お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年09月

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺』5

DSC_2110

ホーム店ひとり強化合宿は
今日が最終日


いつもの時間に到着

中待ち5人前後で
平均的な客入り

DSC_2069

今夜も一番奥の席になってしまった^^


行列店に3回来て
3回とも同じ席に当たる確率って
凄く低いと思うんですが
何か起こるんでしょうか?(; ̄Д ̄)

DSC_2086

つけ麺 750円 (ノーコール)


ヤサイマシマシカラメニンニクマシマシ
と派手なコールをしていた学生風の人に
奥さんが「ヤサイカラメニンニクね」と
言い直していたので
ここではマシマシは通らないのだろう

DSC_2072

ちなみに
眉二のローカルルールとして
つけ麺の場合だけは
ヤサイ増しやニンニク増し(又は抜き)は
食券を出す時に言わなくてはならない

DSC_2079

今日のつけ汁は
タップリ入っていて
奥さんが持ってくる時に
少し決壊しかかっていた^^;

DSC_2080

この白くてしっとりやわらか〜な豚が
通称「シーチキン豚」


これに慣れると
他の二郎の脂身がゴッテリ付いた豚は
ちょっと手ごわい相手に映る


数年前から豚が安定していて
ハズレに当たった事が無く
臨休さえ無ければ
完璧なホーム二郎なのだ(`・ω・´)

DSC_2098

あれ?

なんか多い?

麺 盛り上がってる?

DSC_2101

つけ麺てこんなに多かったっけ?ガクブルΣ(゚д゚;)

DSC_2106

とか思いつつ
今夜もK.K. ( ̄ー ̄)


ちょうど10分で食べ切り

量が多かったのもあり
おとといよりは時間がかかった感じ


また来週も食べに来ようかな

ごちそうさま



明日は小さいお友達の運動会なので
苦手な早起きだ(´・ω・`)

ラーメン二郎@京成大久保店の『小ラーメン』5

DSC_2067

ホーム店強化週間ということで
今週2回目の
ラーメン二郎 京成大久保店


いつもより30分早めに着くと
中待ち2名で
学生さん中心に
背後霊待ちが
どんどん増えて行きます

DSC_2028

グレケニーさんが昨日召し上がっていたアレ
昨日の今日でレギュラーに
昇格するわけはないのですが
水曜日なのに
みそラーメンの券が売り切れとは
珍しいこともあるもんですね


今週は味噌 ノーマル つけ麺を
順番に食べる予定なので
味噌が売り切れでも
問題無しなのです^^

DSC_2039

小ラーメン 650円 (コール=ニンニク)


ここでノーマルの二郎を食べるのは
百識王やらせ取材の時以来なので
8ヶ月ぶりか!?


一昨日と同じ
一番奥に着席

ここは照明が少し暗め(´・ω・`)

DSC_2043

ノーコールでも
ヤサイの盛りがイイ (´д`;)

DSC_2049

ネ申月豕キタ(・∀・)コレ!


プルプルの脂身が
所々控えめに付いていて
トロトロに柔らかい豚さんが
美味〜♪

DSC_2057

麺は一昨日と同様に
柔らかめだけど
二郎は硬いか柔らかいかの
両極端が非常にウマいと思うのです

当然今日の麺も(゚д゚)ウマー!

DSC_2059

というわけで今夜もK.K.


ラーメンは味付け的に食べやすいので
自分的には割と早めの8分で
食べきりました
(尺ickyのインチキな自己申告よりは速いはず)


やっぱりノーマル二郎はウマイ!
これからは定期的にノーマルも食べようっと

ごちそうさまでした


次は金曜の夜かな?

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC_2022

久しぶりのOKB26


夏季休業明けを狙っていたんですが
二郎遠征ばかりでなかなか来れなくて
やっとホームに帰ってきた懐かしさが
こみ上げてきます

DSC_1988

19時過ぎに着くと
ちょうど店内満席

すぐ座れましたけどね^^


ピンクの食券 みそラーメン

DSC_1989

みそラーメン 750円 (コール=ニンニク)


やっと残暑が終わり
涼しくなったので
お気に入りの「みそラーメン」を
ガッツリ頂くことにしましょう

DSC_1994

珍しくニンニクが
ヤサイ山のてっぺんに
盛られている Σ(・ω・ノ)ノ


なにかのメッセージなのだろうか?
(いや 気のせいだろう)

DSC_2001

少し甘め寄りの味噌スープなので
ショウガトッピングがあると
最高に合うと思うんですけどねぇ
いつかやってくれると嬉しいなあ・・・


豚は脂身少な目の
お箸で簡単にほぐれる柔らかさで
美味〜♪

DSC_2005

今日の麺はいつもより柔らかめだったけど
モッチリ感が楽しめて良かったです^^

DSC_2017

またしてもK.K.でフィニッシュ('д` ;)

カウンターに上げたドンブリ撮ったら
奥タソに笑われてしまった(´・ω・`)


帰る頃には空席半分ぐらいになってて
月曜の夜は空いてるのか?
たまたまなのか?


今週はホーム店強化週間として
京成大久保縛りで
イッテみることにしましょうかね
(毎日は無理だけど)


また食べに行くので
臨休しないでくださいねー(笑)

炭焼家 串じまん@大久保店の『お仕事お疲れ様1杯セット』5

DSC_1957

二郎遠征後に大久保商店街のサイゼリヤで
AJG飲みの後
以前グレケニーさんから話を伺っていた
串じまんへ移動


大久保商店街にある「ラーメン大 ○虎」の
隣にあります

DSC_1962

落ち着いた感じの店内ですが
店員さんは若くて生き生きとしていました^^

DSC_1964

【お仕事お疲れ様1杯セット 1050円】を注文し
まずはビールで乾杯

DSC_1966

このセットには串が5本付いてくるんですが
1本目はハツが来ました


中がトロっとした絶妙な焼き加減で
ハツってこんなに美味しかったんだと
目から鱗体験

DSC_1970

続いてぼんじり


備長炭で表面が香ばしく焼き上げられていて
美味〜♪

DSC_1974

しそ巻き(梅肉付き)も堪ら〜ん!

DSC_1979

正肉もマイウー


楽しい時間はあっという間に過ぎ

DSC_1981

セット最後のつくねは
細かい軟骨の食感が楽しい一品


どの串も非常に美味しくて
大満足でした^^


私はビールの他に
泡盛残波(白)をロックで2杯飲んで
この日はお開きに


すごく充実した一日だったな〜

ラーメン二郎@新小金井街道店の『大つけ麺』5

DSC_1880

makoto-jin-reiさんの
遠征ツアーに乗っからせていただき
ラーメン二郎 新小金井街道店に
行ってきました\(^o^)/


グレケニーさん ビッグボーイさんと同乗し
道路の混雑もあり3時間近くかかって
小金井に到着

DSC_1947

店から100mぐらいのところにある駐車場

DSC_1948

ここには
6台分のジロリアン専用駐車スペースが
確保されているらしい

DSC_1885

13時頃で
待ち列は
外に少し溢れる程度

DSC_1895

厨房は若い店員さん3名体制


ここには土曜か祝日しか来たことがないので
オジジとオババ(通称)を
拝見したことがない

DSC_1899

ここの張り紙は見てて飽きない

特に

「カタカタやりません ロットがみだれます」

というロットの秩序を大切にする
店の姿勢がなんだか笑える

DSC_1905

大つけ麺 950円 +しょうが50円
(コール=ニンニク)


前回と同じく大つけ麺でイッテみますた

今日はビールは飲まないので
余裕で食べきれるはず・・・

DSC_1906

いつもながら美しい
川の流れのように
整えられた小金井麺

DSC_1915

ホロホロと柔らかい豚と
シャキリ茹でヤサイが
麺を浸ける隙間の無いほど入ってて
俺は喰うぜぇ〜 喰ってやるぜぇ〜
と気分が一気に高揚します

DSC_1919

小金井でしょうがを入れるのは
これが初めての体験

八王子野猿街道店2と同じく
みじん切りタイプ

DSC_1923

今回の麺は
茹で時間が前回よりも
若干長めだったようで
ザクザク感は弱かったです


でもこのミッシリ詰まった
質量感の高い麺は
さすがのウマさ

DSC_1933

ひたすら食べ進み
後半にさしかかると
ビールを飲んでないのに
腹が膨れて苦しくなってきた ヤバス(´д`;)

俺ピ〜ンチ!


そこで厨房の中の人に

「ガラムマサラお願いしまっす!」

と言って
ギャバンのガラムマサラ缶をゲッツし
麺の上にかけてみた


このガラムマサラ
香りが強く辛さは弱いので
味変というよりも
香変の効果が高いアイテムだと思う


グレケニーさん曰く
豚に絡めてもウマいらしい


コレ 家にも一缶欲しいな〜

DSC_1936

固形物はほぼ完食し
つけ汁は全力で残して
ごちそうさま〜


早めの時間帯だったからか
つけ汁が前回よりライトに感じたけれど
これはこれで美味〜♪

DSC_1953

みなさんお疲れさまでした〜
のAJG飲み@サイゼ
ビール(・∀・)ウマー!

この後 串じまんに行ったんですが
その話は後ほど・・・


makoto-jin-reiさん お世話になりました
ありがとうございます<(_ _)>

ラーメン二郎のつけ麺 まとめ5

日記代わりに
これまでに食べた二郎のつけ麺を
まとめておきます
(並びは開業年順)

歌舞伎町店

DSC_4341

つけ麺 普通 800円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/4/15
【ブログ記事へのリンク】

新宿小滝橋通り店

DSC_4254

小つけ麺 800円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/4/15
【ブログ記事へのリンク】

八王子野猿街道店2

DSC_0694

つけ麺 850円 + しょうが(50円) +シークァーサー(無料)
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/25
【ブログ記事へのリンク】
※ シークァーサーは期間限定

DSC_2805

なみのりつけめん 大盛り 950円 +粉チーズ100円
コール: おねがいします
訪問日: 2013/4/27
【ブログ記事へのリンク】
※ 期間限定

池袋東口店

DSC_1809

大盛つけ麺 900円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/9/16
【ブログ記事へのリンク】

新小金井街道店

DSC_9645

大つけ麺 950円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/5
【ブログ記事へのリンク】

DSCF5201

つけ麺 850円
コール: ヤサイニンニク
訪問日: 2010/8/8
【ブログ記事へのリンク】

亀戸店

DSC_2845

つけ麺 =690円+100円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/7/23
【ブログ記事へのリンク】
※夏期限定

府中店

DSC_1734

ザルラーメン 700円 大盛り100円 温泉玉子100円
コール: おねがいします
訪問日: 2012/9/15
【ブログ記事へのリンク】

めじろ台法政大学前店

DSC_4694

大ラーメン 800円 つけ麺150円 生たまご50円
コール: ニンニク
訪問日: 2013/2/2
【ブログ記事へのリンク】

荻窪店

IMG_1031

つけ麺(塩味) 900円
コール: ニンニク
訪問日: 2010/12/26
【ブログ記事へのリンク】

DSC_1506

つけ麺(しょうゆ味) 900円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/9/8
【ブログ記事へのリンク】

上野毛店

DSC_9877

小ラーメン750円+つけ麺150円+生玉子50円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/10
【ブログ記事へのリンク】

京成大久保店

DSC_3173

DSC_4635

相模大野店

DSCF0269

お茶漬け〜麺 850円
コール: ヤサイニンニク
訪問日: 2011/5/28
【ブログ記事へのリンク】

横浜関内店

DSC_8038

味噌つけ麺 小ぶた750+ニラキムチ80円
コール: おねがいします
訪問日: 2013/10/12
【ブログ記事へのリンク】

神田神保町店

DSC_3409

つけ麺 800円 +生玉子50円
コール: ニンニク
訪問日: 2014/8/7
【ブログ記事へのリンク】
※ 猛暑の日に提供される
その日だけの限定メニュー


pic_noimage110_lgray

つけ麺 900円
コール: ニンニク
訪問日: 2008/8/3
【余談】 この時はブログを始める前で写真を撮っていなかった。朝の8:30頃到着すると既に靖国通りに届きそうな列が出来ていた。死ぬほど暑い中、3時間ぐらい並んだと思う。つけ汁は液体アブラの層が厚く醤油ダレがラーメンよりも濃いだけのやつだった。味がストレートすぎて期待はずれだったけど、限定モノなので食べられただけで満足した。

小岩店

DSCF0514

小ラーメン700円 +つけ麺100円
コール: ニンニク少し
訪問日: 2011/7/22
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定(今のところ2011年のみ)

桜台駅前店

DSC_3647

小つけ麺750円 +生玉子50円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/8/12
【ブログ記事へのリンク】
※ 限定メニュー

栃木街道店

DSC_0229

ラーメン650円+つけ麺150円
+ショウガ50円+生玉子50円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/15
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

大宮店

DSC_0169

つけ麺(煮干し) 750円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/14
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

DSCF0008

春のつけ麺 750円 +豚増し100円
コール: ヤサイニンニク
訪問日: 2011/4/10
【ブログ記事へのリンク】
※ 春季限定

茨城守谷店

DSC_1145

小ラーメン650円 +つけ麺100円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/9/1
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

湘南藤沢店

DSC_4989

ラーメン690円 +つけ麺50円+生卵50円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/8/31
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定


DSC_0110

ラーメン650円 +つけ麺50円+ゆずこしょう(無料・限定)
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/13
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

西台駅前店

DSC_5046

味噌つけ麺=ラーメン700円 +つけ麺100円
+アオネギ100円 +生玉子50円 +ビール250円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/9/4
【ブログ記事へのリンク】
※ 期間限定

DSC_2894

塩つけ麺=小豚800円 +つけ麺100円
+シロネギ100円 +生玉子50円 +ビール250円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/7/25
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

DSC_9540

ラーメン650円 +つけ麺100円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/8/4
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

中山駅前店

DSC_2348

つけ麺=690円+100円
コール: おねがいします
訪問日: 2014/7/14
【ブログ記事へのリンク】
※ 不定期提供

DSC_0333

小ラーメン650円+つけ麺100円
コール: おねがいします
訪問日: 2012/8/18
【ブログ記事へのリンク】
※ 不定期提供

仙台店

DSC_1665

大ラーメン豚850円+つけ麺100円
コール: ニンニク
訪問日: 2012/9/9
【ブログ記事へのリンク】
※ 夏季限定

ラーメン二郎@池袋東口店の『大盛つけめん』5

DSC_1847

ラーメン二郎のつけ麺を巡る旅

最終回の今日は
池袋東口店です\(^o^)/

DSC_1786

この店のホームページ
15:00〜18:00が空いててオススメ
と書かれていたので
16時ごろ
トボトボとやってきました

DSC_1791

この時間でも
店内待ちが8人ぐらい出来てて
繁盛してますね〜

DSC_1797

食券を買ったらすぐに
中華系の女店員さんに渡しておくシステムなので
自分が何を買ったのか
覚えておかないといけません
(忘れる人は居ないと思うけどね)



自分の前に並んでいた
中年夫婦は
二郎は初めての様子で
ラーメンに豚が入っていないと思ったらしく
(ぶた入りラーメンがあるせいですね)
並んでいる途中で
旦那さんが豚ダブル
奥さんが豚入りに
アップグレードしていました
(教えてやれよ >俺)

DSC_1805

着席すると
さきほどの女店員さんが
食券を持ってきて
注文はこれでいいか確認されます


冷水の入ったコップは
店員さんが持ってきてくれるし
食べ終えたドンブリの片付けや台拭きも
店員さんが全部やってくれるので
二郎らしからぬ
接客サービスが存在する
珍しい店ですね (というか他の二郎が特殊)

DSC_1801

卓上には
醤油ダレ コショウ 一味 割り箸
が置かれてあり
箱ティッシュも2人に1個の割合で
用意されていて
至れり尽くせりだ
(当然レンゲもある)

DSC_1809

大盛つけめん 900円 (コール=ヤサイニンニク)
※ 夏季限定


券売機近くの座席は
食べている様を
中待ちしている人たちから
ジロジロ観察される特等席で
通称「晒し席」と呼ばれているのは
予習して知ってたんですが
今回は晒し席の隣の
準晒し席に当たってしまいました orz...


さきほどの中年夫婦と連席なので
池袋東口店の豚ダブルの性能とやらを
見せてもらおうか(・∀・)!

DSC_1816

麺の量は大盛りだと
茹で前で400g程度かな?


ヤサイマシにしたので
シャキシャキの茹でヤサイが
麺の上にトッピングされました
(つけ汁の中にもヤサイは入ってるけど)


ニンニクの量は多めで
他店の倍ぐらい入っているかも

DSC_1818

豚はゴロンとした厚切りのものが2枚
つけ汁の中に入っていて
よく煮込まれていて柔らかい
(出涸らし感が少しあるけど)


つけ汁は細かい背脂の層があるせいか
白っぽく見えるけれど
よくかき混ぜると
醤油ダレの色が現れてくるという
歌舞伎町店で経験した現象


味つけは
歌舞伎町店新宿小滝橋通り店の中間的な感じで
酸味は程々に効いていて
しょっぱさはそれほど強くなく
ごま油の風味は感じられなかった

DSC_1828

断面形状が四角い
二郎の中では少数派な麺ですが
系列店の歌舞伎町店よりは
麺が太くて弾力が強い印象


つけ麺で食べる分には
そんなに悪くないと思う

いや むしろ
予想していたよりも
ずっとウマいわ〜

DSC_1836

このつけ汁には
二郎には珍しく
ネギが入っている!

ネギ大好き中年なので
食欲増進されること
この上なし!!


メンマも沢山入っていて
最後まで飽きずに楽しく
味わうことができました(^∀^)

DSC_1839

隣の豚入り&豚ダブル中年夫婦は
意外にも麺とヤサイをサクっと食べ終わり
最後は豚との格闘の末
ほぼ完食していたようです

ここの豚ダブルは
他店の豚入りぐらいの量に見えますた



自分もつけ汁は全力で残して
ごちそうさま〜

DSC_1842

食後はプチ・ダイエッツ(笑)も兼ねて
徒歩でワンズワンズの偵察に

DSC_1862

ワンズワンズ@東新宿の裏手にある
「ぼりうむ」の並びに
「麺爺」という油そば専門店が
出来たんですねー

DSC_1871

東新宿から早稲田へ移動


早稲田大学近くの
「ほづみ」が閉店して
その跡地にワンズワンズが
今月18日にオープンするそうで
現在内装工事中でした


店頭の張り紙には

18日(火)11時Open
18日より20日までの3日間は
つけめん 煮干し中華そば
共に500円にて販売


と書かれてあります


東新宿の方のワンズワンズは
今日見てきた限りでは
閉店や移転するような感じではなかったので
今度オープンする店舗は
2号店という形なのでしょうかね
(何年か前に板橋店てのがありましたね)

ここはアクセスが良いので
期待してます^^

ラーメン二郎@府中店の『ザルラーメン』5

DSC_1767

昨日の朝
体を捻ったら
背中の脇の方の筋肉が
スジを違えたようになり
体の曲げ伸ばしがかなり苦痛に(´Д⊂)


予定していた京成大久保店での
シャッター二郎もブッチぎって
ずーっと12時間ぐらい寝てたら
痛みが和らいできたので
夕方から府中へ向かいました(・∀・)

DSC_1712

府中店が
(立地的に)怪しすぎる件は
前回語り尽くしましたので
そちらをご参照ください

DSC_1715

缶ビールが廃止された以外は
メニュー構成や値段は変わらず

DSC_1724

仙台二郎から帰ってきてから
しばらく体調(主にオナカ)が良くなかったんですが
かなり回復してきたので
ザルラーメンの大盛りで
イッテみましょうかね!

DSC_1727

自分が入店した18:30頃は
中待ち5人ほど


店内は蒸し風呂状態


ここの麺は超極太なので
茹で時間がかかる分
回転が悪いです


――― 麺フェチ専用 ここから ―――
待っている間に
本田博太郎にチョイ似の渋い店主さんが
厨房隅の製麺機で
麺の切り出しをやっていたので
思わず見入ってしまいました

1cmはあると思われる厚い麺帯を
製麺機でウネウネと縦切りしているのが
しっかりと見えました

やっぱり二郎の麺て
縦切りしてるんですね
――― 麺フェチ専用 ここまで ―――

DSC_1734

ザルラーメン 700円 大盛り100円
温泉玉子100円 (コール=おねがいします)


ここのザルラーメンは
いわゆる「つけ麺」です


入口側の席は
照明条件が厳しい^^;

DSC_1739

ヤサイがシャキシャキで
ほとんどサラダを食べている感覚


麺の間に氷の塊が入っていたので
〆るときに氷を入れた冷水を
使っているんでしょうかね
(二郎とは思えないワザだ)

DSC_1735

つけ汁には
フワフワとした背脂の塊が多数浮いていて
ゴロゴロとした豚が沈んでいます


酢は入っているのか良く分からないほどで
醤油ダレとスープと背脂の甘みで構成された
シンプルでいて飽きの来ない味

二郎のつけ麺の中では
このつけ汁の味付けは
かなり好きだなあ(´∀`)

DSC_1755

二郎で一番太い麺は
冷水で〆られると
プリプリと暴れまくる弾力性を持ち
隣のお客さんに汁を飛ばさないよう
注意が必要で

荒ぶる麺

と形容したくなるほど
豪快な食べ応えで
これはとんでもない麺だ!


ウマすぎて
大盛でも楽勝で
スルスルと
オナカに入っていきます^^

DSC_1760

後半は
レンゲに避難させておいた温泉玉子ちゃんを
つけ汁に投入して月見二郎スタイルに


温泉玉子が混じると
マイルドな味わいに変化し
マッタリとコクのある味が
楽しめちゃったりするんですねー


府中のザルラーメンて
こんなにウマかったんだ!
(もっと早く食べに来ればよかった俺)


あつもりも出来るようなので
冬場はあつもりに
チーズと温泉玉子をトッピングして食べると
最高なんだろうなあ・・・

涼しくなったらまた来ます

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@仙台店の『つけ麺』5

DSC_1621

二郎のつけ麺を食べ歩く旅も
いよいよ大詰め



今日は
つけ麺を食べるためだけの目的で
仙台まで遠征したぜぇ
ワイルドだろう? (スギちゃん・・・ 。・゚・(ノД`))

DSC_1602

昨日買ったJRのウィークエンドパスで
普通列車オンリーで行こうかと
最初計画していたのですが
すごく時間がかかるので
やまびこ号の自由席で
妥協しました^^;

DSC_1603

三時半ごろ仙台着

DSC_1611

仙台駅から15分ほど歩いて
店頭に到着〜


外待ちは2名だけで
食券を買って待ってたら
すぐに入店できました


日曜は通し営業なので
こういう中途半端な時間帯は
空いているようです

DSC_1620

前回から
約10ヶ月ぶりに再会する
仙台店の券売機さんは
ちょいワルになっていました (´д`;)


昭和のアイドルにたとえるなら
伊藤つかさが
三原じゅん子に
チェンジしてしまった感じか (多分違う)

DSC_1626

ポケットティッシュとレンゲが
置かれるようになっていました


初めて二郎を食べに来たと思われる
カップル客が多くて
大量に残しまくっていたんですが
店主さんはニコヤカに
「これに懲りずにまた来てくださいね〜」
みたいな声をかけていて
器量のデカさみたいなものを
感じました

DSC_1631

先につけ汁のドンブリが到着〜

DSC_1636

コレ
麺は入ってなくて
この盛りなんですよ(笑)


ニンニクしかコールしていないのに
ヤサイがすごく大量に
入っているんです ∑( ̄ロ ̄|||)


じろりーまんさんのブログ記事
予習していなかったら
かなり動揺していたと思われます^^;

DSC_1653

上空からの画

DSC_1652

魚粉がトッピングされているところが
二郎のつけ麺としては
珍しいのではないでしょうか

DSC_1665

つけ麺 大ラーメン豚850円+つけ麺100円(現金)
(コール=ニンニク)


じろりーまんさんの記事だと
麺量はそれほど多くなく
豚マシがお勧めな感じだったので
思い切って(滅多に来れないし)
大豚にしてみました^^;

DSC_1676

麺のドンブリは
横浜関内店の大のドンブリと
同じもののように見えます

DSC_1679

こんもりと盛り上がる
大ラーメンの麺は
さすがのボリューム^^;


この時点で
食べ切れるのか
不安な気持ちになりました('A`)

DSC_1688

水で〆られた麺は
ブリブリとした弾力で
噛み切った時のスコスコとした食感が(・∀・)イイ!


店主さんのご出身である
八王子野猿街道店2や新小金井街道店
のつけ麺とも違う麺の食感です


仙台店の麺は
モチモチ感のあるタイプなので
水で〆るとこういう食感になるのは
普通に納得できるかな

DSC_1695

つけ汁は
乳化度高めの背脂が浮いたスープに
ゴマ油と酸味と辛味が
やんわりと効いたもので
二郎らしい醤油ダレのしょっぱさが際立っていて
野猿や小金井などと同系統の味ですね


二郎のつけ麺の味は
これがスタンダードなんだろうなあ・・・

安心の美味しさです

DSC_1708

じろりーまんさんの教えに従い
魚粉を少しずつ溶かしながら食べ進むと
味変ぽくって楽しめました^^


麺はそんなにキツくなく
スルスルと食べられましたが
ヤサイと豚が強敵で
豚の脂身主体の部分が
約1枚食べきれず orz...

せっかくの長距離遠征なので
スープ割りまで行きたかったんですけど残念・・・



仙台店のつけ麺は
つけ汁のボリュームが凄くて
魚粉トッピングが特徴的で
とてもおいしかったです!(^∀^)

ごちそうさまでした


今度仙台に行く時は
青春18切符でゆっくり旅しようかな

ラーメン二郎@荻窪店の『つけ麺(しょう油味)』5

DSC_1583

DSC_1600

JRのウィークエンドパスを買ったので
今日は立川二郎まで遠征する予定だったのですが
荻窪二郎がついに
長期臨休明けの営業を開始したそうなので
急遽予定を変更し
荻窪の夜の部に行ってみることに
ネタに使った責任もあるしw)

DSC_1567

ここに来るのは
約1年8ヶ月ぶり・・・

DSC_1493

メニューは全く変わらず

DSC_1496

怪しい螺旋階段(笑)

DSC_1561

その下には
埃をかぶった
瓶ビールのケースが ( ̄ロ ̄|||)

DSC_1497

食券を出すと
永田氏が「しょうゆと塩がありますが・・・」
とボソっと言うので
「しょうゆで」と告げます

DSC_1499

ブタのつまみ  (誰がブタやねん
は泥さんが色々混ぜて作るもので
マスタードと柚子コショウも入っているのかな?

よく分からんけど美味い^^

DSC_1506

つけ麺 900円 しょうゆ味
(コール=ニンニク)


永田氏は以前より
覇気が出ているように見えました

泥さんは
なんだか楽しそうに
テキパキと仕事をしている

怪しいオーラは相変わらずw

DSC_1521

前回は塩つけ麺だったので
今回はしょうゆ味にしてみました

DSC_1515

しょうゆ味の場合は
卵黄がトッピングされます
(塩味の場合は花かつお)

DSC_1528

ブタは柔らかく
パサってはおらず
二郎ではよく見かける品質


営業再開初日なので
変なのが出てくるかと思って
身構えていたけれど
安心して食べられたので
肩透かしをくらったような気分^^;

DSC_1542

麺は前回よりも好印象


ザクザク感は無いけれど
硬めでワシワシとした
二郎イズムを感じる麺

DSC_1548

端っこ近くの席の特権として
一味唐辛子が使えるという栄誉に浴したので
麺の上に掛けてみました^^

DSC_1556

最後はスープ割りをして完飲


営業再開初日だからなのか
スープはスカスカで
課長の味が強かったけど
予想していたので
こんなもんかなと^^


永田氏も泥さんも
あまり頑張らないで
これまで通り
二郎を続けていただけると
隠れファンの私は嬉しいです^^


ごちそうさまでした

DSC_1595

丸長荻窪総本店は半分ほどの客入りで
意外に空いていました

そろそろここのつけそばも
食べに行かねば・・・

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ