お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2013年02月

ラーメン二郎@京成大久保店の『小ラーメン』5

仕事の後に
約10日ぶりの
眉二郎さんへ

DSC_1062

小ラーメン 650円
(コール=おねがいしまゆ)


キャベツ率が凄いことに・・・


最近の水曜の夜は
伝説の助手「池麺(いけめん)さん」 ←通称
が助手で入っていましたが
今日は何故か池麺さんは不在で
代わりに奥さんがいらっしゃいました

DSC_1067

今夜の眉二は
背後霊も発生せず
超マッタリとした雰囲気で
営業中


そういえば
閉店後の作業をされる
アルバイトの方(男性)を
初めてお見かけしました

学生さんかな?
長続きするといいですね(・∀・)

DSC_1073

今日のスープは
しょっぱさ控えめな気がしました

いつも完飲しているので
塩分控えめに作ってくれたのかしら?

なんて勝手に思いながら
グビグビとスープを飲み干し
ごちそうさま

DSC01896

家系ラーメンの
大久保家は
立地が良いですね

二郎が臨休の時に
食べてみよっと

【自作麺類】 今食べたいものだけでまぜそばを作ったらこうなった

今回の自作ラーメンのコンセプトは


食いたいものを
作ればいいのだ

(椎名誠風)



です (いつもと変わんない)

DSC_0944

ムチっとした感じの
太麺を食べたい気分なので
いつもより加水率高めの
加水率35%で
カンスイボーメ度1
という設定で打った
オーション麺 約350g

DSC_0943

ハイジがおじいさんと食べていたような
死ぬほどトロけてるチーズを
食べたい気分なので
岡田屋にて
モッツァレッラを購入(300円ぐらい)

DSC_0937

チーズといえばベーコンという
イーズィーな発想で
ベーコンにしようかと思ったけど
岡田屋謹製のパンチェッタ(300円ぐらい)
があったので
それも購入

DSC_0963

フライパンにオリーブオイルをひき
ニンニクスライスとパンチェッタを
じっくりと炒め

DSC_0973

そこへ
そろそろ旬に入りそうな
グリーンアスパラガスを加えて
ほどよく炒め

DSC_0981

牡蠣も食べたい気分なので
加熱用の牡蠣(260円ぐらい)
に片栗粉をまぶしたものを
パンチェッタ等を炒めた残りの油を使い
ソテーしますた
(この油が旨いのデス)


同時に麺も茹で始めます

DSC_0938

汁ありは面倒なので
汁なしで^^;


タレの内訳は

  • 自作の醤油ダレ(生しょうゆ+みりん+塩)
  • ハチミツ
  • オリーブオイル
  • 粗挽き黒胡椒
  • 課長

 

DSC_0983

ドンブリに
茹で上がった直後の熱々の麺を
半分ほど盛ったところに
モッツァレッラを配置


モッツァレッラは
あらかじめ
電子レンジで
40度程度に温めて
少し柔らかくしておきました

DSC_0991

残りの茹で上がったばかりの熱々の麺を
モッツァレッラの上にカブせて
ハイジのチーズのように
トロトロ化するよう
お祈りします

DSC_0995

トッピングを乗せ

DSC_0999

花かつおで取ったダシに
醤油ダレと塩で調味した汁を
ドンブリのふちから加えることで
少し汁気を補います
(麺が汁気吸っちゃうので)

DSC_1001

今食べたいものだけで
作ったまぜそば


完成〜♪

DSC_1016

パッと見が
てんやの「季節の天丼」ぽいです(爆)

DSC_1009

こういう組み合わせに
粗挽き黒胡椒は鉄板ですね

DSC_1027

モッツァレッラが
白いオバケみたいで怖っ!
(なるほどジオン軍が恐れるわけだ)


もうちょっとレンジで柔らかくしたほうが
トロトロ感が強くて良かったかも

でもモッツァレッラ特有の
方向性のある弾力が面白すぎ!

DSC_1037

この組み合わせは
どうやっても不味く作れるはずが無いので
オヌヌメです

DSC_1048

今の時季は
良サイズの牡蠣が
手ごろな値段で出回っているので
毎日でも食べたいところですが
家の中の人が牡蠣嫌いなので
自分で作らないといけないという
悲しみがとまらない(´Д⊂)

DSC_1056

残った汁は全力で残して
ごちそうさま


やっぱり
食べたいものを作って食べるのが
一番楽しいですね


※ 青唐辛子入りのサルサソースも
仕込んであったんだけど
使うのを忘れてました(´・ω・`)

ラーメン二郎@荻窪店の『チャーシュー麺 大盛』5

DSC01876

開いてる時に食べておかないと
今度はいつ食べられるか分からない
このお店

DSC01872

土曜夜の部
開店20分後ごろ
空席多数

DSC01879

だけど
だんだん
お客さんが
増えてくる


コアなファンが多いのだろうか?

DSC01868

ここでは
つけ麺しか
食べたことがなかったので
今日は基本のラーメンを
食べてみましょう

DSC_0827

本日の発泡酒(250円)は
麦とホップの黒

DSC_0831

ブタのつまみ 150円


永田氏も泥さんも
相変わらずで
不思議なコンビだ

DSC_0834

チャーシュー麺 750円
麺大盛100円 +生玉子50円 +生とうがらし20円
(コール=ニンニクヤサイ)


ビールを飲み始めてすぐ
永田氏が「ニンニクは?」と
聞いてきた(コール早っ!)


ここって
大盛にすると
ヤサイやブタなんかのトッピングが
別丼になるんですよね

DSC_0840

荻窪の麺は
偏平率が低くて
断面形状が正方形に近い

DSC_0847

ヤサイは軽く茹でた
シャキシャキ感重視のタイプ


ブタは十分柔らかく
味付けは薄めで
パサつきは無し

DSC_0854

若い女子二人組が
券売機のところで
何を買おうかと相談しながら
なぜか螺旋階段を昇って行こうとすると
泥さんに「二階には上がらないでくださーい!」
と制止されていた(笑)

DSC_0857

その女子たちは
コールタイムになると
「ネギ抜きで!」
と発言し
店内に緊張が走る


だが永田氏は
「うちネギ使ってないんで」
と冷静沈着に対応

DSC_0874

アブラも醤油ダレも少なめなので
二郎っぽくない
ライトなスープだけど
生とうがらしが入ると
いい感じで飽きない

DSC_0864

生玉子ですき焼き二郎してみた


スープの塩味が弱いので
すき焼き風にするなら
カラメにすればよかったナ

DSC_0881

滞在中は
待ちが生じるほどの混雑は無く
ゆっくり食べられて
荻窪店の雰囲気も
じっくりと味わうことができました

ごちそうさまです

DSC01883

お店が細く長く続くよう
お祈り申し上げます

DSC01888

荻窪丸長が
土曜日なのに
閉っているので
なんでだろう?
と思い近づいてみると・・・

DSC01886

都合により当分の間
休業させて戴きます


とのこと


気になります・・・

【自作】 くた焼きそば

DSC_4801

昨晩から
咳の症状(風邪だと思うけど麻衣子なんとか肺炎だったりして
が酷くなってきたので
今日までは家で
安静に過ごすことにしました


食材が冷蔵庫に溜まってきたので
在庫整理を兼ねて
焼きそばでも作りましょうかね

ということで・・・

DSC_4802

フライパンに
油をひいて
刻み生姜と
葉ニンニクと
ほぐしブタを
炒めてから

DSC_4803

大量の野菜(モヤシ&キャベツ)と
調味料(薄口醤油 オイスターソース 紹興酒)
を投入し強火で炒めつつ
先日の家二郎の余りの麺を
隣のコンロで茹でます

DSC_4804

ヤサイから
どんどん水気が出てきますが
気にせずにマイペースで
炒めます

DSC_4807

麺は普通の茹で加減で
茹で上がったら
しっかり湯きりをして
フライパンへ投入

DSC_4813

強火で炒めているうちに
ヤサイから出た水気を
麺が全て吸収しちゃうんですねー

低加水麺ならではの
テクニック!?


最後にコショウを振って混ぜたら完成〜♪

DSC_4818

くた焼きそば (priceless)


「かた焼きそば」ならぬ「くた焼きそば」

ヤサイがくたっとなるくらい
しっかり炒めるので
くた焼きそばなのです (くだらねぇぇえ)


ちなみに麺の量は
茹で前で140gなので
ヤサイの方が多いです^^;

DSC_4822

麺もヤサイの水分を吸って
くた気味というかデロ気味

DSC_4833

花かつおを振ってもヨシ

DSC_4839

チーズをトロかしてもヨシ


ヘルシーな
くた焼きそばでした

ごちそうさま

ケンタッキーチキンライス

DSC_0888

風邪(?)で昼頃まで寝ていたら
家の中の人が

「ケンタッキーの肉サンド買ってこようか?」

という甘い言葉をかけてくれたので
買ってきてもらいました

DSC_0894

ケンタッキーチキンライス 450円


チキンライスというよりは

逆ライスバーガー

といった面持ちでございます

DSC_0914

包み紙が
普通のサンド類のものより
厚手でしっかりしています
(湿気を吸収する素材ぽい)


Mサイズの温州みかんと
比べてみると
その大きさが
分かるかと思います


かつて物議を醸した
チキンフィレダブルよりは
一回り大きいような感じで
サイズ的には
ケンタさん頑張ってるねー
と評価してあげたくなります


ちなみにカロリーは
585kcalで
チキンフィレダブルと
ほぼ同じです
(カロリーの自主規制があるのか?)

DSC_0910

何故かチキンの一部に
欠損があるのが
気になりますが
気にしない
気にしない
一休み
一休み

ポクポクポク・・・ チーン!

DSC_0919

上下から挟み込んでいるチキンは
オリジナルチキンと
同じ味付けのような気がしますが
具(?)のライスが
ケチャップ風味の味付けなので
全体として味は濃い目で
二郎とかを食べない一般人には
塩味が強いと思います

DSC_0929

チーズと
マヨネーズベースのドレッシングと
ケチャップも入っているので
ポテトと一緒に食べると
なかなかのジャンク度


具がライスじゃなくて
マッシュポテトとかポテサラとか
ジャーマンポテト
などのポテト系の方が
よりおいしい気がしますが
ライスでも結構合いますね


野菜が全く入っていないのも
肉人(にくんちゅ)としては
評価が高いです


たまにこういう
ぶっとんだメニューを
出してくれるケンタッキーさん
アホ面白すぎ〜

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン』5

DSC01865

今年はラーメンを
週3杯のペースを目安に
食べることにしました


週3ということは
月に約12杯
年間で約150杯

DSC01857

年に150杯なら
プチ・ダイエッツや健康にも
問題なさそう

DSC_0790

小ラーメン 650円
(コール=ヤサイニンニク)

  • ホーム二郎の京成大久保店は10日に1回
  • 準ホーム二郎の環七一之江店と千住大橋駅前店は各月1回


というリピート頻度だと
ホーム二郎&準ホーム二郎だけで
月に5杯

DSC_0786

ホーム・準ホーム二郎以外の二郎も
年に一巡したいので
そういうリピート頻度の少ない二郎を
月に4店ほどローラー作戦

DSC_0804

とすると
二郎以外のラーメンは
月に3杯しか食べられなくなるという計算



二郎の支店展開
おそるべし (; ̄Д ̄)

DSC_0801

そんなことはどうでもいいのですが
今夜の千住大橋の麺は
珍しいことに全くデロっておらず
コシを感じます


あの飲み物のごときヤワ麺は
どこへ行ったのでしょう?

DSC_0811

すき焼き二郎で
猫舌をいたわりつつ
軽快に食べ進み

DSC_0821

汁を飲もうかと思ったけど
今日の汁はいつもより
更にしょっぱく
あまりにも危険そうだったので
一口も飲めず


例の塩分濃度計で測定を試みるも
0.1%という有り得ない数値しか
表示されず(2回測りなおしたけど同じ)

もしかして
塩分が多すぎて
塩分濃度計が
振り切れてしまったのかな?('д` ;)


でも
こんなにしょっぱくて
もう2度と食べるもんか!(#`皿´) ムキーーーー!
と思っても
1時間ぐらい経つと
また食べたい気持ちになるのが
千住の麻薬的魅力なのでしょうか


マイ準ホーム二郎なので
これからは月イチの頻度で
定点観測(←ラヲタぽい)します

ごちそうさまでした

今月の家二郎

DSC01853

昨日は亀戸で
モーニング・ルーンを
キメる予定でしたが
風邪のため
15時間ほど寝込んでしまい
今日も大事を取って
家で大人しく
家二郎です


先日偶然LOFTで
馬場二郎と同じ丼(赤巻 三つ竜)
を見つけたので
馬場二郎の思い出に
耽りながら
作ってみますた

DSC_0681

とは言え
べnてnが近くにある関係上
馬場二郎では
一度しか食べたことがなく
その思い出だけを頼りに
それっぽいものを
作ってみようという
無謀な企画

DSC_0701

課長はこれぐらいかな?

結構効いていたような
覚えがあります

DSC_0702

醤油ダレは
ちょっと多めに入れてみました
(これが過ちだと後で知るのですが・・・)

DSC_0712

麺はいつもの感じで適当に

DSC_0716

スープはEA26の残りの
アブラたっぷりのやつを使用

DSC_0722

麺を盛り付け

DSC_0725

ほぐしブタを盛り付け

DSC_0727

ヤサイを盛り付け


モヤシは
太めな成田もやしを使用

DSC_0738

ヤサイニンニクトウガラシ

DSC_0744

こうして作ってみると
馬場二郎のモヤシは
かなり太いモヤシだったんだなー
と思います

DSC_0750

ちなみに馬場二郎のカウンターは
赤色ではなく薄いベージュっぽい色です

DSC_0768

ほぐしブタは
ストックしておいたブタを
醤油ダレで再煮込みしたので
しょっぱくなってしまいました^^;

DSC_0777

醤油ダレ多すぎ〜 (´Д⊂)

DSC_0779

脂っこすぎるスープと
多すぎる醤油ダレで
かなり醤油っぽい味に
なってしまいました


醤油ダレの作り方と
スープとのバランスについて
しっかり計算しないとダメですね


次回の家二郎では
飲ませるスープを目標に
作りたいと思います

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺(アツモリ)』5

DSC01850

昨日から風邪の症状で
のどの痛みと倦怠感があるものの
家で休んでいたら
悪化する様子も無いので
ラーメン二郎 京成大久保店の
夜の部シャッターしに行く


開店5分前ぐらいに着くと
5人待ち

こんなに風がビュービュー吹いてて
超寒いのに
開店前から並んでるなんて
物好きな人たちですねー (おれもおれも)

DSC_0649

2分ほど待った頃に
奥さんが出てきて
開店を告げたので
順番に入店


味噌は売り切れだったけど
狙いはつけ麺アツモリなので
黄色の食券を買い提出

DSC_0645

カタカタ呪文を唱えるお客さんが居て
眉店主の顔が引きつってたけど
劇場の幕は開かず
やや残念 (´・ω・`)

DSC_0659

つけ麺 750円 (アツモリ)

DSC_0652

ラーメンの麺硬めと
つけ麺アツモリの
麺上げタイミングは
ほぼ同じようでした


そういえば
麺を二段階投入するのか
確認し忘れました (次回は是非)

DSC_0661

釜揚げ方式のアツモリは
開店直後のきれいな茹で湯だと
香りと麺肌の状態が
非常に良好です^^

DSC_0671

今日は麺がプリプリしていて
やたらと旨かったです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

冬場のアツモリ最高〜

DSC_0676

塩分濃度計を家に忘れてきたので
塩分濃度は分かりませんが
しょっぱウマなつけ汁まで飲み干して
ごちそうさま


明日は体調が良ければ
亀ツリー見物に出かけたい・・・

鶏そば 七星(ななせ)@新千葉の『濃厚鶏つけめん(醤油)』5

DSC01834
DSC01846

毎度〜(爆)


最近
アカンな〜団(笑)に
目をつけられているらしい
新千葉の七星(ななせ)へ
ふたたび (筒井康隆の小説みたいだぬ)

DSC01840

今日は
2月から始まった
つけ麺狙いで^^


「日替 まかない丼」
なるメニューも
新しく追加されていたので
それにもトライしてみましょう

DSC_0533

前回訪問時(12月末)から
変わったところは・・・

  • 店員さんが男1女2→男2女1になっていた
  • トッピングメニューに【玉ねぎ増し】【水菜増し】が追加
  • 【日替 まかない丼】が追加
  • 【まかないセット】というラーメンとまかない丼のセットメニューが追加(単品を組み合わせるよりも30円お得)
  • 濃厚鶏つけめん(醤油)が追加

 

DSC_0549

濃厚鶏つけめん(醤油)
大盛(300g) 780円


つけ麺はラーメンより
値段が100円高く
麺の量は約1.3倍多い設定
(並と大盛は同価格)


麺の上には
大量の花かつおと
刻み海苔が
トッピングされ

DSC_0534

本日のまかない丼は
ネギメンマ丼


これは
つけ麺より
ラーメンの方が合うでしょう^^;


つけ麺の場合
【まかないセット】の設定が無いので
単品の組み合わせになり
少し割高に (´・ω・`)

DSC_0553

つけ汁に
ど〜んと浸かっているモノは
鶏つくね串


この鶏つくねを
どのタイミングで
食べたらいいのか
見極めが難しかったです
(結局まかない丼と一緒に食べた)

DSC_0578

麺は
ラーメンのものとは異なる
つけ麺用のもので
平打ちのツルッとした食感の
多加水極太麺


つけ汁は醤油味で
魚介系(節系only?)の風味も
ブレンドされているようですが
鶏の風味を前面に
押し出している構成


つけ汁なので
ラーメンよりは塩味が
強めだけど
しょっぱさは感じさせない
鶏系の円いお味


前回食べた塩ラーメンと同様
軽いトロミが付いていて
麺との絡みは良いです
(やはりキャンベルのチキンクリームスープを
思い浮かべてしまう)

DSC_0601

麺300gでも
多さは感じさせず
サクッと完食


割りスープは
言わなくても
ポットで持ってきてくれましたので
それをドボドボドボ〜と好きなだけ入れ

DSC_0612

割りスープは
軽く節系の香るもので
かなりアッサリとした
スープ割りになります


冬場なので
つけ麺は
まだほとんど出ていないようでしたが
オナカにもたれない感じなので
飲みの後とか
風邪気味の時なんかにも
良いかもしれないですね


これからも
たまに
定点観測 (←ラヲタ?
しに来たいと思います

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@神田神保町店の『小豚』5

DSC01826

今日は仕事を休んで
運転免許の更新に行ってきたのですが
優良者講習(滅多に運転しないから)
だったので
思いのほか早く解放されることに


最近は平日の明るいうちに
外に出られるのは貴重なので
現在は昼のみ営業の
ラーメン二郎 神田神保町店へ
久しぶりに
伺ってみることにしました

DSC01828

店頭に着いたのは
16時ちょい過ぎで
並び無しの空席3


夜営業があった時は
水曜日が休業日でしたし
17時閉店になった現在は
16時台というのは
宣告の危険性もあって
客が少ないのかも?

DSC_0479

厨房には店主さんと
男性助手さんの2名体制


前回伺った時から
何も変わっていない様子

DSC_0486

ちゃらららー♪

MFは生玉子(50ゴールド)を
手に入れた!


(ドラクエ脳)

DSC_0489

小豚 750円
(コール=ヤサイニンニク)


MFはヤサイニンニクを唱えた

二郎はヤサイとニンニクを落としていった


ここではマシマシの呪文も
通じるようですが
麺の量が多いし
ブタ増しなので
普通のヤサイマシでも
私には十分な量です

DSC_0495

神保町スタイルの盛り付けは
何度見てもうっとりします^^

DSC_0499

ブタさんは
ややパサ気味ではあるものの
箸でちぎれるホロっとした柔らかさで
脂身が少なく
大量に入っています

DSC_0507

カタメ指定をするお客さんも
いらっしゃいましたが
デフォでも硬め寄りの
茹で加減で
昔からの神保町のイメージ
そのまんまの麺だったのが
嬉しかったです (*´Д`*)

DSC_0512

やっぱりこれですね
すき焼き二郎

しょっぱいスープとの
相性は抜群!

DSC_0523

スープは
乳化層が表面を
厚く覆っており
飲み干すのを
躊躇してしまいます


飲むべきか飲まざるべきか
それを決めるのは
アナタですm9(・∀・)ビシッ!! (ちがう)


ということで
飲む前に塩分濃度測定

DSC_0528

1.4% ・・・

「からい」の判定が出ますた


スープにはグルソーも沢山入っているので
実際のしょっぱさを
正確には反映していないのかもしれませんが
健康のため3口飲むだけにしておきました


何年か前までのスープとは
印象がかなり違うけれど
これはこれで
醤油ダレが乳化スープで
マイルドにコーティングされたような感じで
コクがあって冬場は旨いですな〜


また平日の昼間に出歩ける時に
食べに伺いたいと思います

ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ