お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

二郎

琉球激辛ラーメン 坂元激@平和通り商店街の『冷やし醤油つけ麺』5

DSC_1409

この日は
沖縄では珍しい激辛ラーメンを提供する


坂元激


に加担してきました

IMG_2169

加担する者の端くれとしては
すばじらぁ(旧「沖縄そば二郎那覇店」)
の様子をチェックしに行くのは
当然の成り行き

IMG_2171

突然の営業休止からもうすぐ1年


沈黙を守るじらぁ

DSC_1410

そんなすばじらぁとの関係が噂されている
坂元激

DSC_1415

2Fに登る階段に
写真付きのメニュー表が貼られていて
どれにしようかな〜
と悩みます

DSC_1416

琉球激辛麺


辛さ5と書かれていますが
蒙古タンメン中本の北極くらい辛そう

DSC_1412

ミニ辛島豆腐丼


中本の定食の島豆腐版なのか!?

DSC_1413

特製島豆腐つけ麺


中本のつけ樺太ぽいやつもあり

DSC_1414

冷やし醤油つけ麺


昨日痛飲してヘロヘロなので
今日は非辛のコレにしようかな・・・

DSC_1411

アメリカンフィーリング


はっ!これは・・・


すばじらぁで出していた
アレ系のラーメンだそうです

DSC_1417

券売機には
持ち帰り用の鍋セットまであって
とにかく豊富なメニュー

DSC_1420

店内は喫茶店かレストランの居抜きのようで
テーブル席がメイン

DSC_1419

窓際から平和通りを見ていると
清水健太郎の失恋レストランが
脳内で自動再生されました

DSC_9373

冷し醤油つけ麺 800円


注文してから10分くらいかかって到着したお品
(都度調理なのか)


他のお客さんの注文を見ていると
ほとんどがアメリカンフィーリングでした


やはり沖縄では激辛系は厳しいのか・・・

DSC_9386

水でしっかり締められた太麺は
卵麺でしょうか


風味良く
ツルモチとしていて
中本の麺を遥かに凌駕しています


麺量は多くも少なくもなく
おそらく茹で前重量で250〜300g

DSC_9374

つけ汁は具沢山で
香ばしく炒められた野菜と豚肉(三枚肉だったかな?)
のボリュームが凄い!


つけ汁の表面には5mmほどの
液体アブラ層があり
激アツ状態をキープしています

DSC_9404

醤油味なんだけれど
そんなに塩味は強くなく
野菜から出た自然な甘味を感じます


中本の冷し醤油タンメンよりは
化調に頼らない厚みのあるスープ


ミニ辛島豆腐丼を付ければよかった・・・

DSC_9388

うおォン!


中本の冷し醤油タンメンの原価率を
40%くらいに上げたら
こんな感じになりそう
という印象で
おいしかったです!


次回は辛いメニューも食べたいです(←#向いてない)


ごちそうさまでした

しずる村上らを地獄の火の中に投げ込むものである

vlcsnap-2013-10-11-20h10m48s186

二郎を出禁になったはずの
しずる村上が
二郎を語る番組

続きを読む

沖縄そば二郎 那覇店の『ラーメン 小豚』5

DSC03693

沖縄そばと書いてあるけど
何故か黄色い看板に二郎


しかもまだ一店舗しかないのに
那覇店


ぁゃしぃ

DSC03696

おそるおそる
外から店内を覗いてみると
先客1


勇気を出して入ってみた

DSC03699

店内入って右側にある券売機


沖縄そばは無く
二郎風なメニューが並ぶ

DSC03710

冷水機があって
中待ち用のベンチもある

DSC03708

店内奥には自販機


黒烏龍茶170円も
しっかり置いてあるし

DSC_5864

オーションの袋も積んである

DSC03704

卓上調味料は
醤油ダレ
ホワイトペッパー(だと思う)
一味唐辛子

DSC03707

レンゲあり

DSC03702

麺の茹で加減調整については
対応しているのか不明


麺茹で釜は富士丸のような
小さめのやつだった

DSC_5791

ラーメン小豚 750円+生玉子50円
(コール=ヤサイニンニク)


厨房には店主と男性助手の2名


この店主さんの経歴については
私ははっきりしたことは知りませんが
ネットではいくつか書き込みがありました
(本当ですかね?)

DSC_5785

ヤサイはキャベツ率が高く
モヤシは沖縄でよく見かける
細めで繊維質が多そうなやつ

DSC_5796

デフォで半スライスの半熟玉子が付属


ニンニクは若干粒が大きめのみじん切りだが
全然辛くない

DSC_5803

上に乗っているブタ2枚は
ウデ肉なのかな?

若干パサり気味だけど
肉の味が残っていて
臭みも無く
なかなか旨い

DSC_5812

オーション使用の自家製と思われる麺は
ウエーブが少しかかっていて
加水率は高めな感じ


沖縄の二郎インスパ第一号の
だいじろうと比べると
二郎度はかなり高いが
ホンモノの二郎に比べると
やっぱり別物かな〜?という印象

DSC_5833

すき焼き風にしてみたの画


卓上の醤油ダレを使って
カラメに調整すればよかった

DSC_5842

底の方に隠れていた
巻きバラ豚が3枚

フワトロではないけど
よく煮込まれていて
イケるお味

DSC_5852

こま切れブタも
沢山入っていました

DSC_5849

スープは結構濃度が高くて
しょっぱさ控えめ

DSC_5861

飲みやすくて思わずKK
ごちそうさまでした


沖縄滞在中に
出来たらもう一回食べてみたいと思います

ラーメン二郎@京成大久保店の『つけ麺』5

DSC03590

昨日は珍しく残業したので
その分だけ早く仕事を終え
一路 京成大久保の眉二郎へ


明るいうちに眉二郎へ行くのは
滅多に無いのでドキドキ〜 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_5043

先客4人ほどで
席が選び放題だったので
エアコンが効く奥の席へ
猫まっしぐら

黄色の食券をパチっと提出


奥さんが「ヤサイ多め?」
と聞いてきたけど
一昨日から食事制限していて
胃が小さくなってる気がしたので
普通でお願いしました

DSC_5057

つけ麺 750円


惑星直列風に撮ってみた画


つけ汁は
いつもよりしょっぱさ控えめで
ブタの旨みが良く出ていて
来てよかったと
しみじみ思える味

DSC_5048

つけ汁が出てくる頃に
眉二郎超常連の
おがっちさんがご入店^^


1ロットずれてしまいましたが
連席してお話が出来て
いつもとは違う
ほのぼの二郎 (*´Д`*)

(ホモではないでつ)

DSC_5059

今日の麺は
瑞々しさに溢れていて
つけ麺のために生まれたような
素晴らしい美味しさ

DSC_5072

高濃度の塩分補給(おがっちさん評w)

ごちそうさまでした


夜の早い時間帯は
かなり空いていて快適なので
訪問時間帯をズラそうかと
考え中です

ラーメン二郎@京成大久保店の『ミニ・ラーメン』5

DSC03499

(実食日:2013/07/06)

眉鍋会が惜しまれつつフィナーレを迎えた後
グレケニー氏の


喉が渇きませんか?( ̄ー ̄)


というさりげない言葉で
サイゼリヤ習志野大久保店へなだれこみ
眉二郎の夜の部が始まるまで
AJG飲み

DSC03395

有志一行が店頭に着いたのは
18時過ぎ


昨年の眉鍋会のときは
夜の部を強襲するも臨休
某二郎専用掲示板で
色々と書かれたものでした(遠い目)

DSC03502

これまで土曜夜の部にたまに行くと
すごく空いていたので
今日も空いてるのかと思っていたら
満席で背後霊待ちまで出来ていて意外でした


というか


背後霊待ちの8割方が
眉鍋からのなだれ込みなので
混雑の原因は我々という罠

DSC03503

ミニ・ラーメン 550円
(コール=おねがいします)


ミニ・ラーメンですら
撃沈の予感がするほど
腹パンパンでしたが
1.5ロットぐらいの時間をかけて
ゆっくりと味わい

DSC03506

隣の女性(カップルなのに連席できなくて一人で座ってる)が
ラーメン出来上がり直前のコールタイムで

麺少なめ

をコールし
半径2メートル内が
ざわざわした


案の定
奥さんに却下され
そのままの量で出てきてたけど
麺マシかと思うほどの量で
しかもその女性の食べ方が
麺を2〜3本口に運ぶお上品さで
劇場開幕な悪寒がしますた


残念ながら
その後を見届けることができなかったけど
二郎って怖くて楽しいところですね



つか
私も豚を2片残しプチ撃沈したので
人の事は言えない罠

汚名返上のため
次回は全力でKKしまつ

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@西台駅前店の『つけ麺(夏季限定)』5

DSC03301

ヒロシです


生乾きのシャツを着ていたら
好きな女の子から
濡れた犬のニオイがすると言われました



ヒロシです

DSC03303

フライデー・ナイツだから混んでるかな〜?
と思っていたら
誰も並んでいなくて拍子抜けな
20時頃 西台駅前店


小豚とつけ麺の券を買い
店内の待ちイスで少々待機

DSC03306

つけ汁が冷めた時に
セルフで温めるための
レンジがあるけど
使ってる人を見たことがない (´・ω・`)


レンジの上には
オリゴ糖などの調味料が
置いてあるようで
オリゴ糖はいつか試してみたいところ

DSC03309

とても辛い唐辛子は健在

DSC_4570

現金払いで注文した
ビール250円
生玉子50円
小ネギ100円


いつものように
ビールをチビチビと半分だけ飲んで
お品の到着を待ちます

DSC_4574

小豚750円 +つけ麺100円
(コール=おねがいします)

DSC_4579

なんだか量が凄いような気が


でも麺の下にはヤサイが
徳川埋蔵金のごとく
タップリと埋められているので
麺の量は見た目ほどでもありません
(でもやっぱり多めだと思う)

DSC_4584

つけ汁は新宿歌舞伎町店と同様に
白っぽく細かい背脂混じりの層が
表面に形成されていますが
その下は醤油感バリバリ


昨年と同様に
甘味と酸味は弱く
醤油のショッパさが前面に出た味

DSC_4594

いつものように
ブタをつまみに
残しておいたビールでマターリ (*´Д`*)


ウデ肉とバラ肉の両方が乗っていますが
ウデ肉のネットリとした脂の乗った濃厚な味が
ビールとの相性抜群!

DSC_4601

豚を半分ほどビールのつまみに食べた後に
ようやくつけ麺を食べにとりかかり


西台の麺は
つけ麺にするには弱い印象だけど
他の具材を合わせたトータルで見てみると
麺が主張しない分
まとまり感があります

DSC_4607

途中でつけ汁に
生玉子と小ネギとヤサイを入れて
なんちゃって大勝軒もりなま野菜風に
魔改造


つけ汁は醤油ダレというよりも
醤油が立った風味なので
生玉子&ヤサイを入れて
マイルド化した方が
旨いと思いました

DSC_4619

眉二郎のつけ麺で獲得した
無駄なショッパー耐性を
いかんなく発揮し
今夜もKK ごちそうさま


都営地下鉄「夏」のワーデーパスが始まったら
もうちょい頻度を上げて訪問したいと思った
西台駅前店でした

ラーメン二郎@京成大久保店の『小ラーメン』5

DSC03296

今日は携帯を家に忘れて
久しぶりに携帯を持たない一日でした (´・ω・`)


それで調子が狂ったのか
眉二郎への電車の乗り換えをしくじり
いつもより12分遅れで到着


店内壁沿いに背後霊待ちをするも
列が全然進まないのは
撃沈しそうな高校生野郎二人組と
水ばっかり飲んでる高校生ヤロウ三人組と
カップルが原因

DSC_4544

小ラーメン 650円
(コール=おねがいします)


ようやく席を立ったカップルは
二人とも半分以上残していたので
珍しく奥さんから指導を食らっていました
(ヤサイ増しにしておいて半分も残せば当然)


眉さんはカップルを睨みつけながら
恐ろしい形相になっています ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

DSC_4552

そういう殺伐とした店内で食べる
二郎は何故か旨い (´∀`*)


19時台後半なのに
どんどん客が入ってきて
外まで行列が溢れています

DSC_4561

木曜なのに
こんなに混んでいるのは
珍しいです


背後霊マシマシだったので
カメラショットは控えめにし
スープが旨かったので
ダイエッツ中なのにKK

DSC_4565

空のドンブリを撮る時は
みなさんの視線が刺さって
痛かったです ('A`)


今度は背後霊の居ない店内で
食べたいです
ごちそうさまでした

ラーメン二郎@千住大橋駅前店の『小ラーメン』5

DSC03292

梅雨真っ只中の土砂降りナイツ


こんな日には臨休確率の高くなる
眉二郎に向かうほど
ワタクシは勇者ではないので
メルマガ完備 駅徒歩3歩の
超安全パイである
ラーメン二郎 千住大橋駅前店の
門を叩くことにしました
(叩かないけど)

DSC_4510

小ラーメン 650円
(コール=おねがいします)


ダイエッツ中なので
大は封印でつ (´・ω・`)

DSC_4514

夜の助手さん
安定感があります


店主さんは
一時期に比べると
大分スリムになってきましたけど
ダイエッツしているのでしょうか?

西台の店主さんも
かなり体を絞っているそうで
二郎では減量ブームなのかな?

DSC_4516

ブタは三枚肉風の
無難なやつが2枚

DSC_4527

麺がデフォで硬めになったようで
全くデロっておりません (´・ω・`)


本日のデロ度

☆☆☆☆☆ (無デロ)

DSC_4531

超アツアツなので
早めの段階で
麺の冷却も兼ねて
生玉子投下

DSC_4540

今日のスープは
グルが前面に出ていて
軽めな飲み味


固形アブラをサルベージし
スープは1/3くらい飲んで
ごちそうさま


(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* デロ麺にな〜れ

ラーメン二郎@環七新代田店の『チャーシューメン汁なし(ピリ辛味)』5

DSC03284

プチ・リバウンドしていた体重が
やっと元に戻ったので
梅雨の晴れ間のプチ遠征


夜の環七新代田 八時ごろ


結構空いてて
即着席可

BGMは氷室京介

DSC03287

券売機のメニューは
前回訪問時から
ほとんど変わってないですが
汁なしにソース味が加わっています
(広島のお好み焼き用ソース使用のようです)

DSC03290

券売機で
チャーシューメン(小ブタ)750円と
かつおぶし50円と酒250円
の食券を買い
プレミアムモルツ(100円追加)と
生玉子(50円)は現金対応


食券提出時に
「汁なしのピリ辛で」
と言ってピリ辛味の汁なしで
作ってもらいました


ちなみに
生玉子は手渡しw

DSC_4324

チャーシューメン汁なし ピリ辛 750円
(コール=おねがいします)


100%モヤシのヤサイの上から
ピリ辛いやつが
かけられているようです

DSC_4326

ここのヤサイとブタは
提供直前に
スープ少々が入った鍋の中で
蒸されているようで
二郎の中でも独特な手法

DSC_4338

汁なしと言いながら
汁が結構入っているのは
お約束です

DSC_4331

ブタをつまみに
ビールでマターリ (*´Д`*)


ビールのつまみにパクパク食べたら
あっという間に無くなったので
ブタWにすべきでした (´・ω・`)

DSC_4342

プリプリ感の強い
個性的な麺です


前半は
かつおぶしや生玉子を使用せず
デフォの味で食べてみましたが
シンプルな味で
こういうのも悪くないかな〜
と思いましたが
ここは無化調なので
やはり物足りなく感じてきます

DSC_4352

後半は生玉子とかつおぶしを入れて


やっぱり
かつおぶしが入ると
断然良いですな〜


もしかすると
別売りのクリームチーズも
合うかも

DSC_4356

リバウンド解消記念にKK


食後しばらく
辛味の発汗作用で
滝汗状態

こいつはダイエッツ効果があるかも!?



ソース味も気になるなぁ

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@亀戸店の『ラーメン』5

DSC03275

定点観測


入口の上に
小さなフィギュアみたいなものが
ズラッと並んでいる!

DSC03254

券売機のメニュー表示が
新しくなり
左隅にフィギュアが!


そして遂に
このような注意書きが!

当店の大盛りラーメンは非常に量が多くなっています
初めての方、女性の方にはラーメンをおすすめします
また、麺少なめ、麺半分も受け付けておりますので、
お気軽にスタッフまでお申し付けください。




19時頃だったけど
豚は売り切れ(´・ω・`)

DSC03255

唐辛子の容器が
大容量のものに変わっていた


ギャバンの黒胡椒は
出口が固まっている('A`)


そして
一部のイスがイームズ風のやつに
新調されていた

DSC03258

ラーメン 650円
(コール=ニンニク)


厨房には
森山直太郎似の助手さんと
ぶーちゃん店主

DSC03260

ヤサイはデフォでも十分な量で
モヤシがシャキシャキしてて
助手さんGJ!

DSC03264

豚は味がよく染みたものが2枚

DSC03268

麺は柔らかめで
モッチリと喉越し良く美味

DSC03271

スープは豚の旨みが濃く出ていて
ひばりヶ丘をライトにしたような感じで
臭みも無く
とても旨い


最初は2〜3口にしておこうと思っていたけど
やめられないとまらない状態になり・・・

DSC03273

ついKKしてしまった orz...


東側に住んでいると
こういうタイプのスープはこれまで
桜台やひばりヶ丘まで行く必要があったけど
亀戸でも味わえるというのは
選択肢が増えてありがたいです

ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ