お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

ラーメン二郎 新潟店

ラーメン二郎@新潟店の『ラーメン 小』5

DSC00395

(実食日:2016/07/26)

富山・新潟ひとり旅 3日目 夜


直江津駅から高田駅までは
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン・妙高高原行で
2駅の移動(200円)


高田駅から新潟駅までは高速路線バスで移動(2000円)


北陸新幹線開通で直通電車が無くなった現在
富山から新潟への交通手段として
高速バスは大変ありがたい存在です


新潟駅前に18時に到着し
天然温泉 多宝の湯 ドーミーイン新潟にチェックインし
サウナと水風呂の3セットでHP全回復

DSC00390

ラーメン二郎新潟店に着いたのは
21時ごろ

DSC00401

外観をインスペクションしつつ
右方面からのアプローチを試みる
挙動不審者風の俺氏

DSC00398

誰も並んでいません

DSC00403

中待ちも無いものの
テーブルとカウンター席は
ほぼ満席

DSC00406

前回来たとき
平日は夜だけ営業だったけれど
今は昼営業もやっているそうで

DSC00409

食券を買って5秒で着席


まだ心の準備が出来ていない所へ
「ニンニク入れますか?」
の声が男性助手から投げ掛けられ
キョドる俺氏


そうですそうです
ここは最初に聞かれるんでしたね

DSC_6488

ラーメン 小 700円
(コール=ヤサイニンニク)


厨房は店主・男性助手・女性助手の3人体制


女性助手は
マキシマムザホルモンのメンバーに居そうな感じで
パワーを感じます

DSC_6478

ヤサイコールの結果がこれ

DSC_6491

ニンニクは
それほど多くないです

DSC_6497

豚は
もっと煮込めばネ申になりそうな部位と
赤身主体の硬め食感な部位の計2枚


臭みは一切無く
ブランド豚のポテンシャルの高さを感じるものの
味染みや煮込みが足りないのが惜しい

DSC_6507

前回食べたときの麺は
NSぽかったのですが
今回は松戸時代に戻ったようで好印象

DSC_6510

ところが
スープは乳化度は高いものの
松戸時代の下ブレを思い出させるもので
豚の旨みが薄く
しょっぱさも足りず
思わず卓上醤油ダレを掛け回してしまいました

DSC_6517

松戸の時は
下ブレがあったかと思えば
上にブレて感動的に旨かった事もあるので
新潟店もそうなのかもしれません


決してマズいというわけではなく
二郎にしてはインパクトが弱いってだけで
ラーメンとしては旨い方だと思います


ごちそうさまでした

ラーメン二郎@新潟店の『ラーメン 小』5

DSC09811

富山・新潟三泊四日の旅も
あっという間に最終日


ようやくNGT26の行列に接続!

DSC09803

開店10分前の時点で
20人ちょいの行列


土曜日なので
もっと並んでいると予想していましたが
開店フィーバーも
落ち着いてきたということでしょうか

DSC09813

回転は速く
外待ち20分くらいで入店

DSC09820

中待ち席は
カウンター席とテーブル席に挟まれる形なので
ちょっと落ち着かない

DSC09817

L字型のカウンター席と
4人がけのテーブル席が2卓あり
トータル20席近くありそう

DSC09822

卓上調味料はホワイトペッパーと醤油ダレ


箸はプラ箸と割り箸

DSC_4406

ラーメン 小 700円
(コール=おねがいします)


助手さんが若い女性
という噂を聞いてwktkしていましたが
本日は屈強な男性助手が2名 (´・ω・`)

DSC_4414

キャベツ率高っ Σ( ̄ロ ̄|||)


ドンブリがNS系ぽいw

DSC_4424

昨夜飲みすぎてヘロヘロなので
これくらいの量で助かった

DSC_4432

さすが新潟もち豚!


すごく旨い豚です

DSC_4443

液体アブラの層が厚めですが
クドさは感じなかったのは
豚の質が良いのと関係あるのかも・・・

DSC_4433

麺は松戸時代のものとは
違っているように感じました


麺の端っこが丸まっておらず
直線的なので
製麺機か製麺方法が違うのかも・・・


これはこれでアリだと思いますが
NS寄りな感じなので
好き嫌いが分かれるような気がします

DSC_4453

スープは微乳化で
豚の味も出ているように思いましたが
二郎独特の最初からガツンと来る
インパクトは弱めでした


ぷかぷか背脂は少ないので
アブラコールした方が
二郎度高くなるかもしれません


松戸の時は周期的に神変化していたので
また機会を見つけて食べに来たいです


ごちそうさまでした




以下は昨日の営業時間外に撮った
外観画像コレクションです

続きを読む
記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ