お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

小岩

ラーメン二郎@小岩店の『小ラーメン+脂っKOIWA』5

IMG_2761

家から総武線一本で行けるので
隙あらば小岩なワタクシですが

IMG_2759

この日は隣のなんちゃら生命が
建物の前で物販をしているとかで
2番ポールが道路側に臨時移動

IMG_2762

11:25の時点で脂っKOIWA在庫あり

IMG_2765

何よりも驚いたのは
助手のおばちゃん型ロボ初号機が居たことです


ヤサイの搬送タイミングについて
店主氏から叱責されていたりして
二号機より性能は落ちるようです

DSC_2737

麺茹での間に提供される
脂っKOIWA


相変わらず凶暴そうなルックスです

DSC_2754

卓上の荒挽きブラペと一味をかけてスタンバイ

DSC_2763

小ラーメン 750円 + 脂っKOIWA 50円
(コール=ヤサイニンニク)


店主の真正面の席だったので
なんだか写真を撮りにくい

DSC_2774

小岩には珍しくヤサイがクタだったので
見た目よりもヤサイの量が多いぞ
(おばちゃん茹ですぎだよ)

DSC_2785

ブタはほぼ赤身なやつが4個くらい


味がめちゃくちゃ染みてて
昔の品川の漬物ブタを思い出しました

DSC_2789

小岩のニンニクは辛い上に
ニンニクコールするとアホみたいに盛ってくるので
脂っKOIWAの小鉢にニンニクを退避させる作戦

DSC_2799

麺を撮ろうとしたら
おそろしく前ピンになってしまったw


まあしかし小岩の麺はすこぶる旨いな

DSC_2815

ひさしぶりの二郎だったせいもあり
ニンニクとアブラとしょっぱさの
ジェットストリームアタックにやられ
スープは最後に二口しか飲めませんでしたが
今回のスープはコクがあって当たりだったと思います


ごちそうさまでした

福福@小岩の『焼豚と餃子』5

DSC08794

亀戸の「ふう」を後にした我々山羊部一行は
なぜか「牡蠣食いたい」と言い出した奴(←俺ですw)
のせいで錦糸町に移動


だがしかし
全員ベロベロなせいもあり牡蠣を出す店が見つからず
何故か磯丸水産に吸い込まれ
アルゼンチン赤エビや蟹の甲羅焼きでお茶を濁すという
意思力の弱さが露呈

DSC08790

BigBoyさんとはどこでお別れしたのか覚えてないけど
merさんと小岩までワープし
餃子を食おうということに


この店構え
只者ではありません

IMG_0881

深夜12時近くでも満席で
老若男女で賑わっているところが
地域に愛される名店の香り

DSC_0792

ルービーのつまみに注文した焼豚ウメッ!

DSC_0814

カウンターのみの背後が狭い店内は
高田馬場のbntnにも似た心地よさ


コギャル風のグループと
店のおっちゃんとの掛け合いも始まり
これが福福劇場なのか・・・

DSC_0802

餃子は皮の片面がパリっと焼かれていますが
中の餡はシットリしていて
甲殻類系の風味があって
不思議な味です


三回食べるとハマる系の独特なお味で
個性的な餃子でした


ごちそうさまです

ラーメン二郎@松戸駅前店 de 『ラーメン』5

DSC_3384

わたくしの二郎直系店全店制覇を阻む壁として
大きく立ちはだかる
二郎界のビッグ4=歌舞伎町 池袋 新橋 小滝橋店
を攻めあぐねていた折
突然飛び込んできた二郎各店舗からのメルマガ



松戸駅前店のリニューアルオープンが
3月20日に決定したとのこと

しかも新店主は池袋店出身とのこと
(メルマガには書いてなかったと思う)



丸新(現エヌエス)系のコピーなら微妙すぎるので
オープン日は
ヒトバシラーな方々の貴重なレポを拝見して
様子を見ることにしました



ブログ記事や
ニンニク掲示板の書き込みを見ていると
どうやら丸新系のコピーではないようだ

それならということで
オープン2日目の夜の部に
食べに行ってきたのでした

DSC_3387

18時15分ごろ到着すると
外待ちなし!
店内待ち2名!!

みなさんノーマークなのかしら?



自販機横に張られている営業時間は次の通り

11:00〜14:00
17:30〜20:00

定休日 月曜日   ※当面の間

麺切れ終了

※ 3/22追記
ニンニク掲示板の書き込みによると
現在のところ10:30〜14:00のみで夜は無いとのことなので
ご注意ください(要検証) 

DSC_3392

サクっと入店し
券売機でラーメン650円のプラ券を購入



厨房に目を向けると


坂田師匠!!Σ(゚д゚;)


が助手をされているではありませんか!(爆)


※ ちなみに「坂田師匠」とは
小岩店の助手をされている方の
ニンニク掲示板でのコードネームです^^;



店主さんは濃い感じの方で
今回初めて拝見しました

DSC_3452

エコ箸と割り箸の両方があって
調味料はコショウと一味唐辛子


レンゲはカウンターの上に用意されています


店内のレイアウトや備品まで
ほとんど前店主(現赤羽店店主)の時と変わらないようですね

DSC_3404

ラーメン 600円 (コール=ヤサイニンニク)


ヤサイマシなどのコールは
提供直前に行われる
二郎ではメジャーなスタイルを踏襲


刻みニンニクは
他店平均よりも細かいような気がします

DSC_3399

盛りは大人しめ


他のお客さんのコールと比較すると
「ヤサイ多め」って言うほうが
「ヤサイ」よりは盛ってくれるような気がしました


でもバランス的には
これぐらいのヤサイの量がベストかも
赤羽店の盛りはキツかった

DSC_3413

豚は大判で厚切りのものが2枚

DSC_3431

こういう「ウデ肉〜!」って感じのが一枚と
もう一枚は「赤身〜!」って感じのだったので
味の違いを楽しめました^^


ニンニク掲示板やブログ等で
「歯ごたえのある豚」とか
「ハムのようだ」という書き込みがありましたが
自分が食べた豚は
フワトロではないものの
普通に柔らかく肉の味が残っていて
パサつきもない豚さんでしたよ

DSC_3416

食べる前のスープ表面


液体アブラの層は薄い代わりに
スープが乳化度高めです

DSC_3419

一番危惧していた麺ですが
二郎直系店でよく見る安心できるタイプ
(ちょい細めかな?)


麺量は二郎的には過不足なく

DSC_3427

寄りの画


モニュっとした噛み応えで
無難な二郎の麺といった印象




一番奥の席に座ったんですが
そこからだと厨房奥に置いてある
エビス麺機製作所の製麺機が
間近に見えました

これで製麺しているようなので
丸新系とは違う三田本店直系の
製麺方法なのでしょう^^

DSC_3436

天地返しをして底から撹拌された状態のスープ


寸胴を見ても分かるんですが
乳化度高めです


デフォだとしょっぱさは普通なので
カラメが好きな方は
カラメコールした方がいいかもしれませんね

DSC_3448

固形アブラはほとんど入っていないのが
ちょっと寂しいカモ(´・ω・`)


最後に少し飲むつもりが
グビグビと半分も飲んでしまいました^^;



まだオープン2日目なので
これから少しずつ変わりながら
安定すると思いますが
今回の印象としては
無難に食べさせてくれるクセの少ない二郎
といった感じでした

これからが楽しみです
ごちそうさま〜

らー麺屋 バリバリジョニー@小岩 de 『バリシオラーメン』5

IMG_0213

【訪問日:2010/9/16】

黄色い電車で
新小岩から小岩に移動して連食


蔵前橋通りから奥戸街道に入ってたら
そこから歩いて3〜4分てとこでしょうか
ここは昔、ホワイト餃子小岩店(現在は柴又街道側に移転)が
あったところのような気がします(たまに生餃子を買いに来たことがある)
ホワイト餃子も最近食べてないなー


オープンカフェのような雰囲気だと聞いていましたが
まさにその通りですね
広々とした店内はリラックスできます

カウンターが7〜8席と大きなテーブル席があって
こじゃれたカフェバーみたいな感じです
おなご連れや家族連れでも問題無しですね!

続きを読む

江戸川ヌードル 悪代官@小岩 de 『ぬーどる』5

IMG_0143

【実食日:2010/9/9】

小岩・新小岩ラーメンツアー2軒目は
小岩駅から歩いて15分ほどのこちら「江戸川ヌードル 悪代官」

ラーメン通の方々から噂には聞いていましたが
なるほどこれはいかにも腹黒そうでワルそうな外観だ〜(笑)

続きを読む

麺屋 一燈@新小岩 de 『特製 (醤油)芳醇香味そば』5

IMG_0141

本日は超ラーメン通な方のお誘いで
小岩・新小岩ラーメンツアーに行ってまいりました \(^o^)/

まず最初に向かったのは、新小岩の「麺屋 一燈」
今年の6/18にオープンした新店です

IMG_0140

ディープな予習をして臨んだにもかかわらず
淡麗系メニューの「芳醇香味そば」の味が
日替わりなのを
店頭に着くまで知りませんでした ∑( ̄ロ ̄|||)

「本当にディープな予習してきたのかよっ!?」
という突っ込みが聞こえてきそうです(笑)


券売機の説明書きによると

塩の提供は 水・金・日
醤油の提供は 火・木・土

なんですね


醤油味も大好きなので
全然問題ないんですけどね (^^)

続きを読む

大ラーメン@ラーメン二郎 小岩店

jiro1_22Dec2009

今朝はラーメン二郎三田本店に
参拝しようと企んでいたのですが
寝坊したため、久しぶりの小岩店へ。


11:30頃列に並びました。
最初は2番ポールの先頭あたりでしたが
回転は速かったです。
あっという間に1番ポールに移動。

jiro2_22Dec2009

某ニンニク掲示板で
知ってはいたのですが、
来年から昼営業のみに
なってしまうんですねー。

jiro3_22Dec2009

大ラーメン 800円 (コール=ヤサイニンニク)

助手見習い中とおぼしきオバちゃんが
厨房内で店主と助手さんから指導を受けていました。

jiro5_22Dec2009

小岩の麺は旨いです。

デフォで硬めになっていて、野猿の麺よりは細いですが
噛むとパツンと小気味良く切れる
大好きなタイプの二郎麺です。

まず最初に天地返しをして、ムシャムシャと
一心不乱に食べ進みます。
至福の時。

jiro6_22Dec2009

豚は標準的な厚みのものが一枚と
厚切りのものが一枚、
そして端切れの豚も入っていました。

しょうゆダレに浸かりすぎた
しょっぱい豚に当たることが多かった小岩店ですが
今日の豚はイイ感じの味付けになっていました。
これなら豚入りにしても問題なかったですネ。

jiro4_22Dec2009

スープも以前はデフォでカラメの味付けだったのに、
今日のスープは『カラメ指定してもよかったかな?』と思えるほど
全然しょっぱくなかったです。

小岩のスープは夏場にしょっぱくなる傾向があるので
もしかすると冬バージョンなのかもしれませんね。
しょっぱくないとは言え、健康の事を考えて
スープはほとんど飲みませんでしたが…。


今日の小岩店の二郎、バランスが良くて旨かったですヨ。
ごちそうさまでした!

今年中に、あと2回は二郎を食べておきたいです。
さて、どうなることやら。

大豚入り@ラーメン二郎 小岩店

jiro7_09Sep2009

小岩二郎に前回来たのは
2月だったので、
約7ヶ月ぶりになります。

19時過ぎに店に着いた時は
1番ポール以内に列は収まっていたのですが、
店を出た時には2番ポールを超えて
列が伸びていました。

jiro1_09Sep2009

行列マナーに関する新しい注意書きが。
二郎は横入りに厳しいですね。
横入り禁止は当たり前の事なんだけど
書かないと分からない人が居るんですね。

jiro3_09Sep2009

大豚入り(ヤサイニンニク) 900円


しばらく来ない間に
100円値上げされていました。

スープの量が少ないですね。
しょっぱいので、ほとんど飲まないから
少なくても全然問題無いです。

jiro4_09Sep2009

ヤサイは
キャベツ率が高めです。
最近野菜が高いのに
頑張っていますね。

豚がやたらとしょっぱいです。
しょうゆダレの味しかしません(笑)
今日は豚入りにして失敗しました。

jiro5_09Sep2009

天地返し後の図

『小岩の麺て、こんなに旨かったっけ?』
と思うほどおいしい麺でした。
二郎の中ではトップクラスではないでしょうか。

jiro2_09Sep2009

小岩店のメルマガで知っていたのですが
先月から魚粉(無料)がテーブルに
置かれるようになりました。

jiro6_09Sep2009

麺が残り少なくなった頃に
魚粉をかけてみました。

正直なところ、微妙です(笑)

小岩は超カネシガツン系なので
魚粉の存在感がほとんどありません。
ちょっと期待外れだったかな。


でも今日は麺のおいしさに感動したので
来て良かったです。
ごちそうさまでした!

ラーメン二郎 小岩店 で 「 大豚ラーメン 」

2008_09250002





風が少し強い中

ラーメン二郎小岩店に

やってまいりました。








大豚ヤサイニンニク(800円)


koiwa_jiro3_25Sep2008

麺が見えません(汗
この店はヤサイがいつもシャキシャキしてて良いです。
豚はこの写真で見えてない分も合わせると結構な量です。


自家製麺が大好きな自分にはたまりません。

koiwa_jiro4_25Sep2008
記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ