お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2017年09月

ラーメン二郎@池袋東口店の『つけめん』5

DSC_1598
(実食日:2017/09/24)

秩父の二子山に登ってきた帰りに
イケジに寄ってみました


20時ごろで待ち10人程度

DSC_1599

お!? まだつけ麺あるじゃん


ということで
今月一杯で終了のつけ麺の食券を買い
しばらく店内背後霊待ち

DSC_1600

ワタクシの登山用30Lザックを見た店員さんが
一番端っこの席に座れるよう配慮して下さり
大変助かりました m(_ _)m

DSC_9571

つけめん 800円
(コール=ニンニク)


食券を出した直後に
麺の硬さを訊かれたので
「普通で」と回答

DSC_9585

麺丼がキンキンに冷えていて
まるで生ビールのジョッキのようだw


麺は冷水で締められているようで
冷え冷え


麺量は茹で前重量で300gあるかないか

DSC_9577

つけ汁には

  • モヤシ
  • キャベツ
  • 白ネギ
  • メンマ
  • ブタ
  • 海苔1枚

が入っており
表面が白っぽい背脂の層で覆われています
DSC_9606

背脂の層をどけると
FZがキリッ!と効いた
ショッパウマなつけ汁が現れ


酢も入っていたと思います

DSC_9587

ブタが1枚しか入ってないお (´・ω・`)


としょんぼりしてたら
実は薄切りのブタが2枚くっついていたことが判明


NS系はブタが少ないですね
(立地的に仕方がないのかな)

DSC_9595

うおォン!


硬めのうどんを食べているような感覚ですが
二郎度を求めなければ
これはこれでおいしいです


本格的な秋が来る前に
夏季限定のつけめんが食べられて
よかった .。゚+.(・∀・)゚+.゚


ごちそうさまでした

【山と温泉】 二子山@秩父 〜東岳でタマヒュン〜5

IMG_2346

先週の陣馬〜高尾山縦走に引き続き
今週も千葉から日帰り圏内の低山へ

IMG_2349

池袋駅07:30発
西武秩父駅行きの特急レッドアロー号

IMG_2350

まさかのラブライブ列車という

IMG_2351

カーボローディング&燃料チャージ!

IMG_2352

池袋駅で購入した秩父漫遊きっぷ2190円


池袋⇔西武秩父駅間のフリー乗車券が2日間有効で
更にクーポンが付いており
西武秩父ゾーンのバスが乗り放題という
おそろしくお得な切符なのです


今回は西武秩父駅から二子山までの
往復バス代だけで元が取れました


これは超オヌヌメ!

続きを読む

ラーメン二郎@めじろ台店の『小ラーメン汁なし+生たまご』5

DSC_1512

(実食日:2017/09/15)

陣馬山〜高尾山縦走の帰りがけに
移転後初のラーメン二郎 めじろ台店へ
寄ってみました

DSC_1509

客層は学生さんぽい人が多いです


移転前と比べると
前面ガラス張りですごく明るい店内

DSC_1508

前回(4年前)来た時に比べると
小ラーメンが50円値上がりして
ダブルが廃止された以外に変化は無いみたい

DSC_1510

厨房は店主と男性助手2名


店主は大変お元気そうで
威勢の良い挨拶が心地よい

DSC_9508

汁なしに生卵乗るのか
記憶がイマイチ曖昧だったので

生たまごも買ってしまう

DSC_9517

小ラーメン 700円
+汁なしラーメン100円 +生たまご50円
(コール=アブラニンニク)


やっぱりデフォで卵黄が乗るんですねw


そういえば7年前に汁なしを食べた時にはあった
粉チーズトッピングが今は無いのが
少し残念・・・

DSC_9524

厚切りのブタが2枚


どっちも脂身の付き方が激エロく
トロっとしてて
むしゃぶりつくと昇天しそうになる

DSC_9527

めじろうでは絶大な人気を誇るアブラ

ロットの全員がアブラコールしてて
アブラマシマシも結構居ました


この味がしっかり染みたアブラに
卵黄を絡めて食べると


ビール飲みてぇええ!!


と叫びそうになる美味さ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_9535

うおォン!


気持ち硬めの麺が
汁なしのタレを絶妙に絡め取り
ブラックペッパーのスパイシーさが
堪らない

DSC_9550

ドンブリの底に入っている
汁なしのタレ


カラメにすると
インパクトが強まって良さそう

DSC_9555

1/3ほど食べたところで追い卵を投下!


追い卵をすると
味が薄まるので
カラメにしておけばよかったな・・・

DSC_9564

疲れた体に染み渡った
めじろうの汁なし
最高でした!


ごちそうさまです

【山と温泉】 陣馬山〜高尾山縦走20175

IMG_2337

少し寝坊して高尾駅に7:24到着


7:35発の陣馬高原下行きバス停は
平日ながら長蛇の列 Σ( ̄ロ ̄|||)


乗客のほとんどは山登りのジジババと小学生


小学生約20人は何故かワリと都会の高尾駅から
山奥の八王子市立恩方第二小学校まで
バスで50分近くかけて通っているという謎


ギリギリ積み残されずに乗れました
(これを逃すと次のバスは1時間後だ)

続きを読む

麺'ズ 冨士山@富士山駅店の『肉うどん』5

DSC01198

富士登山からの帰り
ホリデー快速富士山2号の到着まで
1時間ほど時間があったので
富士山駅の地下フードコートにある
吉田のうどん『麺'ズ 冨士山 富士山駅店』で
20数時間ぶりのまともな食事を取ることに

DSC01179

吉田のうどんを食べるのは
たけ川うどん以来だから
6年ぶりです・・・

DSC01181

フードコートなので完全セルフ


うどんを受け取ったら
揚げ玉や『すりだね』と呼ばれる自家製辛味を
好きなだけ入れ放題

DSC01183

肉うどん(大) 600円


トッピングは
ブランド豚肉と
茹でキャベツと
刻みネギ


吉田のうどんではよくある桜肉
ではなく豚肉ですが
お肉の味がしっかりしていて
おいしいです

DSC01186

揚げ玉のコクと辛味の刺激が
いい感じ

DSC01189

味噌としょうゆを合わせたスープは
吉田のうどんの正統フォーマットで
空っぽの胃に優しく染み渡るよう

DSC01195

うどォン!


スープの優しさとは対照的なのが
この荒ぶる超極太麺!


普通のうどんと比べると硬めだけど
噛むと旨さが出てきて
やめられないとまらない状態に


うどんも面白いですね!
武蔵野うどんとか
色んなうどんも食べてみたくなりました


ごちそうさまです

【山と温泉】 富士登山記(吉田ルート)5

DSC01138

富士山に一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿


という格言がありますが
ワタクシは今回が三度目です(爆)


一度目: 御殿場ルート(山小屋で一泊して登頂成功)
二度目: プリンスルート(7合4勺わらじ館付近で登頂断念)

続きを読む

亀戸餃子 本店@亀戸の『餃子』5

DSC01016

ローストビーフ用の肉を仕入れに
またまたハナマサ亀戸店へ

DSC01009

亀戸駅からハナマサへ行く途中にある
亀戸餃子


行列が出来ているけど
10人待ちくらいなので
衝動的に接続

DSC01014

ほとんどの客は2名以上のグループなので
ワタクシのような一人客は
ワープさせてもらう確率が高いです

DSC01020

ということでワープさせてもらいました

DSC01025

席に座ると店員のオバちゃんが


『何飲む?水?』


と尋ねてきたので


『ビール』


と答えると
スーパードライの大瓶が出てきました
(小瓶もあります)

DSC01028

卓上調味料は

  • しょうゆ
  • ラー油

のみという潔さ


ラー油には荒挽き唐辛子が沈殿していて
第七ギョーザを思い出します
DSC_9478

カラシ付きの小皿に
タレを調合

DSC_9469

1皿目


1皿5個入り250円


この店のルールとして
2皿は必ず注文しなければなりません
(というか2皿目までは自動的に出てくる)

DSC_9488

皮の焼き目がサクっとしていて
中の餡は野菜と肉がバランスよく詰まっており
2皿は余裕で食べられます

DSC_9493

2皿目


1皿目よりは強めの焼き上がりで
香ばしいです


皿ごとに焼き上がりのブレがあるのも
この店の魅力なんでしょうね

DSC_9495

3皿目


残り1〜2個になると
『もう一枚?』とか『次行く?』と聞かれますので
うなずくとお代わりがすぐ出てくるという
わんこ餃子状態w

DSC_9505

4皿目


程ほどにお腹が膨れたので
これにて終了


餃子250円×4皿+ビール(大)550円で
お会計は1550円でした


餃子の味はワリと普通なんですが
焼きたての餃子を待つ事なく連続して
好きなだけ食べられるので
大変満足しました


ごちそうさまです

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ