お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

蒙古タンメン中本

【実験くん】 蒙古タンメン中本のカップ麺を3割うまくする方法

DSC_5675

例のキャンペーン
中本のカップ麺を
何個も買ってしまった・・・

DSC_5686

中本はリアル店舗で何度か食べたことがあるが
カップ麺は初めてだ


ところがこのカップ麺
蒙古タンメンには付き物の
辛子麻婆豆腐が入っていない
(豆腐は入っている)

DSC_5845

そこで暇なワタクシは
おもむろに片栗粉を取り出し
作業に取り掛かったのでした

DSC_5683

この辛味オイルと

DSC_5699

スープ粉末

DSC_5721

そして豆腐を小鍋に移し

DSC_5739

水50ccを加え沸騰させ

DSC_5749

水溶き片栗粉(片栗粉:水=1:1)
を加え火を通すと

DSC_5758

あのフエキ糊のごとき
中本の辛子麻婆豆腐の完成
(豆腐は自然にバラバラになったw)

DSC_5766

熱湯5分経過したカップ麺の上にトッピングすれば

DSC_5806

\(^o^)/完成〜 

DSC_5817

このカップ麺
リアル店舗より旨いかもしれない(マジで)

DSC_5823

せっかくなので例のレンゲを使ってみたら

DSC_5834

3割うまい!


ごちそうさまでした

蒙古タンメン中本@亀戸店の『中国丼』5

DSC09070

花火大会や盆踊りとシンクロするように
秋の気配が漂ってきた本日

DSC09071

つい先日までの
クソ暑い日々には
死んでも食べたいとは思わなかった
蒙古タンメン中本に引き寄せられるように
フラフラと入店

DSC_1723

缶ビール(スーパードライ)を注文すると
キリンビールのグラスが出てきたw

DSC_1732

中国丼 830円


上板橋本店と亀戸店でしか
レギュラーメニュー化されていない
中国丼


ラーメン丼にたっぷり入っているので
量は多めだけど
二郎とか食べ慣れている人だと
普通にイケると思います

DSC_1738

半分が辛さ度5の辛子麻婆

DSC_1753

あとの半分が辛さ度0の中華丼という
夢のハイブリッド丼

DSC_1747

どっちから食べようかなー
と迷いながら交互に食べ比べたり
レンゲでハーフ&ハーフにして食べたり
量が多いのに
最後まで飽きないところが素晴らしい.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_1764

作り置きではない都度調理ってことも
あるんだと思いますが
予想外の旨さに唸らされていまいました


これからの涼しくなる季節だと
プチ北極やプチ冷し味噌スープを付けても
良さげです


ごちそうさまでした

DSC_1769

麻婆丼大盛りライス抜き 650円
は持ち帰りで(・∀・)

蒙古タンメン中本@亀戸店の『冷し醤油タンメン』5

DSC07847

超激辛いラーメン
というイメージが強い
蒙古タンメン中本

DSC07838

味覚ではなく痛覚に分類される
トウガラシの辛味


それを愛好する
ドMな中本ジャンキー向けの
三角木馬的激辛メニューばかりかと思いきや
パンピー向けの非辛メニューも置いている
懐の深い中本さん

DSC07841

辛さ耐性の低いワタクシですので
今回は非辛メニューに
逃避してみようかと・・・

DSC_6575

今度の日曜の
限定オールスターズ
楽しそうですね(震え声)

DSC_6578

冷し醤油タンメン 780円
+麺 特盛120円


辛さ度ゼロの
このメニュー

DSC_6585

タップリお野菜は
都度調理なので
シャキシャキ(゚Д゚)ウマー

(お肉も2切れくらい入ってるぞ!)

DSC_6591

またしても
麺硬めで注文するのを忘れ
若干柔らかめ (´・ω・`)

DSC_6604

つけ汁はアツアツで良いのですが
ダシ感がインスタントそのものな
昭和を感じるもの


つけ麺としては
味がマイルドすぎる・・・

DSC_6598

おや?

DSC_6610

でも追加で買った
プチ冷し味噌スープ180円
をメインつけ汁にして
冷し醤油タンメンのつけ汁を
チェイサー代わりに使うと
これがかなりイケる!


綾瀬はるかの膝枕で
吉高由里子にムチ打たれるかのごとき
この感覚



とてもいいです・・・



ごちそうさまでした

(´-`).。oO(明日の朝が心配)

蒙古タンメン中本@亀戸店の『サッポロ味噌ラーメン』5

DSC05613

中本の超常連さんのTweetで知ったのですが
亀戸店に「中国丼」「サッポロ味噌ラーメン」
通常メニューとして加わったらしいので
久しぶりに辛さを味わいに
行ってきました o(≧〜≦)o

DSC05608

中国丼とサッポロ味噌ラーメンは
上板橋本店の定番メニューだそうですが
本店以外でレギュラー提供されるのは
亀戸店が初らしいです

DSC05611

中本でビール350円を注文すると


ビールご注文頂きました〜!

ありがとうございま〜す!


みたいに
店員さんが威勢よく言うので
ちょいと恥ずかしい(*´ェ`*)

DSC_3246

サッポロ味噌ラーメン 700円


シャキシャキとしたモヤシが大量^^


中本の質の高いモヤシに埋もれて
眠りたい・・・

DSC_3250

都度調理と呼ばれる
注文を受けてから作るメニューなので
作る方(店長さん?)は大変そう

DSC_3256

実はワタクシ
【猫の舌を持つ男】なだけではなく
【子供の舌を持つ男】とも言われていて
カラくてアツいものに超弱いのです(´・ω・`)


サッポロ味噌ラーメンは
辛さ度5で
中本のメニューの中では
比較的マイルドな方ですが
自分的には美味しく味わえる
ギリギリの辛さ

DSC_3271

モヤシが多いので
麺は大盛りにしなくても
不足は感じなかったです


全体的に
辛味噌タンメンといった感じで
肉はひとかけらも入っておらず
ヘルシー感が女性にウケそう^^

DSC_3238

定食170円の辛子麻婆は辛さ度4なので
確かにサッポロ味噌ラーメンより
ちょいマイルド(コイツも肉無し)



味噌タンメンのような
鍋の野菜が煮詰まったような味はせず
かなりクリアな味で
中本のイメージが変わりました(ちょい大げさw)

ごちそうさま〜


中国丼も気になる・・・

蒙古タンメン中本@高田馬場店の『濃厚カレーつけ麺』5

とうとう
関東地方も
梅雨入りしちゃいましたね


雨をイメージする曲というと
「バチェラーガール」(大瀧詠一、稲垣潤一)とか
「バカンスはいつも雨」(杉真理)なんかが
思い浮かんでしまうオサーンなのですが
小林麻美の「ショパンは雨音の調べ」
も有名ですねー

この曲の日本語版の作詞はナント
あのユーミン師匠なんですが
その1節がヤバイですよー


Rainy Days 気休めは 麻薬 アッー


気休めに麻薬って(笑)

DSC_6566

僕も気休めに
麻薬を摂取しようと
高田馬場までやってきました


黄色い方か赤い方かで迷ったけど
今日は赤い方の気分だったので・・・

DSC_6578

到着したのは夕方の4時近く


JR高田馬場駅の
ビッグボックスのあるロータリーの
ドン・キホーテの地下にあるんですねー

ここには初めて足を踏み入れましたwktk

DSC_6586

↑券売機の画像は
クリックすると大きくなります

DSC_6589

毎日14時〜18時の間は
ライスかプチ麻婆丼が
サービスとのことで
自分は半ライスでお願いしました
(ライスはおかわり自由)


卓上には唐辛子粉の壷と
紅生姜の樽(?)があって
使い放題

DSC_6590

ビール中瓶(500円)には
辛く和えた茹でモヤシの小皿が
付いてきます

サービス券もゲッツ^^

DSC_6602

濃厚カレーつけ麺 780円
麺大盛(+60円)


ドンブリや皿が一杯で
プチ満漢全席状態^^;

DSC_6607

カレーの入ったドンブリが
想定外にデカい! Σ(゚д゚;)

DSC_6597

麻婆豆腐単品(120円)

DSC_6622

冷し味噌スープ(170円)

DSC_6615

濃厚カレーつけ麺の麺は
大盛までしか増やせないと
書いてあるんだけど
このメニュー専用と思われる極太麺は
大盛で十分な量がありますよ

DSC_6609

つけ汁というか
ほとんどカレーなんですが
挽肉の入ったキーマカレーを
シャバ目にした感じで
辛さはかなりマイルドです

ココイチのデフォぐらいの辛さかな?
(最近ココイチ行ってないけど)


カレーの上には
魚粉とクラッシュナッツが
乗っています

DSC_6627

モッチリ極太麺との絡み具合はいまひとつだけど
マイルドなカレー味なので
どんどん食べられちゃいます

DSC_6636

つけ汁に入っていた
フワトロ巻きバラチャーシューを
ライスの上に乗せ

DSC_6644

カレーとヒヤミスープと麻婆豆腐を乗せて
わけのわからないチャーシュー丼を
作ったりして楽しめる
自由度の高さがイイ(・∀・)!

DSC_6645

麺を食べつくした時点で
まだカレー ヒヤミスープ 麻婆が
残ってしまったので
半ライスをお代わりして
2回戦の始まり

DSC_6653

ここらへんで
オナカがとても苦しくなってきて
パトラッシュに弱音を吐く
ネロ少年のごとき心境になる


うーむ・・・
麻婆豆腐は余計だったような気がする


最終的に
ライス完食したものの
カレーつけ汁1/5と
ヒヤミスープ1/3が残ってしまった Orz...

美味しかったから完食したかったナー




中本は麻薬というより
ポイズン(毒じゃなく酒という意味合いの)的な
中毒症状かな?
ダイエッツに良さそうな気がしているので
この夏は定期的に食べたいな

ごちそうさまー

蒙古タンメン中本@亀戸店の『冷し味噌ラーメン』5

DSC_6378

(実食日:2012/06/03)

家二郎用の肉を買うついでに
亀戸の中本に寄ってきました

DSC_6369

18時台前半で
ちょうど店内満席


店内壁際 背後霊状態で
3分ほど待ったところで
空席出来 着席

DSC_6308

今回購入した食券の内容は
つぎのとおり(券売機の画像

  • 冷し味噌ラーメン 770円
  • 麺特盛 110円
  • ヤサイ大盛 60円
  • 半ライス 110円
  • ビール 350円


合計 1400万円


中本でオプションを
ちょこちょこ買い足して行くと
いつの間にか
1000円ぐらいになってしまうという罠
(ビールは除く)


商売上手だよね〜
っていうか
激辛系は食べるペースがどうしても遅くなるので
回転率の悪さをカバーするには
客単価を上げざるをえない
というのは
商売的には至極当然の事だと思う

DSC_6312

冷し味噌ラーメン 770円


冷し味噌ラーメンを食べるのは
御徒町店以来 ひさしぶりですが
あのときはハーフサイズでした


今回はフルサイズということで
ちょっとビビってます^^;

DSC_6317

中本の通常メニューでは一番辛い
辛さ度10の冷し味噌ラーメンですが
麺が水で締めてあるので
猫舌番長の自分にとっては
割と食べやすかったりします^^

DSC_6323

つけ汁の表面には
ラー油みたいな層があって
その下には唐辛子が大量に入った汁と
豚バラ肉やニンニクスライス(?)など

DSC_6336

特盛と言っても
そんなにスゴイ量ではないので
自信のある人は「麺超盛」でも大丈夫でしょう

DSC_6331

横から見た盛り


ヤサイ増量60万円にしても
そんなにモヤシは増えないんだけど
モヤシが多いと
食べやすさや味わいが全然違うと思う

DSC_6345

今日の麺は柔らかめ寄りの茹で加減


麺硬めの方が
ここの麺は美味しいと思うので
夏場は麺硬めで頼むことにしよう

DSC_6348

すすり込むと絶対むせるので
『モニョモニョ食い』で麺を食べ進み
とりあえず麺だけ完食する


汁が半分ほど残る

DSC_6354

残った汁に
半ライスを漢らしくぶち込むと
ライスのほのかな甘さが
辛さを緩和してくれるようで
食べやすい


とは言え
相当辛いことに変わりなく
なんとか頑張って完食^^;

DSC_6357

ごちそうさまでした


なんだか凄い達成感がありますた(笑)

【余談 その1】

DSC_6301

王子の「みの麺多」なき後
亀戸の多麺多に
もしかしたら麺多おやじが
居るのかもしれないと思い
見に行ったんだけど
シャッターが閉まっていた

無休のはずなんだけど
ちょっと心配だ

【余談 その2】

DSC_6379

ジサカー御用達の
肉のハナマサ錦糸町店で
豚ウデ肉を買ってきた

今回のはカナダ産の
79円/100gのやつ

真空包装された
5Kgぐらいのやつも売っていて
それだと75円/100gだった

DSC_6389

ついでに牛スジ肉(オーストラリア産)
も購入

こちらは119円/100g

冷凍の牛スジ肉も売ってて
そっちは114円/100gだったかな?

蒙古タンメン中本@亀戸店 de 『冷し五目味噌タンメン』5

DSC_4901

錦糸町から歩いてすぐの亀戸


最近暖かいので
嗜好が冷やし系に移行しつつありまして
ハナマサに寄ったついでに
中本の「冷し」を頂いてきました


中本に行くこと自体久しぶりで
前回 御徒町店で撃沈寸前になったのが
約1年前という有様

DSC_4904

これは帰るときに撮った風景ですが
19時ちょい前に入店した時は
空席が2〜3席あり
すぐに着席できる状況でした


着席した後にすぐ
カップル客がどんどん入ってきて
中待ち背後霊で一杯に^^;

DSC_4856

(画像はクリックすると大きくなります)

券売機のメニューは
2011年2月9日の亀戸店訪問時から
若干変更があり

「半ラーメン2コセット 830円」
「味噌タンメンスープ 170円」
「北極やさい 900円」

が新たに追加されているようです



御徒町店では
辛さ度が中本最高の「冷し味噌ラーメン」と
蒙古丼のハーフセットを注文したものの
蒙古丼が思わぬ伏兵だったため
辛さで死にそうになったのでした


今回はその反省を生かし
「冷し五目味噌タンメン」(830円)を
半ライス(110円)と一緒に食べることに


冷し五目味噌タンメンは
辛さ度7なので
なんとかイケそう^^

DSC_4863

辛さに耐え切れなくなったときの保険として
缶ビール(350円)も^^

DSC_4860

ゴールデンウィークは
休み無しで営業するようで

ラーメン屋としては
書き入れ時だもんねぇ

でも従業員さんは大変だ

DSC_4867

冷し五目味噌ラーメン 830円


お品が到着してから気付いたんだけど
麺の大盛券を買うのを忘れてた^^;

半ライスがあるから
まあいいか

DSC_4868

中本スペシャリストな方々のブログ等を読んでみると
五目味噌は注文ごとに作られるそうで
蒙古タンメンのような作り置きとは
一味違うようなのだ


たしかに調理を担当されていたのは
店長さんのようだったし
ドンブリを持ってくる所作に
慇懃さを感じたのは
そのせいだったのだろうか


ちなみにこの汁
熱くなくヌルめなので
辛さがマイルドに感じます

DSC_4874

中本の冷し系の〆られた麺は
結構好きなのです


大盛券を買うのを忘れたのが
実に悔しい!

次回は忘れないようにしよう

DSC_4879

味噌タンメン(辛さ度3)

冷し味噌ラーメン(辛さ度10)

冷し五目味噌ラーメン(今回 辛さ度7)


中本の激辛階段を登りつめて
一旦下りてみたわけですが
この「冷し五目味噌ラーメン」の辛さと味は
一番自分に合っているような気がしました


正直なところ
味噌タンメンや蒙古丼に乗っている
煮込み野菜は
煮過ぎた鍋料理を思い起こさせる風味が苦手で
美味しいとは思わなかったのですが
冷し五目味噌ラーメンだと
煮込み野菜が少ないせいか
旨いと感じます

DSC_4885

辛さで胃がキュンとなったりしたけれど
わたしは元気です


半ライス頼んでおいて正解ですた

DSC_4891

汁まで完食〜wwww


この達成感は異常

達成感のこのくだらなさは
ある意味
二郎に似てるかも


冷し五目味噌タンメンはオススメかも
ごちそうさまでした

蒙古タンメン中本@御徒町店 de 『ハーフセット 冷し』5

DSCF0194

辛さ耐性を鍛えるために
四谷三丁目の店から
ウォーキングしながら御徒町に移動
その途中に秋葉原のホコテンに遭遇


ホコテンが復活してから
初めて来ましたが
パフォーマーがおらず
ヲタ風の野郎ども(自分も含め)が
ゾンビのようにうろついているだけなので
甚だ不気味な光景でした(笑)

DSCF0196

四谷三丁目を出たのが
15:45で
中本@御徒町店に着いたのが
17:30
なんと1時間45分も歩いて
しまいました(遅すぎ)


17:30に入店
すぐに空きが
1席できたので座れました
その後から列がどんどん
延びてましたので
ラッキーだったのかも

 

DSCF0197

前回の中本@亀戸店では
初めての中本ということで
無難に味噌タンメン&定食にしましたが
今回はちょっと冒険ということで
半蒙古丼と半冷し味噌ラーメンのセットを
注文することにしました


辛さレベルでは

蒙古丼が 辛い度5
冷し味噌ラーメンが 辛い度10

なんですね

DSCF0200

ハーフセット 冷し 850円

DSCF0201

中本の通常メニューでは
一番辛い度の高い(らしい)
冷し味噌ラーメンですが
意外や意外
大丈夫です
麺もスープも熱くないからだと思われます


普通に食べることができます
でも決してススってはいけません(笑)
食べる時はススらず
もそもそと口に入れるのが
必要とされる技術だそうで

DSCF0198

じつは蒙古丼が伏兵でした
自分の場合
冷し味噌より
蒙古丼の方が辛く感じました


熱いものには危険な辛さがあります
辛いからといって
口をハーハーすると
よけいに辛さがつのります


なので
蒙古丼を食べるときは
口では息をせず
鼻呼吸に切り替えました


でもやっぱり辛い!
冷し味噌の残ったスープを
蒙古丼にかけて食べると
これがまた
冷たい麺を浸けた場合とは大違いで
激辛です!
水をガブ飲み


結局
冷し味噌のスープだけは
完飲成らず



おそるべし中本



中本おそるべし



ヨシ!
この辛さを忘れた頃にまた食べてみよう!
そう思わずにはいられない激辛ハーフセットでした
ごちそうさまでした

蒙古タンメン中本@亀戸 de 味噌タンメン5

ホンモノを訪ねるツアー

二軒目は
らーめん潤」からの連食で
JR亀戸駅北口から歩いて2〜3分(?)の
「蒙古タンメン中本 亀戸店」へ
やってきました


店頭に立つだけで
あの熱い夜の記憶が
走馬灯のごとく
蘇ってくるようです

IMG_1339

赤で埋め尽くされた外観
それだけでこの店のコンセプトが
ビンビン伝わってきますね

続きを読む
記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ