お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年05月

べんてん@高田馬場の『辛つけ』5

DSC_6153

木曜日の夜は
始まったばかり
まるで僕達の愛の様な
ざわめき




ひょうきん族のEDテーマ(by 山達)
を思い出してパクってしまうほど
べんてん木曜ナイツは
盛り上がりを見せてきている
今日この頃 最近
と勝手に思っているのですが


今夜は子連れの一家も
ガードレールに並んでいたりして
ナンツー 微笑ましい光景!

DSC_6158

辛つけの辛味別皿を注文し
ビールをひとり楽しむオサーンの横には
子連れ一家



若かりし頃なら


チョー うぜぇぇぇえええ!!!!!

べんてんは殺伐としているべき (キリッ!



とか思っていたかもしれないけど
今はなんだか
こういうのを見ると和むし
心から楽しいと思えるようになった

DSC_6161

ほのぼのとして
つい またしても
ビール2本目に突入してしまう^^;


小さな子供の分にR玉頼んで
親御さんは両方ともTチ玉って
店に気を遣ってエライナーと思うけど
大変だろうナー  。・゚・(ノД`)

DSC_6173

ビール2本目が
まだあと半分も残ってるのに
つけ麺が出来上がり〜


今夜のつけ汁は
表層が乳化アブラ多めな風情で
いかにも夜の部している

DSC_6181

辛つけ 850円 辛味別皿
(味玉アリガトゴジャマス)


ビールを飲みながら
食べることに

DSC_6184

麺の上に掛けてもらった
べんてん自家製ラー油は
全然辛くないけど風味が(・∀・)イイ


けど ちょっと麺多くね?

DSC_6193

最近は
塩油そばと冷やし油そばばかり食べていたから
つけ麺は久しぶりで緊張するぜぇ

DSC_6203

麺の茹で加減は最高で言う事無しっス!


つけ汁は
見た目を裏切らないコッテリ感があって
夜の部ならではのヤング(笑)な味わい


醤油ラーメンや塩ラーメンだと
どういう感じなのかなー?

DSC_6210

忘れちゃいけない辛味投入
(いつも忘れそうになる)


麺が残り半分になったところで
辛つけにメタモルフォーゼ

DSC_6216

あっという間にスープ割りのお時間


今夜のべんてん辛つけはガツン!と来ますた!!


次回のべんてんは
冷やし油そばを麺柔らかめの呪文で
注文してみたいと思います

ではでは(・∀・)つ

なめこ栽培キットに洗脳されて『なめこ油そば(味噌味)』を作ってしまった件

きのこ類ってぇのは
暗くてジメっとした場所を好むせいか
世間一般的なイメージは

続きを読む

波平の大切な毛の様子を見に行ったついでに でびっと@桜新町で季節限定の『煮干しラーメン』を食べてきた5

DSC_5911

絆創膏が貼られて痛々しい波平

DSC_5919

だが そんな悲劇も跳ね返し
今日も明るい磯野家


週末から家に親戚が泊まりに来ていて
桜新町のサザエさん通りに行きたいというので
磯野家の銅像を見てから
長谷川町子美術館に向かう

DSC_5932

その途中に『でびっと 桜新町サザエさん通り店』があり
丁度お昼時だったので
入ってみることに

DSC_5924

限定の文字には滅法弱いので
もちろん煮干し中華そばを注文する


未訪店(←ラヲタかっ!?)だったので
でびっとの味玉の性能を見たくなり
味玉入りに変更するも
150万円もすることに後から気付き
驚愕してしまう


まさか
べんてんの味玉の
三倍の性能とでも言うのか?∑( ̄ロ ̄|||)

DSC_5947

ランチタイムだけなのか分からないが
肉ごはんが300万円→150万円に値下げされているので
当然のごとく釣られて注文してしまう

量は一般的な肉丼の250万円相当分はありそう


この肉ごはんと味玉一個が
等価交換できるという異常さ

DSC_5959

生ビール中ジョッキ(500万円,つまみ無し)のつまみとして頼んだ
餃子5コ(350万円) 味は普通

DSC_5957

煮干し中華そば 味玉入り 950万円


ビールが到着した3秒後にラーメンが到着するという
最も避けたいパターンが目の前に展開され


しかも
大変残念なことに
150万円の味玉が
ハーフに切断されている上に
水没しているではないか!


デビット伊東は
一風堂で10万年ぐらい修行し直すべきだと思うヽ(#`Д´)ノ

DSC_5964

スープは小さな背脂がちりばめられており
煮干しの風味は食べ始めこそ強く感じるが
次第に薄れゆく印象


豚骨等の動物系素材の臭みは
極限まで抑えられていて
インパクトや特徴は希薄だが
非ラヲタ系女性からすると
十分なコクと美味しさのある
ラーメンなのではないかと思われ



やはりこういうラーメンは


女性に食わせてナンボ


の世界ですな

DSC_5984

麺は中太の低加水寄りな感じで
この煮干し中華そば専用なのかもしれない


つるつるパツパツした食感で
凛とした風情がある

DSC_5990

途中で連れの中島君(仮名)が


おい磯野!
おまえのラーメン おれのと交換しようぜ!!


と言ってきたので交換して
つけ麺も食べてみますた

DSC_5999

麺は多加水の太麺で
今となっては
つけ麺にありがちな麺ですが
まあ普通に美味しく食べられましたよ


つけ汁は
シャバ汁豚骨魚介魚粉ブースト系で
ゆず皮や刻んだ青紫蘇が微量入っている

麺との絡みはイマイチだった



どっちかというと
煮干し中華そばの方が
完成度高いかな〜?

中島君(仮名)も同意見でした

DSC_6007

杏仁豆腐は100万円
(撮影させてもらうだけで食べなかったので味は知らない)

DSC_6015

ウヒョ〜!!(・∀・)

高ぇぇぇええええ!!!!!!




桜新町を後にした我々一行は
オノボリさんオーラ全開で
東京スカイツリーを
プチ見学しに行ったのでした


高すぎて
近くから見上げると
高さが実感できないという罠 Orz...



めちゃくちゃ人がいっぱいだったので
色々と見て回る気にはならず
東京ばな奈の豹柄のやつを戦利品としてゲッツし
夕方のサザエさんに間に合わせるように
帰途に就いたのでした

べんてん@高田馬場の『冷やし油そば』5

DSC_5859

実食日:2012年5月24日

開高健が
「越前かに」というものを真に理解するまで
福井の旅館に通い詰めたのをマネして
べんてんの冷やし油そば2012年バージョンを理解するために
毎週夜の部に通う


とりあえず動画から

DSC_5835

冷やし油そば 800円 (ひ B2)
(味玉ありがとうございます)


なんだか最近は飲むペースが速くなったのか
ビール2本飲むのが当たり前のようになってしまい
油そばが出てくる頃には
だいぶヘロヘロになってしまう^^;

DSC_5831

先週よりも更に麺が硬めになったような気がする^^;

DSC_5838

麺が残り少なくなった頃にスープ割り


今夜のスープは煮干し由来と思われる苦味が強く
いつもとは違う大人向けな味わい


たまにはこういうのも新鮮でイイ(・∀・)ネ!
ごちそうさま〜

あのサブウェイが二郎風の新メニューを発売開始!!      という夢を見たので念写してみた

昨日、近所のサブウェイ行ったんです。サブウェイ

そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで入れないんです

で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて


サブ郎


とか書いてあるんです

続きを読む

ラーメン二郎@三田本店の夜営業が始まったらしいので行ってみた5

DSC_5759

最初は半信半疑だったのだけど
ブログ等に三田本店の
夜営業レポが上がってきたので
ちょっくら行ってみるべか
ということで
ラーメン二郎三田本店に
行ってきますた

DSC_5700

18:57 三田本店前着


遠くから見たときは
一瞬角を越えてるのかと思ったけれど
近くに行ってみると
10名ちょっとくらいだったのでホッとした!(・∀・)

DSC_5706

おおぉぉ! 本当に夜営業やってるよ〜!

DSC_5713

券売機前までは15分ほどで進み
回転は良いほうかな?


相変わらず脅迫状が貼られてるし(笑)


ぶたダブル小ラーメンのボタンは封印されていて
小豚に100円の食券を乗せると
ダブルに出来る旨の掲示アリ
(ボタン壊れたのかな?)

DSC_5719

ラーメン 600円 コール=ヤサイニンニク


厨房には総帥Jr.さんと
若い男性助手さん(どこ店出身かは知らない)


Jr.さんの麺上げ等のオペレーション(←ラヲタ)は
見ていて不安を感じさせないもので
大変頼もしいです

ドンブリのスープが多すぎた時に
ドンブリを傾けスープをじゃばじゃばこぼして調整する
おやじさん譲りの超激テクも拝見させていただきました
(どこのアトラクションだよw)


ただし
まだ注文間違いの混乱がたまにあるみたいで
そこらへんが難しそうです

DSC_5726

三田本店のヤサイはクタクタなので
ヤサイコールをすると
見た目以上に
密度の高いヤサイが盛られます

DSC_5728

Jr.さんの盛りは
かなり良い方じゃないでしょうか

小食な方は注意したほうがいいかも^^;

DSC_5735

スープ表面は
三田本店らしく
液体アブラの層が厚い


二郎のスープはダイエッツの大敵なので
5クチぐらいしか飲まなかったけど
液体アブラを結構な量飲んじゃうので危険ス^^;


水道から寸胴に直接水を足す儀式は見られなかったけど
夜はやらないのだろうか?

DSC_5738

ブタは厚さ1cm超の大判のものが2枚

これで並サイズ600円だから
本店は恐ろしいです(; ̄Д ̄)




ブタ1枚目は赤身主体で肉の旨みが濃く
2枚目は脂身近くの若干ガチムチ系でウデ肉独特のフレイバー強め

ブタの出来を上中下で評価すると
中の上ってところでしょうか

なかなか大当たりにはめぐり合えませんね(´・ω・`)

DSC_5746

麺の茹で加減は
ちょい硬めで
三田本店とは思えない
絶妙な出来

Jr.さんスゲー!(・∀・)

DSC_5753

2枚目のブタの脂身が
もうちょっと煮込まれていたら
完食できたんですが
こんなもんで


ごちそうさまー
って言ったら
おやじさんソックリな口調でJr.さんが
「ありがとぅ〜!」って言ってくれたのには笑った

DSC_5764

食べ終えて出てきたのが19:32


まだ並びが長くないので
かなり効率的

DSC_5770

19:37頃の並び状況(宣告はまだっぽい)


夜営業は17:00〜20:00だそうですが
これが正式なもので
これからもずっとやるのかは
よく分かりません
(ニンニク掲示板の書き込みによると、実は先週の土曜日も夜営業やってたとか?正式なアナウンスが無いので、確かなことは自分には分かりません)

【流しそうめん】 我が家にソーメン太郎がやってきた

DSC_5671

ラーメン二郎三田本店の夜営業が始まったらしい(※)ので
ちょっくら行ってみようと思っていたのだけれど
家の中の人が


「流しソーメン器 買ってきたお!」


と言うので
今日は二郎に行くのはヤメにした



※ 結局 今日は夜営業やってなかったらしいので
出かけなくてラッキーでした

続きを読む

【家二郎】 家庭で作れる二郎っぽい自家製麺についての話

門前の小僧 習わぬ経を読む



これまで何十回も
家で二郎みたいな麺を自作しようと試みてきましたが
いろんな作り方を試しているうちに
パラメータが絞り込めてきたような気がしてきました


ホンモノの二郎の多くは
エビス麺機製作所の製麺機を使っているので
家庭でそのまんまの工程をなぞることは不可能ですが
あるポイントを抑えれば
それっぽい麺に近づけることが出来る
という確信を得たので
恥を承知でアップしてみます^^;
(間違ってたらスミマソン)

DSC_5603続きを読む

べんてん@高田馬場 de 『冷やし油そば』5

DSC_5600

ちかごろは
店に入る前に
その店の評判をネットで調べるのが
若い人たちの間では当然のようで


上の画像は

「わたくしが店を出る時に
丁度店頭にカップルが立っていたので
入るのかナー?と思い気を利かせて
扉を開けっ放しにしていった」

という状態の画なのですが
しばらくそのカップルを見ていると
べんてんの評判をネットで調べているようで
入るかどうか決めあぐねているようです



おかげさまで
どうやら わたくしは


「べんてんの扉を開けっ放しで出て行ったうつけもの」


という称号を頂ける事になりそうです
ありがとうございます

DSC_5567

20:15分頃べんてん前に到着

ガードレールの待ち列1人のところに接続し(←ラヲタかっ!?)
次はいよいよ自分が入店か!
というところで
通りがかった若者集団が
わたくしをスルーして入店しようとするも


YOUたち 並んじゃいなよ!


とジャニーさんのように
優しくガードレール沿いに誘導し
事無きを得る


今夜のビールとおつまみも旨い

またしても2本飲んでしまった^^;

DSC_5573

冷やし油そば 800円 (ひ B2)


べんてんでは汁まで完食するのが
マイ・ポリシーなのですが
ダイエッツでカロリーを抑えたいときには


汁無し = 冷やし油そば


の一択しか有り得ないのではないかと
思っている今日この頃



他の客の注文を見ていると
冷やし油そばが
かなり出ているようだ

既に人気メニューになったのかも^^

DSC_5575

先週のハナモクに食べた時と比べると
麺が硬めに茹で上げられるようになったようだ
(先週から既に硬めだったのかもしれない)


今日はビールを飲みつつ
目を細め注意深く
茹でる所を観察していたのだけれど
茹で時間は
つけ麺よりも2分ほど短いようだ

DSC_5582

麺のしなり具合や
エッジの立ち方が
いかにも硬めの仕上がり


この硬めの麺も
新鮮でイイ(・∀・)!

なんとなく
中本の冷やし味噌ラーメンの麺の食感に
似ている気がする

べんてんでも激辛の
冷やし味噌つけ麺を
提供してくれたらいいのにね

DSC_5594

最後にスープ割りをお願い


醤油ダレを入れるか聞かれたけれど
先々週の定期健診で
血圧が高かった(毎年だけど)ので
醤油ダレは入れずに
美味しく食べ終えました


ビールをグビグビ思いっきり飲んで
冷やし油そばをワシワシ食べるのは
これからの本格的な夏場には
堪らないべんてんの楽しみになりそうです

ごちそうさまでした

ダイエッツ中に二郎が食べたい衝動に駆られた時の代替食を作ってみた

あれは先々週の水曜日

定期健診があったんですが
1年前に比べて○Kg(ひみつ)も
体重が減ってたんですね

それに気を良くし
家二郎を含め
食べまくったのが悪かったのか
1Kgもリバウンドしてしまいました^^;



これはいけない!!




ということで
日曜日あたりから
自家製全粒粉パンとチーズを主食とするという
アルプスの少年少女のごとき
プチ・ダイエッツ生活を送ってます
(アルプス行ったことないけどね)


しかし
全粒粉のパンばかり食べていると
なんというか
お通じの調子が激しく良くない

そのせいか
逆に体重が増えているような気がする

DSC_5501

ということで
二郎に行きたいけれどダイエッツ中なので
代替食として
野菜タップリの
二郎フレイバーのつけ麺を
作ってみることにしました


製麺の練習も兼ねて
オーション300gを加水率30%で
麺を打ち

DSC_5504

醤油ダレは昨日作っておいたやつですが
醤油、みりん、刻みニンニク、生姜汁
フライドオニオンを混ぜて
軽く加熱したもの

DSC_5507

ドンブリに上記の醤油ダレと
ネギ、刻みニンニク、黒胡椒、白胡椒
一味唐辛子、酢少量、短冊切りの煮豚、課長
を入れておき

DSC_5510

スープは手抜きして
マルちゃんのトンコツスープの素(100円)
をベースに
よく煮込んで十分に油抜きした背脂を
入れたもの

DSC_5514

プチ・ダイエッツ中なので
炭水化物は少量に抑えます

茹でる前の重量で100gの麺

DSC_5518

野菜はキャベツ半玉と
モヤシ2袋を茹で


茹でられてクタっとなったモヤシが
だんだん麺のように見えてくるという
不思議さ(笑)

DSC_5519

つけ汁のドンブリに
スープを投入し混ぜた状態

DSC_5526

茹で上がった麺を
水で締めてドンブリに入れ
その上に野菜を載せたら完成〜♪

DSC_5531

こんな感じに

DSC_5542

90%は野菜

DSC_5552

横からの画

DSC_5560

つけ汁がしょっぱくてスパシーで
旨み成分が強いので
野菜と麺を少し浸すだけで
十分なインパクトがあり


これだと
野菜がどれだけでも食べられそう^^

麺イラネーってほど(でもないか)

DSC_5561

つけ汁の減りが少なかった
ということは
カロリー的にも
低く抑えられた予感(^∀^)


たまにはこうやって
家で野菜を大量に食べるのも
いいかもー


体重が減ってたら
明日は久しぶりに
お店にラーメン食べに行こうかな

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ