お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

アレ系

ラーメン すけがわ@津田沼の『しょうゆラーメン』5

DSC02069

某老師がメンションしていた
津田沼の角上魚類に買出しに行くついでに
気になっていたこちらで昼食

DSC02072

JR津田沼駅から歩いたのですが
雨の日でもそれほど苦にならない程度の距離かな

DSC02075

でもわざわざここまで歩く人って
普通にラーメン好きなんだろうなと思える距離感

DSC02081

外から店内が見えるし
清潔そうな雰囲気なので
入りやすいです

DSC02085

食券を提出する段階で
無料トッピングを聞かれます
(二郎とは逆ですね)

DSC02091

ビール中瓶600円


600万円もするのにお通しが付かないという・・・

DSC02088

厨房は
調理を行っている店主と思しき方が
アンガール田中似の長身で
助手の方が男子スケートの宇野昌磨似


アンガール田中似の方は腰をさすっていたので
厨房の設計が良くないのかもしれません

DSC_4221

しょうゆラーメン 750円
(コール=ニンニク)


他のお客さんのトッピングを観察していると
ヤサイを増すとかなり増量されるようです

DSC_4237

デフォだとこれくらいの標高ですが
これでも意外にヤサイの量は多く感じました
(ドンブリ自体がデカい)

DSC_4225

ブタはバラ肉で結構ボリューム感があります


柔らかすぎず硬くもなく
肉の旨味がちゃんとしてて旨いブタです

DSC_4196

ビールのつまみにしようと思って買った水餃子100円ですが
ラーメンと同時に到着しました


100円でこれなら満足のお味ですが
提供タイミングが最悪すぎますw

DSC_4254

麺は菅野製麺所のやつで
食感が硬いな〜


二郎の麺とは完全に非なるもので
ラーメン大に近いと思います

DSC_4264

スープは更に二郎とはかけ離れていて
ラーメン大に近いです(ひと口も飲まず)


まぜそばの方が旨いかもしれませんね


ごちそうさまでした

ラーメン BooBoo太郎。@千葉中央の『小ラーメン+粉チーズ+生たまご+カレー君』5

DSC01954

先週1年ぶりに訪れたものの
その直後にPCのHDDがクラッシュして
画像が無くなったため
写真を撮り直しに再訪

DSC01955

19時過ぎに到着


さすがにクリスマスなので
外待ちは出来ておらず
中待ち数名


と思いきや
退店時には外待ちも発生

DSC_4014

小ラーメン740円 +粉チーズ100円 +生たまご50円
(コール=ニンニクとアレ)


この日はサービストッピングとして
カレー君があったので
チーズカレーラーメン風にしてみました
(カレーちゃんという別バージョンもあるらしいw)

DSC_4024

厨房は
店主と濃い顔の男性助手の2名
先週訪れた時もこの布陣でした)

DSC_4030

カレー君は業務用のカレーフレークだと思います


カレーの味が強いので
汁なしよりはラーメンの方が合う感じ

DSC_4040

麺は以前よりも偏平率高めになり
麺の茹で加減が柔らかめになっていて
二郎の凝集感のある麺とは結構違う印象
(先週も同じ感想だったので
今はこれで安定しているのかな)

DSC_4053

チーズとカレー君の相性は間違いない!


しかしド乳化スープに
カレー君と粉チーズが溶け込んだもんだから
濃厚すぎてスープは数口しか飲めませんでしたw


BooBooは生活圏内なので
来年はもうちょっと食べに行く頻度を上げたいです


ごちそうさまでした

ラーメン BooBoo太郎。@千葉中央の『小ラーメン汁なし』5

DuvDMzgUwAAdvQV

小ラーメン 740円 + 汁なし100円
(コール=ヤサイニンニク)


この画像をTwitterにうpした後にPCのHDDが急死するというアクシデントがあったので他の画像がありませんw
翌週に再訪したので
詳しいレポはそちらに書きます

坂元激@牧志の『ジャンキー』5

IMG_2683

二泊三日沖縄の旅

IMG_2679

那覇空港に着いたその足で
開南バス停近くのせんべろ居酒屋らう次郎にて
胃弱ブラザーズのKY氏と合流


小1時間せんべろを堪能する

IMG_2685

その後
近くの坂元激に移動して虹会

IMG_2688

昨年の夏に訪れた時と比べると
メニューが若干絞られたようだ

IMG_2691

瓶ビール500円と
おつまみ辛島豆腐200円

DSC_2471

辛さ度としょっぱさが
中本の樺太丼くらいありそうなやつが
小鉢にたっぷり入っていて
おつまみってレベルじゃねーぞ!


胃弱ブラザーズの我々には
ちょっと刺激的すぎた

IMG_2716

夜の部は客入りが良くないみたいで
ほぼ貸切状態


だけど店のTwitterを見ていると
たまに材料切れで早仕舞いするから
団体客が入ったりして
波があるのかな

IMG_2694



ジャンキー
850円
(ニンニク少なめ炙り)


店員さんに食券を渡すタイミングで
ニンニクの量や
ニンニクチップの量を聞かれた

DSC_2491

胃弱ブラザーズなので
ジャンキーの他に
非辛メニューのつけ麺を所望したのだが
つけ麺は夏しかやっていないらしい


そこで注文した塩ラーメン


野菜たっぷりタンメン風で
これは胃弱アニキにオヌヌメです

DSC_2500

このジャンキーというメニュー
売り出されたのは最近らしいですね

DSC_2520

しっかりと炙られたチーズ


炙りといえば富士丸の某支店を彷彿としますね

DSC_2530

刻みネギとメンマとほぐしチャーシューも乗ってるし

DSC_2535

とぅるとぅるの背脂がジャンキー

DSC_2548

ニンニクチップと刻みタマネギの風味と食感もイイ

DSC_2558

しかし
ニンニク少なめと伝えたのに
レンゲ山盛り二杯分はあろうかと思われる
大量の刻みニンニクにはワロタ

DSC_2567

デフォでLLサイズの生玉子が付いてきます

DSC_2583

卵黄シュート!

DSC_2601

KY氏による渾身の麺リフト


荒挽き黒胡椒も入っててスパイシー!

DSC_2574

しかもマヨネーズかけ放題という太っ腹www

IMG_2712

ジャンキー最高だわ〜 .。゚+.(・∀・)゚+.゚


味のバランスもすごく良いし
よく考えて作られた一品だと思います

DSC_2658

おつまみ辛島豆腐が辛すぎるので
半ライス100円を追加注文


半ライスのくせに量が多いです


結局飲み食いしすぎて
ライスと辛島豆腐は半分も食えず
申し訳ない・・・


ごちそうさまでした

IMG_2717

食後にKY氏が懐からチャオチュールを取り出し
無言のまま桜坂の公園に向って歩き出したので
ワタクシも後から付いて行った

IMG_2727

やはりチャオチュールは麻薬なんですね


こんな感じで沖縄滞在1日目は終わったのでした

かじろうramen7@都賀の『つけ麺大+生玉子』5

DSC01588

日中の気温が20℃まで上がったので
つけ麺が食べたくなり
久しぶりに都賀のかじろうへ


3年ぶりなので
店名が微妙に変わり
店内のレイアウトはかなり変わっていました

IMG_2658

店内の待ち席は満杯だったので
しばらく待ってからの入店

IMG_2659

前回訪問時と比べると
全体的に50円値上がりしている感じ

IMG_2660

つけ麺は限定Cのボタンで買うのですが
大盛りにする場合は現金対応で100円追加


つけ麺は不定期提供なので
事前に店のTwitter必見です

IMG_2661

卓上調味料は相変わらず
GABANの荒挽き黒胡椒と
醤油ダレと一味

DSC_2197

この日の助手は女性でしたが
伝説の和久井映見似の方ではなく
店主の身内ぽい方

DSC_2205

つけ麺大 950円 +生玉子50円
(コール=ニンニク)


豚は全てつけ汁丼の方に入っています

DSC_2219

柔らかく煮込まれた豚が食べやすく細切れにされていて
結構なボリューム


これなら豚増さないでも満足


つけ汁には色々な調味料が配合されているようで
複雑な味わいですが
焼肉のタレ風な甘味が自分にはちょっと合わなかったです

DSC_2224

最近価格高騰なキャベツがたっぷりなヤサイ


湯で加減はシャキ感重視な感じで
つけ汁の温度と親和性を考えると
もうちょっとクタっとなるまで茹でてくれた方が
好きかな・・・

DSC_2232

麺は偏平率の高いピロっとしたもので
以前ラーメンを食べた時とはかなり違っています


もしかして
つけ麺用に打たれたものでしょうか


つけ汁との絡みが良くてスルスル食べられます

DSC_2242

途中で生玉子シュート!


大盛りは茹で前重量360gなので
終盤はかなりのペースダウン

DSC_2251

この後
夜中まで腹が空きませんでしたww


ごちそうさまです

ラーメン豚極有@市川の『小ラーメン+マーボーナス』5

DSC01530

ニンニキニキニキ
ニンニキニキニキ

DSC01504

飛べ!豚極有(とんごくう)


千葉市からゴー・ウェストで市川へ

DSC01513

タシーログループというかとみ田系だった市川ウズマサが
グループ脱退(?)してアレ系にリニューアルしたというお店

DSC01516

カウンター6席のみの店内は非常に狭く
クソデブは入れないと思われます

DSC_1868

注文は口頭で


汁なしにもできます


ホワイトボードに日替わりの限定メニューとかがあるので
なかなか楽しいです

DSC01518

卓上調味料は
ホワペ ブラペ 一味

DSC_1873

小ラーメン 700円 +マーボーナス100円
(コール=ニンニク)


某掲示板で色々と書かれている店ですが
店主さんはちゃんと「いらっしゃいませ」
「ありがとうございます」を大きな声で言ってくれるし
接客には何の問題もありませんでした

DSC_1881

MBNSは味付けもよく
麺に絡めて食べても美味.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ライスが欲しくなる味でつね

DSC_1889

よく煮込まれた厚切りの@豚もうまい!

DSC_1897

スープはド乳化で
二郎で言うとひばりヶ丘や桜台に少し似てるかな?

DSC_1908

極太麺はデフォで硬めの茹で加減ですが
ボキボキやザクザク感はありません


開化楼ぽくもありラーメン大ぽくもある印象


麺はあまり二郎に近くないですね

DSC_1916

麺量は300〜350gくらいありそうで
結構お腹が一杯になりました


汁なしにしてキーマカレーをトッピングしても
なんだか面白そうです


ごちそうさまでした

ラーメン BooBoo太郎。@千葉中央の『小ラーメン+粉チーズ+生たまご』5

DSC01327

寒くなってきたので
久しぶりにこちらへ

DSC01330

到着したのは18時45分ごろで
中待ちの列が入口近くまで伸びる盛況ぶり


この時間でブタ売り切れ(早っ!)

IMG_2491

1ロット5杯で順調に回っていたので
それほど待たずに着席

DSC_1254

厨房は店主と奥様と
初めてお見かけする男性助手の3人体制

DSC_1265

小ラーメン 740円 
+粉チーズ100円 +生たまご50円
(コール=ヤサイニンニク)


関内でラーメンに粉チーズをトッピングしたやつが
美味しかったのを思い出し
粉チーズも買ってみました

DSC_1278

夜に食べるには丁度いい感じの盛り

DSC_1284

ブタはよく煮込まれていて
脂身が舌の上でトロけます


赤身は本体から外れて
自動ほぐし豚状態

DSC_1287

粉チーズの隣に生たまごを落とし
卓上のホワイトペッパーをフリフリ

DSC_1301

うおォン!


熱々の麺にトロけた粉チーズと生たまごが絡んで
たまらん!


荒挽き黒胡椒があればもっと最高だと思います

DSC_1306

ド乳化スープに粉チーズが溶け込んで
コクが深まり(・∀・)ウマー!!


チーズ大好き野郎にはオヌヌメです


ごちそうさまでした

ラーメン やまや本店@西千葉の『まぜそば』5

DSC01281

千葉大前のデカ盛り肉丼で有名な鵬来が昨年閉店して
その跡地に出来たアレ系の店ですが
オープンから1年が経ったので
満を持しての訪麺

DSC01285

入店前にひとまず
店外のメニューをインスペクション


二郎・ジャンガレ・中本を
全方位カバーしているような構成に地雷臭がするけれど
とりあえず入店だ

DSC01286

入って左側にある券売機


缶ビールもあるぞ

DSC01290

L字型のカウンター席のみで
卓上調味料は

  • 醤油ダレ
  • ホワイトペッパー
  • チリペッパー(?)

DSC01294

高台にレンゲあり

DSC01296

缶ビール300円は
キリンかアサヒを選べます


おつまみは付きません(´・ω・`)

DSC_0722

出来上がり直前に聞かれるトッピングですが
まぜそばの場合
ヤサイ以外がトッピング可能

DSC_0732

面倒なので全部コールしました


生卵はちゃんとダブルお椀で出てくるので
すき焼きスタイルも楽しめますね

DSC_0743

まぜそば (中)830円
(コール=全部)


店員さんから
「よく混ぜて食べてください」と言われますが
麺にはタレがあらかじめ絡められているので
そんなに混ぜなくても良いです


ニンニクは業務用の刻みニンニクのようで
風味はマイルド

DSC_0763

まぜそばの場合
ヤサイは増せないので
標高はそれほどでもありません

DSC_0772

完全ノーマークだったこのお店
実は豚がめちゃくちゃ旨いです!


豚の美味さでは定評のある西台や関内二郎に
匹敵するかもしれません

DSC_0816

厚切りの豚は脂身から赤身までトロトロで
肉の旨味が炸裂!!


とにかく豚が旨いので
豚を食べるためだけに来てもいいかも

DSC_0785

アブラは味が付いていて
め二郎ぽいです

DSC_0806

オープン当初はピザ用チーズだったようですが
今はとろけるスライスチーズ使用


府中二郎を思い出します

DSC_0796

インド玉はカレー風味の揚げ玉で
混ぜると全体がマイルドなカレー風味になるので
使い方が難しいです


最初にレンゲで生卵のお椀に避難させて
後から加えると味変的な楽しみ方ができそう

DSC_0821

うおォン!


麺は二郎とは違いますが
よく出来ていると思います


中盛り300gはビールと一緒に食べると
おなかパンパン

DSC_0833

麺がとてもアツいので
早々に生卵シュート!

DSC_0846

豚の美味さと
デラックスな無料トッピングに
大満足でした


それと接客も丁寧でよかったです


ごちそうさまでした

零一弐三(すうじ)@船橋の『ラーメン』5

DSC01259

先日まで煮干しラーメンのみの営業でしたが
今週からアレ系のメニューを再開したそうなので
14時台に再訪

DSC01263

曜日によって提供されるラーメンが変わりますが
簡単に言うと
日・月は煮干しラーメンのみで
それ以外の日はアレ系のみの提供


明日の仕込みが同時進行なのか
外待ち時に煮干しの香りが
濃厚に漂ってきます

DSC01269

遅めの時間帯だったので
狙っていたごはん系メニューが
ワタクシの数人前で売り切れ (´Д⊂)

DSC01272

注文方法は
一般的なアレ系に準じているので安心です

DSC01277

高台上にある謎の「ふりかけ」
その正体は後に判明することに・・・

DSC_0528

現金対応の生卵30円は良心的な価格設定


麺の上に乗せてよし
すき焼きスタイルで食べてもよし
ライスの上に乗せればTKGにもなるし
生卵って本当にいいもんですね〜

DSC_0534

ラーメン 810円
(コール=ヤサイニンニク)


厨房は店主と場慣れした感じの男性助手の2名体制


店主が調理に集中できるようになったからか
店内の雰囲気が和らいで居心地が良くなりました

DSC_0544

量は多くもなく少なくもなく


麺量は茹で前で300g程度かな?

DSC_0563

時間帯やロットにもよるみたいですが
ワタクシが居たロットでは
ブタは厚切りのものがドーンと1枚乗せ


脂身はフワっと赤身はトロっとしていて
これがちばからクオリティの発現か・・・

DSC_0566

味染みも良く堪りません

DSC_0571

乳化度の高い濃厚スープは
濃縮された旨味が炸裂しており
ひばりヶ丘を彷彿とさせます

DSC_0589

暗黒麺うおォン!


ちばから店主の師匠の
京成大久保店の影響を感じる
モチ感強めの麺

DSC_0605

麺の上に生卵シュートをキメた後
謎のふりかけを振ってみると
その正体は荒挽き黒胡椒でした


もちろん
黒胡椒との相性は抜群!


これなら汁なしでも絶対旨いだろうなぁ・・・

DSC_0613

店内に漂う煮干しスープの香りを嗅ぎながら食べていると
濃厚煮干しラーメンを食べているような気がしてくるという
不思議な体験をしましたw


値段が少しお高めですが
ちばからよりもスープがスッキリしていて
食べやすくおいしくて
かなり好印象でした


千葉市のbooboo太郎と比較するのも
面白いかもしれませんね


ごちそうさまでした

自家製ラーメン 大者@高崎の『汁なし』5

DSC_1780
(実食日:2017/09/30)

この日は千葉の自宅を朝3時に出発し
7時から谷川岳に登り猿ヶ京温泉で汗を洗い流し
新前橋のビジホに17時チェックインという
ジャック・バウアー的ハードスケジュールをこなした結果
おでこが更に後退しました (´・ω・`)

DSC_1782

宿で缶ビールを飲んだため運転できないので
電車で夕飯を食べに出かける


新前橋駅から電車で2駅先にある
高崎問屋町駅まで移動し
そこから徒歩で1Kmちょい歩いた所にある
自家製ラーメン 大者まで移動

DSC_1783

到着時25人待ちくらいだったので
1人あたり3分と見て約1時間待ちを予想したのだけれど
異常に回転が悪く
約20分も客の出入りが無かったりして
店主が厨房で倒れているのではないかと心配になる

DSC_1785

外から店内をインスペクションすると
まさかの店主ワンオペww


夜の営業時間は21時までだけど
その時間で打ち切ることは無く
かなり遅い時間まで営業しているようだ
(営業時間の意味とは?)

DSC_1786

並び始めて2時間ちょいで券売機前に到達


券売機の内容は4年前に来た時と比べると
いささか寂しいものになっている
(自家製味玉と自家製煮卵の違いが気になった)

DSC_1787

休むことなく黙々とワンオペをこなす店主の正確な所作は
平和島の麺香房 暖々時代となんら変わる所がない


4年前と比べて全く老化していない(ように見える)ので
機械の体であるという噂は
あながち嘘とは言い切れない

DSC_1788

ロット9杯でも産業ロボットのように
澱みない動きでヤサイを茹で上げ
麺を量りテボで茹で
ドンブリにタレやスープを入れ
ザルで背脂を濾し入れ
食器を洗い
退店する客には


ありぁぁああーっ!

うわぁあーっ!

○▼※△☆▲※◎★●・



などの独特の言葉を返す
ロボ店主を眺めていると全く飽きない

DSC_9617

汁なし 780円
(コール=ニンニク)


トピーングぅ!


という素っ頓狂な掛け声は相変わらずで
そこで初めて眼光鋭い店主と目が合った

DSC_9622

ブタは
かなり厚切りのものが2枚


前回はウデ肉がドカドカ入っていたけれど
今回はバラに近い部位(肩バラ肉かもしれない)で
これがトロっと柔らかく脂身がゼラチン化してて
まさにネ申月豕!

DSC_9638

汁なしにはフライドオニオンと
アブラがデフォで乗ります
(ラーメンでもアブラはデフォで乗るかも)

DSC_9658

うおォン!


前回はラーメンだったので
油そばか汁なしにしようと思い
某後期高齢ラヲタな方のブログ記事で予習をしてきました


そのブログ記事によると
油そばと汁なしの違いは
油の量だけとのこと

DSC_9664

麺の茹で加減が超カタメで圧縮された感じで盛られているので
見た目よりも量が多い


タレ以外の汁気が入っていないので
これはホンモノの汁なしだ!


途中で生卵(汁なしにはデフォで付く)
をシュートして汁気を補うと
少し食べやすくなった

DSC_9671

量の多さに
残り3口くらいで撃沈しそうになりましたが
前回の轍を踏むまいと思い
店頭の自販機で購入した黒ウーロンで流し込みながら
なんとか完食


今回卓上調味料は黒コショウのみ使用しましたが
酢やラー油なども活用すると
もっとおいしく楽しめると思いました


ごちそうさまです

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ