お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2015年10月

大島@船堀の『こく辛みそ』5

DSC09562

先週
スープ切れでフラれた
船堀の大島さんへ

DSC09550

回転は速くないので
どんどん伸びる行列

DSC09560

スタッフさんのご不幸事があり
「味噌」と「こく辛みそ」の
ツートップのみの提供日

DSC09565

純すみ系 (←ムカつくラヲタ用語)
の意識高い系なので
コーンのトッピングは無いです

DSC09568

カウンター席と厨房の間のしきりが
3000メートル級なので
客がリラックスしすぎ


限定のミニカレーを注文する客多数
(とてもうまそう)

DSC_3081

ルービー500円はエビス


おつまみは付かない(´・ω・`)

DSC_3100

こく辛みそ 860円 +煮玉子110円


デフォの味噌ラーメンと迷ったけど
肌寒いので辛いやつにしてみました

DSC_3107

ハーフ玉子がデフォで付くのを知らずに
煮玉子を追加してしまった情弱

DSC_3112

蒙古タンメン中本で
激辛メニューを作っている時と同じ
キケンな気化カプサイシン的香りがするけれど
意外に辛くないです

DSC_3129

のり6枚110円


親切な店員さんが
別皿にしてくださいました 

DSC_3172

ハピネス丼 フォー!

DSC_3164

うおォン!


熟成度の高いサポーロ的な麺が
正統的

DSC_3175

昨日食べたムタヒロの味噌と比べると
クラシックすぎる感は否めませんが
味噌ラーメンの金字塔として
貴重な味だと思いました


ごちそうさまです

味噌中華そばムタヒロ@西国分寺の『特製味噌中華そば』5

DSC09532

「ムタヒロ」と聞くとなぜか


BA-90

ぽげムタ


が頭の中に出てきてしまうのですが

DSC09544

本日は
イマドキの味噌ラーメンについて
勉強するため
西国分寺駅北口の
味噌中華そばムタヒロさんへ
やってきました

DSC09537

ここのルービーは赤星

DSC09541

ということは
ルービーを買ってしまうのは
必定




「ルービーって何ですか?」

と店員さんに質問する客が居て
内心(・∀・)ニヤニヤ

DSC09547

ムタヒロって凪系列なんですね

DSC_2987

にぼ酢


使ってみようと思っていたのに
結局使うの忘れましたw

DSC_2989

ルービーを半分以上飲んだ頃に
穂先メンマとチャーシューを
もらってしまいました!


俺なんかがおつまみもらえるなんて
夢のようです!


生きてて良かった!

DSC_3001

特製味噌中華そば 980円


いわゆる全部載せ

DSC_3023

おろし生姜は自動別皿

DSC_3031

チャーシューは
麺の上に盛り付けてから
ガスバーナーで炙りを入れる方式


最初のうちだけ
豚バラ肉の脂が
ニボと喧嘩しているように感じました

DSC_3036

ぴろーんとしたワンタン


ワンタン食べたさに
特製を買ってしまうという罠

DSC_3051

味噌は白味噌ベースのようで
一般的な味噌ラーメンのイメージとは
異なるスープ


ニボと味噌の折衷型スープなのですが
最初はニボ優位で
だんだん味噌が出てくる感じ

DSC_3059

うおォン!



麺はニボ系にありがちなパツパツ食感ではなく
ハリと弾力性を兼ね備えたもの


途中で噛み切らずに啜りきると
達成感がある長さの麺


替玉は現金100円

DSC_3068

終盤はライト味噌系スープの味になり
塩味はマイルドなので
余裕で飲み干せます

DSC_3076

ニボ味噌ラーメンは
これからの味噌ラーメン界の
ひとつのトレンドになるかもしれませんね


ごちそうさまです110x150x1298c36f5ede594a5b385cbe

ステーキ共和国 幕張大使館・本館の『エアーズロック』5

DSC09503

肉人(にくんちゅ)なので
本日はステーキを食べに行ってきました

続きを読む

ラーメン 嘉祥@西船橋の『野菜たっぷり味噌ラーメン』5

DSC09487

最高血圧が145をマークした本日

IMG_1140

味噌ラーメンが食べたくなり
船堀の大島まで行ったら
痛恨のスープ切れ

DSC09491

ということで
宿題店リストに入っていた
西船橋の嘉祥(かしょう)へ迂回しました

DSC09494

味噌ラーメンといえば
どさん子やサッポロ一番というラベルで
時間が停止しているワタクシですが
イマドキの味噌ラーメンは
かなり進化が禿しいそうで
胸が高鳴ります(血圧も上がります)

IMG_1142

おつまみ うおォン!

DSC_2839

野菜たっぷり味噌ラーメン 850円


普通の味噌ラーメンに50円足すだけで
お野菜たっぷり

DSC_2847

注文ごとに
中華なべでお野菜を炒めて作っていて
本格的です


ここの店主さん
札幌ラーメンで有名な欅(けやき)で
修行されたそうで
間違いない!太”郎

DSC_2872

明るめの色の味噌スープは
最初は味薄いような気がするけれど
食べて行くうちに
丁度良い味に感じてくる絶妙なチューニング

DSC_2861

キクラゲやキャベツなど
お野菜たっぷり


トッピングのお肉もスープに浸しておくと
柔らかくなって
味わい深い良い肉であることが判明

DSC_2876

くぱぁ!


お野菜の量SUGEEEEEEE!!


二郎の麺300gくらいの食べ応えが
ボディーブローのように
効いてきます

DSC_2888

嘉祥ォン!



麺はモチ感のある太麺で
適度に熟成されたような
クセの無い食感

DSC_2897

ひき肉も沢山入っているので
それをレンゲで必死にすくって食べていると

DSC_2905

完飲してしまうという罠


濃厚すぎず
しょっぱすぎず
飽きずに最後まで食べられる
おいしい味噌ラーメンでした



ごちそうさまです

ラーメン二郎@茨城守谷店の『小ラーメン』5

DSC09451

陸の孤島 守谷 再び

DSC09461

以前は水曜日が定休日だったけれど
客の民度が低すぎて
近隣住民に迷惑をかけたため
土曜夜の部が無くなり
日曜日が定休日となった
二郎受難の地 守谷

DSC09468

前回は無かった

  • 玉ねぎ50円
  • うずらの卵5コ100円
が券売機に追加されています
DSC09474

チキンハートなので
店主さんの心証を良くするために
ウーロン茶150円の購入も忘れません

DSC09476

セルフお茶AZMS!

DSC_2741

玉ねぎはみじん切りで
結構なボリューム

DSC_2756

小ラーメン 700円
+生卵50円 +玉ねぎ50円 +うずらの卵5コ100円
(コール=ヤサイニンニク)


ニンニクどうしますかふぁ〜?


と聞かれ


ヤサイニンニクで〜


と回答した結果がこれ

DSC_2760

守谷は量が多いというか
ドンブリ自体が
他店より大きいような気がする ('д` ;)

DSC_2769

実は二郎でうずらトッピングするの
これが初めて


しょっぱいスープにうずらが良く合って旨い!

DSC_2781

小ラーメンなのに
豚が5枚くらい入ってて
全て奇跡のふわとろ豚

DSC_2785

麺多いww


茹で前400gはある感じ


でも旨いのでスルスル入ってゆく

DSC_2802

半分ほど食べた時点で
撃沈するかもしれない悪寒がしてきたので
豚の上に玉ねぎをセルフトッピングして
自己啓発に努める


後から思ったのだけど
玉ねぎの上に魚粉とかカレー粉をのっけても
良かったかもしれない

DSC_2815

終盤


撃沈を覚悟した時に
生卵先生のことを思い出し
玉ねぎと一緒に投入してみる

DSC_2817

なんとか完食


守谷はド田舎で
夜の7時を過ぎるとバスが無くなる陸の孤島だけど
二郎の味は超最高ですね!


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@小岩店の『大ラーメン』5

DSC09443

小岩店は昼営業(しかも平日のみ)
しかやっていないので
お仕事や家事仕事などに関する
いくつかのハードルを乗り越えて
やってくるしかないのですよ


そこんとこ分かってんスか?
メガネさんよう!



などと鼻息荒く
三角形のすさんだ目つきで入店する
不良中年風のワタクシ

DSC09448

セルフお茶AZMS!


ブロガーだとバレると
量を減らされるという噂があるので
今日は券売機の画像も撮らずに
無垢な一般客を装い
メガネさんの心証を良くするための
ウーロン缶購入も忘れません

DSC_2687

大ラーメン 800円
(コール=ヤサイニンニク)


前回は量が少なかったので
今回はヤサイ増しで

DSC_2697

ヤサイの多さは七難隠す


麺の盛り付け風景を観察していたら
小ラーメンよりも確実に多く盛っていたので
今回はまずまずの麺量です

DSC_2707

豚も少し増えたような希ガス

(券売機の豚増しが売り切れてなかったので増せばよかった)

DSC_2724

麺はまた少し変わったかな?


毎回打ち方を変えているのだろうか?

DSC_2711

澄んだスープは小岩の証

IMG_1133

うおォン!


おばちゃん型ロボが
フレームインしてしまったw

DSC_2738

メガネさん
いつもおいしい二郎を
ありがとうございますm(_ _)m ←ツンデレ


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@環七一之江店の『汁なし大盛ラーメン』5

DSC09431

前回訪問時(9ヶ月も前になるけど)は
一之江の民度について苦言を呈したけれど
その直後に行列内での喫煙が原因で
客同士が喧嘩になり
暴行事件で警察にしょっぴかれるという事件があり
やっぱり一之江は民度が低いじゃん
というイメージが強くなったのですが
今回はマナーの良い客ばかりで
一之江も浄化が進んでいるようです

DSC09433

列に接続する前に買う食券


「汁なし券」
という表示が追加されていることに気づき
激しくキョドるワタクシ


汁なし大盛ラーメンの券を買うつもりが
間違えて緑色の大盛ラーメンの食券を
買ってしまいました(´・ω・`)



(2015/10/04追記)
食券が不足しているため
小汁なしの食券だけ2種類の色があると
黒烏龍茶さんから教えていただきましたm(_ _)m

DSC09438

汁なしも普通のラーメンも
値段は同じなので
助手(通称=よしお)さんに
汁なしである旨を申告して
事なきを得る

DSC09439

よしおさん
長続きしてて
頼もしいですね

DSC_2617

セルフお茶AZMS!

DSC_2626

汁なし大盛ラーメン 750円
+豚100円 +生卵50円
(コール=カラメアブラニンニク)


スナ店主はマスクも取れて
声が出るようになって
お元気そう

DSC_2641

いつになく良い盛り

DSC_2634

赤身の旨さはじける一之江豚が
てんこ盛り

DSC_2651

エクストリームアブラタイム

DSC_2661

スーパーシャイニーゴールドメーン

DSC_2668

汁なしと言いつつも
松戸二郎の先代と同じくらいのプースーの多さ

DSC_2674

セルフとうがらし&荒挽きブラペ

DSC_2678

巨乳化プースー ( ̄ロ ̄|||)

一之江って
来る毎に旨くなってるなぁ・・・


  • 汁なしの一之江
  • 味噌とつけ麺の京成大久保
  • キレ味鋭い小岩
  • ニューホープ松戸
  • 卓上調味料の亀戸

と東側の二郎を巡るだけでも
飽きません


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@三田本店の『ラーメン』5

DSC09416

涼しくなったので
ラーメン二郎の三田本店に
行って三田

DSC09422

夜の部には珍しく
総帥がいらっしゃることに驚いたが
更に驚いたことには
麺上げと盛り付けは
朝青龍似の助手さんが行っていた(; ̄Д ̄)

DSC09425

朝青龍似の助手さんの助手さん(ややこしい)は
上野毛の元「意識が高いデブ似」の方だが
また痩せたようだ
(二郎ダイエットか!?)

IMG_1124

お茶AZMS!

(というのは嘘で
実は持参した十六茶なのだ)

DSC_2580

ラーメン 600円
(コール=ヤサイニンニク)


総帥は裏口近くに立ったままで
「ありがと〜」
とか接客しながら
助手さんたちを指導している

DSC_2592

助手さんメインの場合の盛りを確かめたくて
ヤサイ増しにしてみた結果


クタヤサイなので
見た目よりもボリュームある感じ

DSC_2594

スープは微かに焦げフレイバーで
少し酸味が感じられるた


遅い時間なりに乳化が進んでいて
口当たりまろやかな三田が味わえる

DSC_2599

麺は硬めの茹で上がりだけど
凝集感はそれほど高くない

DSC_2605

デロ麺が懐かしい・・・


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ