お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2013年06月

みぞのくち野郎@溝の口の『つけ麺(醤油)』5

DSC03319

高校時代のクラスメイツと
溝の口で飲み会



溝の口といえば

みぞのくち野郎

と何度もコメント欄で
オススメ頂いていた(脳に刷り込まれたw)ので
寄ってみることにしました

DSC03318

結構飲んだ後だったので
サッパリとしたものが欲しくなり
つけ麺(醤油)をポチっと

DSC03324

カウンターのみの店内には
各席から取れる位置に
キクラゲ ニラキムチ 紅しょうが

それと・・・

DSC03330

鶏の唐揚げ

が全部食べ放題\(^o^)/

DSC03337

酔っ払ってると
つい箸で取りそうになりますが
トングを使いましょう

DSC_4630

つけ麺(醤油) 600円 +ライス100円

DSC_4625

つけ汁は
とんこつ味と醤油味があります


結構ジャンクな味です (だがそれがいい)

DSC_4639

トッピングは
半スライス半熟煮玉子
メンマ
小口切りのネギ

DSC_4651

ですが
唐揚げとニラキムチの前には
その存在すら忘れられてしまう
悲しいデフォトッピングたち。・゚・(ノД`)

DSC_4664

食べ放題の唐揚げなので
過大な期待はしていなかったけど
出来上がってから
まだ時間が経っていないようで
外はカリっと中はジュウシィーで
萌え死ぬほど旨い!


※ 今回飲んだクラスメイツも
私の少し後に同店に訪れたとメールがあり
唐揚げはパサパサで固くて不味かったと
言っていたので
提供ポジションやタイミングで
かなりブレがあるのかも (´・ω・`)

DSC_4668

麺は細くチュルチュルしていて
ジャンクなつけ汁に
よくマッチしています

DSC_4683

昔ばなし盛り的なライスの上に
唐揚げを乗せてムシャムシャ
ニラキムチをアクセントにバクバク

DSC_4689

酔っ払った勢いでKK  orz...


600円+100円で
この満足度は異常だと思います


こんな凄い店をお勧め頂いた
捲り一発さん
ありがとうございましたm(_ _)m

ごちそうさまです



(自分用メモ)
帰りの最終電車は家から4駅手前止まりだったので
そこから2時間近く歩いて泣きそうでしたw

ラーメン二郎@西台駅前店の『つけ麺(夏季限定)』5

DSC03301

ヒロシです


生乾きのシャツを着ていたら
好きな女の子から
濡れた犬のニオイがすると言われました



ヒロシです

DSC03303

フライデー・ナイツだから混んでるかな〜?
と思っていたら
誰も並んでいなくて拍子抜けな
20時頃 西台駅前店


小豚とつけ麺の券を買い
店内の待ちイスで少々待機

DSC03306

つけ汁が冷めた時に
セルフで温めるための
レンジがあるけど
使ってる人を見たことがない (´・ω・`)


レンジの上には
オリゴ糖などの調味料が
置いてあるようで
オリゴ糖はいつか試してみたいところ

DSC03309

とても辛い唐辛子は健在

DSC_4570

現金払いで注文した
ビール250円
生玉子50円
小ネギ100円


いつものように
ビールをチビチビと半分だけ飲んで
お品の到着を待ちます

DSC_4574

小豚750円 +つけ麺100円
(コール=おねがいします)

DSC_4579

なんだか量が凄いような気が


でも麺の下にはヤサイが
徳川埋蔵金のごとく
タップリと埋められているので
麺の量は見た目ほどでもありません
(でもやっぱり多めだと思う)

DSC_4584

つけ汁は新宿歌舞伎町店と同様に
白っぽく細かい背脂混じりの層が
表面に形成されていますが
その下は醤油感バリバリ


昨年と同様に
甘味と酸味は弱く
醤油のショッパさが前面に出た味

DSC_4594

いつものように
ブタをつまみに
残しておいたビールでマターリ (*´Д`*)


ウデ肉とバラ肉の両方が乗っていますが
ウデ肉のネットリとした脂の乗った濃厚な味が
ビールとの相性抜群!

DSC_4601

豚を半分ほどビールのつまみに食べた後に
ようやくつけ麺を食べにとりかかり


西台の麺は
つけ麺にするには弱い印象だけど
他の具材を合わせたトータルで見てみると
麺が主張しない分
まとまり感があります

DSC_4607

途中でつけ汁に
生玉子と小ネギとヤサイを入れて
なんちゃって大勝軒もりなま野菜風に
魔改造


つけ汁は醤油ダレというよりも
醤油が立った風味なので
生玉子&ヤサイを入れて
マイルド化した方が
旨いと思いました

DSC_4619

眉二郎のつけ麺で獲得した
無駄なショッパー耐性を
いかんなく発揮し
今夜もKK ごちそうさま


都営地下鉄「夏」のワーデーパスが始まったら
もうちょい頻度を上げて訪問したいと思った
西台駅前店でした

ラーメン二郎@京成大久保店の『小ラーメン』5

DSC03296

今日は携帯を家に忘れて
久しぶりに携帯を持たない一日でした (´・ω・`)


それで調子が狂ったのか
眉二郎への電車の乗り換えをしくじり
いつもより12分遅れで到着


店内壁沿いに背後霊待ちをするも
列が全然進まないのは
撃沈しそうな高校生野郎二人組と
水ばっかり飲んでる高校生ヤロウ三人組と
カップルが原因

DSC_4544

小ラーメン 650円
(コール=おねがいします)


ようやく席を立ったカップルは
二人とも半分以上残していたので
珍しく奥さんから指導を食らっていました
(ヤサイ増しにしておいて半分も残せば当然)


眉さんはカップルを睨みつけながら
恐ろしい形相になっています ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

DSC_4552

そういう殺伐とした店内で食べる
二郎は何故か旨い (´∀`*)


19時台後半なのに
どんどん客が入ってきて
外まで行列が溢れています

DSC_4561

木曜なのに
こんなに混んでいるのは
珍しいです


背後霊マシマシだったので
カメラショットは控えめにし
スープが旨かったので
ダイエッツ中なのにKK

DSC_4565

空のドンブリを撮る時は
みなさんの視線が刺さって
痛かったです ('A`)


今度は背後霊の居ない店内で
食べたいです
ごちそうさまでした

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン』5

DSC03292

梅雨真っ只中の土砂降りナイツ


こんな日には臨休確率の高くなる
眉二郎に向かうほど
ワタクシは勇者ではないので
メルマガ完備 駅徒歩3歩の
超安全パイである
ラーメン二郎 千住大橋駅前店の
門を叩くことにしました
(叩かないけど)

DSC_4510

小ラーメン 650円
(コール=おねがいします)


ダイエッツ中なので
大は封印でつ (´・ω・`)

DSC_4514

夜の助手さん
安定感があります


店主さんは
一時期に比べると
大分スリムになってきましたけど
ダイエッツしているのでしょうか?

西台の店主さんも
かなり体を絞っているそうで
二郎では減量ブームなのかな?

DSC_4516

ブタは三枚肉風の
無難なやつが2枚

DSC_4527

麺がデフォで硬めになったようで
全くデロっておりません (´・ω・`)


本日のデロ度

☆☆☆☆☆ (無デロ)

DSC_4531

超アツアツなので
早めの段階で
麺の冷却も兼ねて
生玉子投下

DSC_4540

今日のスープは
グルが前面に出ていて
軽めな飲み味


固形アブラをサルベージし
スープは1/3くらい飲んで
ごちそうさま


(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* デロ麺にな〜れ

【とり部】 偽だし巻き卵

13060501

毎日
起床直後に体重を量っているんですが
最近はストイックなダイエッツを目指し
My基準値を越えている場合は
その日はラーメンには行かないことにしています

続きを読む

ラーメン二郎@環七新代田店の『チャーシューメン汁なし(ピリ辛味)』5

DSC03284

プチ・リバウンドしていた体重が
やっと元に戻ったので
梅雨の晴れ間のプチ遠征


夜の環七新代田 八時ごろ


結構空いてて
即着席可

BGMは氷室京介

DSC03287

券売機のメニューは
前回訪問時から
ほとんど変わってないですが
汁なしにソース味が加わっています
(広島のお好み焼き用ソース使用のようです)

DSC03290

券売機で
チャーシューメン(小ブタ)750円と
かつおぶし50円と酒250円
の食券を買い
プレミアムモルツ(100円追加)と
生玉子(50円)は現金対応


食券提出時に
「汁なしのピリ辛で」
と言ってピリ辛味の汁なしで
作ってもらいました


ちなみに
生玉子は手渡しw

DSC_4324

チャーシューメン汁なし ピリ辛 750円
(コール=おねがいします)


100%モヤシのヤサイの上から
ピリ辛いやつが
かけられているようです

DSC_4326

ここのヤサイとブタは
提供直前に
スープ少々が入った鍋の中で
蒸されているようで
二郎の中でも独特な手法

DSC_4338

汁なしと言いながら
汁が結構入っているのは
お約束です

DSC_4331

ブタをつまみに
ビールでマターリ (*´Д`*)


ビールのつまみにパクパク食べたら
あっという間に無くなったので
ブタWにすべきでした (´・ω・`)

DSC_4342

プリプリ感の強い
個性的な麺です


前半は
かつおぶしや生玉子を使用せず
デフォの味で食べてみましたが
シンプルな味で
こういうのも悪くないかな〜
と思いましたが
ここは無化調なので
やはり物足りなく感じてきます

DSC_4352

後半は生玉子とかつおぶしを入れて


やっぱり
かつおぶしが入ると
断然良いですな〜


もしかすると
別売りのクリームチーズも
合うかも

DSC_4356

リバウンド解消記念にKK


食後しばらく
辛味の発汗作用で
滝汗状態

こいつはダイエッツ効果があるかも!?



ソース味も気になるなぁ

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@亀戸店の『ラーメン』5

DSC03275

定点観測


入口の上に
小さなフィギュアみたいなものが
ズラッと並んでいる!

DSC03254

券売機のメニュー表示が
新しくなり
左隅にフィギュアが!


そして遂に
このような注意書きが!

当店の大盛りラーメンは非常に量が多くなっています
初めての方、女性の方にはラーメンをおすすめします
また、麺少なめ、麺半分も受け付けておりますので、
お気軽にスタッフまでお申し付けください。




19時頃だったけど
豚は売り切れ(´・ω・`)

DSC03255

唐辛子の容器が
大容量のものに変わっていた


ギャバンの黒胡椒は
出口が固まっている('A`)


そして
一部のイスがイームズ風のやつに
新調されていた

DSC03258

ラーメン 650円
(コール=ニンニク)


厨房には
森山直太郎似の助手さんと
ぶーちゃん店主

DSC03260

ヤサイはデフォでも十分な量で
モヤシがシャキシャキしてて
助手さんGJ!

DSC03264

豚は味がよく染みたものが2枚

DSC03268

麺は柔らかめで
モッチリと喉越し良く美味

DSC03271

スープは豚の旨みが濃く出ていて
ひばりヶ丘をライトにしたような感じで
臭みも無く
とても旨い


最初は2〜3口にしておこうと思っていたけど
やめられないとまらない状態になり・・・

DSC03273

ついKKしてしまった orz...


東側に住んでいると
こういうタイプのスープはこれまで
桜台やひばりヶ丘まで行く必要があったけど
亀戸でも味わえるというのは
選択肢が増えてありがたいです

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺』5

DSC03243

今日は湿度が高く
京成大久保店は
ドアを締め切って
冷房運転していましたが
厨房の眉店主は汗だくで
大変だなぁ・・・


助手は奥様

空席があると思ったら
急に中待ちが出来たり
客の出入りに波がある
夜の部の眉二郎

DSC_4276

久しぶりにつけ麺のヤサイ多め
(唐辛子は卓上のやつを自分で掛けた)


つけ麺の時だけ
全てのコールは
食券提出時にしなければならないというのが
この店のローカルルール

DSC_4282

そういえば前回
券売機の画像
大ラーメンの売り切れランプが
点灯していないように見えた件ですが
今日確認したら
しっかり点灯していました^^;

DSC_4287

ここのつけ麺は
つけ汁がしょっぱめなので
ヤサイ多めにすると
しょっぱさのカドが取れたような
マイルド感が加わります

DSC_4291

つけ麺 750円 (ヤサイ多め)


眉店主が
茹で上がった麺を水で〆るため
奥様にパスする時に
不敵な笑みを一瞬浮かべていたのを
私は見逃しませんでした

DSC_4294

あの・・・ 凄く量が多いんですが (´д`;)

DSC_4300

昔食べた大つけ麺
近い量だなコリャ


麺だけなら
この量でも特に問題は無いんですが
ワタクシは具を食べるのが苦手なのです

つけ麺は具の量が多いので
できるだけ咀嚼回数を抑え
麺の喉越しをメインに楽しむことに


厚意で増してもらったヤサイは
絶対に残すことは許されません!

もし残すと劇場開幕は必至・・・ ('A`)

DSC_4311

終盤はペースダウンを余儀なくされましたが
なんとか固形物を完食 ε-(´・`) フー

DSC_4317

気が楽になったら
つけ汁までイケそうな気がしたので
グイッ!とKKして記念撮影


ヤサイ多めにすると
麺が自動増しになるのか
よく分かりませんが
かなりの満腹感を味わえたつけ麺
ごちそうさまでした

【とり部】 超巨大手羽先餃子を作る試み

13060501

とり部

はじめますた

DSC_4209

先日のおでん東大風焼きてびち
コラーゲン皮膜にインスパイアされ
今度はコラーゲンたっぷりな手羽先で
超巨大餃子風なブツを
作ってみようという試み


とりあえず
手羽先12本@88円/100gを仕入れ
適当な香味野菜と
塩少々
うすくち醤油微量を入れて煮ます

DSC_4216

煮たら
手羽先がピッチリ入るテフロン小鍋に手羽先を移し
煮汁は温存

DSC_4224

煮汁をヒタヒタの状態に注ぎ
手羽先を炒め煮


乳化した煮汁は
鶏白湯ラーメンが作れそうな面持ち

DSC_4254

汁が少なくなってきたら
煮汁を足しを繰り返し
煮汁が全部無くなった状態まで
ひたすら忍耐の要る作業です




それでは
コラーゲン皮膜が成長しているか
ひっくり返して見てみましょう!

DSC_4261

工エエェェ(´д`)ェェエエ工



marude

DSC_4265

コラーゲン皮膜は成長せず
超巨大手羽先餃子を作る試みは
失敗に終わりましたが
酒のつまみになりそうなので
ヨシとしておきます(´・ω・`)

ラーメン二郎@環七一之江店の『汁なし大盛ラーメン』5

DSC03232

3ヶ月ぶりの一之江


すっかり日の入りが遅くなり
18時を過ぎても
まだ全然明るい

DSC03235

18:05ごろ店頭着で
待ち無し空席2


土日は混んでいるイメージがあるんだけど
経験的に17時台後半からは
空いているような気がします

DSC03236

助手は推定奥様ではなく
初めて拝見する若めの男性


奥様の隠れファンなので
ちょっぴりショボーン (´・ω・`)

DSC_4165

汁なし大盛ラーメン 700円
+ブタ入100円 +生玉子50円
(コール=全部)


本当は

ニンニクアブラカラメ魚粉



ヤサイ以外全部

とコールしたかったんですが
面倒だったので全部コール^^;


助手さんに
「全部は魚粉入りでよろしいですか?」
と確認されたので
魚粉入りでお願いしましたが
魚粉はチョロっと入るくらいでした

DSC_4170

いつもより量が多く見えるのは
ヤサイも増されているから?

DSC_4179

今日の昼の部に行ってこられた
ビッグボーイさん
いつもよりブタが固めだったと
おっしゃっていましたが
確かにちょっと固めですね


まぁでも許容範囲で
肉の旨み溢れるブタは
肉喰ってる感マシマシで
美味しかったです^^

DSC_4188

麺はここ数回食べたのと同じく
ちょい柔らかめベクトルの入った茹で加減で
とても食べやすく胃に優しい感じ

DSC_4190

ものすごくアツアツの麺に
猫舌番長のワタクシはいきなり音を上げ
生玉子投下で冷却を試みます

DSC_4196

そしてやっと食べごろの温度まで下がった頃
卓上の荒挽き黒胡椒をたっぷり掛けると
一之江汁なしの真の旨さが発現!


びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ

DSC_4200

真の旨さが発現してからは
食べるスピードもマシマシになり
あっという間に汁なしの汁だけという
意味不明な状態に

DSC_4204

準ホーム店なのでKK


月イチペースで通うのを目標にしたい
環七一之江店さん
ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ