お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2016年02月

一条流がんこ 十一代目@行徳の『にぼしラー油味噌らーめん』5

DSC00055

今や絶滅危惧種に指定されそうな
一条流がんこラーメンですが
自家製麺を使用するなど
独自色が強い
行徳の十一代目

DSC00060

店頭に謎の骨が下がっていますが
普通に入りやすい店です

DSC00069

チーズ味噌つけ麺にしようか

DSC00064

限定にしようか迷った結果
限定が今月末までなので
限定をチョイスするのが
ラヲタ心というもの

DSC00073

缶ビール300円に
おつまみは付きません(´・ω・`)

DSC_5133

にぼしラー油味噌らーめん 800円


ファーストインプレッションで
ラー油層の厚さに引いてしまいますが
辛さが非常に弱いラー油なので
辛さ耐性が低い方でも大丈夫な
万人向けのチューニング

DSC_5159

ラー油層の下には味噌スープがあり
全体的には
ラーメンと汁なしの中間くらいの濃厚感


煮干しの風味はそれほど強くなく
たまに顔を出す程度

DSC_5150

平打ちの自家製太麺にスープが絡みまくりで
惹きの強い味なんですが
クドさは無いので
最後まで飽きずに
一気に食べられます


この太麺なら
つけ麺でも旨いはず

DSC_5172

クドさを感じさせないのは
シャキシャキのモヤシやコーンや
刻みタマネギが入っているからかな?

よく考えられた限定だと思います

DSC_5176

〆はライス150円を投入して
リゾット風に

DSC_5197

大変満足感の高い一杯でした


ごちそうさまです

中華そば しば田@仙川の『味玉中華そば』5

DSC00047

会社のパソナルームに2週間幽閉されるも
突然の取引先からの指名で
調布方面への出張がかないました\(^o^)/

DSC00041

仕事が終わった後のラーメンは
府中や仙川のアレでも良かったけれど
平日しか営業していないという
ドSな店に惹かれるのが
ラヲタ心というもの

DSC00043

仙川駅から徒歩10分ほどで店頭に着くと
私より二回りほど年上の常連マダムしか
並んでおらず
暇なのでマダムとラーメン談義をしながら
待つこと15分ほどで夜の部開店


昼の部よりは夜の部の方が
行列が短くて狙い目だそう(マダム談)

DSC_5059

缶ビール350円には
おつまみは付きません(´・ω・`)

DSC_5068

味玉中華そば 850円


超大陸パンゲアのごとく横たわる
レアチャーシューの裾野には
Lサイズの半熟を極めたる珠玉の味玉

DSC_5088

澄みきった無化調醤油スープは
無慈悲な出張で失われた体力が
50%回復する
魔法のポーション



鴨感については

言われたらそんな気がするかなぁ・・・

くらいの控えめな演出でしょうか

DSC_5075

これまでレアチャーを馬鹿にしてきて
大変済みませんでした m(_ _)m

とジャンピング土下座したくなるほど旨い
レアチャー


ぶっちゃけ
レアチャーに開眼した俺氏
(時すでにお寿司)

DSC_5090

三河屋製麺の
全粒粉配合と思われる凛とした食感の細麺は
後半まで伸びにくい優れ者


イマドキの細麺て凄いですね〜

DSC_5102

たきこみご飯150円も人気があって
遅い時間には売り切れになるらしい
(マダム談)


チャーシューが沢山入っていて
多分ラーメンのスープで炊いたのでしょう
ダシが凄く効いていて
沖縄のジューシーのような味は
非常に美味であります


量が結構あって
この内容で150円は確かにイイ(・∀・)!

DSC_5112

余裕のペロ完 (←ムカつくラヲタ用語)


ごちそうさまでした


マダムと店主さんと店員さんに
軽く会釈して退店

DSC00051

行列を盗撮するお野〇先生を盗撮しようと
仙川二郎の前を通りかかるも
行列は無し・・・


諸行無常
盛者必衰

青島食堂 秋葉原店@秋葉原の『青島チャーシュー大盛』5

DSC00017

いつでも行けると思うが故に
なかなか行かない店の代表格が
青島食堂 秋葉原店ではないかと
ひそかに思っているのですが

DSC00019

このたび
2月21日から
無期限休業すると聞き
約5年ぶりに行ってきました


追記(2016/02/12)
アキバ総研さんのこちらの記事によると
3/16に営業再開するそうです

DSC00010

16時ごろで裏口付近まで伸びる行列

DSC00026

券売機が最新の
タッチパネル式になってる!Σ( ̄ロ ̄|||)

DSC_4977

5年前から値段は
10〜20円しか上がっていないところに
尋常ではない経営努力を感じます

DSC_4985

小ビール310円は
普通の居酒屋のジョッキサイズで
端切れチャーシューとメンマの
おつまみ付きという
破格の内容!

DSC_4990

青島チャーシュー大盛 870円
+6つ切りのり5枚 50円


前回訪れた際
大盛りチャーシュー増しにしたかったのを思い出し
念願の青島チャーシュー大盛で

DSC_5010

このメニュー
チャーシューが大盛りなのではなく
チャーシュー増しの麺大盛り(250g)
という内容です


のり大好き人間なので追加トッピングしましたが
ライスがあれば最高でしょうねぇ・・・

DSC_5017

薄切りのチャーシューがたっぷりで
すんごく旨い!


このラーメンは
チャーシュー増すのと増さないのとでは
印象が大きく変わります
(増したほうが絶対オススメです)

DSC_5024

醤油がキリっと効いているのに
そんなにしょっぱくないスープは
豚のダシが良く出ていて
裏方で働く生姜の風味がふんわり香り
ただただ旨いの一言

DSC_5046

鼻を近づけると少しツンとする
微カンスイ風味の麺は
醤油スープとの相性抜群!


これぞラーメンの真骨頂

DSC00029

卓上の白/黒コショウを
ミルで挽き入れると
新たなラーメンワールドの扉が
開かれるようです

DSC_5055

健康のため
スープ残すつもりだったけど
ひと口飲むと止まらなくなり
結局完飲


ごちそうさまでした


休業前に再訪したいな・・・

スパイス・ラー麺 卍力@西葛西の『スパイス・パクチーラー麺』5

DSC09994

西葛西のパローレ洋菓子店を偵察した後
長らく宿題店として温めてきた
スパイス・ラー麺 卍力(まんりき)へ

DSC09996

中で団鬼六ショーでもやっていそうな
ハードコアな外見ですが
女性客も多く
西葛西の人気行列店

DSC00002

券売機がショボく
押すボタンによって
券が出てくるのがやたらと遅いので
壊れているのかと思ったくらいですw

DSC00005

缶ビール300円に
おつまみは付きません(´・ω・`)

DSC_4930

スパイス・パクチーラー麺 930円


予習したところでは
スパイス・パクチーラー麺930円ではなく

スパイス・ラー麺730円 + パクチー150円

のように食券を別々に買うと
パクチーが別皿になるとあったのですが
自動的にスパイス・パクチーラー麺に
合成されてしまいました(´・ω・`)

DSC_4936

パクチー嫌いな人には
罰ゲームや拷問として使えそうですが
パクチー好きには堪りませんね!
ヒャッハー

DSC_4942

すごく沢山のスパイスが入っているスープですが
サラっとしていて意外に辛さ控えめです
(有料で辛くすることも可能)

DSC_4960

ブロッコリーやもやしが入っていて
シャキシャキ感の虜に
(もやしは増しても良さげ)

DSC_4970

麺も良いのですが

DSC_4948

やっぱりライスと食べたくなるこのスープ


今回はスパイシー肉飯280円にしましたが
普通のライスでも十分かな

DSC_4954

トマトピューレで
スパイスの角が取れて
全体がまろやかにまとまっています


これはカレーラーメンの既成概念を
変える味ですね

67e42fda ※画像はイメージです

なるほど
お客さんが夢中になるわけだ!


リピートしたくなるラーメンです


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ