お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

旅行

肉マースソバマサミ@安里の『あっさり並+塩玉子+肉増し』5

DSC01810

この日は家族が映画を観たいというので
那覇メインプレイスに来たわけですが
ワタクシは無事脱走して安里の肉マースソバマサミ


営業時間が昼のみ2時間程度とか
独特のハウスルールがあるとか
おそろしく回転が悪いとか
沖縄ラーメン界ではハードルが高すぎて有名なお店
と聞き及んでいました

DSC01814

那覇メインプレイスから歩いて10分ほどの
住宅街の中に佇むマサミ


マサミのHPでは営業時間が
AМ11:30〜13:30(売り切れ次第閉店)
と記されていますが
店内の券売機や名刺には
11:30〜売り切れまで
と書いてあるようでよく分らないので安全策を取り
開店30分前に到着し
店の周りを徘徊しながら待つことに


すると程なくして
地元の方と思われる2人組の方が店頭に並んだので
その後ろに付くコバンザメと化しました

DSC01818

この2人組の方に話を伺うと
マサミには100回近くリピートしている
地元の超常連さんということが分り
ハウスルール等を教えて頂きましたm(_ _)m


基本的なルールは次の3点とのこと

  • 食券を勝手にカウンター上に置いてはいけない(店主が注文を聞いてきた時に手渡しする)
  • 席が空いても店主が誘導するまで待つこと
  • 入口のドアをちゃんと閉めること


ここまでは関東のラーメン屋さんでもたまに経験するので
案外普通の店じゃんwwと
タカをくくったワタクシでしたが・・・

IMG_2977

味は塩のみで
あっさり ふつう こってり
の3種類があります


それぞれの違いは調味オイルの量ですが
その量に応じてスープの量が調整されるらしく
超常連さんのオススメはあっさりだったので
ワタクシもあっさりで行くことに


トッピングチャーシューの追加(肉増し)は
現金対応で100円単位で受け付けてくれます


最初200円分の肉増しをしようと思ったのですが
さすがに初訪でそれはキケンではないかと考え直し
100円分に変更しました

IMG_2975

平日にもかかわらず
開店時には中待ち&外待ちが出来る状況で
店内では誰も喋る者がおらず静寂の空間が広がり
壁掛け薄型TVではチャップリンのサイレント映画
が流れているというシュールさ


店主さん
かなり集中してラーメンを作っておられます
(18年前のべんてんみたい)


店主さんに話かけてはいけないというルールは無いみたいですが
超常連さんですら話かけてもスルーされるそうです (; ̄Д ̄)

DSC_3527

あっさり並 800円 +塩玉子100円 +肉増し100円


ロット2杯なので
結構待ちます

DSC_3535

マサミのHPに書かれているように
鶏がらや豚骨を使用せずに乾物を多用した塩ラーメン


そのルックスだけで
間違いねぇえ!!
と確信できるやつ

DSC_3544

塩味玉はスープに合った塩味で
固ゆで寄りの半熟具合


実はメンマが非常にうまいです
(メンマがうまい店のラーメンは間違いない)

DSC_3559

チャーシューは脂身がとろける感じの熱の入り具合で
レアチャーよりも少し高めの温度で
調理されているような繊細さがあり
肉の臭みは皆無で
脂身の甘味と肉の旨味が舌の上に広がります

DSC_3570

乾物メインで取られたスープは
あっさりとしていながらも十分なダシ感があり
スタートダッシュの惹きの強さがあります


食べ進み落ち着いてきた中盤になると
店主さんが卓上のスパイスを勧めてきたので
それをかけるとまた新しい味わいが広がり楽しい

DSC_3585

米粉が配合されているという麺は
パッと見は金ちゃんヌードルみたいに見えるけれど
時間が経っても延びにくく啜り心地が良く
パツモチツル感が共存した食感は
この塩スープに合っていてうまいです


でも
注文時に硬めで注文すると店主さんから


『茹でずに生でお出しすることになりますが
よろしいでしょうか?』



と言われるそうなので注意しましょう
(※ 伝聞情報です)


沖縄独特のラーメンというよりは
沖縄でしか食べられないラーメン(店主のキャラ等含めw)
堪能した!


ごちそうさまでした

てぃしらじそば@首里の『沖縄そば+ジューシー+いなり+おからいなり+ごはん』5

DSC01794

昼飯どうしようかなー
って考えて首里そばと悩んだけれど
家族連れだし
定点観測()もしたいので
てぃしらじそばへ

DSC01797

11:30の開店時間になっても
他の客は来ずポールポジションの位置から
店内奥の小上がり席へ上陸

DSC01803

ここは煩い特ア観光客がほとんど来ないので
とても落ち着きます

DSC01806

でも以前と比べて空いているような気が・・・

DSC_3427

沖縄そばを人数分と
サイドメニュー全種類を1つづつ注文しました

DSC_3435

もずく酢はデフォでそばに付いてきます

DSC_3443

何故かもずくが家族に人気でした


沖縄のもずく美味しいですよね

DSC_3450

今回はドライバーが居るのでワタクシは
ビールも注文

DSC_3453

いなり 50円


酢が効いていて甘さ控えめサッパリ味

DSC_3463

ごはん(油みそ付) 100円


チャーシューの端っこや
トロトロに煮込まれた脂身を油みそにしたものが
トッピングされたごはん


今はなき背脂醤油のあ
脂ごはんを彷彿させるヴィジュアルww


少し甘めの味付けなので
特に子供さんにウケると思います

DSC_3474

ジューシー 100円


100円とは思えないしっかりした量と味のジューシー

DSC_3481

おからいなり 50円


味は上記の普通のいなりと似ていますが
おからなので低カロリーです

DSC_3495

沖縄そば 550円 (もずく酢付)


超あっさりスープとは対照的な
迫力満点の豚肉と極太麺

DSC_3498

ド迫力の三枚肉は柔らかく煮込まれていて
脂身がトロけます

DSC_3518

前回は麺が少し平たくなったと感じましたが
今回はそんなこともなく
噛むほどに味が出てくる荒ぶる麺でした


前回同様スープのダシ感が弱くなったように思いましたが
このお値段だと文句の付け様が無いです
(スープをもうちょっとパワーアップすると
麺&豚とのバランスが良くなると思いますが・・・)


ごちそうさまでした

熱烈一番拉麺@台湾桃園国際空港の『名古屋ラーメン』5

DSC09317

台湾ラーメンや台湾まぜそばが
名古屋発祥で
台湾には存在しないという事実に驚き


004l


とツイートしたところ
拉麺老師から


台湾桃園国際空港第1ターミナルに
名古屋ラーメンという
台湾ラーメンにクリソツなメニューを出す店がある



という
大変ややこしい情報を教えていただきましたw

DSC09323

さらば第2ターミナル!
(第1へモノレールで移動)

DSC09305

目指す店は
第1ターミナルの美食廣場という
フードコートの中にあります

DSC09315

味噌 醤油 塩ラーメンの他にも
そばめしや味噌カツまであるという
守備範囲の広さに驚かされます 

DSC09311

老師が言っていたのはコレか! ( ̄ロ ̄|||)

DSC_2033

名古屋ラーメン 170元


これを注文すると店員さんに
「ホット!」「チリー!」と警告されますが
予習済みなので
「オッケー!無問題!」と答えました

DSC_2045

味仙とかの台湾ラーメンの店には
行ったことがないので比較できませんが
上に乗っているのが
台湾ミンチなのでしょうか?

DSC_2060

見た目がすごく辛そうです (´д`;)

DSC_2065

台湾うおォン!


コシのある麺が
日本で食べるラーメンと同じで
旨い!


台湾でこれほどのラーメンが食べられるとは・・・

DSC_2084

辛さは蒙古タンメン中本で例えるなら
3辛あたりでしょうか


化調も程よく効いていて
これはおいしいラーメンです

DSC_2091

気が付くと
スープまで飲み干すところでした
(あぶないあぶない)


これで心置きなく
帰国の途につくことができます


ごちそうさまでした

【台湾Bグル紀行】士林夜市5

DSC09237

(実食日:2015/09/10)

台湾滞在ラストナイトということで
台湾最大の夜市
士林夜市へと
やってきました



饒河街観光夜市とは異なり
四方八方に広がるこの大きな夜市には
いくつも入口があるのですが
初めてなので
士林市場というビル側から
入ってみることにしましょう

続きを読む

【台湾Bグル紀行】冠京華@台北の『小籠包』5

DSC09225

(実食日:2015/09/09)

小籠包の名店
数あれど
自分の中では
鼎泰豊のような高級店は
エロい人におごってもらう店
という位置付けなので
ひとりの時はもっぱら
こういう店を選びます

DSC09235

いかにも庶民的な感じ

DSC09236

端の席では
店の子供たちがテレビを見ながら
夕食を食べていたり
とても家庭的な雰囲気

DSC09228

メニュー表は片面が中国語で
反対側が日本語なので助かります

DSC09228-2

野菜炒あ www

DSC09231

注文票を店のおっちゃんに渡すと
中国語で確認されるが
まったく理解できないので
適当にうなずいておくw

DSC09234

お茶とキザミ生姜は
セルフサービスだと聞いていたけど
店のおっちゃんが持ってきてくれた

DSC_1995

蟹黄小包 260元
(カニみそ豚肉入り小籠包)


昨日は夕飯を食べなかった分
今夜は豪華めに行ってみます

DSC_2012

小籠包の皮を少し破ると
カニ汁ブシャー!


メニューには「カニみそ入り」と書かれていますが
本当はワタリガニの卵が入っているそうです

DSC_2016

汁が濃い!


鼎泰豊のような洗練された味ではないけれど
凝縮された旨味が最初にガツンと来て
続いてカニの風味が鼻にふんわり抜けます


こんなに力強い小籠包は初めて食べました


これは中毒性がありそうな味ですなー

DSC_1978

蝦仁蛋炒飯 110元
(海老たまごチャーハン)


別のテーブルで
地元民と思われる人たちも食べていた
チャーハン


ここのチャーハンは油が多めで
そんなにパラパラじゃないけど
そこがまたBグルらしくてイイ

DSC_1991

酸辣湯 65元


チャーハンに合わせるスープ
として注文しました

DSC_2029

トマトのやわらかな酸味が
チャーハンの油っこさを消してくれて
とても旨く
タケノコ等の具のボリュームが凄い!


チャーハンと酸辣湯はどちらも量が多いので
最後は腹が裂けそうになりましたw


ここもとても良いお店でした


ごちそうさまです

【台湾Bグル紀行】金峰魯肉飯@台北の『魯肉飯』5

DSC09204

沖縄そば巡りをするときに
岸本食堂首里そばが外せないように
台北の魯肉飯を語る上で
金峰魯肉飯はマストゴープレイスらしいので
行ってきました


【魯肉飯関連記事】
柳家@新竹 de 『魯肉飯』
柳家@台湾新竹で魯肉飯を再食
【自作】 魯肉飯(ルーローハン)を作ってみた
【自作】 魯肉飯(ルーローハン)

DSC09202

中正記念堂が近い
(だが観光はしない)

DSC09222

外に行列が出来ているので
並びましょう

DSC09208

回転は速く
感覚的には
ラーメン二郎 横浜関内店くらいの
待ち時間

DSC09221

縦長の客席は
この右側にもう1レーンあります

DSC09217

縦長のテーブルの短辺に座らされ
そのすぐ隣には
大学生くらいの日本人観光女子二人組が来て
これは恥ずかしい配置だw

DSC09216

昨晩はホテルで
日本の古めのドラマ(ラブジェネとか信長のシェフ)を見ていて
なんとなく夕飯を食べずじまいだったので
腹が減って死にそう (´д`;)

DSC_1950

魯肉飯 中 40元


新竹の柳家で食べた魯肉飯とくらべると
味がマイルドで
漢方的な香りもほとんどなく
日本人向きの味と言われている理由が
よく分かります


横に乗っている緑色のやつは
ゴーヤの漬物だったかな?
(苦くなかったけど)

DSC_1955

肉焿湯(ロウガンタン) 50元


この店のもう一つの看板メニューである
鼎邊銼を注文する予定が
間違って注文したスープ


豚肉(?)のつみれがたっぷり入ったスープで
肉の旨味が深い


魯肉飯との相性もバッチリですよ

DSC_1958

燙青菜 小 20元


空芯菜を炒めたものの上に
揚げニンニク(?)が乗っていて
お野菜不足対策にオヌヌメです


箸休め的に食べると
お口の中がサッパリとリセットされて
おいしい脇役的な一品

DSC_1969

筍乾 小 20元


メンマ炒め


これも魯肉飯との相性最高で
外せない一品

DSC_1971

油豆腐 塊 10元
魯蛋 10元


油豆腐は揚げ豆腐の煮込みで
魯蛋はいわゆる煮玉子です

これらも魯肉飯との相性バッチリ!



隣の女子大生カップルは2品しか頼んでないのに
6品注文したワタクシの方が先に食べ終わってしまい
腹がペコちゃんだったのバレバレで恥ずかしい(^ω^*)


これだけ注文しても
トータルで150元
(日本円で約560円@現在の為替レート)


ここも良い店でした


ごちそうさまです

【台湾Bグル紀行】阿宗麺線@西門店の『麺線』5

DSC09199

この日は
台湾Bグル界を語る上で
絶対に外せないと言われている
麺線とやらを初体験しに
お昼時の西門へと
ひとりトボトボやってきたのでした

DSC09177

MRT西門駅6番出口から
漢中街という通りに入り
最初の交差点を鋭角気味に
クイッと右折すると

DSC09178

人だかりができている店が見えますが
これが麺線の老舗として有名な
阿宗麺線なのです

DSC09200

ここはテーブルが無いので
うら若き乙女を含め
老若男女が立ち食いしているという
お下品な光景が眼前に広がっています

DSC09184

注文は右側のおっさんが担当


同じくおっさんのワタクシは
大碗65元をを購入すると
左方面に行けと
ベルトコンベアー的な移動を
指示されます

DSC09183

左方面には
鍋からドロっとしたものを
碗に入れて
パクチーを散らすという動作を
ひたすら繰り返す黒ティー三連星が


これが麺線というものか・・・

DSC09185

パクチーは問答無用で入れられましたw


大好きなので無問題です

DSC09187

麺線 大碗 65元


パッと見
とろみのある中華スープに
エノキが大量に入っているように見えるけど
麺なのです


豚モツ(大腸)が入っていて
カツオだしがガツンと効いている味


少しモツのクセがあるけれど
パクチーでキャンセルされちゃうので
そんなに気にならなかったです

DSC09186

デフォだと薄味なので
3口ほど食べると飽きますww


そこで店内に置かれている
辛タレ ニンニクだれ 酢
で魔改造しちゃいましょう!

DSC09191

魔改造後


なんとなく
目白丸長のスープ割りのような
ゲ〇酸っぱい味に近くなり
ニンニクも効いて
味の輪郭クッキリジャンキーに

DSC09195

阿宗うおォン!



ずっと鍋で煮ているのに
麺がドロドロに溶けることなく
そのフォルムを保っているのが
不思議すぎます


旨いかと聞かれると
正直困ってしまう味ですが
3回食べるとハマりそうな予感がします


ごちそうさまでした

【台湾Bグル紀行】饒河街観光夜市5

DSC09136

千春がNHKのど自慢に出演したと聞き
MRT松山駅出てすぐのところにある
饒河街観光夜市に行ってみることに

DSC09140

有名な福州世祖胡椒餅の屋台に群がるゾンビたち


ワタクシもゾンビの列に加わりました

DSC09145

その場で皮から自家製です

DSC09146

家内制手工業方式で
やたらと店員さんが多い

DSC09150

この窯で焼くのか

DSC09149

インドのタンドールと同じように
窯の内側にペタペタ貼って焼くと
あっという間に焼き上がるようで
ほとんど待たずに焼き立てが買えました

DSC09156

胡椒餅 50元


こんなに大きいとは思わなかった


ビッグマックくらいありそう

DSC09158

くぱぁ


青ネギと豚肉の餡に
胡椒がガツンと効いて
溢れる肉汁!


パリパリの皮も香ばしくて
やめられないとまらない旨さ


だけど量が結構あるので
他にも色々食べるなら
二人で一個シェアしたほうがいいかも

DSC09171

ほぼ直線状の夜市の中間地点あたりにある
臭豆腐が有名らしい店


テーブル空いてるか聞いたら
お姉さんが路地に誘導するので
ついて行くことにする

DSC09169

もしかして美人局!? Σ( ̄ロ ̄|||)


と一瞬思ったけど
普通のテーブル席に誘導され
少し残念な気持ちになる

DSC09163

よくわからないので
メニュー票の一番上から2品
チェックしてみた

DSC_1941

麻辣臭豆腐 60元


鼻をつまむほど臭くて
おそろしくクセがあるかと期待したけど
普通の豆腐が少し発酵して
酸味が出たような味に拍子抜け


しかしこの臭豆腐
沖縄の島豆腐よりも密度があって
二丁くらい入っているので
お腹にドッシリきます

DSC_1944

蚵仔煎 60元


メニュー票の表記を見て牡蠣炒め\(^o^)/
かと思ったら
牡蠣オムレツでしたw


牡蠣が小ぶりなので
風味が今一つなのですが
皮がモチっとしていて
食べたことの無い
面白い食感

DSC09173

最後に麺線を食べようと思ったけど
オナカの調子が怪しい気配なので
これで帰ることにしました
(ナイス判断だったと後で分かることに・・・)


ごちそうさまです

楽麺屋 西門店@台北の『二郎風蒜味拉麺』5

DSC09109

台湾滞在1日目


空港からホテルに着いて
夕飯どこに行こうかと思案していると
雨が降り始めたので夜市はヤメて
pngn先輩に教えていただいた
二郎インスパ系ラーメンを出す店へ

DSC09126

西門は台湾の渋谷とか原宿とか
言われているそうで
日本よりもハデな若者が多く
ホモカップルも沢山います

DSC09111

楽麺屋 西門店に着くと
行列が出来ていたので
店員さんに何人待ちか聞くと
15人待ちとのこと


せっかくなので待ちリストに
名前を書いてもらって待つことに

DSC09112

この二郎風ラーメン
楽麺屋の中では
西門店のみのメニューらしい

DSC09121

予想したより早く
10分待ちくらいで
2階のカウンター席に座れた


通りを見渡せるカップル用の席のようで
隣はやはりカップル客だ

DSC09120

日本語版のメニュー票は
リクエストすると
持ってきてくれます


二郎風ラーメンの場合は
ピンクの専用注文票に
お好みを書き込んで
店員さんに渡すだけでOK

DSC_1869

二郎風蒜味拉麺 220元
(ヤサイニンニクカラメ麺2玉)



見た目はあんまり似てないけど
モヤシや麺がドンブリのふちから
ハミ出ているところに
二郎スピリッツを感じる

DSC_1874

ヤサイ増しにしたわりには
標高低くね?


と思ったけど
ドンブリの底からヤサイが積み上がっていて
実は結構ヤサイ多いです
(流氷と同じパティーン)

DSC_1909

ヤサイのキャベツをペロンとめくると
そこはモヤシに支配された世界

DSC_1878

カラメにしたのに
まだ全然味が薄いという
台湾人向けにローカライズされた
マイルド豚骨プースー


台湾人てどんだけ薄味好きなんだ?(´д`;)

DSC_1883

ニンニクは細かいみじん切りで
見た目よりも多い

DSC_1898

天かすのように見えるのがアブラで
臭みは無く上品

DSC_1903

サイコロチャーシューww


炙ってあって柔らかく
二郎の豚とは違うけど
おいしい

DSC_1916

このメニュー専用の太麺は
太いだけで全く二郎とは違うもの


替え玉を注文すると
オペレーションの関係か知らないけど
細麺が出てくる
(隣のお兄さんがそうだった)

DSC_1936

二郎とは違う部分がかなり多いけど
生刻みニンニクが沢山入っているので
二郎風というのもうなずけてしまう
食後感

DSC_1929

値段は日本円に換算して800円くらいで
台湾の物価からすると
かなり高い方だけど
話のネタに食べてみるのも良いかもしれません


ごちそうさまでした

ジャンボステーキ HAN'S@久茂地本店の『Tボーンステーキ』5

DSC_1063

ステーキ食いてぇえ! (*´Д`)ハァハァ


と訪れたのは
HAN'Sの久茂地本店

DSC_1073

このお店
イオンモール沖縄ライカムにも支店があり
沖縄のステーキハウスでは
今一番勢いがあるんじゃないでしょうか

DSC_1070

この久茂地本店は
こじんまりとしていて
厨房では高齢のおじいさんが
肉を焼いているのですが
この方が店主さんなのかな?(渋い)

DSC_1068

実は一昨日もここに来て
平日限定1100円ランチセットの
ストリップロインステーキを食べたのですが
やっぱり漢ならTボーンステーキだろっ!
ってことで再訪です

DSC_1629

Tボーンステーキって
特定なんちゃら部位の関係で
置いてる店があんまり多くないですが
HAN'Sだと常備していて
しかも値段がお手頃
(ステーキハウス88だと倍近い値段します)

DSC_1685

今年の5月から
1000gのデカ盛りステーキも登場し
まさにジャンボステーキの名にふさわしい
メニュー構成
(詳しくはお店のホームページ見てくださいね)

DSC_1663

Tボーンステーキ(450g) 2950円(税別)
(焼き加減=ミディアム)


T字型の骨を挟んで
サーロインとヒレの2種類の部位が楽しめる
Tボーンステーキ

DSC_1659

別の席で
1000gのTボーンステーキ食べてる
おひとり様野郎が居て
凄い肉人(にくんちゅ)だなと
惚れてしてしまいました(*´Д`*)

DSC_1666

サーロインの部分

DSC_1672

ヒレの部分

DSC_1677

うおォン!


450gでも余裕で行けちゃいます
(骨の重量もあるので肉だけだと350g程度かな)


また来れたら1000gに挑戦してみたいです


ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ