お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2013年01月

杉田家 千葉店@東千葉の『ラーメン並』5

DSC_4622

かなり久しぶりの杉田家さん


本当は並木商事に入る予定が
10人以上並んでいたので
寒かったのもあり
最近は根性なしなので
杉田家に進路変更したのでした^^;

DSC_4551

この杉田家 千葉店は
朝5時から営業しているので
朝ラーが食べられるらしいのですが
早起きが超苦手な私には
朝ラーはハードル高杉です

DSC_4555

前回来た時よりも
サイドメニューやトッピングが
いくつか増えてますね

みそ肉餃子というのが
ちょっと気になるかな

DSC_4562

小ビール(290円)を注文すると
醤油ダレのかかった
短冊切りのチャーシューと
小口切りのネギが入った小鉢が
サービスで出てきました(^-^)
前回は味玉)


ホール係をしている方が
店主さんなのかな?
風貌がTBSの「ガチンコ!」に出ていた
大和龍門ぽくて
ガチ家系な雰囲気を感じます

DSC_4570

ラーメン 並 650円 (好み=全部普通で)
+のり40円 +ライス50円


ラーメン海苔増しライスと
小ビールおつまみ付で
1030円という
コスパの良さ(^∀^)

DSC_4572

最近は
【なんちゃって家系】が増えていますが
ここは吉村家直系の杉田家の
2号店なので
安心して食べられます


スープは前回の印象と比べると
野性味が後退し
マイルドになったようで
万人向けなチューニングに
なったのかな?
(曜日や時間帯で
味は変わるそうですが)

DSC_4581

チャーシューは杉田家独特の
歯ごたえの残る
モモ肉っぽい
肉の味わいがあるもの

これはこれで慣れると
良さが分かってくる感じ

DSC_4591

おなじみ
酒井製麺の麺は
デフォだと少し柔らかめですが
最近歳を取ったせいか
柔らかめが好きなので
ストライクゾーンど真ん中

DSC_4601

ここは卓上調味料の種類が
かなり豊富なので
行者ニンニクや
千切り生姜などで
少しずつ味変させながら
食べるのが楽しいです^^

DSC_4604

やはり家系で
海苔増しライスを
注文するということは・・・

DSC_4593

こういうことでしょう!


スープを吸った海苔で
ごはんを巻いたやつに
豆板醤を乗せて食うと
まだブログなんか書いてなくて
汚れを知らない
純粋だった頃を思い出します


今年は
家系ラーメンに
回帰してみるのもいいかも
なんて思っちゃいました

ごちそうさまでした

【漢の料理】 肉人(にくんちゅ)のための肉めし

ローカーボ・ダイエッツとやらが
流行ってますけど
かなり前から
肉が主食の私ですから
チャーハンは肉が主で
米は従という割合で
作ります

DSC_4495

昨日スーパーで
葉ニンニクをゲッツしたので
これも使っちゃいましょう

DSC_4496

肉と米以外の材料はこれだけ(適当)

DSC_4498

6年ぐらい使い続けているのに
全くと言っていいほど使いこなせてない
山田工業所製の中華鍋で米を炒め
米よりも多いほぐし豚
EA26で大量に出来た豚を加工)
と葉ニンニクを一緒に炒ると完成

DSC_4499

中華料理店のように
こんもりと盛り上がった
チャーハンに成型したかったので
ラーメン丼を型に使い
皿に盛ったのですが

DSC_4501

こんもりとはならず (´・ω・`)

DSC_4502

肉めしが出来たら
モヤシと葉にんにくの
野菜炒めを作りましょう


炒めて
チャーシューの漬け汁と
絡めるだけですが

DSC_4506

なんとか出来上がりました(・∀・)

DSC_4511

肉めしの方には
葉ニンニクの根っこに近い部分を使い

DSC_4528

野菜炒めには青いところを使ったのですが
根っこに近い方が
ピリッとした風味が
強い感じがしますた

DSC_4530

肉めしだけだと
味が単調なので
野菜炒めと一緒が
いいですね


葉ニンニクは
香りがマイルドなので
明日まで残ることはないかな?
それは明日のお楽しみということで^^

【テレビ等】 先日放送されたフカボリンのラーメン二郎特集を私的にフカボリしたらこうなりますた

mp4_000017183

昨日のAJG飲みの時に
ちょっと話題に上っていた
フカボリンのラーメン二郎特集について
ニワカの私が
フカボリしてみました件

mp4_000074774

上段から時計回りに

  • 新小金井街道店
  • 中山駅前店
  • 仙川店
  • 品川店
  • 京成大久保店
  • 上野毛店


の画像


ここまでは
ごく普通の内容ですが
この後から突っ込み所が
現れます

mp4_000114747

ジロリアンの総人口は

推定35万人!

004l

どこから出てきた数字なのか不明ですが
とにかくジロリアンの総人口は
約35万人だそうです


仮にジロリアンと呼ばれる人たちが
平均して週に1杯の二郎(直系)を食べるとすると
1日あたりの二郎に訪れるジロリアンの数は

35万人/7日 = 5万人/日

という計算になり
二郎38店舗で割った1店舗あたりの
1日に訪れるジロリアンの数は

5万人/38 = 1315人

という計算になります


超行列&超高回転で有名な横浜関内店の場合
最も速い時だと
1人あたり1分の計算で回転するというのが定説なので
昼+夜営業で計8時間営業として
1日あたり400ないし500杯程度出ていると
思われます


二郎で最も客数を捌いていそうな関内店ですら
1日400〜500杯程度ですから
1日1315人ものジロリアンを捌く二郎というのは
非現実的ですね


多分
ジロリアンは35万人も存在しないか
あるいは35万人居たとしても
そんなに二郎を食べないってことなんですかね?

mp4_000171638

しずる村上氏の話では
ジロリアンにもピラミッド型のヒエラルキーがあり
ジロリアン約35万人の頂点に立つ
最高峰ジロリアンは十数名しか
存在しないとのこと


また
開店前の三田本店で食べることのできる
シャッター・ジロリアンの数は
全ジロリアンの1%に満たないと踏んでいると
しずる村上氏は語っていましたが
35万人の1%でも3500人も居るわけで
1%に満たないという表現は正しそうだけど
実数を把握しておらず
適当に言っているだけのような気がします
(お笑いの人だから適当な方が面白いですが)

mp4_000424924

食べ始めの儀式なんでしょう

ドンブリに口をつけて
スープ上層を味わっている
しずる村上氏

mp4_000431597

液体アブラばっかりの
スープ表層を飲んで
美味しさが分かるとは
さすがトップ・ジロリアンの
しずる村上氏でつね

mp4_000448314

麺を少し引き出しただけにしか見えませんが
天地返し自体
定義が曖昧なジロリアン用語なので
激しくどうでもいいです

mp4_000483649

全国38店舗のラーメン二郎
電話番号の下4ケタが統一


※ ほとんどの店舗が非公表

mp4_000493059

問題


ラーメン二郎の
多くの店舗に共通する
電話番号下4ケタの数字とは?

mp4_000553052

正解は

1726

でつ


・・・・・


エーっと
新宿歌舞伎町店の電話番号は
下4ケタが1726なのは
看板にデカデカと書いてあるので
私のようなニワカでも知っていましたが
他の二郎でもそうだったのカー!


・・・・・


暇だったので
ホントにそうなのか
各店の電話番号の下4ケタを
調べてみたのが次のリストです

  • 三田本店 1733 ※makoto-jin-reiさん御提供
  • 目黒店 2785
  • 仙川店 0311
  • 鶴見店 0536
  • 歌舞伎町店 1726
  • 品川店 4026
  • 新宿小滝橋通り店 5010
  • 環七新代田店 ----
  • 八王子野猿街道店2 6806
  • 池袋東口店 0210
  • 新小金井街道店 4140
  • 亀戸店 2681
  • 京急川崎店 5166
  • 府中店 ----
  • 高田馬場店 ----
  • 松戸駅前店 ----
  • めじろ台法政大学前店 ----
  • 荻窪店 ----
  • 上野毛店 ----
  • 京成大久保店 5559
  • 環七一之江店 ----
  • 相模大野店 2551 携帯
  • 横浜関内店 5784 携帯
  • 神田神保町店 ----
  • 小岩店 ----
  • ひばりヶ丘駅前店 ----
  • 桜台駅前店 ----
  • 栃木街道店 ----
  • 立川店 ----
  • 大宮店 ----
  • 千住大橋駅前店 ----
  • 茨城守谷店 ----
  • 湘南藤沢店 ----
  • 西台駅前店 ----
  • 中山駅前店 ----
  • 新橋店 7247
  • 仙台店 ----
  • 赤羽店 ----


38店舗中
電話番号が公開されているのは15店舗
(非公開の本店情報はmakoto-jin-reiさんが御提供してくださいました
ありがとうございます <(_ _)>)


その中で下4ケタが1726である店舗は
新宿歌舞伎町店のみ


つまりフカボリンでは
クイズの回答者に
正解が存在しない問題を
与えていたということなのか
それとも二郎都市伝説を広めたいのか
よく分かりませんが
情報バラエティ番組なので
面白ければいいっちゃいいんだけど・・・


つか
しずる村上氏が取材していた
新小金井街道店ですら
1726じゃないんだから
ヘンな話しだよなー

mp4_000618050

旧ラーメン二郎武蔵小杉店(現こじろう526)が
二郎インスパイア系として
画像に登場しているところが
フリーメイソンの陰謀を匂わせます

mp4_000632064

ラーメン二郎
フカボリ完了!!

イイハナシダナー

イイハナシダナー (棒読み)

ラーメン二郎@京成大久保店の『ミニ・ラーメン』5

DSC01681

朝シャッター

夜シャッター()

DSC01689

グレケニーさん
夜の部も行くというので
私もその流れで
makoto-jin-reiさん達と
ラーメン二郎 京成大久保店
夜の部シャッターです^^;

DSC01690

ミニ・ラーメンを食べるのは
これが初めてなのでした

DSC01694

ミニ・ラーメン 550円
(コール=おねがいしまゆ)

DSC01697

日ごろ観察していると
学生さんは
ミニ・ラーメンを注文する率が
高いようです


量は普通の店の大盛りより多いくらいで
値段が安いので
お得感がありますねー

DSC01699

しっとりムッチリした柔らかいブタで
朝食べたブタとも違った旨さがありまゆ

DSC01703

麺うまいよ麺


オナカいっぱいだけど
スルスル入りまゆ

DSC01706

ここまできたら・・・

DSC01711

K.K.でしょう!


普段連食はしないので
ちょっと苦しかったけど
いつもよりアッサリ寄りのスープだったので
サクっと頂けました

ごちそうさまです

DSC01714

京成大久保商店街の
東京チカラメシの近くに
家系ラーメンの店が
2/7オープンするようです

ここはラーメン激戦区ですね

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺 アツモリ』5

DSC01651

久しぶりに
ラーメン二郎 京成大久保店の
朝シャッターの集い(仮称)に
参加してきました

DSC01654

11時の開店30分前くらいに着くと
2ndか3rdロットあたりには
座れるタイミング


座って厨房の麺茹で釜を見ると
茹で湯のクリア感が半端無い

これはアツモリで行くしか!
と思っていたら・・・

DSC01662

つけ麺 750円 アツモリ
(ノーコール)


ご親切にも
お隣の黒烏龍茶さん(アツモリのスペシャリスト)が
厨房の奥さんに
アツモリコールをしてくださって
アツモリ注文に成功したのでした(^∀^)

DSC01659

入口側の席だと
昼間は外光が混ざるので
撮影難易度が高いっス

DSC01669

まずは
つけ汁上層の
液体アブラの多いところをレンゲで掬って
それを麺にまぶしてから
麺だけを食べてみます


ウマー!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC01673

やっぱ
キレイな状態の茹で湯だと
アツモリの旨さが
全然違いますね!


これからアツモリを食べる時は
開店前のシャッター二郎で
臨むことにしたいと思います

DSC01676

K.K.して
ごちそうさま


黒烏龍茶さんとは
ここでお別れして
サイゼ@京成大久保商店街へ

DSC01680

ビールを飲んでAJGを満喫して暫くすると
成田から帰ってきた
makoto-jin-reiさんグループが合流

白ワインとか赤ワインを飲んでいると
眉二郎の夜の部開店時刻が
近づいてきたのでした (つづく)

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン』5

DSC01615

久しぶりの
千住大橋駅前店


どんだけぶりか調べたら
前回が去年の3月だったので
約10ヶ月ぶりでした^^;


19:20ごろ
千住大橋駅の改札を出て
3秒ぐらいで店頭に着くと
ほとんど待ち無しで
店内へ

DSC01617

メニューや値段は
変わりなさそう

DSC01620

ここは助手さんが
よく変わるので
今日の助手さんも
初めて見る方

DSC01622

小ラーメン 650円 +生たまご50円
(コール=ヤサイニンニク)


ラーメンが出てくるまでの間に
どんどん空席が発生


ゆったり座って食べられるとは
なんて贅沢な二郎体験(^∀^)

DSC01625

某二郎専用掲示板の書き込みでは
最近は麺の量が増えてきて
小ラーメンでも凄いという話だったけど
それほどでもないような・・・
(人によるのかな?常連盛り?)

DSC01628

オープン後の数年間は
ガチムチなブタさんに
当たることが多かったけど
今日のブタさんは常識的な大きさで
二郎にしては薄めに切られたものが2枚


大きなガチムチよりは
薄めの柔らかいブタが好きなので
今日のブタはバッチリ好みです^^

DSC01633

ここは麺がデフォで柔らかめなので
飲み物のような喉越しが快感なのですが
今回の麺はデロまでは行かない茹で加減

DSC01639

超アツアツ提供なので
猫舌のワタクシは
いきなり序盤から
すき焼き二郎に
突入したのですた


千住のプースーは
やたらとしょっぱいので
すき焼き二郎が
とても合ってて
ウマし! .。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC01644

いやー
ココのプースーは
ホントしょっぱい!

完飲上等な自分でも
三口ぐらいしか
飲めなかったです(´・ω・`)

甘味が少ないので
醤油ダレに調合する味醂の量が
少なめなのかな?


二郎は各店ごとに個性があるので
飽きないですね

ごちそうさまでした



食べ終えて外に出ると
向かいの立ち飲み屋(焼き鳥屋?)で
女子高生グループが
オッサン客に混じって
何か食べてて楽しそうでした

いつか二郎と焼き鳥の
ハシゴしてみたい・・・ (*´Д`*)

ラーメン二郎@新小金井街道店の『大つけ麺 アツモリ』5

DSC01570

昨年から
小金井二郎のつけ麺アツモリを
食べてみたかったので
今夜テレ東で放送されるフカボリン
ラーメン二郎特集で混む前に
行ってきたのでした

DSC01606

お!?

いつも売り切れ表示の
特製煮玉子(京風味)が
あるじゃないですか!


17時頃だと
あまり混んでなくて
すぐに座れてラッキー

DSC01573

とりあえずビール(500円)


ここでビールを飲んでる人を
見かけたことが無いんだけど
ビールは何かの罠なのかと
勘ぐってしまう^^;

DSC01577

チャールズ・マーティン・スミス似の
店長と思われる方が
気を利かせて
京風煮玉子を
ビールのつまみにできるような
タイミングで出してくれました(^∀^)

DSC01578

京風味のダシ汁に漬かった煮玉子は
黄身がトロっとしていて
ビールのつまみに良く合います

DSC01583

大つけ麺 アツモリ 950円 + 生姜50円
(コール=ニンニク)

DSC01586

アツモリにしたせいなのか
それともビールと一緒に頼んだせいなのか
分かりませんが
麺の量が心持ち少ないような
気がしないでもない

DSC01589

小金井のアツモリは
スープに浸されて
提供されるので
麺同士がくっつくことも無く
冬場は最高ですなぁ

DSC01595

つけ汁は酸味と胡麻油の風味が
ほのかに効いていて
しょうがとも良くマッチしています

DSC01600

アツモリにしたので
普通の冷や〆の麺とは
食感が違うけれど
冬場はこういう
温かい味わいが
体に染み渡ります

DSC01603

麺を食べ尽くすと
麺ドンブリのスープは
ほとんど残っていません

麺が吸っちゃったんでしょうか

DSC01605

健康のため
つけ汁は半分ぐらい飲んで
ごちそうさま


予想通り
ビール中ビン飲んでからの
大盛りは苦しかったです罠

でもまたビール飲むと思います^^;

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC01566

本日はホーム二郎へ訪問


木曜夜の部が鬼門扱いされていたのは
もはや過去の話のようで
19時10分くらいに着くと
丁度1席空いてて
ラッキーですた


この後から
どんどん中待ち背後霊が増え
↑の画像のような混み混み状態に

DSC01543

みそラーメン 750円
(コール=おねがいしまゆ)


座った席の両隣には
黙々とミニラーメンを
食べている女子2名


連席したかったが出来ずに
一席隔てて離れ離れになったご様子


女子同士であろうとも
連席が叶わない硬派な二郎


それが京成大久保眉二郎

DSC01546

眉・・・ おそろしい子!

DSC01549

ラーメンが旨けりゃ
大抵の事は許せるワタクシなので
そういう殺伐とした
ワケ有りな店内の雰囲気も
香辛料の一種に思えるわけで

DSC01553

その女子の一人が
食べるのがひたすらスローで
眉さんがドンブリをチェックしに来たりして
劇場開幕かとヒヤヒヤしましたが
何事も起こらず
少し残念な気持ちでもあり

DSC01557

今日の味噌スープを
ガンダムに例えるならば
接近戦を余儀なくされるほど
ミノフスキー粒子濃度の高い
戦闘空間でございました

DSC01561

ミノフスキー粒子撤去完了



昨年末に食べた味噌より
エッジの効いたお味で
かなりの旨さ

これなら
味噌つけ麺にしても
旨そうです (まだ試作中みたい)


ごちそうさまでした

大雪の日に二郎風汁なしを自作していた件5

2013年1月14日(祝)

首都圏を襲った大雪は
自宅の地デジ(難視聴地域なのでケーブル経由)と
インターネッツが止まるというプチ情報隔絶をもたらし
おちこんだりもしたけれど
オッサンは元気です
(というか携帯は生きてたから無問題)


成人の日の祝日は
関内二郎か一之江か藤沢で
汁なしを食べようかと
計画していたのですが
電車が止まりそうだったので
家で汁なしを自作してみることにしますた

DSC_4442

いきなり完成〜♪


以下は作成過程のドキュメンタリー(おおげさ)
なので
暇な方は見て行ってください

DSC_0406

↑↑↑ホンモノの関内二郎のネ申ブタ

まずはブタの作製なんですが
私が超リスペクトしている
関内二郎のフワトロブタを
目指します

DSC_4416

作り方はよくわかんないので
実験的に
豚バラブロックの背脂の部分に
包丁で切れ込みを入れ
タコ糸で縛ってから
スープで煮ることにしました

DSC_4420

この豚を茹でているスープは
先日のEA26で作ったやつ

DSC_4421

大体2時間茹でると
柔らかくなりますので
背脂の部分を
フォークで削ぎ落とします


こうすることで
関内二郎のような
背脂のところが
モジャモジャした感じになるかなぁ?
と思ったので実験しました
(結果としてはイマイチだったので
また別の方法を試さねば)

DSC_4424

醤油ダレに1時間ほど漬け込んだ状態

もっと短くても十分だと思います

DSC_4427

今回新たに打った麺


オーション 400g
カンスイ ボーメ度2
加水率 29%

DSC_4431

ここからは盛り付けの話


ドンブリに
醤油ダレ 課長 粗挽き黒胡椒
スープ 背脂
を入れます
(スープ大杉?)

DSC_4432

茹で上がった麺を盛り付け
(ちょいカタ)

DSC_4434

ヤサイと
ブタを盛り付け

DSC_4443

ニンニク
フライドオニオン(外国産の市販品)
粉チーズ(Kraftのパルメザンを使ったけど、お店のやつは多分業務用のナチュラルチーズ粉末)
卵黄

をトッピングして完成〜♪

DSC_4456

汁大杉な悪寒

DSC_4460

夜中に麺350g強は
ダイエッツの敵だが
漢には喰わねばならない
時があるっ!(`・ω・´)

DSC_4466

ジャンクさが食欲を牽引するので
自分で作ったにもかかわらず
意外に食べられます^^;

DSC_4475

でもやっぱり
汁大杉ですた(´・ω・`)


スープとタレは
まだまだホンモノには
及びもつかないので
これからの課題です



おわり
製作 犬HK

ラーメン富士丸@板橋南町店の『ラーメン』5

DSC01541

↑↑↑
退店時の画像

土曜日の夜

昨年やり残していた
富士丸全店巡り
最後の1軒
板橋南町店へGo!


池袋駅から歩いて
10分ちょいで着きました

DSC01469

私が到着した19時頃は
家族連れ等で
7割ぐらいの客入り

DSC01471

入って左側の突き当たりに
年季の入った券売機があります

DSC01474

ここの名物メニューの
「火山」にしようか迷ったけど
初訪なので
普通のラーメンで行くことに

DSC01476

ビール(380円)とおつまみ(無料)と
生玉子(50円)


他の富士丸では
ビールの食券を見せると
ビール350mlか発泡酒500ml
のどちらにするか聞かれるのですが
ここでは聞かれずに
スーパードライ350mlが
出てきました

DSC01479

ビールのおつまみは
茹で野菜と背脂が入った小鉢で
他の富士丸のものと比べると
ちょっと寂しいかな?

DSC01534

「青とうがらし 50円」
という張り紙があったので
店員さんに在庫を聞いてみると
今は置いてなくて
その代わりに辛いタレなら
作れるとのことだったので
それをお願いしました

DSC01483

その辛いやつがコレ

ラー油に粗挽き唐辛子と
黒胡椒が混ぜてあるようです

これは多分
「火山」に使われるタレと同じか
アレンジしたものなのでしょう

DSC01505

ビールを飲み終えた頃に
ニンニクの有無を聞かれたので

「ニンニクアブラ生姜ダレ」

と唱え

DSC01491

ラーメン 750円
(コール=ニンニクアブラ生姜ダレ)

DSC01496

板橋南町店では
アブラは別皿では出てこないようです(´・ω・`)

DSC01498

店名のごとく
富士山のような盛り

DSC01506

ブタは柔らかくジューシーで
美味でございます

DSC01512

麺は他の富士丸と同じ
(本店で一括して作ってるから当然)

DSC01517

硬めの茹で加減で
富士丸らしさ炸裂!

DSC01522

すき焼き風にしても良し

DSC01526

辛いタレを絡めても良し

DSC01518

生姜ダレを絡めても良し


生姜ダレはスープに混ぜると
味がしょっぱくなりそうだったので
麺に直接絡めながら
楽しみました

生姜ダレを辛いタレに混ぜても
美味しかったです^^

DSC01529

ここのスープは
他の富士丸より
しょっぱさ控えめで
飲みやすかったです


野菜から出たと思われる甘みも
他店より強くて
独特の惹きがあります

DSC01531

あ〜 おいしかった


アブラもきつくないし
富士丸の中では
一番食べやすく
万人向けな味付けで
これなら週に3回は
食べられそうです^^


富士丸全店巡り2周目には
ここの「火山」を
食べてみたいです

ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ