お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

ラーメン二郎 仙川店

ラーメン二郎@仙川店の『ラーメン』5

DSC04865

なんとなく
年の瀬迫る感がしてきた
今日この頃

DSC04859

お○菜先生の防空識別圏内にある
仙川二郎は
ケッコーなお並び

DSC04868

前回はあった


鍋二郎できます


の文字が消えとる (; ̄Д ̄)

DSC04874

券売機の大ダブルの上に書かれていた
鍋二郎」の文字も消えてるナ


だけど
鍋を持ち帰る客は居たので
おおっぴらにはやらなくなっただけかも

DSC04872

店内カレンダーには
年末年始の休業予定が
書き込まれていました


12/29〜1/5 の8連休

DSC04875

生麺はまだ売っていたので
2玉(200円)購入

DSC_9966

ラーメン 700円 (コール=うなずき)


無愛想なガチ店主からのニンニク確認には
こちらもクールに宇奈月温泉

DSC_9975

ここは二郎の中では
女性客が非常に少ない店だと思う


やはり殺伐とした雰囲気が原因なのだろうか?

DSC_9981

厚切りの豚が2枚ドカドカ入っていて
味はどうかと確めると
これがジューシーな肉汁溢れる
ネ申月豕

DSC_9989

GI値が低そうな仙川麺


ヘルシー二郎な予感

DSC_0007

先生も言及していたように
ほぐし状の豚が底のほうに
結構な量入っていて
麺に絡めて食うと
やたら旨いわナニコレw

DSC_0014

課長がかなり効いているけど
豚の旨みも爆発していて
相乗効果がハンパない
このプースー


飲み干そうかと思ったけど
もしかしたら新代田にハシゴするかもと
半分だけにしておく


結局お腹一杯になって
今日はココだけで家に帰ったので
完飲しておけばよかったとプチ後悔(´・ω・`)

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@仙川店の『大盛ラーメン』5

DSC04040

今年の目標達成のため
仙川店へ
約一年ぶりの訪問


お野○先生のホームらしいので
それらしき人が居ないか周囲を伺いましたが
見当たりませんでした (残念)

DSC04034

ここは食券を買ってから並んだほうが
色々と都合が良いので
まず食券を買いましょう

DSC04030

前回は普通の「ラーメン」を食べて
少なめな記憶(自信が無い)だったので
今日は大盛ラーメンで
イッテみることに

DSC04038

鍋二郎買ってるお客さんもいたけど
ここの鍋ってどうなんだろう?

DSC04031

並んでいると
熱風席のところから
厨房の猛烈な熱風が吹き出してきて
「あそこに座るのはイヤだなぁ」
と思っていたら・・・

DSC_6735

めでたく熱風席に当たりますた\(^o^)/


黄色の食券に200円を沿えて
槇原敬之ぽい坊主の助手さんに
「生麺2玉で!」
と叫び
持ち帰り生麺も手配しておきます

DSC_6742

大盛ラーメン 800円 (コール=ニンニク)


助手さんから「ニンニク入れますか」コール


ガチ店主はほとんど声を発しないが
こっちが見つめると
すぐに睨み返してくる


ヤサイはクタクタが極まったもので
見た目よりも量がありそう

DSC_6744

見た感じガチ豚だけど
スープの中に沈めておくと
そんなに悪くもない


臭みも無いし
脂身もちゃんと柔らかくぷるぷる

DSC_6749

今日はこの麺を腹いっぱい食べにきたと言っても
過言ではないのです


ザクボキな食感は
ガチ店主のイメージにピッタリで
デロ麺の対極に位置する麺

DSC_6756

スープは醤油ダレのお湯割り風だけど
その分すっきりしていて
クドさや重さを感じさせないので
ド乳化スープよりは好きだったりします


冒頭で量が少ない記憶と書きましたが
実際食べてみると
結構多かったです

DSC_6766

持ち帰り生麺2玉を家で計量したら
約700gあったので
1玉350gなんですね

大盛りだと450g以上ありそう


そりゃ多いわけですわ(笑)


麺を腹いっぱい食べられて
満足感タップリな仙川二郎でした
ごちそうさまです

ラーメン二郎仙川店の生麺を愛でる

51sTbcyuPdL__SS500_

すまない
麺フェチ以外は
帰ってくれないか!


※ 続きは麺フェチの方のみご閲覧ください

続きを読む

ラーメン二郎@仙川店の『ラーメン』5

DSC_0984

環七新代田店にフラれ
どうしようか数ミリ秒悩んだ末に
未食だったラーメン二郎 仙川店を
目指したのでした

DSC_0924

21時台で
行列こそ出来てはいないものの
ほぼ満席の店内

DSC_0932

鍋二郎も買える
貴重な二郎なのですね(^∀^)

DSC_0937

店の奥に通され
異様なオブジェの並ぶ
薄暗いアヘン窟のような店内や
厨房の様子を観察すると
時の経つのが
あっという間


麺上げが
平ザルとトングを併用してたりして
密かに独自文化を発展させていそうな二郎

DSC_0942

ラーメン 700円 (コール=おねがいします)


初めて入る二郎では
基本的にヤサイコールはしないことにしているので
ニンニクのみ入れてもらった


他のお客さんの品を見たところでは
大盛りにすると
麺の量はかなり増えるようだ

DSC_0951

豚は厚切りで柔らかい大判のものが2枚

醤油ダレはあまり染みこんでおらず
しょっぱい感じはしない


一部
黒っぽい部位(レバ豚?)が入っていて
そこは食べないように注意した^^;

DSC_0969

硬めのしっかりとした
ワシワシ感抜群の麺


この麺の食感
大好きだなあ(´∀`*)


麺の量は最初少ないように見えたけど
食べ進んで行くと
多く感じてきた^^;


麺のウマさに引っ張られるように
サクッと完食

DSC_0971

スープはペラペラで
独特の風味があって
あまり良い印象は持てなかったのが残念(´・ω・`)


でも麺がウマいので
そんなことはどうでもいいのだ!


ごちそうさま〜



自称麺フェチ(笑)なので
生麺(1玉100円)を2玉買って
家に持ち帰りました

さて何を作ろうかな(・∀・)

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ