お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

自作(ラーメン一般)

【自作】塩油そば

DSC_1045

本当は冷やし塩油そばを作りたかったんだけど
梅雨時で肌寒いので
あったかい塩油そばにしました

DSC_0998

ネギ油はスーパーでも売ってるけど
超簡単に作れて日持ちするので
自作がオヌヌメです

DSC_1003

メンマは中国産の水煮メンマを
サラダ油で炒めてから
薄口醤油ベースで味付け


塩油そばの味に合うよう
アッサリ系の味付けで
あまり煮込まず歯ごたえ重視で

DSC_1008

ドンブリに

  • ネギ油
  • 鷹の爪
  • ニンニクスライス
を入れてから
レンジで適度に加熱
(ニンニクに火が通ればOK)
DSC_1015

ネ申の調味料


エバラ まろやか塩だれ

DSC_1020

荒挽きブラックペッパーもタプーリ

DSC_1028

bntn式に
具も底に仕込めばスタンバイOK!

DSC_1034

先日打って冷凍保存しておいた
アレ風の麺を茹でてから
釜揚げ式に盛ると・・・

DSC_1039

完成〜 \(^o^)/

DSC_1055

くぱぁ

DSC_1064

お好みで粉チーズかけて

DSC_1078

うおォン!



ごちそうさまでした

【自作】神田川遠望系辛冷やし油そばの試作

DSC06409

夏草や
べんらーどもが
夢の跡

DSC_0869

椎名誠氏に
神田川のゾンビたちと揶揄された
べんてん常連さんたちは
今や早稲田通りのゾンビとなったようで
 すっかり寂しくなった神田川沿い

DSC_0828

そんな神田川を遠望しつつ作る
冷やし油そば

DSC_0823

今回は試作なので
細かい記述はしませんが

DSC_0836

ヘタな素人自作麺より旨い
マルちゃん正麺つけ麺

DSC_0840

全然辛くないラー油も自作したのですが
トウガラシ(韓国産荒挽き)の量が多すぎて
赤みが強くて辛そうに見えます
(でもゴクゴク飲めるほど辛くないです)

DSC_0848

神田川遠望系冷やし油そば
(試作ver.)

DSC_0873

くぱぁ



味噌ダレはシャバいくらいにユルく作った方が
麺との絡みが良さげ

DSC_0880

うおォン!



器の中は既に神田川である

DSC_0890

初期の辛冷やし油そばに付属していた
塩スープ小鉢をイメージしてみました

DSC_0893

スープのペラさは
スープ割りで露呈しますw
(スープの旨い店はスープ割りが旨い法則)



次回は頂き物の(特)飛龍で
麺を打ってみようかと思ってます


ではまた

【牡蠣感】 魯肉(ルーロー)牡蠣つけ麺 【自作】

アヒル隊長

某店主が
通常エゴサ業務の過程で


「鴨感が抑え目で拍子抜けw」


とツイートしたを発見激怒し
その客に反撃した結果
大炎上するという
重大インシデントが発生したのは
記憶に新しいところですが・・・
(その後、某店主はTwitter垢削除ww)

DSC_6489

実は
〇〇感を出すのって
大変なコトなんです

DSC_6493

味付けが濃厚なスープの場合
牡蠣だと一般小売り価格で1000円分くらい
ブチ込まないと
クッキリとした牡蠣感を出すのは
難しい話で・・・

DSC_6504

先日作った
魯肉飯(ルーローハン)の汁をベースに
作った牡蠣つけ麺

DSC_6509

汁が濃いので
煮込むと
浸透圧で牡蠣のエキスが
自然に汁に出てくるという寸法

(牡蠣そのものは出し殻になっちゃってます)

DSC_6520

麺とかタレは
ファミマの冷凍つけ麺ですけど・・・

DSC_6524

しかし
この冷凍麺
侮れない・・・

DSC_6536

うおォン!

DSC_6544

35mm換算50mmのレンズだと
うおォン!を撮るのが難しい 

DSC_6547

くぱぁ



圧倒的牡蠣感が
味わえるつけ麺でしたが・・・

DSC_6570

実際のところ
牡蠣リゾットにした方が
もっと旨かったという罠


(おわり)

ぼっちのための大つけ麺博レシピ

IMG_2655

木の葉を隠すなら森の中

の教えに従うならば


ラヲタの中に紛れてしまえば
ぼっちでも目立たないだろう



という気がするのですが
やはり大つけ麺博でぼっちは
痛すぎる・・・


ということで
ぼっちでも大つけ麺博気分を
味わうためのレシピを
考えてみました

DSC_5487

まず
それらしき容器を用意します
(大つけ麺博からかっぱらってくるのが
手っ取り早いですw)

DSC_5364

麺とスープは
ファミマの極太つけ麺177円(税込)を
使ってみましょう

DSC_5369

このつけ麺
ラーメン通な方々の間でも
評価が高いみたいですね

DSC_5379

パッケージを開けると中身は

  • 冷凍麺
  • 液体たれ
  • 魚粉

のみというシンプルさ
DSC_5382

液体たれは
そのままだと超ヒエヒエなので
熱湯に入れて温めておきましょう

DSC_5375

具は付いていないので
メンマやチャーシュー等
別途用意したほうが良いです

DSC_5390

最近の冷凍麺て
茹でずにレンチン推奨なのが
驚き!Σ( ̄ロ ̄|||)

DSC_5394

冷水で〆る工程が
比較的面倒です

DSC_5412

自作の味玉添えバージョン

DSC_5419

ちょい豪華バージョン

DSC_5441

つけ汁は
魚介豚骨醤油味の特徴をよく捉えていて
濃厚さも感じられるつくり

DSC_5457

特に麺が秀逸ですな〜


山岸御大監修の生麺を
凌駕していると思います


これならヘタな店よりも旨いと
噂されているのも解ります

DSC_5465

ちょっとしたパーティーなんかにもオヌヌメです

DSC_5481

本だしで割りスープ作って
スープ割りしてみましたが
薄めると味のペラさが露呈します(笑)

やはり濃厚なつけ汁のまま味わうのが正解かと…


以上
ぼっちレシピでした(´・ω・`)

[自作] チャーシュー野菜つけそば

こうも暑いと
サッパリ系のつけ麺が
食べたくなりますね!

DSC_2976

そんな時に自作してしまうのが
目白丸長風の
甘辛酸っぱサッパリ味のつけ麺なんですが
簡単そうで実は難しく
ワタクシのライフワークとなっております

DSC_2995

つけ汁に使った調味料リスト

  • 砂糖
  • 一味唐辛子
  • 黒コショウ
  • 化調
  • 謎の肉味噌(オプション)
  • 穀物酢
DSC_3018

そこへ
秘伝の醤油ダレ(チャーシュー煮たやつ)と
メンマ
刻みナルト
を加えてスタンバイ

DSC_3031

鶏手羽元と混合節で取ったダシ汁で
ヤサイを茹でておき

DSC_3060

チャーシューと生卵をトピーングしたところへ

DSC_3068

生卵の上から
アツアツのスープを注ぐと
白身の一部が半熟になるはずなんですが・・・

DSC_3098

チャーシュー野菜つけそば


DSC_3105

スープを黄身の上からかけると
黄身の色が映えないという罠 orz...


店で見る盛り付け風景は
簡単そうだけど
実際やってみると
なかなか難しいです

DSC_3124

頂き物の自家製麺AZMS! .。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_3140

こうして作ってみると
店の野菜は
キャベツがメインの比率だということに
気付かされます
(二郎とは逆ですね)

DSC_3154

精進あるのみです・・・

竹岡風ラーメンの自作

先日の眉鍋会
マダラさんが差し入れてくださった
都一の乾麺を使用した
乾麺二郎の味が忘れられず
自分でも購入してみました

DSC_2708

一箱18袋入り(税込2,293円)


4年前に梅乃家で食べたラーメンは
ク〇マズかったのですが
先日二郎のスープで食べたやつは
やたらとウマかったので
乾麺自体は無限の可能性を
秘めていそうです

続きを読む

【ポエム】 カレーラーメンは何故流行らないのか

日本における
二大国民食
カレーとラーメン

その二つが合わさったカレーラーメンが
何故流行らないのか?

DSC_2159

お笑い界で例えると

カレー = ビートたけし
ラーメン = 志村けん

といった所でしょうか

DSC_2183

タケシムケンを引き合いに出すまでもなく
二大巨頭を組み合わせることが
必ずしもイデの発動に結びつく保証は無く

DSC_2169

キッチ・キッチンの末路のごとき
悲惨な結果を導くこともありがちなわけで

DSC_2176

強いものに強いものを掛け合わせると
逆位相で打ち消しあうという
波動的性質の発露

DSC_2177

とりあえず
ラーメンのごとき鬼のようにダシの効いた
カレーつけ汁を作り

DSC_2198

シェフ気取りで
鶏もも肉をフランベ

DSC_2206

カレーには揚げ物が合いますが
フライや素揚げは合うけど
天ぷらは合わない
という不思議な相性の妙がありますね

DSC_2223

フライドポテトを揚げたら

DSC_2225

つけ汁に土台として投入

DSC_2234

焼肉ととろけるチーズを乗せたら
ファイヤー!でございますよ

DSC_2254

カレーつけ麺

DSC_2266

頂き物の麺の最終ストック分を
使用しました

DSC_2245

カレーうどんよりも
カレーを強く押し出した味付けは
ダシとスパイスのガチンコ対決の様相

DSC_2267

カレー味にすると
通常のラーメンには合わないような具も
相性の良いトッピングとして立ち上がってくるという
接ぎ木的効果もあり

DSC_2289

最初の3口目までは
凄くおいしいのですが
途中で飽きちゃうのは
量が多いからなのか・・・


多分カップヌードルカレーがおいしいのは
量がほどほどだからなんでしょうね


あと
麺に残ったカンスイが
カレーの風味と喧嘩しちゃうので
カレーうどんの牙城を崩すのは
至難の業であると思われます(´・ω・`)


カレーラーメンを出す店を周って
勉強してみたくなりました


(おわり)

【自作】 漁師の力めしつけ麺

DSC_1108

小さいお友達の運動会が
雨で延期になってしまい
お弁当用に買った肉が余ったので
つけ麺を作ってみました

DSC_1119

どこでもアレ系カウンター(て名前だっけ?w)
もスタンバイ

DSC_1115

先日
フリーストップヒンジ
という蝶板を付けて
開閉できるように
魔改造したのです

DSC_1123

ノートパソコンみたいに
好きな角度で止めることが可能ですが
特に意味はありません

DSC_1155

漁師の力めしつけ麺


「漁師の力めし」とは
北海道物産展でたまに売られている
ふりかけのようなものです

DSC_1136

一袋1200円くらいするのですが
ジャックさんがステマばかりするので
私もついに買ってしまいました


そういう経緯もあり私は
「漁師のステマめし」
と呼んでいます

DSC_1147

麺は冷凍庫にあった
頂き物のアレ麺を
茹でて水で〆たもの

DSC_1149

辛味肉玉


ダシ用に煮込んで細かくなった肉を
味付けして豆板醤と炒め
固めたもの 

DSC_1177

漁師のステマめしを麺と絡めて食べると
海藻やら鮭節やらの旨味が爆発!


でもつけ汁がハンパなく弱ぇえwww

DSC_1181

つけ汁が弱すぎるので
早々に辛味肉玉を投入

DSC_1184

辛味肉玉が入ると
味が引き締まって
大分良くなりました


つけ麺は難しいdeath! 

[レシピ] 台湾まぜすぱ

DSC_4301

台湾まぜそば風のやつを作ってみます\(^o^)/


実は先週始めあたりから
レシピの勉強はしていたのですが
ホンモノの味を知らなかったため
麺屋こころに行って
そのインパクトの高さ&旨さに
いたく感動して帰ってきたのでした


そこらへんのスーパーで買える材料で
なんとかそれっぽいモノを
作ってみましょう!
というのが今回のレシピです^^

続きを読む

[レシピ] 脂みそラーメン

DSC_2433

もうすぐ料理記者歴60年を迎えられる
食生活ジャーナリストの岸朝子さんですが
以前ラジオ番組か何かで
若い頃に沖縄の親戚から油味噌を送ってもらって
それをお湯で溶いて味噌汁にしていたと
話しておられました

DSC_2437

油味噌で味噌汁が作れるのなら
味噌ラーメンも作れるだろう
という安直な考えで
自家製脂みそを使った
味噌ラーメンを作ってみることに

続きを読む
記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ