お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年03月

「切り巾たくさん製麺機」が届いたのでとりあえず開梱してみた

DSC_3689

昨日の夕方札幌に発注したのに
朝9時に届くって
ちょっと驚きカモ Σ(゚д゚;)

札幌の流通力を侮っていました
スミマセン('A`)

続きを読む

[自作] 汁なしマーボー豆腐麺

_SS400_

包丁で手切りするのは疲れすぎたので
切刃がナント!6種類もついている
その名も


「切り巾たくさん製麺機」

(ネーミングがストレートすぎる


を発注してしまいました



明日届くので
週末に試してみようと思ってます

DSC_3492

とりあえず本日のネタとして
先週末に食べた
お手軽お昼ご飯を
晒してみることにします


家の中の人が
作って放置してあった
マーボー豆腐を発見したので
汁なしマーボー豆腐麺を作ることに

DSC_3494

老若男女向けに
辛さはマイルドに作ってある模様

DSC_3495

目白丸長を目指して自作したものの
なぜか極太麺になってしまった麺(笑)

茹でたてを釜揚げ状態で皿に盛り

DSC_3496

そこにアツアツのマーボー豆腐をドッサリかけて

DSC_3498

普通のラー油と
「山椒入りラー油」の二種類のラー油を
上から回し掛けると

その放つ輝きは
南海に沈むジュエルが如し


なんて気取って書きたくなるようなテカリ具合^^
(カロリー高そう)

DSC_3499

刻みネギと卵黄を乗せれば完成〜♪\(^o^)/

DSC_3513

高加水の極太麺なので
うどんに酷似していますが
ほぼうどんです^^;


ご飯と合わせる味付けのマーボー豆腐なので
麺と一緒に食べると
味が薄く感じますね

塩分控えめヘルシーで
これはこれで良いのカモ・・・

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_3634

今週も夜のべんてんさんへ

DSC_3636

木曜日って
20時を過ぎると
空いてますね


お湯換えタイムもあったりしたので
ビール2本飲みました^^


プチ・ダイエッツ中のため
朝からオニギリ2個で過ごしたので
ビールの酔いが回って
クラクラしてきましたよ

DSC_3648

辛つけ 850円 (辛味別皿)


酔ったので
傾斜アングルで

DSC_3655

今日のつけ汁は
少し酢の効きが強めな感じでしたが
閉店間際の脂多めの濃厚さを
オフセットするような利かせ方なのカモ

DSC_3660

辛つけなので
ラー油を掛けて下さいました(・∀・)


やはり
べんてんの麺の旨さは
つけ麺で味わうのが一番だと再認識させられ

DSC_3674

例によって例のごとく
中盤から辛味をドバっと
漢らしくつけ汁に全投入するのですた

DSC_3679

麺に絡めたり
直接飲んだりして
ここまでつけ汁が減ったところで
スープ割りをお願いすると

DSC_3687

このような色のスープ割りになります
(割っても色があんまり変わんない)


ちょっと久しぶりの辛つけだったので
辛いなぁと思いましたが
さすが絶妙なバランス


最後まで完璧に美味しく頂けて
大変満足の一杯でした
ごちそうさまでース



余談ですが
塩油そばの札はまだありました

焦がし系メニューがあるうちは
塩油そばも存続するそうですが
いつまであるかについては
確かなことは分かりません

ザクとうふ?なにそれおいしいの?

DSC_3576

買い物に行っていた家の中の人が
イオンで山積みになってたからと買ってきてくれた


ザクとうふ


を食べてみることに

続きを読む

メジマル定食を自作してみるテスト

DSC_3556

目白丸長の休業中に
あの「チャーシューやさいつけそば」が
食べたくなったときのために
舌コピ修行をしたはずでしたが
味覚の記憶がこれほど曖昧なものだとは
思ってもみませんでした


昨年の8月にメジマル自作の第一弾を決行しましたが
その時はスーパーで売っている麺を使ったので
今回はもうちょい踏み込んで
自家製麺から作ってみることにしました

続きを読む

メジロリアン、僕はもう疲れたよ

メジマル定食 鋭意作製中です!


というか
土日月の三日間を費やして
やっとスープと麺(ロール)までしか出来ないって
どんだけスローライフなん? みたいな(爆)

明日お披露目できるかな?どうかな?また失敗したりして(笑)


とりあえず奇特な方は
マイYouTube動画アクセス数ナンバーワン(らしい)カルト動画をどうぞ
(なんでこんなにアクセス数があるのか意味不明w)

[動画] べんてん@高田馬場の『塩油そば』5

DSC_3483

今回は動画でお楽しみください^^

[自作] 釜玉ラーメンを作ってみた(ちょい足し実験も)

DSC_3461

釜玉うどんならぬ
釜玉ラーメンを自作してみました

DSC_3453

この前の祝日に自作した中華麺


本当は
某ラーメン店(非二郎)インスパイアの自作をしていたんですが
麺が思いのほか太くなってしまったため
釜玉ラーメンに使うことにしました^^;

DSC_3455

ドンブリは湯を張って温めておきましょう

DSC_3456

タップリのお湯で麺を茹でます

DSC_3458

チャーシューは
ほぐし気味にカット

DSC_3459

トッピングや
ちょい足し用の材料

DSC_3460

麺が茹で上がったので
ドンブリに盛り付け

DSC_3461

麺がアツアツのうちに
生卵を乗せて

DSC_3463

ササッとかき混ぜ

DSC_3464

チャーシューをトッピング
(課長も少し^^)

DSC_3467

青ネギとメンマを乗せて
生醤油を廻し掛ければ完成〜♪

DSC_3474
びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ
DSC_3476

ここから
ちょい足し実験です


まずは塩こん部長


ちょっと塩分が高いので
意外に合わないです^^;

DSC_3480

花かつお


この相性は異常!!


つか デフォで最初から乗せるべきですね^^;

DSC_3482

最後に梅干しと永谷園のお茶漬けの素


梅干しはサッパリ感があって
箸休め的な役割で
なかなか良いです


お茶漬けの素は
黄緑の粉はしょっぱすぎるので要らないですが
刻み海苔とアラレがイイ感じなので
次からは刻み海苔とアラレだけを買ってきて
入れようかと思います




釜玉ラーメン ちょい足し実験は以上です \(^o^)/

ラーメン二郎@松戸駅前店 de 『ラーメン』5

DSC_3384

わたくしの二郎直系店全店制覇を阻む壁として
大きく立ちはだかる
二郎界のビッグ4=歌舞伎町 池袋 新橋 小滝橋店
を攻めあぐねていた折
突然飛び込んできた二郎各店舗からのメルマガ



松戸駅前店のリニューアルオープンが
3月20日に決定したとのこと

しかも新店主は池袋店出身とのこと
(メルマガには書いてなかったと思う)



丸新(現エヌエス)系のコピーなら微妙すぎるので
オープン日は
ヒトバシラーな方々の貴重なレポを拝見して
様子を見ることにしました



ブログ記事や
ニンニク掲示板の書き込みを見ていると
どうやら丸新系のコピーではないようだ

それならということで
オープン2日目の夜の部に
食べに行ってきたのでした

DSC_3387

18時15分ごろ到着すると
外待ちなし!
店内待ち2名!!

みなさんノーマークなのかしら?



自販機横に張られている営業時間は次の通り

11:00〜14:00
17:30〜20:00

定休日 月曜日   ※当面の間

麺切れ終了

※ 3/22追記
ニンニク掲示板の書き込みによると
現在のところ10:30〜14:00のみで夜は無いとのことなので
ご注意ください(要検証) 

DSC_3392

サクっと入店し
券売機でラーメン650円のプラ券を購入



厨房に目を向けると


坂田師匠!!Σ(゚д゚;)


が助手をされているではありませんか!(爆)


※ ちなみに「坂田師匠」とは
小岩店の助手をされている方の
ニンニク掲示板でのコードネームです^^;



店主さんは濃い感じの方で
今回初めて拝見しました

DSC_3452

エコ箸と割り箸の両方があって
調味料はコショウと一味唐辛子


レンゲはカウンターの上に用意されています


店内のレイアウトや備品まで
ほとんど前店主(現赤羽店店主)の時と変わらないようですね

DSC_3404

ラーメン 600円 (コール=ヤサイニンニク)


ヤサイマシなどのコールは
提供直前に行われる
二郎ではメジャーなスタイルを踏襲


刻みニンニクは
他店平均よりも細かいような気がします

DSC_3399

盛りは大人しめ


他のお客さんのコールと比較すると
「ヤサイ多め」って言うほうが
「ヤサイ」よりは盛ってくれるような気がしました


でもバランス的には
これぐらいのヤサイの量がベストかも
赤羽店の盛りはキツかった

DSC_3413

豚は大判で厚切りのものが2枚

DSC_3431

こういう「ウデ肉〜!」って感じのが一枚と
もう一枚は「赤身〜!」って感じのだったので
味の違いを楽しめました^^


ニンニク掲示板やブログ等で
「歯ごたえのある豚」とか
「ハムのようだ」という書き込みがありましたが
自分が食べた豚は
フワトロではないものの
普通に柔らかく肉の味が残っていて
パサつきもない豚さんでしたよ

DSC_3416

食べる前のスープ表面


液体アブラの層は薄い代わりに
スープが乳化度高めです

DSC_3419

一番危惧していた麺ですが
二郎直系店でよく見る安心できるタイプ
(ちょい細めかな?)


麺量は二郎的には過不足なく

DSC_3427

寄りの画


モニュっとした噛み応えで
無難な二郎の麺といった印象




一番奥の席に座ったんですが
そこからだと厨房奥に置いてある
エビス麺機製作所の製麺機が
間近に見えました

これで製麺しているようなので
丸新系とは違う三田本店直系の
製麺方法なのでしょう^^

DSC_3436

天地返しをして底から撹拌された状態のスープ


寸胴を見ても分かるんですが
乳化度高めです


デフォだとしょっぱさは普通なので
カラメが好きな方は
カラメコールした方がいいかもしれませんね

DSC_3448

固形アブラはほとんど入っていないのが
ちょっと寂しいカモ(´・ω・`)


最後に少し飲むつもりが
グビグビと半分も飲んでしまいました^^;



まだオープン2日目なので
これから少しずつ変わりながら
安定すると思いますが
今回の印象としては
無難に食べさせてくれるクセの少ない二郎
といった感じでした

これからが楽しみです
ごちそうさま〜

ラーメン二郎@赤羽店 de 『小豚ラーメン』5

DSC_3267

《序》

松戸駅前店時代は
ブログを始める前を含めても
4、5回()しか食べに行ったことがないんですが

ぶっちゃけ
怖いもの見たさっていうか
オモシロ半分 味半分
みたいなところがありました
(プロレスとかサーカスの興行みたいな)



今回も
そんな個性派二郎を味わいに
ディープな赤羽まで
やってきたわけです

DSC_3256

19時ごろ店の近くまで来ると
怪しげな人だかりができているように見えましたが
実は折り返し方式で列が出来てたんですねー


この外待ちの整理には
大柄な男性店員さんが
活躍されていました
(外寒いのに大変だぁ)

DSC_3274

ネズミーのアトラクション待ちみたいな
店頭の待ちスペース^^


向かって左側が入口で
右側が出口専用になっています

DSC_3279

待ちスペースをクネクネと
のたくっていると
サントリー黒烏龍茶(170円)
などが売られている自販機が有り
つい買ってしまうという罠



やはりこれは
楽しいアトラクションなのだ


なんだかオラ
わくわくしてきたぞ

DSC_3282

そういうことです

DSC_3287

3/19(月)は昼のみ営業だそうなので
ご注意ください

DSC_3294

《ついに店内へ》


並び始めて30分ほどで
店内入ってすぐ左手の券売機に到着


プチ・ダイエッツ続行中だけど
今日だけ特別に
豚マシ解禁してみようかなと^^;

DSC_3297

店内入ってすぐのところに
3名ほどが立って待てるスペースがあります




全て(?)の二郎直系店で使われているという
エビス麺機製作所の製麺機を
待ちスペースから至近距離で
観察することができます!


これを見るだけでも
来た甲斐がありました^^


切刃も確認できたし ( ̄ー ̄)ニヤリッ

DSC_3305

《赤羽劇場炸裂!》


列が進むと
店内奥に最大5名ほどが
背後霊スタイルで待てるスペースがあって
そこへ移動させられます


このスペースで待っている時(19:40頃)に
蝶野店主が男性店員さんに
チョップのポーズを見せていましたので
行列打ち切りの宣告タイムだったと思います



背後霊状態で待っている間に
厨房内での蝶野店主のお仕事ぶりと
松子さんの采配ぶりを
仔細に観察する時間があって
これも二郎の楽しみ^^



食べるのが遅いお客さんにプレッシャーをかけるように


「○番はとっくに空いてるはずなんだけどねぇ・・・」


とかロット進行について
男性店員さんにグチってるんだけども
背後霊ポジションの自分にもハッキリ聞こえるってことは
その前に座っている当人にも当然聞こえているはずで (´д`;)
その人
慌てて逃げるようにごちそうさまをして出て行きました



松子・・・恐ろしい子!

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ






(閑話休題)





ここは松戸時代と同じく
ヤサイマシなどのコールは
提供直前ではなく
着席直後の早いタイミングで聞かれるんですね


自分は緊張していたので間違って
食券を置いたタイミングで目の前に居た松子さんに
「ヤサイニンニクで」と言ってしまいました^^;

すると案の定
松子さんに


後で聞きますから!


と言われてしまいました(´・ω・`)


けど なんだか嬉しい(*´Д`*)


そういえば
出口のところに立ってる人が
松子さんに注意を受けていた時
ちょっとジェラシー感じたし
おれってドMなんかな(´・ω・`)



とにかく

赤羽店では
聞かれるまでは
黙っていましょう

DSC_3312

小豚ラーメン 750円 (コール=ヤサイニンニク)


行列打ち切り後の最終ロット近くとはいえ
盛りが良すぎます^^;

DSC_3315

スゲー盛りであります
(白色彗星かよ

DSC_3325

小豚のはずなのに
他店の豚ダブル相当分は入ってますよコレ^^;

DSC_3326

しっとり豚半分
ちょいパサ豚半分といった比率


豚がドンブリの底まで詰まってて
掘っても掘ってもドンドン出てきて
かなり焦る事態に^^;

DSC_3334

麺は京成大久保店に近い
加水率高めでツルモチ感がある仕上がり

DSC_3336

寄りの画


麺量自体はそんなに多くはないのですが
ヤサイと豚の量が半端なく多く
中盤からは麺が無くなり
ひたすらヤサイと豚との格闘に^^;

DSC_3341

格闘に勝利したの画 \(^o^)/


スープは最初のうちは結構乳化してるように見えたんですが
大量のヤサイから出た水分で薄まったのか
最後の方では
普通に飲めるしょっぱさの
ライト乳化醤油スープっぽくなっていました


これはこれでオナカに優しくて好きですけどね^^

DSC_3347

出口から出るべきところを
間違って入口から出てしまった
故水野晴郎さんもビックリです

DSC_3349

蝶野店主や松子さんを見るだけでも面白いので
チャンスを見つけて
また食べに来ようっと


ごちそうさまでしたー




(3/17追記) 松戸駅前店が3/20(祝)
リニューアルオープン決定したそうです





※ 実は食べたのは2回で、残りの3回ぐらいは臨休や宣告に遭っていたのでした^^;

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ