お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年11月

べんてん@高田馬場の『ラーメン』5

DSC00404

プチ断食が
ジワジワと効いてきて
ケトン体が気になる
今日この頃

DSC00406

たまには
炭水化物をガッツリと
やりたくなって
高田馬場の
べんてんさんへ


ラーメンの
出来上がりタイミング予想が外れて
ビールをゆっくり飲んでるところに
ラーメンが出来上がってきたので
驚いてしまった

DSC00412

ラーメン 750円
アジタマアリガトウゴザイマス


先週体調を悪くして休養されていた
永松さんがお元気そうでなによりでした


それにしても
チャーシューが厚切りで
迫力満点だこと^^

DSC00418

べんてんで
普通のしょうゆラーメンを
食べるのは久しぶりです


今夜のスープは
大人なテイストの
ニボシが前に出た味で
そのせいか
いつもより甘みが強く
感じられました

DSC00428

しょうゆラーメンを食べると
ホッとするんですよねー


家に帰っても
ニボニボべんてんラーメンが
追いかけてきて
おいしい気分が続いているような
そんなお得感のあった
今夜のべんてん


ごちそうさまでした

【カレー部】 サモサと某アニメとの関連性に気付いた夜@自作

インド料理のサモサ


昔はたまに大量に作って
ママ友さんにおすそ分けしたりしてましたが
久しぶりに
作ってみたくなり
酒を飲みながらダラダラと
やってみました

DSC_4187

中に入れる具はこんな感じで
ジャガイモ 挽肉 ししとう グリーンピース
コーン ショウガ スパイス類
なんかを炒めたもの

ミラ・メータさんの本のレシピを
ちょっとアレンジしただけなんですけどね

なんでも好きなものを
入れていいみたいです

DSC_4188

具を冷ます時間を利用して
サモサの皮を作りましょう


生地は家に余っていた
特ナンバーワンという
中華麺用の粉を使い
塩 サラダ油 水
を入れ耳たぶぐらいの硬さになるまで捏ねてから
楕円形に延ばし・・・

DSC_4200

半分に切ると
サモサの皮の出来上がり♪


薄力粉の方が延ばしやすいのですが
皮の風味重視だと中力粉か準強力粉が
良い味が出ると思います

DSC_4216

後は黙々と
ひたすら具を包む作業

ココが一番手間がかかります^^;

DSC_4218

ふちをフォークで押して
しっかり止めたら完成〜♪


・・・・・・?


コイツ
何かに似てるぞ!?

hermes

エルメスに似てるカモ(爆)

f46ce721

エルメスの中の人は
インド人だし
あながち偶然とは
思えない

DSC_4224

量産型

DSC_4227

具を詰め終わった時点で力尽きたので
この日は揚げるのはヤメにして
水餃子風に茹でて
夜食にすることに

DSC_4234

マルちゃん正麺にトッピング

DSC_4261

サモサ風水餃子を割ると
優しいカレー風味の
ワンタンスープみたいになって
これはこれでイケます


生サモサは冷凍しておき
翌日に揚げることにしました

DSC_4271

そして翌日の夜


180℃ぐらいで揚げて
表面をカリッと

DSC_4277

量産型サモサ
(愛称=茶色いモビルアーマー)

DSC_4282

30個近くを一気に揚げ

DSC_4288

Hotサルサソースに
ケチャップを混ぜたソースを付けて食うと
ビールが恋しくなる味でございます


強力粉使って厚めの皮になったので
皮の食感がパンみたいで
香りが良かったです


チーズ入れても美味しいかも

丸長@荻窪の『スタミナラーメン』5

DSC00401

先月
初訪問したときに気になっていた
「スタミナラーメン」
が食べたくなったので
日曜夜の部に行ってきました


予習したところでは
日曜は表のシャッターが閉じていて
一見休業しているように見えるけれど
厨房の裏口からコッソリ入れる
との情報があったのですが
実際に到着してみると
表から堂々と入ることができました
(何か特別なフラグがあるとか?)

DSC00331

店に入ると
丁度1stロット(?)の客が
食べ終わって出たタイミングのようで
テーブルがガラ空き状態


テーブルの片付けをしていた
店のおばちゃんに
テーブルに座っていいか聞いてから
着席


相変わらず
クールすぎる接客のおばちゃん


スタミナラーメンと
ビール大620円と
竹の子500円を注文して
なめこ栽培ゲームに興じながら
しばらくマッタリと過ごします


つまみに注文した竹の子は
ちょっと酸味が強めだけど
だがそれが
丸長ぽくていい

DSC00347

スタミナラーメン 850円


前ロットの完成間近に入店したからか
注文してから12分ほどで
お品が到着


やはりラーメン系は
作る順番が先なので早く出てくるのだろうか?

DSC00342

トッピングは

支那竹(つまみ用やつけ麺のヤツとは違う)
海苔
チャーシュー(厚切りが1枚)

DSC00357

野菜はトッピングというよりは
中華鍋で炒めて
そこにスープを入れて
炒め煮しているようで
結構クタクタです

DSC00363

ニンニクがすごく効いている
という事前情報でしたが
そんなにニンニクは強くないです
(二郎のニンニクで慣れてるからか)


スープはコッテリした
濃い感じですが
脂によるコッテリ感ではなくて
腹にもたれない健康的なコッテリ感
と言ったらいいでしょうか


味噌も入っているのかよく分かりませんが
何味とは断言できない
混沌とした味で
スタミナとしか形容できません^^;

DSC00385

麺は
つけ麺より茹で時間が短いようで
モッチリ感のある
丁度良い硬さの食感で
量的にも十分ですね
(女性には多いかも)

DSC00395

つけ麺ほどではないですが
スパイシーさもあって
特に冬場に食べたくなる味だと思います


ここのおばちゃん
お会計のときに
微かに愛想が良くなるのが
ツンデレ(熟女)マニアには堪りません


次はシューマイをつまみに
ラーメンかつけ麺で
イッテみたいと思います


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@西台駅前店の『油そば』5

ヒロシです。


いまだに「馬場おやじ」と呼ばれることがあります。


ヒロシです。

DSC00239

都営地下鉄「秋」のワンデーパスが
明日までなので
ラーメン二郎 西台駅前店の
油そば(秋から初夏頃までの期間限定)を
食べに遠征してきました

DSC00319

この画像は
食べ終わってから撮ったものなので
既に営業終了した時点のものなんですが
私が到着した14時過ぎには
20人近い行列が出来ていて・・・

DSC00305

↑こんな感じで
折り返して並んでいたのでした

DSC00312

土曜日は基本的に隔週営業のようです


12月の営業カレンダーは
まだ決まってないようでした
(店内のカレンダーにも表示無し)


店員さんに誘導されてから
店内に入ります
(並び始めてから入店まで40分

DSC00242

夏場は「つけ麺」の食券だった場所が
油そばになっていますた

DSC00247

着席時
ラーメンと油そばの食券に
生玉子50円とビール250円の現金を沿えて
注文


ビールは冷蔵ケースからセルフで取り
油そばが出来上がるまで
グビグビっと(*´Д`*)

DSC00253

生玉子は小鉢に割り入れられた状態で到着

DSC00257

油そば =小ラーメン650円+油そば券100円
(コール=おねがいします)


つけ麺の時と同じく
ヤサイは足りなくなったら追加してもらう方式で
卓上に醤油ダレのボトルがあるので
コール時はニンニクの有無と量ぐらいしか
言う必要がありません

DSC00268

トッピングは
ヤサイ ニンニク 青ネギ 刻み海苔
豚 うずら2個
です

DSC00265

豚マシにしなくても
タップリ入っている豚ちゃんは
柔らかくて味がほどよく染みていて
評判の旨さ^^

DSC00276

ここの油そばは
釜揚げ方式なのか
一旦水で〆てからお湯に通しているのか
確認できませんでしたが
カンスイ臭さは感じなかったので
どっちにしろ
キレイなお湯に浸かっていたんでしょうね

DSC00285

油そばにしては
汁が多いです


麺が汁を吸うのかと思っていたら
そんなに吸いませんでした^^;

DSC00287

しばらく食べ進んでから
入念にまぜまぜを行ったところで
生玉子ちゃんを実戦投入


黄身のコクと
白身のマイルドさが重なり
一段とおいしくなりました(^∀^)


ゴマ油とショウガの風味が効いていて
ちょい甘め寄りな汁が
柔らかめの麺に合ってて
旨いっスなぁ(´∀`*)

DSC00295

少しだけ飲んで残すはずが
思わずグビグビ飲んで
結局KK (´д`;)


ヒロシ (あえて呼び捨て)
の作る油そばは
個性的でとても旨かったです


やるな ヒロシ!

また食べにくるよ ヒロシ!


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺』5

DSC00127

ラーメン二郎 京成大久保店
木曜夜の部の臨休確率は
アンナプルナ南壁における
死亡率40%と比較されるほど高く
遠征ジロリアンを寄せ付けない
いわゆる二郎界の一大鬼門
なのであります


しかも明日は祝日


定休日前日夜の部の臨休確率も
股間が縮み上がるほど高く
つまり
中学レベルの確率論を引き合いに出すまでもなく
本日夜の部に営業していたのは
比嘉愛未さんが私に一目惚れするくらい
奇跡的だったということを
一言触れておきたかったわけです

DSC00132

平日夜の部なのに
外待ちまで出来る盛況ぶり

DSC00136

普通の社会人なら
明日が休みのときぐらいしか
二郎は食べられないですよね

ニンニク臭って次の日まで残りますからね

DSC00144

つけ麺 750円


一番奥の席が空いたので座ると
奥さんから「普通で良かったんでしたっけ?」
と聞かれたので深く頷き
デフォで注文


ここのつけ麺は
量が多いので
ヤサイ増しにすると
撃沈する危険性があって
私はヤサイ増しはしないことに
決めています

DSC00141

今日はいつにも増して
お肉が沢山入っているような
気がする(゚∀゚)アヒャ

DSC00148

この店の常連さんたちがよく言う
いわゆる

パフェ盛り

ktkr!Σ(´д`;)

DSC00149

こんなに食えるかなあ・・・


と思っていたけど
朝からバナナ1本しか
腹に入れてなかったので
快調にスルスルと食べられます



プチ断食と先週末から引いていた風邪により
おなか周りがスッキリしたせいか
絶好調(^∀^)

DSC00152

ここのつけ麺は
麺を大量にほおばることで
オーション麺の風味が強く感じられて
最高に美味しいことを
いまごろになって
発見しました


やっぱり
ここのつけ麺は凄いナ

DSC00157

ベルトを緩めることなく
シャツインのままで
あっさりとKK

ごちそうさまでした


明日の祝日は何をしようかな?
とりあえず今晩は映画観て
夜更かしの予定ダガ・・・

べんてん@高田馬場の『辛つけ』5

DSC00103

あれれ?
べんてんの看板の照明が消えてるよ?
変だなぁ・・・



と思った方は多かったと思いますが
実は

DSC00099

という張り紙のとおりで
11月20日から22日まで
夜の部は20時終了だそうです


上の画像は
私が店を出る時に撮ったものなので
20時を過ぎて終了した状態

DSC00080

今日は久しぶりのべんてん
ということで張り切って
いつもより早く19:30頃到着したので
ギリギリセーフといったところでした

DSC00083

夜の部の厨房は
いつもなら
岡部さんと永松さんのコンビなんですが
今夜はナント!
店主さんと岡部さん体制ですよ!


店主さんを拝見するのは
11ヶ月ぶりなんですが
覚えてくださっているようで
「変な時間に来るねぇ」と
言われてしまった^^;
(最近ずっと変な時間にしか来ませんよw)

DSC00088

久しぶりの辛つけです^^
アジタマもありがとうございます

DSC00091

店主さんが麺を持ってきた時に
麺が多くなったけど大丈夫かと聞かれましたが
全然大丈夫です^^
(でもちょっと多い鴨)

DSC00086

今夜のつけ汁は最高でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC00096

後半はいつものように
辛味を全投入して
辛つけ全開で行きましたけど
そんなにまでは辛くなくて
大変美味しく味わえました


やっぱりべんてんのつけ麺は最高だ〜

ごちそうさまでした

ones ones@早稲田の『二郎っぽい奴』5

DSC_4101

ones ones (ワンズワンズ)
の早稲田店です


オープン直前に偵察はしていたものの
今日までなかなか来れずにいました

DSC_4164

早稲田大学のすぐ近くで
以前は「ほずみ」があった場所
らしいです(この辺には詳しくないです

DSC_4105

去る5月には
東新宿のones onesで
肉野菜つけ麺を食べたので
今日は辛いやつを食べるつもりで
やってきたのでした


肉めし食べ放題100円
ってのもあるんだ・・・


ビールは置いてないんだな
まーいっかー



辛いやつ

辛い奴

ど〜こだ?

DSC_4160

二郎っぽい奴?!Σ(´д`;)


辛いやつが売り切れっぽい
というか
券売機のボタンが多すぎて探せないので
とりあえず
本日のおすすめということだし
二郎っぽい奴でイッテみることにしました^^;

DSC_4114

ウナギの寝床型レイアウトの店内は
カウンターのみ10席ほどで
落ち着いた感じ


ワンさんはいらっしゃらず
厨房にはお若い感じの
男性店員さんが一人
(この方どこかで見た気がするんだけど思い出せない)

DSC_4119

二郎っぽい奴 850円


コールタイムは無く
ニンニクはデフォで入ります

DSC_4121

二郎リスペクトな
サイドビューの画

DSC_4126

茹でヤサイの上に
豚バラ薄切り肉とひき肉を炒めた奴(?)
が乗っていて
二郎のそっくりコピーではないです

DSC_4132

でもこれがなかなか旨くて
麺とヤサイと絡めて食べるのが
とても楽しいです^^


二郎を豚しやぶで食べているような感覚

DSC_4135

スープは独特のオイニーの香るもの


九州のラーメンによくある
豚頭まで入れて炊き続けたような
クセのある香りで
人を選びそうなんだけど
節系のような風味も隠れていて
味わいは深く
忘れた頃に食べたくなる味かも


実に個性的・・・


3回は食べないと・・・



そういえば
onesonesのブログ
昨日の話にあった
ワンさんが北九州時代に出していた
二郎っぽいラーメンて
これのことだったんですね
(と今やっと気が付く

DSC_4145

ちょい硬めの茹で加減の自家製麺は
このラーメンによく合っていて
ワシワシと食べる快感が堪らないです

DSC_4154

また今日もK.K.

ドンブリの底には
炊かれた骨が砂のように細かくなったもの
(それとも魚粉かな?)
が沈殿していました


帰り際に店員さんに
辛いラーメン・つけ麺は
いつやるのか尋ねたら
やってますとのこと

券売機を確めたら
辛い奴も売ってました


次は辛い系のメニューを
食べたいなあ (ホットチリも是非出して欲しいです)


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC_4086

寒くなると必ず決まって
ラーメン二郎 京成大久保店の
みそラーメンが食べたくなるんですよねー


社内ニートなので
30分早く帰っても咎める者ナシ(´∀`*)

DSC_4055

みそラーメン 750円
(コール=おねがいします)


ヤサイ シャッキリ
ニンニク タップリ

DSC_4058

おっと隣に
女子高生が着席!
(こんな時間に二郎食べると後悔しまつよ)


JKの存在に若干緊張しつつも
上品なジロリアンを装い
食べ始める

DSC_4064

今日のスープは
標準的な濃さだと思いました
先週はカナーリ濃かった)

DSC_4067

麺はデフォで柔らかめの仕上がりで
安定したような気がします

DSC_4075

レンゲにミニ二郎


みそラーメンは
細かい具が沢山なので
レンゲがお役立ちです


JKがマネしそう

DSC_4081

プチ・ダイエッツで腹に隙間が増えたせいか
全く苦しまずにK.K.できました


やっぱ冬場の味噌は最高です!
ごちそうさまでした



ラーメンは週2ペースが健康的かも
(と言いつつ明日も食べるかも)

ラーメン富士丸@明治通り都電梶原店の『ラーメン』5

DSC_3956

肝臓さんに
優しい料理を作ってあげた24時間後に
腎臓さんまで巻き込んでシバキ倒す
セルフSM


それはさながら
比嘉愛未さんに耳かきをしてもらった後に
ジャガー横田の性奴隷に志願するが如し


それが私のデスティニー

DSC_3962

19時ちょい過ぎに着くと
外のベンチには2人待ちで
そんなに混んでない


と思ってたら
どんどん列が伸びてきました^^;

DSC_3980

三枚のお札


外待ちの間に店員さんが
注文とトッピングを聞きにきたので

「シロ 両方炙りで ニンニクアブラ」

と呪文風に唱え
フダを渡して暫く待つと
カウンターに誘導されました

DSC_3981

350mlのスーパードライに
冷え冷えの陶器のカップと
おつまみが付いて
380円はなかなかお得^^

DSC_3987

おつまみは神谷本店より
若干盛りが良い印象

DSC_3993

生玉子50円が到着〜


卓上調味料は
醤油ダレ ラー油
一味唐辛子 黒胡椒
までは確認できました

DSC_3995

続いてアブラが別皿で到着〜

DSC_4023

生玉子とアブラを
合成してみますた(RPGか)

DSC_4005

ラーメン 750円 (白 両方炙り アブラニンニク)

DSC_3999

「白」と注文したので
ラーメンの麺は少なめになり
その分が別丼で汁なしとなって
後から出てきます

DSC_4010

店員さんにバーナーで
ゴォーっと炙られたアブラ

DSC_4014

炙りってイイもんですね〜

DSC_4027

麺はデフォで硬めですが
ボキボキとまでは感じません


この麺の荒々しさと
暴力的なアブラが
富士丸の醍醐味ですね

DSC_4036

ラーメンをモシャモシャ食べていると
白(汁なし)が出てきました
(なんで白って名前なんだろ?)


白のトッピングは
ほぐし豚とネギと
アブラのようです

DSC_4041

白をそのまま少し食べてから
先ほど合成しておいた
生玉子アブラを投入し
怪しい食べ物へと魔改造(笑)

DSC_4046

トロタマアブラショッパ(・∀・)ウマー!

DSC_4049

腎臓さんと肝臓さんには
悪いと思いつつもK.K.


富士丸は
そんなに回転は速くないので
ゆっくり飲めて大好きです^^

次は西新井店に行きたいな

ごちそうさま〜

【肝臓に良さげな料理シリーズ】 牡蠣まぜそば

DSC_3835

私は毎日お酒を飲むので
肝臓が疲れがちなのですが
肝臓は脂質の分解をするところでもあるので
ダイエッツにも影響するという話を聞きました


そこで
働き者の肝臓さんを労わろうと思い
肝臓に良さげな
牡蠣】と【ブロッコリー・スプラウト
を買ってきたという次第なのです


牡蠣が肝臓に良いのは有名ですが
ブロッコリーに含まれる
スルフォラファンという成分も
肝臓の機能回復に効くらしく
その若芽であるブロッコリー・スプラウトには
普通のブロッコリーの7倍ものスルフォラファンが
含有されているそうです

DSC_3805

それらを使って
「牡蠣まぜそば」を作ろうと思いたち
オーションで二郎風の麺(擬似郎麺)
を打ったのが
昨日の晩なのでした


加水率 33%
カンスイ ボーメ度1
塩 ゼロ

DSC_3818

おのくろちゃんで打ったので
端っこがギザギザですが
これは仕方ありません
仕様です


あと2%ほど低加水にしたほうが
モア・ベターな感じかなあ?
(小森のおばちゃま憑依)

DSC_3838

近所のスーパーでも
チラホラ出回り始めた
牡蠣 広島産 加熱用@399円


オリーブオイルで
ニンニクを炒めたところに
投入

DSC_3841

火が通り過ぎないうちに
大ぶりなやつだけ
トッピング用に別皿に
避難させておきます


火が通り過ぎても味が抜けるし
通らないとアタる可能性があるので
なかなか難しいところです

DSC_3850

バター 塩 白ワイン
を入れて少し煮詰めてから
しめじを炒め絡めて
粗挽き黒胡椒を振って
スタンバイ

DSC_3854

擬似郎麺が茹で上がったら
湯きりしてフライパンに入れ
軽く炒めればOK!

DSC_3876

最後に
キープしておいた大ぶりの牡蠣をトッピングし
バーナーでちょっと炙ってから
ブロッコリー・スプラウトを乗せれば
完成〜♪

DSC_3892

牡蠣まぜそば

DSC_3904

まぜそばというよりは
和風スパゲッティに近い^^;

DSC_3926

火の通しがちょっと弱かったような気がするけど
その分だけ牡蠣の味が濃くて美味〜♪

でも
この後が怖い〜 ( ̄ロ ̄|||)

DSC_3938

冬場は牡蠣が美味しいので
今季も沢山食べたいなあ(・∀・)


(おわり)

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ