お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

ラーメン

自家製中華そば としおか@早稲田の『つけめん+生玉子』5

IMG_3493

気がつくと2年半ぶりになってしまった・・・

IMG_3494

食材の原価が高くなってるから仕方ないよねー

DSC02292

おっ! 以前は裏メニューだった
冷やし油そば等が券売機で買えるように・・・

IMG_3495

OKB店主はお元気そうでなによりです

DSC_5000_1

控えめに言って最高すぎるビールのおつまみ

DSC_5015_1

つけ麺(並)900円 +生玉子50円
(生玉子全卵麺の上で)


久しぶりなので麺量は並で

DSC_5026

週の真ん中あたりだと
そんなに濃くないらしいけど
無化調&無エキストの天然素材のみ使用で
これだけの濃いダシ感は凄いですね

DSC_5045

これだよこれ〜 (by コングラッチュエーションおやじ)


馬場時代のべんてんが蘇ってきたような
としおかのつけ麺でした


ごちそうさまです

ラーメン二郎@松戸駅前店の『小ラーメン』5

DSC02273

この日は昼間は天気が良かったのですが
夕方から天候が崩れるという予報で
多くの人が昼の部に集中したようです


その分
夜の部は空くだろうと読んだワタクシ
17時頃に行列に接続したら
セカンドロットに入れました

IMG_3455

陵辱の限りを尽くされる券売機ちゃん


以前大ラーメンの食券があった場所に
持ち帰り不可の貼紙が・・・

IMG_3457

昨年の11月に訪問した時から豚が


ウデ肉 → ウデ+バラ肉 → ウデ肉


という変遷を経たようです


麺もリニューアルされたという噂を聞きました

DSC_4892

小ラーメン 750円
(コール=ニンニク)


節酒効果で普通に二郎が食べられるようになったので
今回は麺少なめの保険をかけなかったのですが
デフォで以前の麺少なめくらいの量になっています

DSC_4897

これならヤサイコールしてもイケたかも

DSC_4913

豚は(以前と比べて)薄切りのやつが
上に2枚と底の方に2枚入っていました


赤身の部位が多くなったような・・・

DSC_4919

リニューアルされたという噂の麺ですが
確かに少し細くなって
硬め寄りの食感になったように感じました


自分的にはもう少し柔らかめの方が好みですが
ロット内の順番でも食感は変わりそうだし
また今度訪れた時に確認してみたいところです

DSC_4930

量が少なくなったので
苦しむことなく完食


スープはかなりしょっぱくなりましたね
(ブレなのかもしれません)


全体的に色々と変わった印象を受けた
今回の松戸二郎さんでした


ごちそうさまです

ラーメン二郎@小岩店の『小ラーメン+脂っKOIWA』5

DSC02215

半年ぶりの小岩二郎
(平日昼のみ営業なのでハードルが高い

DSC02210

開店前から並ぶ予定だったけれど
出遅れて11:04に到着


行列は第2ポールから5人ほど


この時間だと
開店時に入った客が掃けるタイミングなので
列はサクサク進みます

DSC02214

並ぶこと20分ほどで券売機前


最近は早い時間に売り切れるという
脂っKOIWAがまだ残っててラッキー
(私の居たロットで売り切れました)

IMG_3446

卓上調味料は過不足無く充実しております

DSC_4767

先に脂っKOIWAが到着


今回は脂というよりは
サシの入った部位をほぐした感じで
これだけ食べてもかなりイケます
(ビール飲みてー)


麻辣ペッパーをふりかけて
ラーメンが来るまでつまんでいたら
半分くらい食べてしまいましたw

DSC_4778

小ラーメン 750円 + 脂っKOIWA 50円
(コール=ニンニク半分ヤサイ)


そういえば
今日の助手さんは初めて拝見する男性で
店主さんとよく雑談をしていました

DSC_4790

おばちゃん型ロボも日によっては助手をされているようで
完全に置き換わったというわけではなさそうです

DSC_4797

近年の小岩にしては珍しく
食べ応えのある
おいしい豚でした

DSC_4822

麺良し

DSC_4827

スープ良しで
全てが上ブレの
小岩二郎でした


ごちそうさまです

ラーメン二郎@環七一之江店の『汁なし大ラーメン+豚増し+生たまご』5

DSC02205

久しぶりのラーメン二郎

DSC02199

一之江は4ヶ月ぶりなんですが
蕎麦屋の建物は完成しており
前回の二段階待ちシステムは無くなり
以前のシステムに戻っていました


11:40頃でしたが
日曜にしては空いてる印象

DSC_4734

汁なし大ラーメン 750円
 +豚増し100円 +生たまご50円
(コール=ニンニク)


節酒して体調が良くなったので
調子に乗って汁なし大に豚増し

DSC_4738

ムチムチしっとり柔らかな豚がゴロゴロ入っていて
これは堪らん!

DSC_4747

麺は硬め寄りで
噛むと押し返してくる食感


最初は快調にうまいうまいと食べ進んだものの
後半になり急にスピードダウン

やはり久しぶりなので
胃が小さくなっているようです

ロットを乱すといけないので
あと2口分を残し痛恨の撃沈(スミマセン)


やはり小ラーメンでおなかを慣らさないとダメですね


ごちそうさまでした

つけ麺専門 百の輔@秋葉原の『ハーフ&ハーフ』5

DSC02184

つけ麺専門店が秋葉原に出来たというので
肉のハナマサで吉牛再現レシピの材料を仕入れるついでに
インスペクションしてきました

DSC02196

今月中旬に新宿御苑から移転してきたとのことで
資本系の香りがしますが
最近はつけ麺を前面に押し出した店が少なくなってきたので
貴重だと思います

DSC02193

私が到着した時点(日曜日の14時ごろ)
では外待ち1名だったのですが
店員さんから食券を買って外で待つように指示された後から
どんどん客が増えてきました

DSC_4711

例のごとく喉が渇いたので
缶ビール350円も購入


シャレオツなタンブラーが付いてきますが
おつまみは付いてきません (´・ω・`)

IMG_3439

麺が太くて茹で時間が結構かかるため
注文の先取りをしています


麺量は500gまで同一料金です

IMG_3440

店内はカウンター席がメインで
テーブル席も一つありますが
席間が狭く
かなり窮屈です

DSC_4678

ハーフ&ハーフ 850円
(濃厚魚介豚骨とカレーを選択 麺量400g)


4種類のつけ汁から2種類が選べる
ハーフ&ハーフというメニュー


どちらかひとつのつけ汁がおかわり可能です

DSC_4682

濃厚魚介豚骨のつけ汁


粘度が程々にあり
チャーシューとメンマとネギが入っています


今となってはオーソドックスな
ちょい甘めな魚介豚骨味ですが
濃厚さと旨味がしっかりしていて
おいしいです

DSC_4697

カレーのつけ汁


濃度は濃厚魚介豚骨と同じくらいで
マイルドな辛さのカレー味のつけ汁です


でもスパイス感もちゃんとあって
濃厚スパイシーカレーつけ麺といった感じが
良いですね〜


こちらにもチャーシューとメンマが入っています

DSC_4701

極太麺は自家製ではなく業者麺で
優等生的な食感と風味で
荒ぶるところがなく
女性でも安心して食べられそうです

DSC_4725

プラ箸は滑るので
麺をたぐりにくいですね (´・ω・`)


麺量400gは私にはちょっと多かったですが
二郎系に慣れている方でしたら
500gでもイケるかもしれません


ハーフ&ハーフの組み合わせとして
濃厚魚介豚骨とカレーは同系統な印象を受けたので
次回来るときは違う組み合わせにしてみようかと
思いました


ごちそうさまです

ラーメン二郎@目黒店の『小ラーメン』5

IMG_3421

中目黒でのお花見飲み会が終わり気が付くと
メグジに並んでいました

IMG_3423

この日は午前中から飲んでいたので
正直あまり記憶がありません

IMG_3424

画像データによると
並び始めたのが21:43
着席したのが22:19

DSC_4517

小ラーメン 500円
(コール=ニンニク)


着丼が22:28

DSC_4520

隣の学生風の客は
1/3くらい食べたところで
箸の動きが完全に停止しています

DSC_4541

超人的な店主さんですが
どこかの痛みをこらえているいるような
とてもツラそうな表情なのが気になりました

DSC_4549

22:39 食べきりました\(^o^)/
(荻窪店の15分ルールだとセーフですねw)


今の時代に500円でこんなに腹いっぱいになれるなんて
夢のようです


ごちそうさまでした

らーめん天神下 大喜@御徒町の『純とりそば(細麺)』5

DSC02116

この日は
アメ横センタービル地下食品街に売っていると言われている
謎の赤い汁の探索に出かけたのでした


その前に腹ごしらえをしようということで
秋葉原駅からも御徒町駅からも微妙に遠い
天神下 大喜へ寄ることに

DSC02123

14時50分頃に入店


某ログで営業時間を確認したところでは
祝日は16時までということなので
余裕だろうと踏んでいました

IMG_3412

余裕ぶっこいて生レモンサワー450円(お通し付き)を
うぐうぐ飲んでいると
厨房の店主さんと助手さんは片付けを始めるし
女性店員さんは帰るし
ラストオーダー聞かれるしで
これはおかしいと気付きました

DSC_4390

純とりそば(細麺) 950円


実は某ログの情報が古くて
祝日は15時LOという罠

DSC_4397

だから食べログは信用しちゃいけないって
あれほど言ってたのに
アホだなぁ

b_rap08_400x400

DSC_4407

しかし閉店間際だからなのか知らんけど
スープの旨味が極まっている!


鶏食ってるのか鶏飲んでるのか
どっちか分らなくなるほどの濃縮感
(濃厚感とも違う)

DSC_4417

細麺がスープを絡めとって
麺とスープの一体感がハンパ無い!


今度はもっと早い時間帯に伺いたいです


ごちそうさまでした

【催事】中華そば しば田@そごう千葉店6F催事場の『煮干しそば+味付玉子』5

DSC_4311

煮干し中華そば 921円 + 味付玉子 121円


3年前の出張帰りに食べて
いたく感動した中華そば しば田が
そごう千葉店の催事に来ているということで
夕方に急行


リアル店舗では味玉中華そばを食べたので
今回は煮干しを頂くことに

DSC_4330

いいですねぇ・・・ 煮干し


鴨感は感じなかったけど鶏系の旨味に煮干しが重なり
重層感があって少しビターなところが味を引き締めます

DSC_4348

麺は全粒粉配合のツルザクパツーんの三重奏で
小気味良い啜り心地


こんなビッグネームを持ってくる
そごう千葉店の催事担当の人すごいなー
また期待しています!


ごちそうさまでした

杉田家 千葉店@東千葉の『ラーメン並+のり+ライス』5

DSC02102

年イチの恒例行事になってきた
千葉東税務署に寄ったついでの
杉田家千葉店定点観測

DSC02104

お値段は1年前と変わらず

IMG_3401

小上がり席が縮小されて
テーブル席が増えたような気が・・・

IMG_3404

先にライスが到着したので
豆板醤を乗せておこうと思ったら
卓上調味料が目の前にほとんど無い!

IMG_3406

家系にあるまじき卓上調味料枯渇地帯!!

DSC_4276

ラーメン並 700円 +のり80円 +ライス100円
(お好み=麺やわらかめ)


厨房を観察していると
スープの寸胴にフタをして
強火でガンガン炊いていたので
嫌な予感がしていましたが
スープが乳化しすぎです

DSC_4288

獣臭もちょっとキツいです


まずくはないのですが
昔のおいしかった頃の杉田家のスープとは
かなり違うものになっています

DSC_4299

麺は柔らかめにすると自分好みになって
おいしかったです


スープは完飲できず


ごちそうさまでした

ラーメン すけがわ@津田沼の『しょうゆラーメン』5

DSC02069

某老師がメンションしていた
津田沼の角上魚類に買出しに行くついでに
気になっていたこちらで昼食

DSC02072

JR津田沼駅から歩いたのですが
雨の日でもそれほど苦にならない程度の距離かな

DSC02075

でもわざわざここまで歩く人って
普通にラーメン好きなんだろうなと思える距離感

DSC02081

外から店内が見えるし
清潔そうな雰囲気なので
入りやすいです

DSC02085

食券を提出する段階で
無料トッピングを聞かれます
(二郎とは逆ですね)

DSC02091

ビール中瓶600円


600万円もするのにお通しが付かないという・・・

DSC02088

厨房は
調理を行っている店主と思しき方が
アンガール田中似の長身で
助手の方が男子スケートの宇野昌磨似


アンガール田中似の方は腰をさすっていたので
厨房の設計が良くないのかもしれません

DSC_4221

しょうゆラーメン 750円
(コール=ニンニク)


他のお客さんのトッピングを観察していると
ヤサイを増すとかなり増量されるようです

DSC_4237

デフォだとこれくらいの標高ですが
これでも意外にヤサイの量は多く感じました
(ドンブリ自体がデカい)

DSC_4225

ブタはバラ肉で結構ボリューム感があります


柔らかすぎず硬くもなく
肉の旨味がちゃんとしてて旨いブタです

DSC_4196

ビールのつまみにしようと思って買った水餃子100円ですが
ラーメンと同時に到着しました


100円でこれなら満足のお味ですが
提供タイミングが最悪すぎますw

DSC_4254

麺は菅野製麺所のやつで
食感が硬いな〜


二郎の麺とは完全に非なるもので
ラーメン大に近いと思います

DSC_4264

スープは更に二郎とはかけ離れていて
ラーメン大に近いです(ひと口も飲まず)


まぜそばの方が旨いかもしれませんね


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ