お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2015年09月

ヨーグルティアで作る臭豆腐

IMG_0025

台湾で食べた臭いアレが忘れられないので
ヨーグルティアで作ってみました


【関連リンク】
【台湾Bグル紀行】饒河街観光夜市
【台湾Bグル紀行】士林夜市

続きを読む

ラーメン二郎@亀戸店の『ラーメン』5

DSC09405

店内改装が終わり
昨日リニューアルオープンした
ラーメン二郎 亀戸店を
早速の定点観測()

DSC09403

連休だからかリニューアル需要なのか
夜の部ではあまり見られない
外待ち発生

DSC09408

入ってすぐ気付くのが
店内の明るさ


張り替えられて
清潔感マシマシの床

vlcsnap-0864-05-05-23h57m50s262

お値段据え置き

DSC09410

給水器が新しくなってる

DSC09415

黒胡椒と白胡椒が
ホールのやつを自分でグリグリする
本格的なやつに

DSC_2380

ラーメン 690円 +生玉子50円
(コール=ヤサイニンニク)
※ セルフトウガラシ


エアコンも新しくなっていて
快適至極な店内

DSC_2389

改装前に店の奥にあった
店主の趣味の品々は完全に撤去されていた

DSC_2396

豚がなんだか違う!


柔らかくて旨い!

DSC_2404

店主さんは相変わらずデカい

DSC_2411

そしてプースーは澄んでいて
二郎感は薄い

DSC_2421

ぶぅおォン!


スキヤキスタイルにして
小鉢の中を卓上調味料で
魔改造するのが楽しい

DSC_2427

タマネギキムチ入ってないのに
何故かほんのりキムチ味だったのが
不思議


旨いかと言われると正直微妙な二郎だけど
卓上調味料の豊富さは二郎随一なので
アレンジ次第では中毒性のあるラーメンに
化ける可能性はあると思います


ごちそうさまでした

王道家@柏の『ラーメン』5

DSC09376

柏の王道家に行ってきた方々のレポを読んで
ワタクシも王道を歩みたく思い
たまらず夜の柏へ

DSC09390

王道家は10年ぶりくらいですが
味と店員さんのキャラが
とても濃厚だった記憶があります

DSC09384

19時ごろ到着で
外待ち無しの中待ち席一杯

DSC09387

現金対応のトッピング多数


生卵があれば超最高なのに (´・ω・`)


(2015/09/26追記)
コメント欄にてBTさんから
メニューには載ってないですけど30円で生玉子注文出来ますよ
と教えていただきましたm(_ _)m

DSC09399

卓上調味料も充実のラインナップ

DSC_2305

ラーメン酢って初めて見ました
(今度試してみたい)

DSC09393

小ビール130円 (安っ!)


安いからおつまみ付かないんだろうな〜
と思っていたら・・・

DSC09396

突然ねじり鉢巻のおっさん店員が

「ハイっ!」

と海苔巻きチャーシューを手渡ししてきたwww



手から手へというディープな接客に
新鮮な驚きと感動を禁じえなかった瞬間

DSC_2309

ラーメン 650円
+のり40円 +味付半熟玉子100円
(お好み=普通)


海苔の盛り付け方が素晴らしい

DSC_2299

白ライス 100円


すっぴん状態

DSC_2336

しあわせ丼状態

DSC_2359

プースー濃くて
最高にライスに合う

DSC_2348

おうどうおォン!


吉村家直系から脱退してまで導入した自家製麺は
酒井製麺よりも滑らかなのど越しな印象で
つけ麺にしても旨そう


家系オーソリティーな方から
デフォは硬めだと聞いていましたが
このときはヤワめ寄りで
私の好みど真ん中でした

DSC_2371

血圧高いので
最近はスープ残すようにしていますが
普通に食べていたら
結局完飲していたという超常現象


次回はつけ麺食べてみたいなぁ


ごちそうさまでした

杉田家 千葉店@東千葉の『つけ麺』5

DSC09364

なぜか最近
SNS上で家系ラーメンがアツい

DSC09368

そんなわけで
ワタクシも
貴重な吉村家直系店の
杉田家 千葉店へと
やってきました

DSC09371

前回訪問時(今年4月)から
メニューの一部が値上がりしてます


ライス 60円→70円
のり 40円→60円
野菜盛り 70円→80円
味玉 70円→80円
キャベツ 70円→80円
青菜増し 50円→60円
ギョーザ 210円→230円
小ビール 290円→330円

DSC_2229

銘柄はキリンを指定したのに
なぜか世界で5番目くらいに旨い
スーパードライが出てくるという罠w

DSC09374

それはそうと今回は
「直系のつけ麺を食してレポするように」という
宇宙からの怪電波がゆんゆん飛んで来たので
初めてつけ麺をオーダー

DSC_2239

つけ麺 麺2玉 770円


麺の量は2玉まで無料ということなので
2玉でおねがいしました

DSC_2256

デカい皿にうず高く盛られたその様を見て
やっちまった!と
うろたえるワタクシ ( ̄ロ ̄|||)

DSC_2261

ラーメンに使用されている
酒井製麺の麺と同じか分かりませんが
茹で加減と〆具合はバッチリで
つけ麺にピッタリなしなやかさ

DSC_2268

具は麺皿の方に全部乗せる方式で
チャーシュー 茹で野菜 味玉が
ヘルシーサラダのような彩りを
添えています

DSC_2247

つけ汁は
とても辛そうに見えるけど
そんなに辛くないピリカラ味


家系のスープに
ラー油やゴマ等を加えたような味で
砂糖の甘味や酢の酸味は感じません


遥か100万光年彼方から
本場中国の風味がしてくるようなしないような
不思議なつけ汁です

DSC_2278

底のほうに
刻みタマネギ(生ではない)が沈んでいて
自然な甘味を演出しています


海苔とライスも注文して
この汁をタップリ吸わせた海苔で
ローリングライスすればよかったと
プチ後悔(´・ω・`)

DSC_2285

直系うおォン!



このつけ麺
アカンな〜の人が
41点付けてたけど
そんなに酷くはなかったです
(改良されたのかも)


食後感がサッパリとしていて
お腹にもたれにくい味なので
その日の体調や気分で
つけ麺という選択もアリかと
思います


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@小岩店の『大ラーメン』5

DSC09351

雨 さんさんと 小岩に落ちて
並ぶ人 少なし

DSC09357

着席まで約10分 (早っ!)

DSC09361

助手はいつもの
おばちゃん型ロボ


もう3年以上も助手やってるんですね

ocha

お茶もらったとツイートしましたが
実は自分で買いましたw

DSC_2190

大ラーメン 800円
(コール=おねがいします)


前回の大ラーメンと比べると
明らかに少なくなってる (´・ω・`)


盛り付け作業を見てても
小とほとんど変わらない盛りだったし

DSC_2197

メガネ店主の心証を良くするために
缶ウーロンも買ったのに


何故だ!?

DSC_2204

豚もちっちゃい端豚が2個だけど
旨いから許せる

DSC_2215

麺が変わった


ここ2〜3年は
表面がザラっとしてボソ感のある麺だったけど
今日の麺は表面ヌラヌラ
幅広の中身がギュッと詰まった
昔の小岩に近いもので
非常に素晴らしく感動した!


量が少ないのが悔しいです!

881088_29

 

DSC_2220

麺が最高だった一方で
スープがFZのお湯割り状態でイマイチでした


ごちそうさまです

麺屋 永太@蕨の『つけ麺』5

DSC09335

(実食日:2015/09/12)

2ヶ月半ぶりの定点観測()

DSC09340

蕎麦やつけ麺て
日本独特の食べ物なんですかね

DSC09349

海外にも
麺と汁がセパレートな麺料理って
あるのかな?

DSC09343

およ?

DSC_2108

見たことのない調味料が・・・

DSC_2102

オリジナルの特製ラー油でした


あとで使ってみましょう

DSC_2126

つけ麺 中盛 800円
AJTMAZMS!


初心に戻って
プレーンなつけ麺で

DSC_2119

つけ麺の必要条件


そのまま食べても旨い麺

DSC_2137

ここのつけ汁は
甘辛酸のどの味にも偏っておらず
全てが渾然一体となった味で
フォン・ド・ヴォーのような趣すら感じます

DSC_2154

いつも辛味と一緒に食べていたので
プレーンなつけ麺は新鮮

DSC_2161

途中で麺の上に
ペースト状の特製ラー油を乗せて食べると
クミンの香りがふわっと広がり
味変と香変が楽しめます

DSC_2167

あっという間に
スープ割りの時間に

DSC_2176

中盛だと足りない体になったので
次回は大盛にしたいと思います


ごちそうさまです

熱烈一番拉麺@台湾桃園国際空港の『名古屋ラーメン』5

DSC09317

台湾ラーメンや台湾まぜそばが
名古屋発祥で
台湾には存在しないという事実に驚き


004l


とツイートしたところ
拉麺老師から


台湾桃園国際空港第1ターミナルに
名古屋ラーメンという
台湾ラーメンにクリソツなメニューを出す店がある



という
大変ややこしい情報を教えていただきましたw

DSC09323

さらば第2ターミナル!
(第1へモノレールで移動)

DSC09305

目指す店は
第1ターミナルの美食廣場という
フードコートの中にあります

DSC09315

味噌 醤油 塩ラーメンの他にも
そばめしや味噌カツまであるという
守備範囲の広さに驚かされます 

DSC09311

老師が言っていたのはコレか! ( ̄ロ ̄|||)

DSC_2033

名古屋ラーメン 170元


これを注文すると店員さんに
「ホット!」「チリー!」と警告されますが
予習済みなので
「オッケー!無問題!」と答えました

DSC_2045

味仙とかの台湾ラーメンの店には
行ったことがないので比較できませんが
上に乗っているのが
台湾ミンチなのでしょうか?

DSC_2060

見た目がすごく辛そうです (´д`;)

DSC_2065

台湾うおォン!


コシのある麺が
日本で食べるラーメンと同じで
旨い!


台湾でこれほどのラーメンが食べられるとは・・・

DSC_2084

辛さは蒙古タンメン中本で例えるなら
3辛あたりでしょうか


化調も程よく効いていて
これはおいしいラーメンです

DSC_2091

気が付くと
スープまで飲み干すところでした
(あぶないあぶない)


これで心置きなく
帰国の途につくことができます


ごちそうさまでした

【台湾Bグル紀行】士林夜市5

DSC09237

(実食日:2015/09/10)

台湾滞在ラストナイトということで
台湾最大の夜市
士林夜市へと
やってきました



饒河街観光夜市とは異なり
四方八方に広がるこの大きな夜市には
いくつも入口があるのですが
初めてなので
士林市場というビル側から
入ってみることにしましょう

続きを読む

【台湾Bグル紀行】冠京華@台北の『小籠包』5

DSC09225

(実食日:2015/09/09)

小籠包の名店
数あれど
自分の中では
鼎泰豊のような高級店は
エロい人におごってもらう店
という位置付けなので
ひとりの時はもっぱら
こういう店を選びます

DSC09235

いかにも庶民的な感じ

DSC09236

端の席では
店の子供たちがテレビを見ながら
夕食を食べていたり
とても家庭的な雰囲気

DSC09228

メニュー表は片面が中国語で
反対側が日本語なので助かります

DSC09228-2

野菜炒あ www

DSC09231

注文票を店のおっちゃんに渡すと
中国語で確認されるが
まったく理解できないので
適当にうなずいておくw

DSC09234

お茶とキザミ生姜は
セルフサービスだと聞いていたけど
店のおっちゃんが持ってきてくれた

DSC_1995

蟹黄小包 260元
(カニみそ豚肉入り小籠包)


昨日は夕飯を食べなかった分
今夜は豪華めに行ってみます

DSC_2012

小籠包の皮を少し破ると
カニ汁ブシャー!


メニューには「カニみそ入り」と書かれていますが
本当はワタリガニの卵が入っているそうです

DSC_2016

汁が濃い!


鼎泰豊のような洗練された味ではないけれど
凝縮された旨味が最初にガツンと来て
続いてカニの風味が鼻にふんわり抜けます


こんなに力強い小籠包は初めて食べました


これは中毒性がありそうな味ですなー

DSC_1978

蝦仁蛋炒飯 110元
(海老たまごチャーハン)


別のテーブルで
地元民と思われる人たちも食べていた
チャーハン


ここのチャーハンは油が多めで
そんなにパラパラじゃないけど
そこがまたBグルらしくてイイ

DSC_1991

酸辣湯 65元


チャーハンに合わせるスープ
として注文しました

DSC_2029

トマトのやわらかな酸味が
チャーハンの油っこさを消してくれて
とても旨く
タケノコ等の具のボリュームが凄い!


チャーハンと酸辣湯はどちらも量が多いので
最後は腹が裂けそうになりましたw


ここもとても良いお店でした


ごちそうさまです

【台湾Bグル紀行】金峰魯肉飯@台北の『魯肉飯』5

DSC09204

沖縄そば巡りをするときに
岸本食堂首里そばが外せないように
台北の魯肉飯を語る上で
金峰魯肉飯はマストゴープレイスらしいので
行ってきました


【魯肉飯関連記事】
柳家@新竹 de 『魯肉飯』
柳家@台湾新竹で魯肉飯を再食
【自作】 魯肉飯(ルーローハン)を作ってみた
【自作】 魯肉飯(ルーローハン)

DSC09202

中正記念堂が近い
(だが観光はしない)

DSC09222

外に行列が出来ているので
並びましょう

DSC09208

回転は速く
感覚的には
ラーメン二郎 横浜関内店くらいの
待ち時間

DSC09221

縦長の客席は
この右側にもう1レーンあります

DSC09217

縦長のテーブルの短辺に座らされ
そのすぐ隣には
大学生くらいの日本人観光女子二人組が来て
これは恥ずかしい配置だw

DSC09216

昨晩はホテルで
日本の古めのドラマ(ラブジェネとか信長のシェフ)を見ていて
なんとなく夕飯を食べずじまいだったので
腹が減って死にそう (´д`;)

DSC_1950

魯肉飯 中 40元


新竹の柳家で食べた魯肉飯とくらべると
味がマイルドで
漢方的な香りもほとんどなく
日本人向きの味と言われている理由が
よく分かります


横に乗っている緑色のやつは
ゴーヤの漬物だったかな?
(苦くなかったけど)

DSC_1955

肉焿湯(ロウガンタン) 50元


この店のもう一つの看板メニューである
鼎邊銼を注文する予定が
間違って注文したスープ


豚肉(?)のつみれがたっぷり入ったスープで
肉の旨味が深い


魯肉飯との相性もバッチリですよ

DSC_1958

燙青菜 小 20元


空芯菜を炒めたものの上に
揚げニンニク(?)が乗っていて
お野菜不足対策にオヌヌメです


箸休め的に食べると
お口の中がサッパリとリセットされて
おいしい脇役的な一品

DSC_1969

筍乾 小 20元


メンマ炒め


これも魯肉飯との相性最高で
外せない一品

DSC_1971

油豆腐 塊 10元
魯蛋 10元


油豆腐は揚げ豆腐の煮込みで
魯蛋はいわゆる煮玉子です

これらも魯肉飯との相性バッチリ!



隣の女子大生カップルは2品しか頼んでないのに
6品注文したワタクシの方が先に食べ終わってしまい
腹がペコちゃんだったのバレバレで恥ずかしい(^ω^*)


これだけ注文しても
トータルで150元
(日本円で約560円@現在の為替レート)


ここも良い店でした


ごちそうさまです

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ