お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年08月

仙川二郎×丸美屋×マルちゃん=?

汁なし系は
何でもトッピング可能という
自由すぎる料理なので
近所のイオンの食品フロアを
ぐるぐる歩き回り
乗せられそうなものを
とりあえず買ってみる
というのがいつもの行動なのです
(万引きG麺のオバちゃんに
マークされるという罠)

DSC_1064

んで 見つけちゃったんです


焼そば用ふりかけ


という商品@麺コーナー


マルちゃん(東洋水産)と
丸美屋のコラボ商品らしく
マル繋がりなところが
狙ってんのか!?(; ̄Д ̄)
と思ってしまう

DSC_1065

そんなことはどうでもいいのですが
仙川の持ち帰り生麺を
茹でにかかります (時間は適当)

DSC_1066

キャベツと
細切れにしたウデ肉チャーシューを
フライパンで炒めておいたところに

DSC_1069

茹で上がった仙川麺を投入し
コショウを振りかけてから

醤油ダレ+ウースターソース+とんかつソース+ダシ汁

を調合したタレを絡めて強火で炒めると
あっという間に出来上がり♪

DSC_1070

トッピングは

  • 茹でヤサイ(キャベツ&モヤシ)
  • 摩り下ろし生姜
  • 刻みニンニク
  • 生玉子
  • 炙りチャーシュー(ウデ肉)

 

DSC_1071

別方向からの画


仙川麺に押され歪んでいる黄身が
グラビアのハミ乳のようでエロい
と思うのは僕だけなんだろうねきっと(´・ω・`)

DSC_1072

仙川店オススメの食べ方である焼きそば
まいうーですわ〜


こういう料理は
麺さえウマけりゃ
どうにかなるもんですね^^

DSC_1089

強引な麺リフトにもビクともしない
強靭な仙川麺

それでいてモッチリ感もバッチリだし・・・


惚れてまうやろ〜! (つД≡`)・゚・。

DSC_1093

マルマルコラボの焼きそば専用フリカケなんだけど
本当にフリカケでした

ありがとうございます(´・ω・`)


チーズ風味を使ってみたんですが
チーズの風味は弱くて
つかみどころの無い商品です


焼きそばにフリカケ
というアイデアは面白いと思ったけれど
もっと突き抜けた風味だったら
良かったのにな〜


と思う自称麺フェチであった・・・


(おわり)

ラーメン二郎仙川店の生麺を愛でる

51sTbcyuPdL__SS500_

すまない
麺フェチ以外は
帰ってくれないか!


※ 続きは麺フェチの方のみご閲覧ください

続きを読む

ラーメン二郎@仙川店の『ラーメン』5

DSC_0984

環七新代田店にフラれ
どうしようか数ミリ秒悩んだ末に
未食だったラーメン二郎 仙川店を
目指したのでした

DSC_0924

21時台で
行列こそ出来てはいないものの
ほぼ満席の店内

DSC_0932

鍋二郎も買える
貴重な二郎なのですね(^∀^)

DSC_0937

店の奥に通され
異様なオブジェの並ぶ
薄暗いアヘン窟のような店内や
厨房の様子を観察すると
時の経つのが
あっという間


麺上げが
平ザルとトングを併用してたりして
密かに独自文化を発展させていそうな二郎

DSC_0942

ラーメン 700円 (コール=おねがいします)


初めて入る二郎では
基本的にヤサイコールはしないことにしているので
ニンニクのみ入れてもらった


他のお客さんの品を見たところでは
大盛りにすると
麺の量はかなり増えるようだ

DSC_0951

豚は厚切りで柔らかい大判のものが2枚

醤油ダレはあまり染みこんでおらず
しょっぱい感じはしない


一部
黒っぽい部位(レバ豚?)が入っていて
そこは食べないように注意した^^;

DSC_0969

硬めのしっかりとした
ワシワシ感抜群の麺


この麺の食感
大好きだなあ(´∀`*)


麺の量は最初少ないように見えたけど
食べ進んで行くと
多く感じてきた^^;


麺のウマさに引っ張られるように
サクッと完食

DSC_0971

スープはペラペラで
独特の風味があって
あまり良い印象は持てなかったのが残念(´・ω・`)


でも麺がウマいので
そんなことはどうでもいいのだ!


ごちそうさま〜



自称麺フェチ(笑)なので
生麺(1玉100円)を2玉買って
家に持ち帰りました

さて何を作ろうかな(・∀・)

【情弱報告】 本日のラーメン二郎 環七新代田店は臨休ですた(´・ω・`)

ソース繋がりな運命を
信じるに至った時系列を書くと
次のようになります


騙されたラヲタさんテラカワイソース(´・ω・`) ← おととい

ソース焼きそば作るお!(`・ω・´) ← 昨日

ラーメン二郎 環七新代田店の
汁なしソース味を食べにいくお!(`・ω・´) ← 今日の夕方


で 行ってきたわけです

DSC_0918

プレミアムなやつを飲んでる自分を想像しながら
東京メトロ代々木上原駅から
競歩的クネクネ歩き全開の
滝汗状態でゴールするも
シャッター全閉ですた orz...

DSC_0905

この暑さだもの
体調不良なら
仕方ないです(´・ω・`)


完全に二郎モードに入っていたので
この後に未食の
仙川店に向かったわけですが
その話は
次に書きます

日清ラ王の袋麺を横手やきそば風にアレンジしてみた

DSC_0821

毎度〜 (しつこい)


ラ王の袋麺の麺が
インスタントとは思えないほど良かったので
横手やきそば風にアレンジしてみることに

DSC_0823

横手やきそばのタレは
ウースターソースがベースで
ソースとダシ汁が半々の割合で調合され
シャバシャバしているそうなので
その通りに作ってみた


ウースターソース 3
とんかつソース 2
ダシ汁 5

の割合で調合

DSC_0825

ラ王を3袋茹でてみた

DSC_0838

麺を4分茹でてから湯切りし
キャベツと牛筋煮を炒めているところに投入して
タレを入れて炒めるのでした


豚肉ではなく牛筋煮を使ったのは
単に冷凍庫にストックがあったからです^^;

DSC_0866

目玉焼きを乗せて
色々トッピングすれば完成〜

DSC_0855

横手やきそばは
紅しょうがではなく
福神漬けを使うらしいのだけど
紅しょうがで妥協^^;

DSC_0887

牛筋煮の汁も加えたのがいけなかったのか
汁ダクになってしまった orz...


横手やきそばはタレがシャバいので
汁気を残さずに作るのは
意外に難しいのかもしれない

DSC_0890

目玉焼きを麺に絡めて食べるとウマイ!(・∀・)


やはりというか
なんというか
このように調理して食べると
麺自体から
焼きそばUFOのような風味が漂う
(それほど強くは感じないけど)



ラ王の袋麺は
あのスープとセットになることで
ラヲタを騙せるほどの味に
なっているのではないだろうか (仮説)


桜さんの記事にもあったように
調味料や香料の微妙なバランスの上に
この袋麺の味は成り立っているのかもしれない

味噌バージョンの味も気になるところ



かなりタフで不思議なほど伸びにくい麺なので
つけ麺にして食べるのも
一興かも

【遺憾な〜同好会】 値段のないラーメン屋

DSC_0774

毎度〜

「遺憾な〜同好会」には
「値段のないラーメン屋(実は日清だった罠w)PR事務局」から
招待状は来なかったんで
近所のイオンで本日発売開始の

日清ラ王 醤油 5食パック

を自分で買ってきましたぉ〜
(@298円)



というのは冗談で
桜さんに感化されて
面白そうなので買ってきただけです(爆)

DSC_0779

メンマパウダーなんてあるんだ!?Σ(゚д゚;)

DSC_0777

塩分相当量は6.4gで
結構高めなんです

麺に含まれる量が
普通の即席めんより多い感じ

やはり麺が特別なのだろうか?

DSC_0778

作り方は至って普通

DSC_0786

乾麺の状態

DSC_0791

スープは液体のみ

油が結構多い

DSC_0792

茹で開始〜

DSC_0793

4分茹でたら
茹で湯をドンブリに入れて
よくかき混ぜてから
麺を投入

DSC_0794

デフォだとこんな感じに

DSC_0796

”値段のないラーメン屋”
で提供されていたものと同じ状態を再現するため
三つ葉と白髪ネギをトッピング

DSC_0797

別アングルからの画

DSC_0806

麺はインスタントの乾麺とは思えないモチモチ感があり
これは凄い!


乾麺使用の竹岡式の店(梅乃家など)の麺より
こっちのが旨いんじゃないですかね?


でもやっぱり乾麺だった名残を感じる風味があるので
分かる人には分かると思います

DSC_0815

スープは課長の長引く後味が無く
食後感はサッパリしています
(アミノ酸液マシマシ?)


油がちょっと多い気がするんですが
これぐらいあった方がコクが強くて
いいのかも


メンマパウダーのせいか
メンマが入ってないのにメンマの風味が感じられて
ちょっと変な気はしますね


チャーシューやメンマをトッピングして
ネギをちらせば
袋麺だということに気付かない人が
結構居そうな気がする完成度


まあでも
袋麺だと知ってて食べると
インスタント独特な香りはするので
桜さんのような)即席麺も熟知している方なら
一発で気付くと思います


日清も悪よのぅ(笑)



騙されたラヲタさんテラカワイソース(´・ω・`)


でも500円はともかくとして
70点は有り得ないでしょう(゚∀゚)アヒャヒャ

二郎に50点台つけちゃうのは遺憾な〜

ラーメン二郎@八王子野猿街道店2の『シークァーサーつけ麺』5

DSC_0772

今年の夏は
集中的に二郎のつけ麺を食べ歩いていますが


野猿のつけ麺は外せないでしょう!


ということで
約2年8ヶ月ぶりに
訪ねてみることに


前回はプチ出張の帰りで
雨模様の夜だったんですが
今回はカキーンと晴れ渡っていて
言う事なしの遠征日和^^

DSC_0627

京王堀之内駅から
競歩選手のごとくクネクネ早足で歩いて
10分ちょいで野猿街道にぶち当たると
左斜め前方に二郎の看板が見つかります

DSC_0634

やっと着きました(家から2時間近くかかかった罠^^;)

DSC_0638

土曜日は10時から17時までの
通し営業なんですが
16時ごろ到着すると
外待ちも中待ちも無く
空席が5席ほどあって
すぐに座れる状況でした


こういう暑い日は狙い目なのかも(・∀・)!

DSC_0640

店頭のホワイトボードは
色々書かれていてオモロイ
(画像をクリックすると拡大できます)

DSC_0755

注意書きが沢山貼ってある入口


入ってすぐの左手に
券売機

DSC_0649

前回は出張帰りのため
券売機を撮る気力が無かったんですが
今回はちゃんと撮っておきましたよ^^

DSC_0659

券売機の上に


☆超酸味☆
シークァーサー
つけ麺



というPOPが立ってますねー

実はコレを狙ってたんです^^

期間限定のようです

DSC_0660

缶ビール300円は
この猛暑の中を歩いてきたオッサン(自分)への
ご褒美ということで(´∀`*)



厨房は店主さんと
店員さん3名の計4名体制

店主さんはスープ管理に専念されているようで
麺上げや盛り付けは
平井堅似のカコイイ方が
担当していました

DSC_0694

つけ麺 850円 +しょうが(50円) +シークァーサー(無料)
(コール=ニンニク)


食券提出時に「シークァーサーで」と言うと
無料でシークァーサー味のつけ汁になります



カウンターの上あたりに

「しょうが 50円」

「刻みたまねぎ + たまご 100円」 ←はっきり見えなかったので違うかも

と書かれた気まぐれトッピングメニュー(?)が貼られていたので
代謝アップのため
しょうが(50円 現金対応)もお願いしました

DSC_0662

この店でヤサイコールをすると
ヤサイが尋常ではない量になる危険性があるので
ニンニクだけお願いすると
こういう盛りになりますた


自分的には
これで十分な量のヤサイです

足りなければ
途中でヤサイ追加してもらえるので安心(′∀`)

DSC_0666

乳化度高めの濃厚そうなつけ汁だこと!

DSC_0677

トッピングのしょうがは
フードプロセッサーで細かくした感じで
先日食べた栃木街道店の摩り下ろした感じのものとは
また違った風味があって
面白スグル!(・∀・)

DSC_0695

注目の麺

DSC_0697

ここの店主さんのお父様は
新小金井街道店の店主さんなので
新小金井街道店の麺に近い食感なのは
なるほどと納得してしまうものがあります

DSC_0705

しかし近いけれど違うところもあって
アッチよりはザクザク感が控えめな代わりに
一方向にピン!と張ったような剛性感は
コッチの方が強い感じがします


これまでに食べた
水で〆た二郎の麺の中では
この麺が一番好きだなあ(´∀`*)

小金井でもう一度つけ麺を食べて
比較してみたくなりました^^

DSC_0725

シークァーサーが
野猿の濃厚ショッパーなつけ汁に
とてもよく合ってます

こんなに合うとは意外・・・

DSC_0736

極厚の豚が2枚入っていて
どちらもトロトロの脂身が適度に付いていて
いわゆるネ申月豕ってやつです

DSC_0743

ネ申月豕 の断面 (推定厚み3cm)


なんちゅうもんを・・・


野猿・・・ 恐ろしい子!

DSC_0753

ヤサイの中には何故か
プチ二郎用のコーンも何個か混じっていて
意外とこれがショッパーなつけ汁と対照的で
何気に良いアクセントになっていた(笑)


シークァーサーの自然な酸味にハマり
つけ汁をそのまま全部飲んでしまいました^^;

そのせいか血圧が高くなり
帰宅後ちょっと体調ヤバめに (´д`;)




シークァーサーつけ麺
めちゃくちゃウマかったです!

家から遠いので滅多に来れませんが
来年の夏も食べに来たいなあ・・・

ごちそうさまでした

丸長@目白の『チャーシューやさいつけそば(小鉢)』5

DSC_0527

昨年の8月から
店舗改築のために休業していた
目白丸長が
予定より約4ヶ月遅れの昨日(8/23)
ついに営業再開したという情報を頂いたので
再開2日目の朝イチで
並んできました


(改築前の最後に食べた時の記事はココ

DSC_0533

立派な6階建てのビルに
生まれ変わっていますた


2階にも客席ができるという噂がありましたが
結局のところ
丸長の店舗は1階部分のみのようです



並んでしばらくすると
デカ盛り系イケメンブロガーの
jw師匠がいらっしゃったので
少しお話をさせていただいてから
炎天下の中
11時の開店を待ちます

DSC_0559

シャッターは電動になり
店頭の待ちイスや
黒板が無くなっていたりと
外観に変化がありますが
店内のレイアウトも
大分変わっていました
(花輪が無くなれば待ちイス復活かも?)

DSC_0561

改築前はカウンター席とテーブル席があったのですが
改築後はL字型カウンター10席のみとなり
厨房が広くなった感じですね


店員さんは
厨房の店主夫妻(?)と
東南アジア系のホール係の女性の計3名で
以前いつも見かけたナイス・スタイルな女性店員さんは
いらっしゃいませんでした (どうしたのかな?(´・ω・`))

DSC_0563

メニューと値段は変わらないようです

DSC_0568

厨房内の天井

なにもかも真新しい

DSC_0573

チャーシューやさいつけそば 1050円
小鉢(−50円) 大盛(+100円) 生たまご(+50円)


メジマルは
店に入ると同時に注文するのが当たり前
だったことを忘れていたので
注文のタイミングを逃し
注文レースでビリケツになってしまった罠^^;

当然
お品の提供も注文順なのでした(´・ω・`)

でも
茹で置きマジックで
出来上がるのが異常に速いのがメジマル



同ロットの全員が
チャーシューやさいつけだったかな

チャーシューやさい大人気だぬ

DSC_0584

麺については
jwさんも指摘しておられました
エッジが立ちぎみの四角い形状に
なったような気がしますねー


製麺機を換えたという噂もありますし
どうなんでしょう?

DSC_0581

つけ汁のルックスは以前と変わりなく
具がギッシリ詰まっていて
どこに麺をつければいいのか悩みます^^;

DSC_0589

この独特の形状の
細切れチャーシュー!

これって
どうやって作るんですかね?

DSC_0611

つけ汁の底から
箸でグイッと混ぜると
ナルトやメンマも顔を出してきて
底に溜まっている調味料とスパイスの味が
全体に馴染みます
(これをやらないと
後半妙に辛かったり酸っぱかったり甘かったりする罠)

DSC_0595

麺はワシワシ感が無くなって
喉越し滑らかな食感になったように感じました

例えるなら
栄楽@中野のベクトルが
加味されたような感じでしょうか (違うかも)


改築前の麺とは
多少違っていたので戸惑いましたが
こういう麺に路線変更したのか
再開後間もないためのブレなのか
思い出補正のせいなのか
よく分かりません(´・ω・`)

DSC_0617

つけ汁の味は
醤油ダレがまだ若いような味で
醤油のカドが立った印象ですが
営業再開してまだ日が浅いからだと思われます


甘・辛・酸のコントラストが弱くなったように感じましたが
つけ汁の味のバランスは
醤油ダレやスープと密接な関係があるので
これからスープと醤油ダレが熟成されれば
以前の味に戻るんじゃないでしょうか (という希望的観測)

DSC_0623

最後はスープ割り(スープ少な目)で完食完飲(K.K.)


昔のゲ○酸っぱい(失礼)味のスープ割りが懐かしいですが
今日のようにマイルドな味わいのスープ割りの方が
万人向けかも^^;


これからどういう味に落ち着いて行くのか
興味があるので
スケジュール的に可能ならば
しばらく週一くらいの頻度で
通ってみたい気がします


ごちそうさまでした




食後はjw師匠
近くのドトールでアイスコーヒーを飲みながら
惑星ニビルの地球衝突の可能性について
熱く議論を交わしたのでした (一部フィクション)

カップ麺のカロリーと食塩相当量の関係などについて調べてみた

DSC_0513

日に日に増えつつある
富山ブラック関係の
お供え物

DSC_0514

寿がきやが出している
富山ブラックのカップ麺


食うべきなのか?

DSC_0520

食塩相当量7.9g Σ(゚д゚;)


厚生労働省が推奨している
成人男性の塩分摂取量が
一日あたり10g未満なので
これ一杯で
ほとんどアウトなんじゃまいか!?


そこで公平のため
寿がきやの富山ブラックだけが
カップ麺の中で
塩分量が突出して多いのかどうか
調査してみることに


ちなみに
昨日の富山ブラックの袋麺は
栄養成分表が表示されていないので
塩分量は全く分かりませんでした (そんなんでいいのか?w)

エクセル打ち込み画面

(クリックすると大きくなります)

こちらのサイトのデータを参照して
エクセルにぶちこんでみました
(データの一部は販売元のサイトから補完)

重量とカロリーの関係

先ず最初に
重量 VS カロリーを
プロットすると上の図のようになります

重量は麺だけではなく
スープなども含めた全体の重さです


スパ王シリーズ以外は
カロリーは重量にほぼ比例するという
当然の結果になっていますね


ちなみにこの中での
カロリー番長は
やはりというか
エースコックの
大盛りいか焼きそばですた(笑)

重量と食塩相当量の関係

さて次は
重量 VS 食塩相当量です


意外にカップ焼きそばは
食塩相当量が低いです

これはポテチと同様に
麺に絡んだ焼きそばソースが
直接舌に触れるため
ソースの量自体は
汁麺よりも少なくて済む
ということによるものだと
思われます


塩分が気になる方には
スパ王の方が体に優しそうですね^^

カロリーと食塩相当量の関係

さて最後に
カロリー VS 食塩相当量のプロットです


スパ王は
カロリー的には
汁麺と焼きそばの中間あたりですが
食塩相当量が低いので
かなり優等生的


焼きそばは
ダイエッター殺しとして有名ですが
食塩相当量は汁麺に比べると低めなので
カロリー上等!な方には
良いかもしれません


汁麺は食塩相当量がヤバいですが
汁を飲まなければ
そんなに悪くはないと思います
(焼きそばより低くなる可能性も否めない)



今回の主役である
寿がきやの富山ブラックですが
重量109g 食塩相当量7.9gなので
2番目のグラフに当てはめると
汁麺グループの中では
上位クラスの不健康さということになります^^;


怖くなったので
今日は食べるのやめとこうっと (´д`;)


(おわり)

富山ブラックに富山県民の黒い情熱を見た!                       ような気がした件

DSC_0428

先週
お土産にもらったんです

宇奈月の
凄い田舎で作られているらしい袋麺

多分
歩合制のパートのおばちゃんが
手作業で袋詰めしてるんじゃないかと

DSC_0291

他にも黒いものを色々と

DSC_0300

コロス気かっ!? Σ(゚д゚;)

DSC_0430

富山と言えば『ブラックラーメン』

言い切っちゃうよねー


血圧計も振り切れちゃいそうです



巷の噂では
富山県民のカラダには
真っ黒な血が流れているらしい

それほどまでに
ブラックに染まりまくる
富山県

DSC_0301

世界的ですもんね

乗るしかない
このブラックウェーブに!

DSC_0302

ていうか
富山に親戚がいるもんで
10年以上前から
黒っぽいスープのラーメンは
高岡や富山で
たまに食べていたんですが
ここまでブラック推しをしてくるとは…

DSC_0303

この袋麺には
具材が全く付いてこないので
トッピングの仕込みから始めます


ストックしていた豚バラチャーシューを
醤油ダレで小一時間煮ても
そんなに染みこまないわけで

DSC_0304

切ってから再漬け込み

DSC_0305

ショッパーなバラチャーシューが完成♪

DSC_0423

袋麺にも黒胡椒の小袋が付いてくるんだけど
自分でも黒胡椒20粒ほどを弱火で炒ってから
粗挽きにしておきました

DSC_0433

300円もする袋麺なので
それなりにしっかりとした内容


麺が生麺なのがコダワリを感じます

生麺なので
消費期限がインスタントにしては短い

DSC_0449

富山ブラックラーメンとめし

DSC_0452

この袋麺には
黒胡椒以外のトッピングは全く入っていないので
トッピングを作る(or 買う)気力が無い方は
やめといた方がいいと思います

それだけトッピングは大切なんです

DSC_0472

ショッパー豚に黒胡椒はガツンとくるぜぇ

DSC_0473

茹でると2倍ぐらい太くなる麺

袋麺だと思って侮っていたけど
この麺は
意外に良いです

DSC_0492

ホタルイカの墨でも入れたのかと思うほど
漆黒のスープ


富山の大喜の味を予想して食べると
そんなにしょっぱくないですが
完飲しようという気にはならない程度の
塩分濃度があります^^;


スープの味は
なかなか良く出来ていると思います

DSC_0498

自己流の醤油ダレに漬かりまくったメンマが
一番ショッパーだった罠 (´д`;)

DSC_0510

やはり富山ブラックはめしと食うのが
シックリくる


富山ブラックドロップだけは
食べようという気にならないんだけど
この袋麺は
結構良い商品だと思いました

ごちそうさま


(以下おまけ)

CA3F04280001

ブラックなお土産を下さった方が
氷見のファミリーレストラン ホリエ
偵察してきた時の写真を送ってきました

「ひみの夜空カレー」という
真っ黒なカレーが有名だそうで
いつか寄ってみたいなあ・・・

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ