お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2017年03月

ラーメン二郎@川越店の『小ラーメン』5

IMG_2021

神奈川方面の出張が早く終わったので
某ハウス系総本山でも食べるかなと
駅のホームで考えていたら
湘南新宿ライン特別快速・高崎行が
滑り込んできたのでした


その後の記憶はハッキリしません

IMG_2017

気がついた時
僕は川越に立っていました


拉致でしょうか


いいえ だれでも

IMG_2018

オープン時とは並び方が変わったようで
店頭のパーティションに沿って
20人程度並んだ列は大通り沿いではなく
民家の建っている路地に伸びています

IMG_2019

17:30を過ぎると急に列が伸びたので
並ぶなら早めの方がトータルの所要時間は
短く済みそう


開店時には50人超えていたと思います

IMG_2020

明るい店内には
プロレスの橋本似な店主さんと
女性助手さん2名+男性助手さん1名


店内禁煙
撮影禁止


という張り紙がありますが
ラーメンだけ撮るなら問題ないです
(店主さんに確認取りました)

DSC_8317

小ラーメン 700円
(コール=ニンニク)


卓上調味料は
カエシボトルとGABANのホワイトペッパーのみ


箸は割り箸


レンゲは見当たりませんでした

DSC_8325

デフォでヤサイの量が多いです


少しクタ気味のヤサイでこの標高なので
食べ応え十分!

DSC_8333

ブタは脂身の部分が白っぽいですが
決して硬くはなく十分柔らかいという
不思議ちゃんブタ


質の良い脂身の旨さが堪能できます

DSC_8340

麺エロいよ麺


プリプリムチとしていて
シャッキリポンとした麺が
舌の上で踊るようだわ! (c) クリ子

DSC_8343

醤油ダレの量がデフォで少なめのようで
卓上のカエシボトルを注入しようかと
何度も思いましたが
初めてなので最後までそのまま食べてみました


やはり味が薄い・・・


スープに関しては
これから何ヶ月か経って
安定した頃にまた味わってみたいです



埼玉県民の皆様と
お店の関係者の皆様
開店おめでとうございます m(_ _)m



ごちそうさまでした

丸長@勝田台の『こいくちつけそば大盛り+チャーシュー』5

DSC00773

先週と先々週の土曜日はお休みでしたが
電話すると今日は営業するとのことなので
12時過ぎに勝田台丸長さんに到着


この時間帯は並ばずに入れて
いい感じです

IMG_1999

はっ!


入口付近のテーブル席では
有名ブロガーさんや有名ジロガーさんが
ルービーを飲みながら談笑しているではありませんか!
(楽しそうだなチキショー!w)


軽く会釈して
ワタクシはカウンター席へ

DSC_8267

こいくちつけそば 700円
+大盛り100円 +チャーシュー200円 +缶ビール300円×2


入店後24分で到着


荻窪の丸長総本家でつけそばを食べた時よりも
スピーディーな提供とはいえ
時間を持て余して缶ビール2本飲んじゃいました
(2本目注文した時おばちゃんに『え?』って言われたけどw)

DSC_8282

昔は多いと感じていた大盛りも
この量に慣れたら
もう普通盛りには戻れません

DSC_8273

前回はたまたま入っていたのかと思った
チャーシューの端っこの脂多目のところが
今回もつけ汁に入っています


このぷるぷるして旨い部位だけ
100円で増せるといいなぁ・・・

DSC_8289

などと思いながら
本日も流麗なる麺をたぐりたぐり啜り込んでいると
僕の記憶にあるこいくちの
超激スパイシーのビッグ・ウェンズデー的大波が
いつまで経ってもやって来ないのです


そこでワタクシは注文間違われて
普通のつけそばになっちゃたのかと
厨房のおばちゃんに

『これはこいくちなんですか?』

とつい訊いてしまったのでした

oisinbo_yuzan_arai

その時
おばちゃんから見たワタクシは
かの海原雄山のようなモンスター客に
見えたんじゃないですかね


おばちゃんは『こいくちです』と回答していましたし
後で家に帰ってブログの過去記事を見返してみると
6年前の時点でこいくちのスパイシー感が
マイルドになっていると自分で書いていたことが判り
もう痴呆が始まっているのかと
自分に呆れるばかり

DSC_8302

スープ割りを頼もうと
荻窪総本家スタイルで
空の麺皿の上に小鉢を乗せて
カウンターの上に置いたら
「お会計ですか?」と
おばちゃんに聞かれてしまい

ぐぬぬ!

と海原雄山みたいに心の中で唸った
ワタクシでしたが

DSC_8311

『あ、スープ割りです。すみません』


と目に涙を溜めてお願いして
スープ割りをゲットしました


スープ割り後の方がスパイシーさが際立つので
分かりやすいのですが
確かに普通のつけそばよりも
シビれ要素が強くて
こいくちであることは
間違いなさそうです


昔のこいくちのような
食べ手を選ぶほどのスパイシーさも恋しいですが
今のこいくちは万人向けで安心の旨さですね


ごちそうさまでした

杉田家 千葉店@東千葉の『ラーメン+のり+味玉+ライス』5

DSC00771

千葉東税務署に寄ったついでに
久しぶりのハウス系

DSC00766

値上げラッシュは終焉したようで
昨年から値段据え置き

DSC_8237

ラーメン680円
+のり70円 +味玉80円 +ライス80円
(好み=麺やわらかめ)


夕食時だったからか
ほぼ満席で
厨房ではスープを大増産している様子

DSC_8244

そのせいか
スープの見た目が薄そうで
表面に浮かぶ脂が多めです


飲んでみると普通な感じで
客が少ない時だと
もっと濃厚で旨いんだろうなぁと思わせる出来

DSC_8254

すごくやわらかくて
モチモチしてて
やわらかめ最高!!


やわらかめだと
麺が膨張して
多くなったような錯覚を起こすので
なんとなく得した気持ちになりますねw

DSC_8257

くぱぁ


海苔巻きライス豆板醤乗せも堪能したし!


ごちそうさまでした

ラーメン BooBoo太郎。@千葉中央の『小ブタ汁なし』5

DSC00755

5加担目

DSC00759

先週末あたりから
汁なし始まっていたとか

DSC00761

汁なし効果なのか知らないけれど
ほぼ満席


シュッとした感じの男性助手が加わり
3人体制の厨房

DSC_8188

小ブタ840円 +汁なし100円
(コール=ニンニクアブラ)


関内の汁なしは好きで良く食べていたのですが
こちらの汁なしはどうでしょうか

DSC_8191

汁なしにはデフォで
フライドオニオンと卵黄が乗ります


フライドオニオンは
関内のものとは違うメーカーかな?
(ここ2年ほど関内行ってないので
今はどうなのか分かりませんが)

DSC_8206

巣ごもり卵風にしたいがために
普段やらないアブラコールをするなど

DSC_8198

この店では初のブタ増し


100円でこれだけ増えるって異常ですね(ガクブル

体感的にはブタの量が通常の3倍になった感じ

DSC_8212

汁がどれくらい入っているのか確認するため
くぱぁしてみましたが
液体アブラ層しか見えません


おそらくタレは
液体アブラの下なんでしょう

DSC_8224

とても長い麺を引き出すと
最初からタレと和えられているようで
混ぜなくても味付き状態で食べられます
(自分的には自分で混ぜて味調整する方式が好きですが)


結構な量のブラックペッパーが入っていて
全体の味付けはショッパ目


関内の味付けを濃くして
甘さを抑えたような味わいで
中毒性が高そうです

DSC_8229

少ししょっぱさを弱めれば
チーズともバッチリ合いそうな気がします


体に悪そうな食い物ほどうまい!
を体現したような汁なし
ごちそうさまでした

ラーメンショップ稲毛店@稲毛の『ネギ味噌ラーメン+ライス』5

DSC00739

久しぶりに
ラーメンショップ稲毛店に来てみると
リニューアルしていました


2年くらい前にオーナーが変わって
リニューアルしたらしいのですが
それから再びオーナーチェンジしての
リニューアルのようです

DSC00749

2年半前に来たときと比べると
ラーメン類は50〜150円の値上がりで
七味お酢ラーメン等の変なメニューや
おつまみチャーシューが無くなり
ちょっと寂しい


ライス無料サービスは無くなり
半ライスが50円
ライスが100円

DSC00750

卓上調味料は
黒胡椒
豆板醤
おろしニンニク
があり
きゅうりの漬物が取り放題

DSC_8174

厨房には男性店員が4人も居て
椿食堂の指導員ぽい方も・・・

DSC_8150

ネギ味噌ラーメン 850円
+ライス100円


トッピングの味付けネギは
ボリュームたっぷりで
短冊切りのチャーシューが沢山入っています


海苔は板状に加工された岩海苔なので
だんだんバラバラになって
スープに溶けてゆくのでした

DSC_8157

スープは赤味噌ベースのようで
濃厚感があり塩味が高めなので
ライスとの相性抜群!

DSC_8165

麺は熟成されたような少し硬めの食感で
味噌ラーメンに合っていると思います

DSC_8180

ひさしぶりに自作したハピネス丼

スープに馴染んだネギとチャーシューが
ライスに合いすぎます!


値上がりしたのは残念ですが
その分クオリティは上がっていると感じました
また食べに来たいです


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ