お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2014年11月

杉田家 千葉店@東千葉の『ラーメン+のり+ライス』5

DSC07795

せっかくなので
声を大にして言います



11月28日は
いいニーハイの日



DSC07799

あ〜 言ってスッキリした!(・∀・)

beer

ニーハイという言葉だけでも
心躍るのに
ニーハイの日があるなんて
おじちゃんのハートがビートしすぎて
ポックリ逝ってしまうんじゃまいかと
前日からソワソワしている次第
なのであります

DSC_6191

ラーメン 670円 +のり40円+ライス60円
(好み=全部普通で)


ニーハイの日の前夜祭ということで
杉田家にてビールとラーメンのり増しライスの
豪華コースをひとり楽しみに
やってきたワタクシ

DSC_6198

前回訪問時に苦言を呈したように
杉田家は
厨房の中の人が
ニーハイならぬニーハオなので
オーダー忘れや
海苔の置き方にデリカシーが感じられない等の
気に入らない点がありました


だが今回は
それらが改善されていて
なんだかとてもいい感じ・・・

DSC07803

そんで機嫌が良くなって


よーしパパ
幸せ丼作っちゃうぞー



とか言ってんの

shiawasedon

卓上調味料全部乗せしたら
昭和30年代の東北地方の塩分摂取量に
届きそうな危険なブツが
出来上がってしまったり・・・

DSC_6211

麺持ち上げて


うおォン!


とか言ってるんです

もうね
アホかと
馬鹿かと


881088_29

ニーハオのラーメンが
こんなに旨いなんて正直


悔しいですっ!


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@茨城守谷店の『少なめラーメン』5

DSC07786
(実食日:2014/11/23)

豚男探査ミッションを無事成功させ
達成感を噛み締めている我々に向かって


「じゃあ次は守谷に移動!」


「三時間あればハラ空くでしょww」


という信じられない言葉を
投げかける無慈悲なmakotoさん((((;゜Д゜)))

DSC07778

守谷に移動する前に
那珂湊おさかな市場へ

DSC07776

カニ旨そ〜

DSC07777

生牡蠣食べたかったけど
さっき豚男で食べてオナカ一杯だったので
見るだけで我慢 (´Д⊂)


そんな中
まぁちゃんさんは
生牡蠣2個も食べていて
呆れるやら羨ましいやら…

DSC07781

夕方でも賑わっています

DSC07782

夕方でも新鮮なおさかなが一杯!


今度はハラを空かせて訪れたい場所です…

DSC07792

高速のプチ渋滞に遭いながらも
19時ごろ守谷二郎に到着


連食は大の苦手なのですが
体育会系な眉鍋組のノリに押されて
少なめラーメンを食べることに・・・

DSC_6163

少なめラーメン 650円
(コール=おねがいします)


ニンニクふぁ〜?


に「お願いします」と答えたら
結構多めにニンニクが盛られましたw


ここのニンニクって
細かくて辛いんですよね〜
(スープに混ざると
旨さに変化するところが堪りません)

DSC_6167

麺の量が小ラーメンの半分と書いてあるけど
体感的には2/3はありそう(((( ;゚д゚)))

DSC_6174

ハラが減ってないのに
旨いってことは
相当旨いんだと思います

DSC_6177

うおォン!


表面デロの
芯パッツンな
二郎らしい麺が(゚д゚)マイウー

DSC_6183

ハラ空かせて
また食べに来たいと
強く思わせる一杯でした


ごちそうさまです

seize1JPG

帰り道は
カーナビを超越した男
まぁーちゃんさん
の案内で
渋滞にも遭わずに
京成大久保商店街に到着し
サイゼで軽く打ち上げを・・・

seize2

のはずが
まさかのマグナム登場ww


いつものようにハードな遠征でしたが
終わってみれば楽しい思い出・・・


ご一緒させて頂いた皆様
makotoさん
大変お世話になりました
おつかれさまでしたm(_ _)m

豚男 BUTAMEN@茨城県那珂市の『小』5

DSC07767

makoto-jin-reiさんのお誘いで
眉鍋組遠征第六弾
の茨城遠征に
参加させて頂きましたm(_ _)m


makotoさんのP車に


の計5名で後部座席はパンパンだぜ状態


このメンバーの中で
車載ナビゲーションシステムを
遥かに超越する能力を発揮したのが
まぁーちゃんさんなんですが
ラーメン三銃士に例えるなら
ra-men_collage

この左端っぽい人です(爆)

DSC07736

神社仏閣歴史マニアのmakotoさんにいざなわれて
最初に訪れたのが
香取神宮

DSC07744

こちらには初めて来たのですが
宝物館が特に感銘を受けました


国宝の海獣葡萄鏡
わりと適当に陳列されていたり…

DSC07747

香取型戦艦や巡洋艦などの資料も
陳列されていて
ネトウヨ(マイルド右翼)も楽しめる施設です


※ 詳しくはmakotoさんの
こちらの記事をご照覧ください

DSC07754

その次に訪れたのが
鹿島神宮

DSC07756

柵に囲われているだけで
ほとんど世話をされていない鹿が
可哀想 。・゚・(ノД`)
(以前コメントを頂いた通りでした)

DSC07765

紅葉もきれいで
ここも良いところでした


※ 詳しくはmakotoさんの
こちらの記事をご照覧ください

DSC07768

そんなこんなで
プチ渋滞に巻き込まれながらも
閉店時間ちょい前に
豚男 BUTAMENさんに到着

DSC07774

この時間帯なのに
席の七割方は埋まっていて
繁盛してますね〜 

DSC07771

約1年前に訪れた時
生たまごが無料でしたが
今は50円になっています


壁にクズあっきぃのサインが…

DSC07775

我々一行は
センターの大テーブルに着席

DSC_6107

生たまごを買って
取り皿もゲットして
スタンバイOK!

DSC_6109

680円 (ニンニク入り)


1年前と比べると
ドンブリが大きくなって
食べやすくなっています

DSC_6119

というか
取り皿用にゲットしたドンブリが
以前のドンブリのような気がする…

DSC_6120

プースーは
前回の超乳化とは打って変わって
ライト系の背脂チャッチャ風になっていて
幅広い客層に受けそうな面持ち

DSC_6143

SKE方式
ヤサイをひとまず取り皿に移動してから
食べ始めます

DSC_6125

豚は麺の下の方に入っていて
この画像よりも多くの豚が
後から後から発掘される感じは
さすが豚男さん


ホロっと柔らかく
ヒバジの豚に印象が近く
ご一行の皆様の評価も高かったようです

DSC_6131

モチモチ極太麺
うおォン!


この暴力的な荒ぶるメンを
いつかつけ麺や汁なしでも
食べてみたい…

DSC_6148

久しぶりに
スキヤキ風で楽しみました

DSC_6156

あ〜 食った食った

おなかいっぱ〜い!(笑)

結構量がありました

ごちそうさまです




眉鍋組遠征はこれだけでは終わらないわけで
これからがほんとうの地獄なのでした…

(つづく)

末広家@本千葉の『ラーメンのり増しライス』5

DSC07725

麺を抜きにして
ラーメンライスを語ることなかれ



という教訓が
痛いほど身にしみた
35の夜の翌日
ワタクシは
家系ラーメンの名店
末広家に向かったのでした

DSC07728

前回訪れた時は
中国人ラヲタ化計画の一環だったのですが
あれからはや5年経ちました…

counter

助手は店主さんの奥様で
5年前は野村沙知代的イメージだったのが
お痩せになったからか
平野レミ的イメージに変貌されていて
レミパン振り回さねーかと期待するも
そんなこともなく普通にライスが到着

DSC_6071

ライスの上には
俺の知っている緑色のキューちゃんと
肉そぼろ

豆板醤はセルフで乗っけました

DSC_6076

ラーメン 730円
+のり増し100円+ライス100円
(お好み=普通)


エリマキラーメンのような
見事な海苔の布陣に
テンションMAX!

DSC_6083

家系の名店って
いい海苔使ってるとこが
多いですね

DSC_6086

いい海苔と言っても
私は海苔については全くの素人なので
よく分かりませんが
素人なりに


厚みがあってスープをよく吸うやつ


だと思っています

DSC_6096

やっぱり麺はあった方がいいね!

DSC_6100

スープ吸わせた海苔でライス巻いて
豆板醤乗っけて
うおォン!


鶏油多めの方が
より旨そうなので
次回は油多めで行きたいと思います!
ごちそうさまでした

【きょうの汚料理】 ネギチャーシュー丼

GOOD_MORNING_Ramenshop

【DEBあるある】

ラーショが閉っている夜中に限って
ネギチャーシュー丼が食べたくなる




そんな誘惑に
ただ身を任せ
ネギチャーシュー丼を
作ってみた15の夜

続きを読む

【ラーメン二郎】 SKE48 エビカルチョ反省会

vlcsnap-2014-11-09-21h00m30s199

千葉大卒の大久保佳代子が
SKE48をいじりながら進行する
SKE48 エビカルチョ!


今回の放送は
アイドル VS 二郎という奇想天外な企画

続きを読む

麺屋 永太@蕨の『塩ラーメン』5

DSC07704

未食の塩ラーメンを食べに
蕨の永太へ・・・

i2

直行するはずが
全日本麺リフト協会会長と
駅前の「喜よし」で
軽く飲ことに・・・

i3

会長の話によると
ここは秋元屋の修行先で
味噌ダレが特徴らしい


たしかにコクのある味噌味が旨い


ホッピーを重ねているうちに
永太の閉店時間が近づいてきたので
移動

i6

このあたりから
記憶がほとんどありません(笑)

DSC07707

いわゆる念写というやつで
写真を撮った記憶が無いけど
画像が存在したという・・・

DSC07712

おじいちゃん
さっき飲んだばかりでしょ!(爆)

DSC07716

苦笑する永松店主w

DSC_5927

塩チャーシューにしようと
チャーシュー券も買ったけれど
塩の場合は別皿を勧められて
こうなったような気がする

DSC_5933

辛味を買った理由は不明・・・

DSC_5948

塩ラーメン 850円
※ 味玉AZMS!


酔っていたにしては
ブレずに撮れている不思議

DSC_5968

bntnの時と同様に
上から熱した油をジューっとやっていたかな?
全く記憶にございません orz...
前回は他のお客さんの塩ラーメンに
ジューしているのを目撃しました)

DSC_5977

この懐かしい感じ

DSC_5970

一口目はbntnの記憶が蘇ります


旨い、旨いなあ


スープは完全乳化ベクトルなので
そこは永太の個性になっていますね

非乳化バージョンもあると
面白そうです

DSC_5987

なんだろうコレ?
隣の会長のつけ麺を盗撮したやつかな?

i1

最後は辛味を入れて食べていた模様


ほとんど記憶が無いので
今度シラフの時に
食べ直したいです(´・ω・`)

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC06429

お昼ごろ
OKB26超常連の三鶴さんがTwitterで
SKE48のサインが飾ってあると
ツイートしていらっしゃったので
早速見に行ってきました

DSC07701

ホントだ!!

でも大久保の「久」が抜けているというwww


入って右側の給水器の上あたりにありました

DSC_5896

座った席はマユユ店主の目の前


SKE48の残留思念を感じながら
厨房のオペレーションに見とれていると
最後にアブラ専用寸胴から
液体アブラを追加するようになったようですね
(昔からそうだったかも…)

DSC_5908

みそラーメン 800円
(コール=おねがいします)


涼しくなってきたので
久しぶりに
みそラーメンにしてみました

DSC_5899

デフォでもヤサイが多い Σ(=゚ω゚=;)

DSC_5913

スープが表面張力で
ギリギリ決壊しない程度にたっぷり!
(この後決壊しましたがw)

DSC_5922

やっぱりラーメンだと
付け麺と比べて
酸味はほとんど無くて
辛さも控え目

味の差別化がされているんですね〜

DSC_5924

久しぶりの二郎だったので
腹がはちきれそうになりましたが
なんとかKKして
ごちそうさま



眉二郎が出てくる
TV放送は今度の土曜日で

SKE48 エビカルチョ! 2014年11月8日(土)
26時29分〜26時59分


です(詳しい内容はこちら

山羊料理専門店 若葉@南城市の『山羊刺身と山羊汁』5

DSC07698

久しぶりの山羊部活動は
沖縄県南城市にある
若葉へ


南風原町津嘉山にあった若葉が
移転してきたという噂ですが
その真相やいかに・・・

DSC07696

津嘉山の若葉は
場末のスナックみたいな雰囲気だったけど
こちらは座敷席のみで
明るい雰囲気

DSC07691

看板には「山羊料理専門店」と書かれているけど
メニューにはオムライスやハンバーグ定食なども
あるのでファミリーで来ても困らなさそうです

DSC07693

店の片隅で女児が宿題をしているような
アットホームすぎる雰囲気w


この女児
フーチバー(ヨモギ)の葉を摘んだりして
お店の手伝いもこなす偉い子なんです(´Д⊂)

DSC_5876

山羊刺身 1000円


山羊刺しは新鮮で臭みはほとんど無く
女児が摘んだフーチバーと一緒に食べると
ビールが超激ススムくん

山羊刺し

山羊うおォン!


卓上の酢と醤油を合成した
酢醤油で食べると旨い!

DSC07695

お店の方に話を伺ったところ
津嘉山にあった若葉は
店主のおばあさんが足を悪くして
昨年末に閉店

閉店を惜しむお客さんが多かったため
おばあさんからレシピを教えてもらって
今の場所にオープンしたそうです


その引退したおばあさんは
あの有名な仲地山羊料理店のご家族だそうで
そういう繋がりがあったのかと
妙に納得したのでした

DSC_5880

山羊汁 1300円


ちょっとお高いですが
特別な食べ物なので
どこでもこれくらいはするようです

DSC_5883

津嘉山の若葉と比べると
モツの部分が入っていないからか
山羊のオイニーもマイルドで
比較的食べやすい系統の山羊汁です


山羊マニアな方の話によると
チーイリチーという
血と内臓を炒めた
山羊臭全開の料理も
堪らないそうなので
次回は是非チーイリチーにも
挑戦してみたいものです(震え声)


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ