DSC00906

夕方から時間が出来たので
鶴見二郎へプチ遠征


プチ遠征と言っても
昨日の立川と
時間的には
そんなに変わらないという

DSC00860

もちろん
片道の電車代の方が
ラーメンよりも高くつくという

DSC00866

鶴見二郎に来るのは初めてですが
鶴見近辺(生麦駅)で電車を降りるのも
これが初めて


関西弁を話すオバちゃんとか居て
ここは大阪なのかと
(雰囲気も関西ぽいし)

DSC00864

開店10分前ぐらいから並んで
1順目に入れたので
ビール(500円)をゆっくり飲めるかと思いきや
全席(12席?)分のラーメンを
一気に作るのな ∑( ̄ロ ̄|||)

DSC00870

大ブタ 790円
コール=ヤサイニンニクトウガラシ


そこはキチンと予習をしておいたので
慌てず焦らず ( ̄ー ̄)


ここの店主さんには
三田の親父さんに通ずる
醸し出すオーラのようなものを
感じます

DSC00873

ヤサイコールしても
上品な盛り

DSC00878

ここは卓上調味料が
一切置いてないので
コール時にトウガラシを注文するのが
香辛料を入れる唯一のチャンス


トウガラシコールをしたらしたで
結構な量の一味唐辛子が
掛るんですね


ちなみにコールタイム以降は
助手さんが全ての作業を行い
店主さんは厨房の奥に引っ込んで
一服されていました

DSC00881

表面にはゼラチンの膜が張り
豚の濃厚なスープであることを
予感させます

DSC00889

大ブタにすると
厚切りのブタが
4枚入っていました


まずは
この4枚のブタをつまみに
ゆっくりとビールを頂くことに


某二郎専用掲示板で話題になっていた
豚の臭みは無くて
柔らかく美味しいブタでしたよ^^

DSC00892

麺は柔らかめのモチ感のあるもので
飲み物のようにスルスルと
喉越し良く腹に収まって行きます


千住大橋の麺がコレに非常に近いかも

DSC00894

麺量は大でもそんなに多くないので
サクっと食べきれました


スープが少し酸味のある味で
ちょっと手強そうだったのですが
せっかくの遠征だし
明日からまたプチ断食なので
頑張って飲んでみることに


ブタの味が濃厚で
これに慣れると
他店のスープが
物足りなく感じるかも

DSC00898

二日連続でK.K.したけど
絶対カラダに悪そう


長年の宿題だった
鶴見店に来れて
とても満足しました

ごちそうさまでした