お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2014年01月

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン』5

DSC05492

先週は臨休でフラれ
今週前半は助手さんがインフルで
昼の部のみの短縮営業という
ハードルの高かった千住大橋駅前店


助手さん復帰で
今日は夜の部も有りということで
19:16千住大橋駅着の電車を降りると
ほとんど待ち無し(・∀・)

DSC05498

でもそれから数分経つと
急に行列が伸びたので
金曜の夜は19時台前半までが
快適なのかもしれません

DSC05500

助手さん
濃い髭面になってて
スピルバーグ監督かと(笑)

DSC_2685

生玉子のお椀は
相変わらず水でべちゃべちゃw


すき焼きスタイルで食べたい方は
気になるかもしれませんね(´・ω・`)
(ティッシュで拭けば無問題ですが)

DSC_2691

小ラーメン 650円 +生たまご50円
(コール=おねがいします) ※ セルフとうがらし


千住大橋ひさしぶりだな〜
と思って調べたら
なんと約三ヶ月ぶりでした

DSC_2698

なんとなく盛りがイイような気がする
(実際に量は多かった)

DSC_2700

豚ちゃんは
脂身と赤身の比率が
よく考えられているような
巻豚チックなやつで
しばらくスープの底に沈めておくと
柔らかくなって旨くなるやつ


ヤサイの下にも
端豚ぽいカケラが埋まってたけど
たまたまかな?

DSC_2714

ショッパーなスープと
液体アブラが絡んだ
ちょいデロ麺が堪りませんなー

DSC_2720

猫の舌を持つ男
なので
生たまごと麺を絡めて
冷ましながら食べます


やっぱココの麺は
生たまごと最高に合いますなー

DSC_2727

麺を食べ切ると
液体アブラとプカアブラが大量に浮かぶ
アブラ地獄が出現 (((( ;゚д゚)))


ここのプカアブラ旨いから
それだけサルベージして
スープ半飲で止めておこ・・・









DSC_2728

キレすぎるほどのショッパさだけど
股間が縮み上がるほどではなかったし
惹きの強い味だったので
おいちゃんは
ついKKしちゃったよ

ごちそうさんでし

【とり部】 北京タッキー

DSC_2558

骨なしケンタッキーが
発売されるこのご時勢


肉なしケンタッキーがあってもいい頃

DSC_2565

乗るしかない
このビッグウェーブに

続きを読む

[レシピ] 脂みそラーメン

DSC_2433

もうすぐ料理記者歴60年を迎えられる
食生活ジャーナリストの岸朝子さんですが
以前ラジオ番組か何かで
若い頃に沖縄の親戚から油味噌を送ってもらって
それをお湯で溶いて味噌汁にしていたと
話しておられました

DSC_2437

油味噌で味噌汁が作れるのなら
味噌ラーメンも作れるだろう
という安直な考えで
自家製脂みそを使った
味噌ラーメンを作ってみることに

続きを読む

ラーメン二郎@目黒店の『小ラーメン』5

DSC05483

実食日: 2014/01/25

伊吹からの連食です

DSC05485

都営地下鉄「冬」のワンデーパスという
超お得な切符を買ったので
使わなきゃ損な気がして
志村坂上から目黒まで
三田線で移動したものの・・・

DSC05488

目黒駅に着く頃には
伊吹の麺が腹ン中でパンパンに膨れて
プチ後悔することに(´・ω・`)

DSC_2388

小ラーメン 500円
(コール=ニンニク)


連食すると
二軒目は一軒目よりも
旨さを感じなくなるので
自重しているのですが
交通費を節約するために
たまに連食してしまうという
貧乏性なワタクシ

DSC_2393

ラーメン評論家の方なんか
三連食 四連食を普通にやってたりしますが
後の店になるほど
美味しさを感じなくなっているはずで
その辺はどうクリアされているのか
興味があります

DSC_2402

二三口食べてお残しするのが
複数の味の評価を行うという目的において
最も正しいやり方なのでしょうが
お店に失礼な感じですよねー


一方
ちゃんと完食した上で
評価に連食補正を施すというのも
果たして正しく補正できているのか
甚だ疑問なわけで
ラーメン評論家業界的には
触れてはいけないタブーなのかなぁ・・・

DSC_2408

こういう時に限って
麺がギチギチに入っているというのは
ありがちな罠


ええ
後半泣きそうになりながら
1.7ロットくらいのスローペースで
食いきりましたよ

DSC_2414

スープがライトだったのが
救いといえば救いで
最後に二口飲んで
ごちそうさま


今度はお腹が空いてるときに来て
大ラーメンを食いたいな!

中華ソバ 伊吹@志村坂上の『濃厚中華ソバ』5

DSC05458

ニボ欠乏症になったので
異常に濃いぃ煮干汁を出すと
巷で噂の
コチラへ


志村坂上駅のA2出口から
歩いて5分ちょいでしょうか 

DSC05464

券売機のメニューが
いささかカオス


お目当てのメニューを見つけるのに
一苦労 (悪夢ふたたび)

DSC05472

  • 濃厚中華ソバ 750円
  • 炊き込みご飯 100円
  • 和え玉 150円


の券を購入


納豆が売り切れなのが残念 (´Д⊂)
DSC05474

厨房には
大柄な店主
クワマンを丸くしたような男性店員
店主のご母堂と思われる方
の三名がアットホームな雰囲気

DSC05477

卓上には
海洋生物学の標本のようなボトル2種


1つは烏賊酢で
もうひとつは烏賊ナンプラー
だそうで面白い味がしますよ^^

DSC_2316

濃厚中華ソバ 750円


トッピングの刻みタマネギが
少々乱れておりますが
これは隣の席の人が
箸でいじくったからなんです(笑)

DSC_2322

隣の席の人と言っても
知り合いとかじゃなくて
全然知らない他人(爆)

DSC_2329

お店の人が間違って
隣の人(淡麗中華ソバ注文)に
ワタクシの注文品を間違って出して
食べかけてたワケなんですけどね・・・

DSC_2335

その人が
タマネギをいじくってるところで気付いて
使ってた箸ごと「ハイッ!」ってパスしてきて
気まずい雰囲気が一瞬流れたけど
私は元気です

DSC_2349

白米の方が良かったんだけど
今回は炊き込みご飯のみでした


店主さん
提供間違いに気を使って
少し盛りを良くした悪寒^^;

DSC_2355

濃厚に濃厚を塗り重ねたような
見事なニボ濃度


それでいて
苦味は目立たず
これは良い煮干汁

DSC_2366

和え玉は
欲しいタイミングで言うと
作ってくれます


つけ麺として汁につけて食べたり
替え玉として残った汁に入れたり
逆に汁をかけて和え麺にしてもヨシ

DSC_2372

和え麺にして食べましたが
この方が塩味が薄らいで
旨く感じました


卓上の烏賊酢や烏賊ナンプラーも使って
味変して遊んだりが楽しかった!

DSC_2382

すっかりニボ充

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@環七一之江店の『汁なし大盛ラーメン』5

DSC05439

千住大橋の
汁気の多い助手さんを
観察しに行く予定が
まさかの夜の部臨休で
一之江へ

DSC05443

お持ち帰り豚販売の貼り紙は
本日も
うちわでお隠れに (´・ω・`)

DSC05448

プチ・ダイエッツを乗り越えて
一週間ぶりのラーメンなので
なんだか緊張する

DSC05450

ちょっと濃い感じの若い男性助手さんは
長続きしているようで
常連さんの注文を
かなり覚えているご様子


仕事もしっかりこなしていて
すごいな〜

DSC_2275

汁なし大盛ラーメン 700円
+豚増し100円 +生たまご50円
(コール=カラメニンニク魚粉)


汁気の多い助手さんにフラれたので
汁なしで!

DSC_2291

ムギュッとした一之江独特のウマ豚は
家に持ち帰って
ビールと飲みたい味

DSC_2302

湯気がモウモウと立つアツアツ麺は
生玉子1個落としたくらいじゃ
チッとも冷めないのでした


濃厚汁と魚粉の相性もバッチリで
卓上の荒挽き黒胡椒を使うのも
すっかり忘れて
食べることに没入

DSC_2303

ピントがすっぽ抜けちゃったけど
汁気の多い汁なしの
雰囲気だけでも^^;

DSC_2312

シンプルな汁なしは
飽きの来ない旨さでした

ごちそうさまです

[レシピ] 脂みそ

DSC_2215

脂みそ作りましょうかねー

続きを読む

【ぶた部】 やわらか煮豚を作る実験

kobuta

趣味の煮豚作り

DSC_2118

今回は
バラ肉ともも肉という
性格の大きく違う豚を
同時に
煮てみました

続きを読む

ラーメン二郎@神田神保町店の『小豚』5

DSC05423

昼だけ営業になってから
ワタクシにとって
ハードルの高くなった
神田神保町店

DSC05427

しかし
混んでいるイメージな土曜日でも
16時以降の時間帯は
狙い目らしく
4人しか並んでいない!

DSC05431

昔は
中待ち席が
3席ほどあったような気がしますが
今は1席しかありません

金ちゃん

↑おじゃる丸に出てくる
金ちゃんクリソツな助手さんが
完全に誘導してくれるので
それに従い入店・着席すれば良いという
初心者にも優しい接客

DSC05433

この時間帯でも
豚ダブルがあり
生玉子も完備

DSC05437

店主さん
ちょっと痩せたかな?


1年ぶりなので
結構新鮮だったりします

DSC_1995

小豚 750円 +生玉子50円
(コール=ヤサイニンニク)


ロット最後の1杯

DSC_1999

盛り付けが
相変わらず美的

DSC_2004

脂身は少ない豚ですが
ピンク色がかっていて
トロけるような柔らかさ


こういう豚って
他の二郎では見ないような気がします

DSC_2013

ロット最後の1杯だったので
柔らかめだけど
デロってはいない麺


前回と比べると
偏平率が高くなったようで
そのせいか細めな印象


しかし
麺の量はさすがに多い神保町

DSC_2017

食べても食べても
どんどん出てくる麺の恐怖を
久しぶりに味わいました(笑)


やっと中盤になってから
生玉子を入れて味わう
余裕が生まれたという

DSC_2022

ド乳化安定のスープを飲むと
口のまわりがカピカピになったw


時間帯を選べば
意外にハードルの低い神保町店
ごちそうさまでした

ラーメン二郎@亀戸店の『ラーメン』5

DSC05416

昨日Twitterで


定点観測はよ!


と言われたので早速
夜の亀戸
蔵前橋通り
空席チラホラ

DSC05420

大きくこそなれ
決して小さくならないのが
彦摩呂さんと
亀戸店主

DSC05422

中の人の存在を疑ってしまうほどの巨体は
着ぐるみいらず
ご当地キャラさながらの癒し系


しかし
某ネット掲示板の書き込みを見ると
大量にお残しする卑しい系の客には
最近厳しいらしい (´・ω・`)

DSC_1953

ラーメン 650円 +タマネギキムチ100円
(コール=ヤサイニンニクカラメ)


ワタクシが定点観測をしてるところに
日本語が通じない風な
中国人女グループ襲来!


日本語が全く読めないのか
大の食券を買って
券売機前で話し合っています

DSC_1957

店主が「大は多いですよ!」と強い口調で言っても
通じていない様子


イライラがつのり
燃えよデブゴンに変身寸前な店主 ('A`)

DSC_1964

すると
若くない男性助手さんが
「ラーメンはひとり一杯づつ買ってください」
と機先を制する
(そういう事案発生が少なくないのでしょう)

DSC_1966

しばらくすると
中国人女のひとりが
「食券を小さいのに替えてください」
とか日本語で言ってるし

DSC_1974

おまえら
日本語分かるんじゃねぇか!w

DSC_1978

しかし


麺熱すぎじゃねぇか!?www

↑猫の舌を持つ男

DSC_1979

店主により麺の下に敷設されていた
二枚の豚ちゃんを掘り出すと
それなりに柔らかくなってはおりましたが
醤油ダレが染みていないので
物足りない感あり (´・ω・`)

DSC_1989

今回初めてカラメにしましたが
正解でした


タマネギキムチの存在感は絶大だし
あとは生玉子がメニューにあれば
舌をやられなくて済むので
ひそかに期待しながら
また定点観測に来たいと思います

ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ