える・・・

DSC_0298

どれが肉で
どれが皮か
全く判別できない
見事なふりかかりっぷり

DSC_0301

このように
米との絡み具合は
良好この上ないほど


肉にかぶりついた時の
あの多幸感こそ訪れぬものの
ケンタッキーの味と薫りが
十分に味わえて旨い!



《結論》
ケンタッキーふりかけはご飯に良く合う



まあ
十分予想できた結果ではありますけどね(予定調和的^^)




今度暇なとき
油そばに
トッピングしてみようっと

【自作】 ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)ふりかけ

DSC_0276

ケンタッキーとご飯は合うのか?


という長年の疑問を検証するために
KFC某支店で
オリジナルチキン6ピースパック(1390円)
を大人買い



ご飯と食べるならふりかけ



ということで
混じりッ気無しの
純粋なケンタッキー・フライド・チキン100%の
ふりかけを作ってみたいと思います

DSC_0277

まずは仕分けです


KFC秘伝の
スパイスが詰まった
衣の部分と
それ以外の部分に
仕分ける

 

DSC_0282

衣以外の
肉や骨の部分を
寸胴に入れて煮ると
ケンタッキーラーメン
にしたら
美味しそうだなー
と思うような
ド乳化スープが
出来てくる


しまいには
肉が繊維状まで分解されて
トロトロに

 

DSC_0285

ケンタッキー度100%を
目指すため
煮詰まってきたら
フライパンに移し
更に煮詰める

ド乳化スープなので
焦げないように
煮詰めるのが
実は大変だったりして^^;

 

DSC_0283

衣の部分は
フードプロセッサで
このように
こなごなにし

 

DSC_0292

最後の仕上げに
フライパンに入れて
全体が融合するまで
炒める


炒めてる途中で
骨などの
食べられない部分を発見したら
取り除いておこう

 

DSC_0293

ついに完成!


ここまで
4時間くらいかかった(笑)

 

DSC_0294

深夜になってしまったので
実食は明日にしよう

 

丸長@勝田台 de 『つけそばB』5

DSC_0233

丸長である


勝田台丸長が
帰ってきたのだ


こんなに嬉しいことはない

DSC_0238

勝田台駅から至近の
小さな繁華街の
この細い裏路地


完璧に道筋を
覚えていたはずなのに
迷ってしまった(笑)

 

DSC_0229

あれからどれくらい経つのだろう


2年以上の休業期間を経て
今日ついに
営業再開の日を迎えたのだ


胸熱である

DSC_0236

この勝田台丸長の先代は
2年ちょっと前に
亡くなったんですが
丸長の系譜で言うと
荻窪丸長の創業者
(長野出身の元蕎麦職人)の
息子さんに当たるそうで
勝田台丸長は言わば
「直系」に当たるわけですね

 

DSC_0234

営業時間は11:30〜16:00までと短めですが
土日は営業しているので
食べに来やすいです

DSC_0232

到着した時には
店頭に整理券が置いてあったんですが
空席があったので
そのまま入店
(整理券番号を見ると41番が最新だったので
開店時の行列は40人ほどだったのかと思われます)

DSC_0221

昔とはメニューが
微妙に違っているので
ちょっと混乱


本当は激スパシーな
「こいくちつけそば」
を食べたかったのに
間違って
「つけそばB」を
注文してしまいました^^;


「つけそばB」って
スパイス度が一番少ないんですね


ちなみに
ラーメンは
まだタレが出来てないとのことで
今日は注文できませんでした

 

DSC_0222

ビールは缶ビールの500mlと350mlの2種類

350mlの方を注文

お通しにメンマが付いてきます


ちなみに昔は
ビールが大瓶しか置いてなかったと思います

メンマも昔は細くて色が薄かったような気が…
(うろ覚えなんで確かではないです)

DSC_0226

つけそばB 700円


自分が居た時間には
麺は大盛りも注文が通っていました

チャーシューは売り切れでした


カウンターに座っていたので
ビールを飲みながら
厨房内のお作業を拝見していたんですが
店主さんのお仕事ぶりが精緻を極めたような所作で
緊張感の凄いこと!

麺の茹で方にしても
つけ汁の作り方にしても
恐ろしく丁寧なんです


店主さんの他には若い男性が
二郎で例えると「助手」の役割を担当していて
あと2名の女性店員さんも忙しそうですが
まだ再開初日なのか
慣れてない御様子

DSC_0224

これが「つけそばB」の
スパイスが少ないつけ汁


黒っぽい色で
節が効いていて
スパイスはじんわりと優しく伝わってきます

酸味はそんなに強くはないですが
存在感はしっかり感じる程度に効いています


色が濃いので
しょっぱそうに見えますが
そんなにしょっぱくないです
スープ割りせずに完飲余裕なほど


具は細めの短冊切りのチャーシューが素晴らしくて
それしか覚えていません^^;
このチャーシューが非常に旨いので
チャーシューつけそばを是非食べてみたいものです

DSC_0228

麺は昔とは若干違う感じで
平打ちの低加水麺を
時間長めに茹で上げたような食感
(休業前の麺は、もうちょい太目の低加水麺を普通に茹でたような茹で上がりで、ちょっと時間が経つと麺の吸水作用により麺同士がくっついて大変でした)


茹で前の生麺を見たときは
すごく細くて
どういう茹で上がりになるのか興味津々でしたが
こういう風に茹で上がるんですねぇ


喉越しがすごく良くて
麺肌がツルツルしている割には
つけ汁に良く絡むんですねコレが


喉越しを良くするには多加水麺だという思い込みがありましたが
こういうアプローチもあるんだと目から鱗の思い



つけそばBでも
意外とスパシーで
勝田台丸長の味を堪能できた気がしました
次は一番スパイシーな「こいくち」を堪能しに来たいです!
ごちそうさまでした


住所:  千葉県八千代市勝田台1-14-34
営業時間: 11:30〜16:00
定休日: 月・火


大きな地図で見る

べんてん@高田馬場 de 『塩ラーメン』5

DSC_0210

またまた土曜日閉店間際のべんてんへ


運の良いことに
外待ちは無く
丁度お客さんが出てきて
空いた席にフェード・イン!(ライディーンか)


厨房には
元気ハツラツN松さんと
女性店員さんが居て
真剣なお仕事風景が
いい雰囲気ですねー

DSC_0211

この1週間
がんばった自分に
ご褒美のビールとおつまみ


何を頑張ってたかっていうと
プチ断食なんですねー


プチ断食と
呼吸法ダイエット(美木さんのアレ)と
超激ウォーキングで
1週間で2Kg超
体重を落としました(´∀`*)


でもこれから
二郎の新店とか宿題店巡りがあるから
また戻っちゃうんだろうなあ(´・ω・`)

DSC_0213

塩ラーメン


ダイエッツのご褒美なのか
カウンターの上をシューっ!と横滑りして(ないない)
塩ラーメンの濃厚なやつが出てきました

玉子ありがとう(⌒∇⌒)

DSC_0215

濃厚な画


食べていると
滝汗が流れ落ちてきて大変なことに!


新陳代謝が良くなったのか
はたまたプチ断食のせいで
血糖値が急上昇したのかは定かでないですが

猛烈に旨いやら
熱いやらで
体の中は
お祭り状態.。゚+.(・∀・)゚+.゚


朝のスープが向井理だとすると
遅い時間帯のスープは阿部寛
ってとこでしょうか


土曜日の午後も要注目のべんてんでした
ごちそうさま〜

【家二郎】 自作カネシを用いた家二郎の試作

有休を取って夕方から
久しぶりの
ラーメン二郎神保町店に
行ってこようと思っていたら
まさかの臨休

ホームの京成大久保店も
まさかの臨休


ってことで
本当は金曜日にしようと思っていた家二郎を
前倒しして作ってみました

DSC_0051_01

実は先週
麺帯だけ試作したものがあって
熟成しすぎたけど
使ってみよう

 

DSC_0052_01

オーション300g
加水率36%
かんすいボーメ度5
塩(水分量に対して3%)

で打った麺の半分


水回しを
フードプロセッサに
3回かけなおして念入りにしたせいか
加水率36%では水分量多い感じ

次やるときは加水率33%まで減らしてみよう

 

DSC_0058_01

前回作成した
自作カネシを100g
ドンブリに入れ

 

DSC_0060_01

はかりをリセットし
そこへ自作のトンコツスープを
300g入れ


結局

カネシ100g+スープ300g

で400gになりました

 

DSC_0063_01

ただいま激ダイエット中なので
麺の量は控えめに
200gほどで

 

DSC_0059_01

ヤサイは
茹で汁にトンコツスープを
ブレンドしてあります

 

DSC_0064_01

ヤサイを乗せて

 

DSC_0065_01

自家製の豚を乗せて

 

DSC_0066_01

その上から
更にヤサイを盛るという
三田スタイルを踏襲した盛り

 

DSC_0069_01

今回使った自作カネシは
計算が間違っていて
出来上がりのスープの味は
小岩店のカラメ設定くらいの
しょっぱさになります^^;

 

DSC_0070_01

麺はまあまあですかね


加水率もうちょい低めで
作りたい感じ

 

DSC_0071_01

ニンニクを入れるのを
すっかり忘れていたので
途中からトッピング


我ながら
これまでになく
二郎度の高い
一杯になったと思います

ではまた (・∀・)つ

 

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ