DSC01281

千葉大前のデカ盛り肉丼で有名な鵬来が昨年閉店して
その跡地に出来たアレ系の店ですが
オープンから1年が経ったので
満を持しての訪麺

DSC01285

入店前にひとまず
店外のメニューをインスペクション


二郎・ジャンガレ・中本を
全方位カバーしているような構成に地雷臭がするけれど
とりあえず入店だ

DSC01286

入って左側にある券売機


缶ビールもあるぞ

DSC01290

L字型のカウンター席のみで
卓上調味料は

  • 醤油ダレ
  • ホワイトペッパー
  • チリペッパー(?)

DSC01294

高台にレンゲあり

DSC01296

缶ビール300円は
キリンかアサヒを選べます


おつまみは付きません(´・ω・`)

DSC_0722

出来上がり直前に聞かれるトッピングですが
まぜそばの場合
ヤサイ以外がトッピング可能

DSC_0732

面倒なので全部コールしました


生卵はちゃんとダブルお椀で出てくるので
すき焼きスタイルも楽しめますね

DSC_0743

まぜそば (中)830円
(コール=全部)


店員さんから
「よく混ぜて食べてください」と言われますが
麺にはタレがあらかじめ絡められているので
そんなに混ぜなくても良いです


ニンニクは業務用の刻みニンニクのようで
風味はマイルド

DSC_0763

まぜそばの場合
ヤサイは増せないので
標高はそれほどでもありません

DSC_0772

完全ノーマークだったこのお店
実は豚がめちゃくちゃ旨いです!


豚の美味さでは定評のある西台や関内二郎に
匹敵するかもしれません

DSC_0816

厚切りの豚は脂身から赤身までトロトロで
肉の旨味が炸裂!!


とにかく豚が旨いので
豚を食べるためだけに来てもいいかも

DSC_0785

アブラは味が付いていて
め二郎ぽいです

DSC_0806

オープン当初はピザ用チーズだったようですが
今はとろけるスライスチーズ使用


府中二郎を思い出します

DSC_0796

インド玉はカレー風味の揚げ玉で
混ぜると全体がマイルドなカレー風味になるので
使い方が難しいです


最初にレンゲで生卵のお椀に避難させて
後から加えると味変的な楽しみ方ができそう

DSC_0821

うおォン!


麺は二郎とは違いますが
よく出来ていると思います


中盛り300gはビールと一緒に食べると
おなかパンパン

DSC_0833

麺がとてもアツいので
早々に生卵シュート!

DSC_0846

豚の美味さと
デラックスな無料トッピングに
大満足でした


それと接客も丁寧でよかったです


ごちそうさまでした