お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2012年12月

ラーメン二郎@新橋店の『ラーメン』5

DSC01393

東京メトロ銀座線 虎ノ門駅を出て
"ラーメン二郎 新橋店" のキーワードで
Googleマップ先生の指示に従って歩いたら
「ラーメン 新橋店」 (旧ラーメン二郎 新橋店)
に着くという罠

DSC01362

まぁでも
旧ラーメン二郎 新橋店の場所も分かったし
新ラーメン二郎 新橋店まで
それほど距離は無いので
よかった よかった

DSC01363

ビジネス街なので
土曜日は人が少ないですね


16時頃ということもあり
客席の埋まり方は7割程度で
マッタリとした雰囲気です

DSC01366

新橋店 池袋店 歌舞伎町店は
経営母体が同じ会社で
昔は「丸信系」と
呼ばれていたようですが
今は「エヌエス系」と言うそうですね

DSC01370

聞いた話では
エヌエス系列店舗の製麺機は
他の多くの二郎で使われている
エビス麺機製作所のものとは異なるため
麺の形状や食感が
二郎っぽくないという意見も多いようです


池袋店や歌舞伎町店で
つけ麺を食べたことはあるのですが
新橋店は初訪問なので
どういう麺なのか楽しみ^^

DSC01376

ラーメン 700円
(コール=ヤサイニンニク)


ブタは二郎にしては薄切りで
若干パサ気味だけど
丼の底の方に沈めておくと
スープで温められて
柔らかく良い感じになった

DSC01373

ここはヤサイマシマシにすると
かなり盛ってくれるそうだけど
昨夜は明け方まで飲んだので
オナカの調子と相談して
普通のヤサイマシでお願いした


ヤサイは
ほぼ100%モヤシなんだけど
ここのモヤシは
かなり旨いんじゃまいか?
(ブランドモヤシなの?)

DSC01382

ご対麺〜♪

DSC01382-2

拡大図


何をもってパスタ麺と評されるのか
イマイチ理解できていないのだけれど
麺の表面がデロヌラっとしていて
二郎らしい食感もあり
これはこれで旨いナ(・∀・)


全体的な太さと偏平率が
新小金井街道店に近いと思ったけど
食感はかなり違いますね

DSC01387

健康のために
今日こそは
3口ほど飲んで残そうと
思っていたのだけれど
3口飲んだらスープの旨さに気付いてしまい・・・

DSC01392

完飲してしまった罠 orz...


スープが見た目薄い感じで
全く期待していなかったのだけれど
飲んでみるとブタから出た旨みが濃くて
意外でした


次回は体調万全の時に
是非ともヤサイマシマシで
イッテみたいと思います


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺(アツモリ)』5

DSC01350

ラーメン二郎 京成大久保店の
超常連さん方がTwitterで
眉納めの事を書いていらっしゃったので
私も仕事を早めに切り上げ
眉納めをしにやってきたのでございまゆ


最近は
木曜夜の臨休確率が
かなり下がったので
安心して伺うことができまゆ

DSC01311

29日(土)の昼の部で
年内の営業は終了と
店内の張り紙


超常連さんの情報によると
年明けは5日(土)からだそうです

DSC01319

つけ麺 750円 (アツモリ)


食券を提出するときに
「アツモリで」
と言うと
釜揚げ方式のアツモリで
作ってくれまゆ

DSC01325

すんごくアツアツで
湯気ボウボウで
猫舌のワタクシには
キケンな代物ですが
冬場にはコレが堪りません^^

DSC01332

私は
二郎のアツモリが
大好きです

DSC01327

デロっとした麺の表情が

(〃Д`*)惚れてまうやろぉぉ

なのでありまゆ


本当は
開店直後の
茹で湯が比較的クリアな状態が
ここの釜揚げ方式アツモリの場合
ベストなのでありまゆ

今日は
夜の部が開店して1時間後ほどの
茹で湯の状態を反映した麺で
カンスイの風味が少しワイルドだけど
それはそれで
二郎らしい醍醐味が感じられて
テラウマユス(・∀・)!

DSC01337

意外に麺がいつもより硬めな感じで
眉納めの日に美味しいアツモリを
頂くことができ
感無量デスタ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


また来年も
ホーム二郎として
お世話になります

ごちそうさまでした

鶏そば 七星(ななせ)@新千葉の『濃厚鶏そば(塩)』5

DSC01255

今日のお昼は
忘年会という名の昼食会があり
懐石料理風のものを頂いたのだけれど
日ごろ食べなれないお上品なものを食べると
夜になって小腹が空く


ヨドバシ千葉店で
プリンターのインクを買ったついでに
11月末に新千葉にオープンした新店の
夜の部に伺ってみることに

DSC01258

JR千葉駅西口から歩いて
2分ほどの場所にあるこのお店
再開発地区のギリギリ端っこ(?)
というユニークな立地
(京成新千葉駅からも近い)

DSC01261

19時頃で先客2

私の後から
どんどん客が増え
オープン後ひと月で
既に客を掴んでいるようだ


つけ麺は開発中らしく
もう少し時間がかかりそう

DSC01264

カウンター上のうんちく


食べた後に気付いたのだけれど
トッピングの中では【揚げねぎ】が
イチオシのようだ

DSC01269

カウンターのみ10席ほどの店内は
真新しく非常に清潔感がある


厨房には店主さんと思しき男性と
若い女性店員2名の計3名がいらっしゃり
華やかさが感じられる

DSC01271

濃厚鶏そば(塩) 並盛 680円
+味玉100円 +海苔100円


デフォのトッピングは

  • 鶏チャーシュー
  • 穂先メンマ
  • 刻みタマネギ
  • 水菜
  • 揚げネギ

うんちく書きに
「味変アイテム」として書かれてあった
揚げネギがデフォで載っているのは
ちょっとヘンな気がしたけど
次回確認してみよう

DSC01278

追加トッピングとして注文した味玉は
黄身が琥珀色のゼリー状で
溶け出さない仕様


鶏チャーシューは
淡白な味だけど
スープに浸して食べることで
ジューシーさが加わり美味〜♪


「ラーメンに水菜はどうでもいい(むしろ不要)派」
なんだけど
こういう濃厚鶏白湯だと
水菜のサッパリ感&微かにビターな味に
箸休め的な存在意義を見出せて
少し勉強になった気がした

DSC01279

濃厚鶏白湯スープは
最初のうちは鶏さんの風味が
主張してくるのだけれど
しつこい感じは全くなく
クリーミーで実に深い味わい
(キャンベルのチキンクリームスープを
凄く美味しくした感じ)


長年に渡り
豚骨地獄と言われてきた千葉駅周辺に
こういう味のラーメンを出す店が出来ると
素直に嬉しく思えます^^

DSC01289

細めで少し縮れの入った麺は
濃厚なスープによく絡み
硬さも万人向けで
食べやすい

(自分的には個性の強い
自家製麺が好きなんだけど)

DSC01291

麺を食べ終わったので
卓上にあった壷を調べると
おろし生姜と山葵が入っていたので・・・

DSC01297

追加トッピングの海苔を
スープに浸し
その上に生姜と山葵を
仲良く乗っけて・・・

DSC01300

半ライス(100円)を
いつも家系でやるように
海苔で巻いて食べたら
すごく旨かったッス.。゚+.(・∀・)゚+.゚

でも
半ライスだと量が少ないので
男性なら並ライスが確実でしょう
(でもライス150円はちょっと高いんだよね)


近くに味のカブる競合店が無いですし
立地と味も申し分無いので
認知度が高まれば遠くない将来
行列店になるような予感がします


とりあえず未食の醤油と
つけ麺(いつ登場するか分からないけど)
も一通り食べたいナ

ごちそうさまでした

ラーメン富士丸@西新井大師店の『ラーメン』5

DSC01249

私は鉄ヲタでは無いのですが
思わずシャッターを切ってしまう
東武大師線の
2両編成ワンマンカー


この東武大師線
驚いたことに路線距離が
わずか1Kmしかなく
西新井駅と大師前駅を
単線で往復しているだけなのだ

DSC01245

こんな短い区間
歩けばいいのにと思うのだけれど
関東三大師の一つである
西新井大師があるので
それなりに需要はありそうだ
(ご老人の利用者とか)

DSC01243

大師前駅から
ラーメン富士丸 西新井大師店へと
歩いて向かう途中に
西新井大師参道があり
アド街ックな気分になってくる

DSC01189

駅から歩いて5分ほどで
フジマル到着


ここに来る前にしてきた予習で
知っていたのにもかかわらず
出口専用の扉から入ってしまったが
親切な店員さんに誘導され
正しい入口側へと移動

DSC01193

↑クリックすると大きな画像になります

じろりーまんさんのブログ記事で
拝見した辛ネギを
ビールのおつまみにしたかったけど
売り切れの様子(´Д⊂)


そういえばココって
大ラーメンの設定が無いんですね

DSC01197

三枚のお札

DSC01201

卓上調味料は
コショウ 一味唐辛子 醤油ダレ 白ゴマ
が確認できました


食後にドンブリを上げるように
書かれているところが
神谷本店都電梶原店とは
違いますね

DSC01203

他のフジマルと同じく
ここでも店員さんの誘導があるまで
待ちイスで待機する


待ち時間が長い時用と思われる
漫画の単行本が
本棚にズラっと並んでいたのが
印象的(うしろの百太郎もあって怖かった)

DSC01208

着席して食券を提出すると
ビール(350ml)か発泡酒(500ml)
のどちらか聞かれたので
ビールを選択

DSC01209

フジマルさんの
サービスおつまみは
充実しすぎて怖いくらいです^^

フジマル各店のおつまみは
メンマの有無などで
微妙な違いがあるのが面白い

DSC01214

ラーメン 750円
(コール=ニンニクアブラヤサイ)


辛ネギが無かったのを
ヤサイコールで埋め合わせ

DSC01216

フジマルはアブラコールをすると
別皿で出てくるところが
実に良いと思う

アブラは後で
すき焼き風にして食べる時に
使うことにした

DSC01220

フジマルのヤサイは
スープで煮込まれているらしく
非常にクタクタなので
見た目よりも量があります

DSC01221

天地返しの儀

DSC01221-2

フジマルで食べるのは
これで三店舗目だけど
よく言われている「ボキボキ」とまでは
感じない

どう言えば良いのか難しいのだけれど
「ホギホギ」って感じなのかな?

野猿のモキュモキュとは全然違うし
これだから
二郎系の麺は
面白いですね

DSC01228

途中から生玉子を使い
すき焼き風にして食べる

今回は
溶いた生玉子に
コショウと白ゴマを加えてみた

DSC01232

コショウと白ゴマが
非常によく合って
これは旨いナリ!

DSC01234

固形物を食べつくすと
大量のスープが残りました


飲むなキケン!


と守護霊さんの声が
聞こえたような気がしましたが・・・

DSC01236

結局南極探検隊で
飲み干しぃので
ごちそうさま



旨かったなぁ〜!

あ〜 旨かった!!

・・・けど
家に着いてから
具合が悪くなり
4時間ほど寝込んでしまいましたが
私は元気でブログを更新しています


明日は是非とも休麺日にしよう(ラヲタかっ!?)




フジマル全店制覇計画も
残すところ
板橋南町店だけになりますた
(今年中に行けるか微妙ナリ)

ラーメン二郎@八王子野猿街道店2の『White Miso』5

DSC01116

一昨日から
すっかり味噌モードに入ってしまい
本日も仕事を早めに(無理やり)終わらせ
野猿へGo!

DSC01124

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2では
クリスマス企画として
今月25日まで
White Misoという
味噌ラーメンを出していると
Twitterやブログ等で知ったのでした

DSC01169

17時ごろ入店


平日の早い時間帯なので
外待ち/中待ちは無く
カウンター席には
空席がチラホラ

DSC01173

White Misoは
平日は夜の部限定20食
土曜は30食なので
ちょっとハードル高めですかね

DSC01131

京王堀之内駅から
10分ぐらい歩いたので
ビール(300円)を補給

DSC01133

食券と一緒に100円玉を出して
「みそで」と言うと
White Misoの注文完了

DSC01142

White Miso
小ラーメン700円+100円 (コール=ニンニク)


コーンが載るという噂でしたが
常連さん限定なのか
それとも単に入れ忘れなのか
載っていなくてショボーン(´・ω・`)
としましたが
私は「ラーメンにコーンなんてどうでもいい派」なので
本当にどうでもいいことなんです・・・ どうでも

DSC01139

湯気が立ってます!

ものすごくアツアツです!

猫舌の私にはツライ^^;


ヤサイコールしなくても
恐ろしいほどヤサイが
盛られます^^;


このままだと天地返し不可能なので
ヤサイを食べて標高を低くしてから
天地返しの儀に移りました

DSC01153

ヒャッ(・∀・)ホー!

DSC01153-2

ゴゴゴゴゴゴゴゴ


という
ジョジョ風擬音語が聞こえてくるほどの
ド迫力の
味噌スープに絡んだ
野猿のモキュモキュとした
素晴らしい食感の麺


野猿に来るのは
シークァーさーつけ麺を食べて以来なので
麺が少し細くなった気がしましたが
食べてるうちに
そんなことも無いかな?と
思い直したりして

DSC01161

White Misoなので
白味噌ベースのマイルドな
味噌ラーメンかと想像していたのですが
醤油ダレの味もしっかりして
塩味がガツンと効いてます


某二郎専用掲示板の情報によると
白味噌 醤油ダレ 砂糖
がブレンドされているそうで
これは二郎であることを抜きにしても
かなり旨い味噌ラーメンだと思いました


京成大久保店のみそラーメンと
どっちが旨いか聞かれると
困っちゃうので聞かないでくださいね(笑)

DSC01167

濃厚な味噌スープで
塩味も普通の二郎程度か
それ以上はあると思われるので
飲むのをためらいましたが
せっかくの遠征なので
グイグイ飲んだら意外に飲みやすく
思わず完飲です


味噌ダレの中にも
結構ニンニクが
入っているんじゃないかと思わせる
食後の自分自身が醸し出す
ディープな二郎臭に
ひたすら怯えながら
京王線とJRを乗り継ぎ
家まで無事に辿り着きました
(ご同乗のみなさんダイジョブデシタカ?)


24日の丸鶏入りスープも
食べに来たいんだけど
クリスマスだし
どうなることやら

ごちそうさまでした

(麺)並木商事@東千葉の『なみそーらーめん』5

DSC01107

東千葉の(麺)並木商事さんで
今週から味噌が始まったと
ミクシィの並商コミュに書いてあったので
夕飯がてら寄ってきました

DSC01104

↑クリックすると大きな画像になります

券売機のレイアウトが変わったな〜
と戸惑い
よく見ると

【並商ラーメン】と【並商つけめん】

だった場所が

【なみそーらーめん】と【なみそーつけめん】

に変わっているんですねー


てっきり味噌ラーメンの食券が
追加されるだけかと思っていたら
「並商」が「なみそー」に
フルモデルチェンジとは
やられました!(笑)

DSC01057

今日もプチ断食頑張った
自分へのご褒美に
ビール(500円)と「プチにらもや」(20円)


ダイエッツにもお財布にも優しい
プチにらもや最高(⌒〜⌒)
(アジタマアリガトウゴザイマス)

DSC01066

なみそーらーめん 700円


先日食べた並商ラーメンと比べると
茹でモヤシがトッピングされている所が
パッと目に付く違いですかね

トゥルトゥル軟骨トッピングも
味噌っぽい色になったように
見えます

DSC01059

並商さんを120%楽しむためには
ご飯類は外せませんので
スープをたべるためのごはん(120円)も
一緒に注文

DSC01068

ローストされた大判チャーシューは
いつ食べてもブレの無い旨さです

DSC01079

味噌ラーメンということなので
味噌がガツンと主張して来るのかと
身構えていましたが
食べてみると意外や意外
並商ラーメンが
しれっと味噌風味にメタモルフォーゼした
というのが第一印象


並商ラーメンそれ自体が
非常に個性的だったのですが
今回なみそー化したことで
コクが深まり
一段と旨くなったと思います


味噌を加えると
普通はしょっぱくなったり甘くなったりして
味が結構変わるんですが
なみそーらーめんは
そういうところが無くて
以前の並商ラーメンとのギャップを
感じないところが実は凄いと思うのです


甘みが抑えられて
味が引き締まって
進化し続けているんですねー

DSC01090

太麺でも完璧にスープと絡んで
見る見るスープが無くなって行きますが
ごはんと食べるくらいは残しておきましょう

DSC01096

残ったスープに
「スープをたべるためのごはん」を混ぜ入れ
卓上の

  • おろしニンニク
  • 並商こしょう
  • カレーパウダー


を好みで入れて食べると
満足度120%達成間違い無し!(?)


近いうちに
「なみそーつけめん」
も食べにこようっと

ごちそうさまでした



※1 入口の扉が非常に重くて特に女性には大変そうなので
修理したほうが良さげでした

※2 厨房と客席を行き来する店員さんは客の後ろを通る時に一言「通ります」と言ったほうが印象が全然違うと思いました(無言でグイグイやられるのは印象がアレなので^^;)

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC01048

19:34:58 (退店時に撮影)

寒くなりましたね


寒くなると
自然とこちらに
足が向いてしまうんです

DSC01021

19:20:55

みそラーメン 750円
(コール=頷き)


ラーメン二郎 京成大久保店の
伝説的助手さんである

池麺さん(通称w)

がいらっしゃいました


超常連さんの話では
水曜だけ奥さんの代わりに
助手をされているそうです(最近の話)

DSC01023

19:21:02

池麺さんがいらっしゃると
眉さんがとても楽しそうです


カップルの方の連席まで
なんと眉さん自らが誘導するという
有り得ないホノボノとした空気が
漂っておりました


池麺効果スゲーなと

DSC01027

19:21:16

豚も有り得んほどの数が
入っており
これは世界の終わりが近いのか?
まさか・・・

DSC01030

19:21:34

スープがちょっと温かったけど
猫舌な私には
むしろ嬉しいくらいで

DSC01035

19:22:20

つーか
なんでオレは1分以上も
写真を撮ってるんだろう?
傍から見たらアホだなw
もっとテキパキ撮らねば

DSC01038

19:33:09

味噌ラーメンは細かい具が沢山あるので
普通の二郎やつけ麺よりも
食べるのに時間がかかります
(10分ちょいかかった)


世界の終わりどころか
食べてる途中で
営業が終了していたようだ
気がつかなかったよ
(早仕舞いってやつかな?)


味噌うまいよ味噌
ごちそうさまでした



今日のグレケニーさんツイート
京成大久保二郎の年末年始の
営業日程が告知されていましたが
年内最終営業は29日昼の部まで
とのことなので
来週はできれば2回は
食べに来たいところです

ラーメン二郎@目黒店の『小ラーメン豚入り』5

DSC00970

メグジ到着
(15:10:15)


ここに来るのは5年ぶりぐらいで
実はコレが3度目


目黒駅からこんなに距離があったとは

DSC00972

歩道にペンキで書かれていた
並び位置表示の上に
カーペットのようなものが
敷かれるようになったようですね

DSC00982

最近新調されたらしい
ピカピカの券売機

DSC00977

外の自販機で黒烏龍茶を買い
お金を細かくしてから
食券を買う


二郎最安500円スタートは
改めて凄いナと思う

DSC00983

着席 (15:35:11)

DSC00988

小ラーメン豚入り 600円
(コール=ヤサイニンニク)


お品が到着 (15:38:11)

DSC00987

あのユニークなメルマガを
発行されている店主さんですが
やっぱり存在感というか
凄味がありますねー

DSC00991

増しにしても
そんなに増えないヤサイは
若干クタ寄りの茹で加減が絶妙

DSC00995

ブタは8mm厚くらいのものと
ゴロっとしたものが混じっていて
柔らかく味も適度に染みていて
肉の味がして旨い

DSC00999

食べ始め (15:39:02)


麺はちょい硬めな茹で加減で
ワシワシ感が強い

口いっぱいに頬ばってモグモグ食べても
そんなに麺の風味が主張する感は
受けなかった (茹で加減で異なるのかも)

DSC01002

固形物を食べ終わった (15:43:08)


量は多くないので
サクっと行けます

DSC01004

久しぶりなので完飲 (15:44:02)


課長度の高いスープだけど
これも二郎の醍醐味
(というか二郎各店ごとの個性)
なので

だが
それがいい


と自分を納得させてしてしまうところが
ジロリアンなのでしょうか(´・ω・`)


濃い二郎スピリッツを
注入されたような気分になった
メグジさんでした

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@環七新代田店の『チャーシューメン』5

DSC00969

あの臨休だった夏の日から幾年月
(そんなに経ってないけど)


4日間のプチ断食修行を終え
新代田の地に立つ

kenbai_all

なんなんでしょうか
このクレイジーな券売機は(笑)

kenbai1

麺硬めは受け付けません

kenbai2

店頭自販機以外の飲み物の持ち込みと
酒だけとか
二人で一杯注文とかは
かんびんしてね

kenbai3

間違って買ってしまっても
払い戻しはしないんだぜぇ
ワイル(ry

kenbai4

クリームチーズ50円と
にんにくたまり漬50円は
現金対応

kenbai5

生玉子50円もあるし
汁なし(ピリ辛)も地味に発売中の様子

kenbai0

これは大変重要なことですが
この店には
大盛りが存在しません

kenbai6

券売機の【酒¥250】を押すと
発泡酒が買えますが
現金で+100円足すと
プレミアムモルツにできます


券売機の横の冷蔵ケースの中に
酒類が入っているので
セルフで取って申告しましょう

DSC00918

かつおぶし(50円)は
冷蔵ケースの上の箱に入っていて
これもセルフで取る形式

券を提出してから取るように
注意書きがありましたが
面倒だったので
かつおぶしを取ってから券を見せても
大丈夫ですた

DSC00920

二郎の中では
あまり話題にのぼらない店なので
ガラガラなのかと思っていたら
終始ほぼ満席で意外


厨房に二人いらっしゃるうちの
どちらが店主さんなのか
よく分からなかったですが
お一人は以前べんてんで店員をされていた
あの方に雰囲気が似てるなと思いました


店内BGMにロックが
ガンガンかかっていて
それが意外に二郎と合っててワロタ

DSC00923

チャーシューメン 750円
(コール=おねがいします)


ここでは野菜は「マシ」までで
マシマシは50円の追加料金が
必要らしいです (張り紙があった)

DSC00928

ヤサイコールしなくても
不満は感じない量のヤサイの盛り

ほぼ100%モヤシ

DSC00929

ビールのつまみにしようと思い
チャーシューメンにしたのですが
このチャーシューは大正解!

Wチャーシューメンにしても良かったかな・・・

DSC00934

かつおぶしを乗せてみますた


チャーシューをつまみに
ビールをゆっくり楽しんでから
おもむろに天地返しの儀に移ります

DSC00940

ここの麺 (・∀・)イイネ!


モチ感のある
太めのプリプリとした
この店独特の個性的な麺で
食べ応え満点なのであります

DSC00944

さて固形物もあらかた食べ終わったし
スープどうしようかな?
ちょっとだけ飲んでいくか・・・

DSC00946

と思って飲んだら
飲みやすくて
結局完飲^^;


環七新代田店は
ビールがある以外にも
色々と楽しそうな店なので
積極的に食べに来たいです


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@鶴見店の『大ブタ』5

DSC00906

夕方から時間が出来たので
鶴見二郎へプチ遠征


プチ遠征と言っても
昨日の立川と
時間的には
そんなに変わらないという

DSC00860

もちろん
片道の電車代の方が
ラーメンよりも高くつくという

DSC00866

鶴見二郎に来るのは初めてですが
鶴見近辺(生麦駅)で電車を降りるのも
これが初めて


関西弁を話すオバちゃんとか居て
ここは大阪なのかと
(雰囲気も関西ぽいし)

DSC00864

開店10分前ぐらいから並んで
1順目に入れたので
ビール(500円)をゆっくり飲めるかと思いきや
全席(12席?)分のラーメンを
一気に作るのな ∑( ̄ロ ̄|||)

DSC00870

大ブタ 790円
コール=ヤサイニンニクトウガラシ


そこはキチンと予習をしておいたので
慌てず焦らず ( ̄ー ̄)


ここの店主さんには
三田の親父さんに通ずる
醸し出すオーラのようなものを
感じます

DSC00873

ヤサイコールしても
上品な盛り

DSC00878

ここは卓上調味料が
一切置いてないので
コール時にトウガラシを注文するのが
香辛料を入れる唯一のチャンス


トウガラシコールをしたらしたで
結構な量の一味唐辛子が
掛るんですね


ちなみにコールタイム以降は
助手さんが全ての作業を行い
店主さんは厨房の奥に引っ込んで
一服されていました

DSC00881

表面にはゼラチンの膜が張り
豚の濃厚なスープであることを
予感させます

DSC00889

大ブタにすると
厚切りのブタが
4枚入っていました


まずは
この4枚のブタをつまみに
ゆっくりとビールを頂くことに


某二郎専用掲示板で話題になっていた
豚の臭みは無くて
柔らかく美味しいブタでしたよ^^

DSC00892

麺は柔らかめのモチ感のあるもので
飲み物のようにスルスルと
喉越し良く腹に収まって行きます


千住大橋の麺がコレに非常に近いかも

DSC00894

麺量は大でもそんなに多くないので
サクっと食べきれました


スープが少し酸味のある味で
ちょっと手強そうだったのですが
せっかくの遠征だし
明日からまたプチ断食なので
頑張って飲んでみることに


ブタの味が濃厚で
これに慣れると
他店のスープが
物足りなく感じるかも

DSC00898

二日連続でK.K.したけど
絶対カラダに悪そう


長年の宿題だった
鶴見店に来れて
とても満足しました

ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ