お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

首里そば

首里そば@那覇市首里赤田町の『首里そば(大)+じゅうしい』5

DSC00586

今年の沖縄の正月は
最高気温が25℃になる日もあり
毎日半袖で過ごしていました
(ミートテックも着てるし)

DSC00591

三が日はラーメン店も沖縄そば屋も
大抵閉まっているのですが
首里そばさんは営業しているのです

IMG_1910

物価上昇で多くの店が値上げする中
創業時から値上げしていないはず(多分)

DSC00596

そんな商売人の鑑のような
首里そばさんに入店したのは
12時半を過ぎた頃


煮付けは売り切れで
おにぎりは13時頃に売り切れ宣告

DSC_7381

首里そば(大) 600円


今日は混んでいたので
オリオンビール中瓶500円を飲み干した頃に
そばがゆっくりと到着

DSC_7365

いつも変わらぬこの盛り付け

DSC_7384

皮付き三枚肉は油がよく抜けていて
ゼラチン質が舌の上でトロける柔らかさ

DSC_7394

座間味の海かと見まごうほどの透明度のスープは
鰹と豚のダシがよく出ています

DSC_7420

パッツリ感の高い自家製麺


さくら屋に代表される古き良き時代の
首里のそばがここにあります

IMG_1913

いつものクセで


うおォン!


て麺リフトしたら
隣の韓国人観光客のおネーさんに
笑われました

DSC_7354

じゅうしい旨いよじゅうしい

DSC_7425

スープ飲みながらじゅうしい食べるのも
オヌヌメです


ごちそうさまでした

首里そば 県庁店@那覇市泉崎の『首里そば (大)』5

DSC_1029

首里そばの本店は激混みの予感がしたので
県庁の中にある支店へ初潜入

DSC_1039

「市役所口」という
洞穴のような入口から入ると

DSC_1038

すぐ右手にありました

DSC_1031

薄暗い喫茶店風で
席数は多いです

DSC_1033

本店とは違い
券売機で食券を買うシステム


メニューも本店とは違い
そば以外には
半ライスとカレーしかないので
ちょっと寂しい感じ

DSC_1034

どう見ても喫茶店の居抜きです

DSC_1037

アイスティーとアイスコーヒーが
無料サービス飲み放題!

DSC_1534

暑がりのおっさんには嬉しい

DSC_1538

首里そば (大) 600円


見た目は本店とクリソツ

DSC_1545

でも三枚肉はこっちのが一枚多い(・∀・)

DSC_1558

麺は本店より太めな気がする


「手打ち」と書かれているけど
機械打ちなのです

DSC_1569

うおォン!


スープの鰹ダシ風味が弱く感じたけど
本店の最高の出来を10としたら
7くらいの味なので
文句なし

DSC_1574

お昼時でもガラガラなので
本店の大混雑を避けて
そばだけ食べたい方には
県庁店がオヌヌメです


ごちそうさまでした

首里そば@那覇市首里赤田町の『首里そば(大)』5

DSC_3747

青い海
青い空
淡い首里そば


今夏もやってきました
首里そばへ

DSC_3761

昨年あたりから
ニーハオたちが多いんだけど
あっちではどういう評判なんだろう?

DSC_3693

煮付け450円と
オリオン生 中瓶500円(?)で
クイッとやり始めると
すぐに出てくるそば

DSC_3700

首里そば 大 600円


ニーハオ・グループも
待ち椅子で大人しく待っています

台湾の人たちだろうか・・・

大陸人とは全然違って
好感が持てます

DSC_3713

じゅうしい200円も旨いのですが
小さいお友達に全部
食べられてしまいました(´Д⊂)

DSC_3728

しっかり味の染みた
トロトロ三枚肉と
超淡麗スープ&ザックリ麺の
コントラスト際立つ首里そばは
沖縄そばのオンリー・ワン


王(ワン)さんにも
食べさせてあげたい・・・

DSC_3744

端っこの幅広麺は
同行者のそばにも入っていたそうで
自家製麺らしいアピールもしっかり


大変素晴らしいすば(そば)
堪能させていただきました

ごちそうさまです

DSC_3776

食後は
首里そばから400mくらい行った所にある
龍潭(りゅうたん)池へ移動

DSC07403

ここは野良ガチョウや
野良ネコが沢山居て
馴れ馴れしく
エサをねだってきます


猫のくせにパン食うとか
飢えすぎなんじゃまいか?('д` ;)

DSC07410

コンビニで買ってきた食パンを
ちぎって投げ込むと
コイやらテラピアやら亀が
大量に群がってきて怖かった(((( ;゚д゚)))


この後は
美ら海水族館へGo!
という典型的な観光コース・・・ (´・ω・`)

首里そば@首里赤田町の『首里そば(大)』5

DSC05266

(実食日:2013/12/28)

前田食堂を後にし
那覇に戻ると
首里そばの営業時間に
間に合いそうなので
連食決定!(`・ω・´)

DSC05276

2時過ぎなのに
中待ちがあり
相変わらずの盛況ぶり

DSC05272

この時間になると
ジューシーや煮付けが
売り切れだったりします

DSC_1082

首里そば 大 600円


隣のお客さんが店員さんに
量について尋ねていたのを
聞いていたら
中が180g, 大が240g
と言っていたような
(茹で前重量でしょうね)

DSC_1088

今日は運転しているので
ビールは我慢なのです

DSC_1092

いつもながら透明度の高いスープ


今日の味は
豚ダシ強めで
鰹ダシ弱めなバランス

DSC_1099

端っこの太いところが沢山入っていて
楽しめました^^

DSC_1102

連食でも美味しくペロっとイケちゃう
首里そば
さすがです

ごちそうさまでした

首里そば@首里赤田町の『首里そば(大)』5

DSC03673

沖縄に来たら
ほぼ毎回訪れている店が
この首里そば

DSC03662

開店5分前でこの行列


沖縄で行列が出来る店って
すごく珍しいです

DSC03668

でも席数が多いので
少し時間をずらせば
行列してないことが多いです

DSC_5735

首里そば(大) 600円


サイズは

大600円
中500円
小400円

があり
普通に食べる方なら中が無難でしょう

大でもそんなにまで量は多くないです


小学生くらいのお子様なら
小でピッタリかと思われます

DSC_5741

大だと肉が1枚多くなるみたい

DSC_5757

この三枚肉が旨くて
ビール飲みたくなりますが
今日は運転手なのでガマンガマン

DSC_5761

こういうパツパツとした麺を出す沖縄そば店は
今はそれほど多くないですが
オールドタイプの沖縄そばファンには
堪らないものがあります


ラーメン二郎に詳しい人には
野猿街道店2の麺に近いと言えば
的確な説明だと思われます


スープは超クリアな鰹ダシで
スッキリを極めたもの

DSC_5745

じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)200円は
特に女性に受ける味だと思います

DSC_5749

私はおにぎり100円(油みそ入り)を
サイドメニューで食べましたが
これは超オススメです!


スープ完飲で
ごちそうさまをしました


(余談)

DSC_5777

首里そばを後にした我々一行は
恩納村真栄田岬の天然隠れ家ビーチで
ちゃぷちゃぷ遊んだ後に
近くの「なかゆくい市場 おんなの駅」の中にある
琉冰(りゅうぴん)のかき氷

アイスマウンテン

に驚愕Σ( ̄ロ ̄|||)

DSC_5779

二人で食べて丁度良い大きさのかき氷には
たっぷりのマンゴー パイナップル ドラゴンフルーツ
パッションフルーツ バニラアイス 練乳
がメガ盛りチックに盛られ
底のほうにはカルピス(と思われる)が
隠し味的に仕込まれています


我々が食べたのは
フラッグシップメニューの980円で
ちょっとお高めですが
それだけの価値はあると思いました


この道の駅には
他にも色んなご当地グルメや
農産物直売所があるので
恩納村にお立ち寄りの際には
かなりオススメですよ

首里そば@那覇市 de 『首里そば』5

DSCF0649

さわやかな月曜
ふりそそぐ太陽


空を見上げると
田中星児の微笑みが
降り注いでくるような
沖縄の夏

DSCF0647
DSCF0648 DSCF0627 DSCF0628

沖縄広しといえども
行列が常態化している店は
多分この首里そばと
中本鮮魚店くらいのもの


よく訓練された僕たちですから
未来の乗り物ニッサンマーチ号を
店舗前のカオス状態な
駐車場ではなく
少し離れた琉球銀行の
コインパーキングに停め
店の行列に接続


こういう店は
12:40頃の方が
13:15に並ぶよりも
行列が短いということを
学習済み


値上げも無く
鉄板化されたメニュー



オリオンビールの中瓶で
まったりとしながら待つこと
5分ほどでお品が到着

 

DSCF0630

じゅうしい 200円


あっさりとした味つけの
沖縄の炊き込みご飯


ダシが効いていて旨い

DSCF0632

煮付け 450円


沖縄の煮付けとしては異端とも言えるほど
超あっさりバージョンの煮付け
おでん風

DSCF0633

首里そば(大) 600円


大サイズでも麺量はそんなにないので
男性なら楽勝でしょう


男なら大で
女なら中で
お子様は小で
よろしいかと思われます

DSCF0635

前回前々回前前々回前前前々回と比べると
味もルックスも店内もほとんど変わりが無いです

DSCF0638

三枚肉ウマー(・∀・)

DSCF0639

透明に近いクリアスープ
かつおダシが効いていて絶妙な塩加減
昨夜飲んで疲れ気味な胃でも
スルスルと入って行きます

IMG_2154

麺旨い。旨いなあ!

やっぱり首里そばの硬い麺は良いなあ

冬場と比べると夏場の麺はちょっと柔らかめかな?


後で気づいたんですが
なんだかビール代が請求されてなかったらしく
やけに安いなあと思いました

ビール代を払いついでにまた食べに来ないといけないな

首里そば@那覇市首里赤田町 de 『首里そば』5

IMG_1072

今日の沖縄は曇り空で
今にも雨が降り出しそうな空模様だったので
遠出はヤメにして
遅めの昼メシを食いに「首里そば」へ

IMG_1073

首里そば 大 600円


首里そばに来るときは大抵
開店前に並んで一番か二番乗りするんですが
今日は13時ちょい過ぎの入店になりました


ほぼ満席でしたが、退店するお客さんと入れ替わりで着席


オーダーが溜まっていたようで
注文してから10分ほど待たされたので
クルマを運転していなければ
ビールを注文してゆっくり飲めただろうなぁ…

続きを読む

首里そば@那覇市首里赤田町 de 『首里そば』5

IMGP2564

沖縄に来ると必ず寄る店がこの「首里そば」

この日は旧のお盆の中日で、開いているかどうか不安でしたが
タクシーで通りかかると営業準備中だったので
開店待ちすることに

開店30分前で並び無し

私が並ぶと、すぐに後ろに行列が出来始めました
みなさん、やはり先頭は恥ずかしいのでしょうか
私は慣れっこなので平気ですが(笑)

続きを読む

首里そば@那覇市首里赤田町

shuri8_1Jan2010

元日に開いてるとは思ってなかったのですが
どうせ首里の街めぐりをするので、
ダメ元で首里そばの前までタクシーで行くと
営業していました。

shuri9_1Jan2010

いつもなら駐車場も2重に停めてあって
すごく混んでいるのですが
今日は駐車場がガラガラです。

片隅に「わ」ナンバーのハマーが停まってて
驚きました。

shuri2_1Jan2010

店内もこの通りで、どこでも好きなところに
座れました。すぐに席が一杯になりましたので
私が入店した時がたまたま空いてただけなのかも。

shuri3_1Jan2010

首里そば(大) 600円

注文すると、ビールを2口飲んだくらいで
首里そばが運ばれてきます。

shuri5_1Jan2010

針しょうがが添えられます。

クリアなスープを壊さないのでナイスなのです。

shuri4_1Jan2010

あっさりとした味付けの三枚肉と赤肉です。
このお店にはソーキは置いていません。

shuri6_1Jan2010

スープはすっきりとしたカツオ出汁メインの味で
とっても美味しいですよ。

shuri7_1Jan2010

沖縄そば界では唯一無二の麺。
この麺を食べるためだけに沖縄に行くのもアリかと思います。

最近は首里そばさんが、通販や、地元のスーパーに
麺を卸しているので、麺を入手することができます。
お店で出てくる麺は、太さがバラバラで、通販や
スーパーで買えるものとは製法が若干異なるような
気がします。

今回の沖縄滞在中に、首里そばに2、3回通う予定でしたが
風邪をひいてしまい、結局この日だけしか行けませんでした。
今度、通販で麺を取り寄せてみようと思います。
ごちそうさまでした!

shuri1_1Jan2010

首里そばの源流である、
沖縄そば界のレジェンド「さくら屋」の跡地です。
今はすっかり駐車場になっています。
でも、駐車場の名前にその名残があるんですね。
「さくら屋」がこの地に復活すると感動的なのですが…。

首里そば@首里そば

shuri7_20Aug2009

この写真は食後に撮ったものですが
最近は並びが長くなって
出足も早くなっています。

以前は開店15分前に行けば
余裕で一番乗り出来たのですが、
今日は開店45分前に着いたのに
すでに先客さんがいらっしゃいました。

shuri1_20Aug2009

看板メニューの『首里そば』は
大きさが大中小あります。
基本的に量が少なめなので
男性なら大でも余裕でしょう。

煮付けも注文しました。

shuri8_20Aug2009

首里そば(大) 600円


幻の名店と言われる『さくら屋』の製法を
受けついでいると言われている沖縄そばです。

『さくら屋』には数え切れないくらい行ったので、
首里そばがさくら屋の完全なコピーでは無いことは
分かっていますが、さくら屋を思い出す味であるのは
確かですね。煮付けは似てないですが。

shuri2_20Aug2009

トッピングの三枚肉の数が
以前より増えたような気がします。

shuri3_20Aug2009

紅しょうがでは無く、針しょうがが
載っています。繊細なスープには
針しょうがが良く合いますね。

shuri5_20Aug2009

自家製麺です。

昔の沖縄そばの麺は、
こういう、ワシワシとした硬い麺が多かったです。
モチモチ感はほとんど無く、
噛むとパツンパツンと切れるような食感。
素晴らしい麺です。

shuri4_20Aug2009

超クリアなスープ。

カツオ出汁の味が良く出ていて
塩味もほどよく、思わず完飲してしまいます。

ここの沖縄そばは、
麺とスープだけで十分で
トッピングが余計に感じるほどです。

shuri6_20Aug2009

とは言え、
三枚肉もホロホロに崩れるほど
柔らかくて美味しいですよ。
味付けが薄味にしてあるので
スープを壊してはいません。

やっぱり首里そばは、
沖縄そばの中でトップランクの旨さです。
また食べに来たいなあ。
ごちそうさまでした!

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ