お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

2017年10月

家系ラーメン 王道 いしい@浜野の『ラーメン+チャーシューまぶし+のり』5

DSC01245

しばらく家系を食べていないのを思い出し
久しぶりに浜野の王道いしいへ行ってきました

DSC01249

オープンから1年間は490円に値下げサービス
だったはずのラーメンが590円に!Σ( ̄ロ ̄|||)


しかも全体的に値上がりしているという罠!


まぁでもラーメンが600円切る値段なので
まだまだ安い!

DSC01254

おもしろそうなトッピングが増えてます


ミックス野菜は刻み生ニンニク付きだそうで
アレを意識していやしませんかね旦那? (・∀・)グフフ

DSC01256

営業時間が朝6時から夜12時までになり
9月から朝ラーが始まったそうですが
早起きが苦手なワタクシには
ハードルが高い朝ラー (´・ω・`)

DSC_0360

ラーメン 590円 +のり100円
(お好み=全部普通で)


5月のオープン当初と比べると
スープの色が王道家に近くなり
鶏油の浮き方もいい感じです

DSC_0369

スープを飲んでみると
やっぱり旨くなってる!


柏にあった頃の王道家を
思い起こさせる味.。゚+.(・∀・)゚+.゚


杉田家千葉店を余裕で超えてる気がするけれど
最近杉田家に行ってないから
あっちも今度調査しに行かねば・・・

DSC_0375

うおォン!


デフォの茹で加減は硬くも柔らかくもない
完璧なもの

DSC_0385

チャーシューまぶし 180円


勘違いしてライスの食券と
チャーシューまぶしの食券の
両方を買ってしまうお客さんがいました


たっぷりライスに
サイコロチャーシューがゴロゴロ乗って
180円はスイヤ!
(某店だとライスだけで200円は取られます)

DSC_0394

お店がオヌヌメする
マヨネーズ+ライスニンニク乗せにプラスして
豆板醤を乗っけてみました


これをスープに浸した海苔で巻いて食べると
ジャンクな味のトリコに!


でも純粋に海苔ローリングライスを楽しむなら
普通のライスの方がサッパリとして良いかも

DSC_0398

あ〜うまかった!!


ごちそうさまです

ラーメン二郎@京成大久保店の『みそラーメン』5

DSC01226

土曜夜の部で天気が悪いと
臨休確率が高い印象の
ラーメン二郎 京成大久保店さん


昔だとこんな日には行くのを避けていたのですが
今は眉鍋組有志の方々が
Twitterで臨休情報を配信してくださるので
安心して出かけることができます m(_ _)m

IMG_2445

ということで
18時頃店頭に到着
空席3


前回撮影に失敗した券売機をパシャリ


大つけ麺と大みそつけ麺は
普通に券売機で買えますが
大ラーメンは店主が承認すれば
小ラーメン+現金100円で
買えるようです

DSC01225

高校生くらいの息子さんを連れた親父さんが
大豚ラーメンの買い方を眉店主に尋ねていましたが
なんだか眉店主は不機嫌になり
劇場開幕前夜的なムードが店内に漂いましたが
注文は通ったようです


助手の奥様に「残さないで食べてね」と
念を押されていましたが
ちゃんと食べきれたのかは確認できず

DSC_0292

みそラーメン 800円
(コール=おねがいします)


寒くなったら食べようと心に決めていた
みそラーメン

DSC_0309

ノーコールにしてはヤサイの標高が高い

DSC_0319

スープの表面がほとんど見えない高充填率


しかも大量すぎるニンニクww

DSC_0326

ブタは京成大久保店独特の柔らかい赤身中心の部位

DSC_0339

麺は水で締めてつけ麺で食べたら丁度かと思われる
柔らかめ寄りの茹で加減で
喉越しの良さが堪らない

DSC_0346

最後にスープを5口ほど飲んでごちそうさま


久々のみそラーメンでしたが
以前と比べると若干甘味が強くなり
辛味と塩味が控えめになったように感じました


ノーマルのラーメンとの味の違いがより明確になった
京成大久保店のみそラーメン
堪能した!


ごちそうさまです

零一弐三(すうじ)@船橋の『煮干し蕎麦+油そば+味玉』5

DSC01209

「アート引越しセンターみたいな名前のラーメン店を調査せよ!」


という電波を昨夜受信し
早速行ってきました
(ここで正解なんですかね?w)

DSC01213

雨の中
フナムシ駅から徒歩でトボトボ
10分ほどで到着

DSC01215

オープン当初はアレ系のメニューもあったようですが
オペレーションの限界だとかで
今は煮干し系ラーメンのみ


14時ごろの遅い入店だったので
提供杯数の少ない濃厚バージョンは売り切れ

DSC01221

店主の背中に
空席が出来ても勝手に座ってはいけないオーラを感じたので
しばらく待っていると
店主から座る席を指定され着席


食券を高台に置くと
注文確認などはなく
知らぬ間に店主が食券を確認し
いつの間にかお品が出てきます

DSC_0077

煮干し蕎麦 750円 +味玉100円


ちばから伊吹の両店で
修行を行った店主の作る一杯

DSC_0089

ちばからのDNAなのでしょうか
厚切りの豚バラチャーシューは非常に柔らかく
脂身からは油が程よく抜け
透明感のあるゼラチン質が
ぷるぷるして味染みも良く絶品!

DSC_0101

スープは煮干しが濃厚に効いたもので
動物系のコッテリ感があり
煮干しの苦味とエグ味も多少主張し
食べ手を選びそうですが
煮干し系で気になりがちな甘味は
かなり抑え目なので
ワタクシのストライクゾーンに入りました

DSC_0119

麺はコレ系にありがちなパッツン麺


パッツン食感ですが
ザクザクまでは行っておらず
ズバズバ啜るとスープと麺がお口の中で融合し
細麺のレゾンデートルが少しだけ理解できたような気がしました

DSC_0132

高台に200円を置いて注文すると
あっという間に出てきた油そば(和え玉)

DSC_0137

温存しておいた味玉を和え玉の上で


くぱぁ


和え玉の麺は超硬めでザクザク食感
(先日食べた大者の汁なしを思い出した)


これまた温存しておいた煮干しスープを飲みながら
和え玉を食べると
汁気補充&ニボニボ感ブーストでグー

DSC_0147

店主がワンオペでピリピリした雰囲気がアレでしたが
同エリアで有名な赤坂味一とはまた違う路線の
本格煮干しラーメンは貴重だと思いました


今度はもっと早く来て濃厚バージョンも食べてみたいな


ごちそうさまです

ラーメン二郎@桜台駅前店の『小ラーメン+生たまご』5

IMG_2434

関東地方は雨の週末


最近ニワカアウトドア派になったワタクシは
外に出ないとタヒんでしまいそうなので
久しぶりに桜台の二郎へ

IMG_2436

1年と4ヶ月ほど
ご無沙汰しておりました

IMG_2435

閉店時間が近いので6人待ちくらい

IMG_2438

券売機が賑やかになりましたね


券売機の上にはプレミアムな調味料と
田村指圧治療院のパンフレットが

DSC_9894

厨房は店主とK助手さんの2名体制


お元気そうでなによりです

DSC_9917

小ラーメン 700円 +生たまご50円
(コール=おねがいします)
UZUR&NORIAZMS!


移動中に缶チューハイ2本飲んでいたので
麺少なめにしようと思ったけれど
忘れてノーマルで注文してしまった・・・

DSC_9924

でも週イチで山登りしているうちに
食事の量が増えてしまったのと
旨いラーメンは大量に食える法則で
危機感はそんなにないという

DSC_9929

二郎と山登りは似ている


苦しくなってからが本番

DSC_9945

そういえば
ブタがバラ肉に変わったんですね!


ウデ肉も旨かったけど
バラ肉も皮に近い部分から赤身に至るまでの
食感のグラデーションが楽しくうまい!

DSC_9957

FZがズギュン!と効いた桜台の黄金スープ


二郎のスープ
特に桜台のスープは
インスパなんかのペシャーとした乳化じゃなくて
材料物性あたりで例えるなら
結晶粒界のサイズが超デカい感じで
口当たりと味が独特で毎回グッ!ときます

DSC_9972

うおォン!


モチデロパッツンな食感が
一度に味わえる桜台の自家製麺ウメッ!

DSC_9983

天地返しを軽く行ったのちに
麺とヤサイとブタを堪能


この辺りからアルコールが効いてきて
あまり記憶がありませんw

DSC_9996

今回も無事センターに決まったらしい
生たまごシュート

DSC_0012

麺に生たまごを絡めると
満腹中枢がリセットされて
無限に喰えそうなイリュージョン

DSC_0033

最後にスープを3口ほど飲んでごちそうさま

DSC_0063

と思っていたのに
うますぎて
結局ほとんど飲んでしまいましたw


日本百麺山
堪能した!


ごちそうさまです

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン+生たまご』5

IMG_2430

体育の日の三連休を利用して
尾瀬の燧ヶ岳(ひうちがたけ)に登ってきた帰り道に
二郎神クラスタの方々にTwitterでサジェストして頂き
本日昼だけ営業のラーメン二郎 千住大橋駅前店へと
向かいました

IMG_2429

二郎の店内は狭いので
駅のコインロッカーにザックをぶちこみ
行列に接続したのが11:30頃


千住大橋に来るのは2年ぶりだけど
結構並ぶようになったんですね
(祝日なのもあると思うけど)

IMG_2432

並び中
男性助手さんが食券を確認に来たので
「麺少なめで」とお願いする

DSC_9795

並び始めて35分ほどで着席


なかなかの良回転率

DSC_9814

生たまごの器が陶器製になり
シャレオツ感と清潔感がUP

DSC_9819

小ラーメン 700円 + 生たまご50円
(コール=ニンニクラーユ) ※麺少なめ
AJTMAZMS


そういえば千住大橋って
女性客が異常に少ないような気がします
(だがそれがいい)

DSC_9841

麺少なめの注文が通っているのか不安になる盛り

DSC_9830

1cmはあろうかと思われる液アブラ層に
麺もスープも閉じ込められ
湯気がほとんど立っていません

DSC_9840

不定期に提供される
サービストッピングの自家製ラー油


見た目は食べるラー油に似ていますが
そんなに辛くなく香ばしさが食欲を刺激します

DSC_9858

うおォン!


麺をリフトすると
モウモウと放出される湯気


表面が少しデロっていて
密度感のある麺が
液アブラやFZ入りスープと絡んで
すごく中毒性が高そうな味わい

DSC_9861

中盤で生たまごをシュート


やはり千住大橋のラーメンには
生たまごが良く合う

DSC_9872

底の方からデカい豚が2枚発掘された瞬間


バラ肉に変わってから食べるのは
これが初めてなんですが
とても柔らかくしっとりしていて
美味です

DSC_9878

終盤になると出現するPAPP(yst氏)状態


PAをサルベージし
スープをひと口だけ飲んで終わるつもりが
ラー油が混ざったスープの
ショッパ微辛ウマの惹きの強さには逆らえず
結構な量飲んでしまいました

DSC_9891

2年ぶりの千住大橋でしたが
すごく旨く食べやすくなったような・・・


行列が長いのも納得の味です


辛味も試してみたいし
近いうちに再訪したいな


ごちそうさまでした

らーめん芝浜@桐生の『小麦三昧』5

DSC_1789
(実食日:2017/10/01)

グンマーの超有名店
らーめん芝浜
を目指し
新前橋のビジホを8:30に出発

DSC_1798

クルマで下道を走ること約40分で到着


15台くらい停められる共同駐車場は
到着時は満車だったけれど
すぐに空きができて駐車できました

DSC_1792

お目当ての小麦三昧の提供は10時からなので
外の待ち席でひなたぼっこ


10時まで限定の朝ラーも惹かれる

DSC_1793

外待ちの時点で既に感じますが
ここの接客は実に素晴らしい!


阿片窟や炊き出し場のような雰囲気の
ラーメン店に寄ることが多いワタクシは
非常に緊張してしまいます

DSC_1794

着席すると
お冷とおしぼり(使い捨てではない)が出ます


店主が注文を聞いてきたので
小麦三昧1200円(税抜)をオーダーすると
塩か醤油か確認されました
(三品目のラーメンの種類)


ちなみにメニューはこちら

DSC_1796

程なくして小麦三昧のお品書きと
箸置きが運ばれ
ここは美食倶楽部かと


美味しんぼかと

DSC_9675

豚醤と豚油のまぜそば


パッと見は
沖縄郷土料理のそーめんちゃんぷるーに似ていますが
上に乗っているのはブランド煮豚をほぐしたもので
極上のツナみたいな味がします

DSC_9683

底の方にタレが仕込まれているので
よく混ぜてから食べます


キレのある醤油と上質な豚の油がサッパリと
パツパツとした低加水麺に絡んで
サクっと頂ける一品


クルマじゃなければ
ビールと一緒に食べたかったなぁ・・・

DSC_9698

上州辛味大根の
ダイヤモンドつけめん



まぜそばの余韻に浸っていると
二品目のつけめんが登場

DSC_9708

上州絹糸を髣髴とさせる
つやつやとした麺の盛り付けが
とても綺麗 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_9689

つけ汁(つけだれと言うべきか)は
たまり醤油使用のタレに
群馬県産の辛味大根が入った
実にシンプルなもの

DSC_9722

うおォン


この多加水太麺
最初はつけ汁につけずそのまま味わうと
噛むのがもったいないほど
のど越し最高!!

DSC_9731

店員さんの説明に従い
つけ汁は麺の端っこだけにつけて
ずるずるちゅるんと啜り込む


辛味大根と醤油ダレの組み合わせが
日本蕎麦のようで
麺の旨さを引き立てます


つけめんだけ
この3倍くらいの量で食べたいです!(←DEB)

DSC_9746

らーめん(醤油味)


三品目は
北海道真昆布と名古屋コーチンをメインに使用した
無化調らーめん

DSC_9749

トッピングは

  • レアチャー(豚肩ロース肉かな?)
  • ばら肉チャーシュー
  • 極太メンマ
  • 白ネギ
  • 海苔

DSC_9776

スープうめぇぇえええええ!!!!!!


隣のお客さんは
味玉を追加していたので
私もそうしておけばよかったです  (´・ω・`)

DSC_9783

パツンと歯切れの良い麺が
スープによく絡み
啜り込むとスープと小麦の香り()が
お口の中で一体化して鼻腔から抜ける愉悦



意識高すぎやろ〜!

20170106080801



三品のコースですが
量はそんなに多くないので
二郎とか食える人なら
セットチャーハンやライスを付けても
良いかもしれません

DSC_1799

テイクアウトで購入したスムージー
(巨峰+パイナップル+バナナ)


帰りの運転で眠くなりそうな時に
冷え冷えのスムージーを飲むと
シャキーンと覚醒して助かりました


グンマー大好き!!


ごちそうさまです

自家製ラーメン 大者@高崎の『汁なし』5

DSC_1780
(実食日:2017/09/30)

この日は千葉の自宅を朝3時に出発し
7時から谷川岳に登り猿ヶ京温泉で汗を洗い流し
新前橋のビジホに17時チェックインという
ジャック・バウアー的ハードスケジュールをこなした結果
おでこが更に後退しました (´・ω・`)

DSC_1782

宿で缶ビールを飲んだため運転できないので
電車で夕飯を食べに出かける


新前橋駅から電車で2駅先にある
高崎問屋町駅まで移動し
そこから徒歩で1Kmちょい歩いた所にある
自家製ラーメン 大者まで移動

DSC_1783

到着時25人待ちくらいだったので
1人あたり3分と見て約1時間待ちを予想したのだけれど
異常に回転が悪く
約20分も客の出入りが無かったりして
店主が厨房で倒れているのではないかと心配になる

DSC_1785

外から店内をインスペクションすると
まさかの店主ワンオペww


夜の営業時間は21時までだけど
その時間で打ち切ることは無く
かなり遅い時間まで営業しているようだ
(営業時間の意味とは?)

DSC_1786

並び始めて2時間ちょいで券売機前に到達


券売機の内容は4年前に来た時と比べると
いささか寂しいものになっている
(自家製味玉と自家製煮卵の違いが気になった)

DSC_1787

休むことなく黙々とワンオペをこなす店主の正確な所作は
平和島の麺香房 暖々時代となんら変わる所がない


4年前と比べて全く老化していない(ように見える)ので
機械の体であるという噂は
あながち嘘とは言い切れない

DSC_1788

ロット9杯でも産業ロボットのように
澱みない動きでヤサイを茹で上げ
麺を量りテボで茹で
ドンブリにタレやスープを入れ
ザルで背脂を濾し入れ
食器を洗い
退店する客には


ありぁぁああーっ!

うわぁあーっ!

○▼※△☆▲※◎★●・



などの独特の言葉を返す
ロボ店主を眺めていると全く飽きない

DSC_9617

汁なし 780円
(コール=ニンニク)


トピーングぅ!


という素っ頓狂な掛け声は相変わらずで
そこで初めて眼光鋭い店主と目が合った

DSC_9622

ブタは
かなり厚切りのものが2枚


前回はウデ肉がドカドカ入っていたけれど
今回はバラに近い部位(肩バラ肉かもしれない)で
これがトロっと柔らかく脂身がゼラチン化してて
まさにネ申月豕!

DSC_9638

汁なしにはフライドオニオンと
アブラがデフォで乗ります
(ラーメンでもアブラはデフォで乗るかも)

DSC_9658

うおォン!


前回はラーメンだったので
油そばか汁なしにしようと思い
某後期高齢ラヲタな方のブログ記事で予習をしてきました


そのブログ記事によると
油そばと汁なしの違いは
油の量だけとのこと

DSC_9664

麺の茹で加減が超カタメで圧縮された感じで盛られているので
見た目よりも量が多い


タレ以外の汁気が入っていないので
これはホンモノの汁なしだ!


途中で生卵(汁なしにはデフォで付く)
をシュートして汁気を補うと
少し食べやすくなった

DSC_9671

量の多さに
残り3口くらいで撃沈しそうになりましたが
前回の轍を踏むまいと思い
店頭の自販機で購入した黒ウーロンで流し込みながら
なんとか完食


今回卓上調味料は黒コショウのみ使用しましたが
酢やラー油なども活用すると
もっとおいしく楽しめると思いました


ごちそうさまです

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ