お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2014年12月

ラーメン二郎@三田本店の『ラーメン』5

DSC07938

13:15 行列は駐車場で折り返して二列状態

DSC07940

14:25 ようやく角を曲がった所へ


おやじさんは帰ってしまい
Jr.さんタイムになっています

DSC07941

14:38 券売機前まで到着

DSC07944

幼児を連れた家族連れや
連席希望のホモグループも居て
いささかカオスな
年内最終営業日の三田本店

DSC_6733

14:50 着丼()

DSC_6743

ラーメン 600円
(コール=ヤサイニンニク)


相変わらず
豚のエサ然とした
三田本店の二郎


豚を一枚だけ外に配置するのは
Jr.流なのだろうか・・・

DSC_6748

豚は
ムギュっと詰まったような肉質なのが一枚と
半分は食べられない脂身なのが一枚

DSC_6754

麺はメチャ柔


食べるというよりは
飲む感じ

DSC_6758

運よく鉄管注入直前のロットだったので
スープはなかなか旨い方だった


思ったよりは並ばなくて
良い二郎納めができました

ごちそうさまです

丸山吉平@浅草橋の『リブ250かつ定食』1

DSC07908

豚を食らわば皿まで


ということで
とんかつ 檍(あおき)出身の方のお店へ

DSC07932

秋葉原と浅草橋の中間くらいにあります

DSC07909

お客様へご注意とお願い

★食券ご購入後、席へご案内するまでお待ち下さい。
★券売機発行以外の領収証はご用意ありません。
★当店は脂好きの方向けの店なので、特に脂嫌いの方のご入店はお控え下さるようお願い申し上げます。


色々と面倒くさい店らしい(; ̄Д ̄)

DSC07912

店内入ってすぐの券売機で
食券を買ったら
店主さんの誘導があるまでは
勝手に席に座ってはいけません

DSC07916

メタルフレーム眼鏡に
マスク姿の細身の店主は
小岩二郎の店主と似た
ゲシュタポ風

DSC07924

客席間の国境も明示してあり
いちいち細かすぎます

DSC07927

檍とは違い
お新香は有料100円

DSC07931

塩の種類は三種類
(確認できた限りでは)

DSC07918

これがまたややこしいのですが


レモンは自動では付かないので
注文時に言わなければならない


ワサビはリブ系定食にしか付かない
(これも注文時に言わなければならない)

DSC_6697

でも馬鹿な僕は
ワサビを注文時に言うのを
忘れてしまったのでした・・・

DSC_6703

リブ250かつ定食 2200円


それで



すみません
今からでもワサビ付けてもらえますか?



と丁寧な口調で
とんかつが出てから店主に言ったのですが
完全に無反応なんです・・・

DSC_6710

一応僕の方を一瞥はするのですが
まるで山パンのライン工のように
無言で何かの作業を続けているんです


注文時に言わなかった僕が悪いのですが
オペレーションの都合上出来ないなら
その旨注意するなり怒るなりすればいいのに
完全スルーなんです

DSC_6716

とんかつはレア加減が絶妙で旨いのですが
客商売でこの接客は最低最悪です


ハッキリ言いますが
この店主は客商売に向いていません


客商売うんぬん以前に
人間的な対応ができないんです


確かに店主1人で
調理・接客・片付け・皿洗いをこなしているのは
尋常ではない作業量だと思いますし
極限まで効率化しないといけない事情は理解できますが
イチゲンの客とはいえ
それを無視するのは人間ではなく
ロボットですよ


常連さんとおぼしき客とは話をしているんだから
声が出ないわけではないでしょう



もし対人恐怖症やコミュ症なら
早く店を畳んでください


あなたには
客商売は向いていませんから



自分的には史上最悪な接客で
非常に残念な店でした

(まだラーメン髭赤羽二郎の方が人間的で遥かにマシです)

とんかつ 檍(あおき)@蒲田の『リブロースかつ(レア)定食』5

DSC07888

とんかつ通のパイセンが
イチオシする蒲田の
とんかつ 檍(あおき)

DSC07874

リブロースかつ(レア)がオヌヌメ
と言っていたけれど
2800円というお値段に
一瞬ひるむ・・・

DSC07881

でもよく考えたら
うちから蒲田まで
片道の電車賃が千円近くかかる
糞INAKA在住のワタクシですので


お金で買えない価値がある


的思考回路への切り替えは
迅速かつシームレスに
行われたのでした

DSC07876

とんかつにはとんかつソース!


という固定観念を
ケルヒャーで吹っ飛ばすかのような
お塩のレパートリー(八種類くらいある)

DSC07878

その中でもオヌヌメなのが
このヒマラヤ岩塩 ナマック
らしいのです

※ とんかつ通のパイセンは
半分ソース半分ナマックで食べるそうなので
必ずしもオール塩で通ぶる必要は無いみたい

DSC_6674

リブロースかつ(レア)定食 2800円


林SPF豚のリブロース(最も霜降りの多い部位で、すきやきやステーキなど、肉そのものを味わう肉料理に利用します)をレアに仕上げたとんかつ

DSC_6688

うひょー!


中心が絶妙なレア加減の
ぶ厚いとんかつに
ガッツリ喰らいつくと
霜降りのお肉からフレッシュな脂と肉汁が
お口の中に溢れて大変なことに・・・

kyougokuhan

なんちゅうもんを食わせてくれたんや…
なんちゅうもんを…

【感想】
フレッシュな肉脂感とサクサク衣の香ばしさが堪らない一品



全然お腹にもたれないのも
上質なお肉だからなのでしょうか

ごちそうさまでした

麺屋 永太@蕨の『塩油そば』5

DSC07854

今日は珍しく
昼から
麺活(←頃したくなるラヲタ用語)

katsutadai

というのも

最近は土日は営業しているという噂を聞き
訪ねて行った勝田台丸長に
見事にフラれ
流浪の旅に出かけたからなのです

DSC07856

だらしない勝田台丸長にひきかえ
臨休が無いマジメな永太さんは
盤石の営業体制

DSC07859

俺の特製ボタンが火を噴くぜ!
(べつに俺のじゃないけど)

DSC07860

つい先日登場した
塩油そば(多分期間限定)

DSC07864

それと赤星の組み合わせというネ申カードに
手の震えが止まりません(実はアル中です)

DSC_6614

ぼっち飲み会を始めると
手の震えは一応収まりました

DSC_6628

塩油そば 850円
※ 味玉AZMS!


センター・オブ・ジ・アース風に
具がマントル(麺)の下に敷設されたルックスは
あのbntnを踏襲したもの

DSC_6635

アツアツな極太自家製麺で食べる塩油そばに
全身が打ち震えた瞬間

DSC_6638

くぱぁ



基本的には
bntnの塩油そばを踏襲していますが
細かいフライドガーリックが入っていたり
ほんのりと例の香り油の風味がしたり
永太さんオリジナルの要素も入っていて新鮮!

DSC_6650

ぐーるぐるぐるまぜまぜして
食べ始めると
箸の動きが止まらなくなる
この惹きの強さ!

DSC_6666

あっという間に
2/3ほど食べたところでスープ割り


クリーミーな乳化スープなので
スープ割りをすると
打って変わって
別のラーメンを食べているようです



【感想】
べんてんリターンズ感


大変旨かったです
ごちそうさまでした

【牡蠣感】 魯肉(ルーロー)牡蠣つけ麺 【自作】

アヒル隊長

某店主が
通常エゴサ業務の過程で


「鴨感が抑え目で拍子抜けw」


とツイートしたを発見激怒し
その客に反撃した結果
大炎上するという
重大インシデントが発生したのは
記憶に新しいところですが・・・
(その後、某店主はTwitter垢削除ww)

DSC_6489

実は
〇〇感を出すのって
大変なコトなんです

DSC_6493

味付けが濃厚なスープの場合
牡蠣だと一般小売り価格で1000円分くらい
ブチ込まないと
クッキリとした牡蠣感を出すのは
難しい話で・・・

DSC_6504

先日作った
魯肉飯(ルーローハン)の汁をベースに
作った牡蠣つけ麺

DSC_6509

汁が濃いので
煮込むと
浸透圧で牡蠣のエキスが
自然に汁に出てくるという寸法

(牡蠣そのものは出し殻になっちゃってます)

DSC_6520

麺とかタレは
ファミマの冷凍つけ麺ですけど・・・

DSC_6524

しかし
この冷凍麺
侮れない・・・

DSC_6536

うおォン!

DSC_6544

35mm換算50mmのレンズだと
うおォン!を撮るのが難しい 

DSC_6547

くぱぁ



圧倒的牡蠣感が
味わえるつけ麺でしたが・・・

DSC_6570

実際のところ
牡蠣リゾットにした方が
もっと旨かったという罠


(おわり)

【自作】 魯肉飯(ルーローハン)

kobuta

ワタクシのライフワークのひとつである
魯肉飯(ルーローハン)作り


 
【関連記事】
柳家@新竹 de 『魯肉飯』
柳家@台湾新竹で魯肉飯を再食
【自作】 魯肉飯(ルーローハン)を作ってみた

DSC_6405

買い物に出かけている
家の中の人に


『豚バラ肉2キロくらい買ってきて』


と電話連絡すると
それを復唱する声を聞いた
周りのガキンチョたちが


『すげぇ!キロ単位だぜ!』

『肉買うってレベルじゃねぇえwww』 


とか笑われると言って嫌がられるので
最近はハナマサまで
自分で買出しに行っています(´・ω・`)

DSC_6414

買ってきた
豚バラ肉
4キロくらい


下茹では大切


2時間くらいは必要

DSC_6430

下茹でした豚を
適当な大きさに切って
フライパンで表面を焼いて
香ばしさを出していると
大量の脂が発生するんです

DSC_6440

その自家製ラードで
エシャロットとか刻みニンニク等の
香味野菜も
薄っすらと狐色になるまで
揚げてしまいます

DSC_6445

調味料は

  • 醤油
  • みりん
  • きび砂糖
  • ハチミツ
  • 紹興酒
  • 五香粉
  • オイスターソース
  • 鶏がらスープの素
  • 生姜の絞り汁
  • 一味唐辛子
  • 黒胡椒
  • 昆布つゆ

などを適当に入れますが
最初は醤油控え目にすると
肉が柔らかく仕上がります
DSC_6453

何時間か煮込むと
液体脂が大量に浮いてくるので
冷ましてから
固まった脂を取り除きます

DSC_6456

豚ひき肉を入れても
旨味が強くなってナイスです

DSC_6461

前回作った魯肉飯の汁が残っていれば
それをミックスするのがオヌヌメ!


鰻や穴子のタレの継ぎ足しと同じですね

(アレは回転が良くないと腐るらしいですがw)

DSC_6468

煮込む→脂除去→煮込む→・・・


を2〜3回繰り返して
味付けをキメたら出来上がり♪


とか軽く書いてしまっていますが
ここまで
2〜3日かかります(笑)

DSC_6471

試食♪

DSC_6481

お肉は大きめにカットした方が
食べ応えがあって
おいしいお(^ω^)



(おわり)

ラーメンブロガー三銃士を連れて来たよ。

ramenblogger

蒙古タンメン中本@亀戸店の『冷し醤油タンメン』5

DSC07847

超激辛いラーメン
というイメージが強い
蒙古タンメン中本

DSC07838

味覚ではなく痛覚に分類される
トウガラシの辛味


それを愛好する
ドMな中本ジャンキー向けの
三角木馬的激辛メニューばかりかと思いきや
パンピー向けの非辛メニューも置いている
懐の深い中本さん

DSC07841

辛さ耐性の低いワタクシですので
今回は非辛メニューに
逃避してみようかと・・・

DSC_6575

今度の日曜の
限定オールスターズ
楽しそうですね(震え声)

DSC_6578

冷し醤油タンメン 780円
+麺 特盛120円


辛さ度ゼロの
このメニュー

DSC_6585

タップリお野菜は
都度調理なので
シャキシャキ(゚Д゚)ウマー

(お肉も2切れくらい入ってるぞ!)

DSC_6591

またしても
麺硬めで注文するのを忘れ
若干柔らかめ (´・ω・`)

DSC_6604

つけ汁はアツアツで良いのですが
ダシ感がインスタントそのものな
昭和を感じるもの


つけ麺としては
味がマイルドすぎる・・・

DSC_6598

おや?

DSC_6610

でも追加で買った
プチ冷し味噌スープ180円
をメインつけ汁にして
冷し醤油タンメンのつけ汁を
チェイサー代わりに使うと
これがかなりイケる!


綾瀬はるかの膝枕で
吉高由里子にムチ打たれるかのごとき
この感覚



とてもいいです・・・



ごちそうさまでした

(´-`).。oO(明日の朝が心配)

ラーメン二郎@亀戸店の『ラーメン』5

DSC07828

肉のハナマサ錦糸町店に行くついでに
定点観測
ぶー二郎

DSC07833

仁王像のように佇む
安定感抜群の
ぶー太郎店主

DSC07834

巨大化の一途をたどる助手さん

DSC_6346

初めて生玉子を注文


食券に現金50円を添えると
割られた状態の全卵が
別皿で出てくるのが嬉しい

DSC_6348

ラーメン 690円
+タマネギキムチ100円 +生玉子50円
(コール=カラメアブラニンニク)


ヤサイコールしてないのに
ヤサイコールのお客さんと同じくらい
盛られた
(二郎あるある)

DSC_6355

この標高

試されているのか?

DSC_6369

ブタは薄切りで3枚


脂汗かいてて
旨そうだブー

DSC_6388

カラメにしたプースーに
タマキムが一気に混ざらないよう
頭の中で食べ進め方を
スケジューリングする

DSC_6373

本日の麺は
藤沢店に似ていると思ったけど
食感は目黒店にも似ていた

ワシワシ

DSC_6362

タマキムを
ちょこちょこつまみながら食べるのが
楽しいです

DSC_6391

冬場はスキヤキ風で
まったりと楽しむのがイイ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

abura

タマキムの下から発掘された
巨大な塊アブラ Σ( ̄ロ ̄|||)


やはり試されているのだろうか・・・

DSC_6398

量が増えたのかもしれない

1ロット前の客のラーメンが
まだ半分以上残ってて
涙目になってたし・・・


ハードコア化しつつある感を受けた亀戸店

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@桜台駅前店の『にくみそテクニック(肉味噌汁なし)』5

DSC07824

昨日届いた
桜台メルマガの


> 毎度ありがとうございます。
> 本日、にくみそテクニック(肉味噌汁なし)限定20食ほどあります。
> ラーメン食券+限定茶色食券100円をお買い求めください。
> 大小コールは汁なしでお願いします。
> カタメ、ヤワラカメ、薄味、油少なめは出来ません。



という衝撃的な内容に

51sTbcyuPdL__SS500_

アッー!


と驚いた諸兄の熱も冷めやらぬうちに
本日も40食提供とのメルマガ着弾

DSC07820

くそにくみそテクニック目当てに並ぶ
ガチムチジロリアンで
桜台駅前は異様な熱気に
包まれておりました

DSC07812

限定の食券が茶色というのは
くそみその色に合わせてあるのでしょうか・・・


ニクいほどの心配りが感じ取れます

DSC_6254

そういえば最近の桜台って
女性客見かけないな・・・

DSC_6257

にくみそテクニック(肉味噌汁なし)
700+100円 +生たまご50円 (コール=おねがいします)


ほとんどのお客さんが
この限定を
注文しているようです

DSC_6262

甜麺醤を彷彿とさせる
少し甘めの肉味噌ダレが
ドンブリの片側にトッピングされています


なので
肉味噌ダレの反対側から食べると
FZが効いた汁なし
としても楽しめるという
ニクい趣向


おそらく
このようなダブル汁なしは
二郎では初の試みではないでしょうか

DSC_6273

そんな前知識を
二郎通のパイセンからラーニングして
臨んでいたにもかかわらず
最初から思いっきり
まじぇまじぇしてしまった (´・ω・`)

uho

この汁なしには
生姜が結構効かせてあるのですが
ブラックペッパー等の香辛料は
仕込まれていないので
途中で魔改造したくなりました



そこで思い出したのが
爵位をお持ちの方のツイートにあった


「ウホッカレー」

「魚粉」


(花椒は心無い客に盗まれた模様

DSC_6283

ウホッカレーの使用は
アヴァンギャルドすぎて腰が引けたので
魚粉&一味&ホワペで味変

DSC_6285

意外に汁気が多い


前衛的な二郎
思う存分堪能させていただきましたm(_ _)m

b0094687_23365310

腹ン中がパンパンだぜ


ごちそうさまでした

bac3edb4
記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ