お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

神田

長尾中華そば 神田店@小川町の『塩つけ(限定)』5

DSC02271

この日は中々のお散歩日和だったので
秋葉原駅から神田の路地裏を散策しながら
宿題店だった長尾中華そば 神田店へ到着

DSC02241

この陽気なので
つけ麺が食べたくなるのは必定


ということで
6月限定の「塩つけ」をセレクチオン
(券売機右下の限定950円のボタンです)

DSC02235

食券を買って女性店員さんに提出すると
ひとまず外で待機するように指示されました


都心のオフィス街なので
土曜日は行列も無く空いています

DSC02256

歩くとノドが乾くのも世の定め


ビール中瓶は私の好きな赤星です


でもお通しは付きません (´・ω・`)

DSC_4856

塩つけ(限定) 950円
(麺大盛り)


950万円にしてはトッピングが寂しげです


おそらく
つけ汁に凄い原価がかかっているのでしょう

DSC_4880

手打ち麺は瑞々しくて
つけ汁につけずにそのまま食べてもうまい!


そのまま食べると少し塩味を感じたのですが
塩でコシを出す手打ちうどん方式なのかな?

DSC_4869

つけ汁は結構サラっとしています


具はサイコロ切りのバラチャーシューと
白ネギとメンマ

DSC_4885

つけ汁に麺を浸けて食べると
それほど煮干しの風味は襲ってきませんが
レンゲでつけ汁を掬って飲むと
煮干しがガツーン!とキター


塩つけ麺らしいシンプルなお味で
大盛りでも一気にサクっと頂けました


最後はカウンター上のポットから
セルフスープ割り


ラヲタな方々のレポを読むと
ごくにぼという超濃厚煮干ラーメンが人気らしいので
次回はそっちも食べてみたいな(人を選びそうだけど)


ごちそうさまです

ラーメン大(DAI) ○虎@京成大久保店の『らーめん』5

DSC_6885

(実食日:2012/06/13)

にフラれて
リカバリー先に選んだのが
先月末にオープンした
ラーメン大(DAI) ○虎(まるとら)
京成大久保店


新店というだけで
ココを選択してしまったという
本当にソレだけの理由 ('д` ;)

DSC_6869

京成大久保駅から
「ゆうろーど」アーケードをくぐって
大久保商店街を歩くと
100mぐらい行ったところの
左手にあるのですが
こぢんまりとした店構えなので
注意してないと見過ごしてしまうかも^^;

DSC_6827

特保コーラが!(笑)

DSC_6865

丸山製麺と
ちば醤油を使ってるらしい


こちらの記事
大変詳しく書かれていましたが
このラーメン大は
元ラーメン二郎 神田店の手がける
フランチャイズのようで
堀切系のラーメン大とは
中身が異なるようです
(複雑すぎて頭が死にそう)

DSC_6829

とりあえず
眉にフラれ
京成大久保商店街を
一往復して乾いた喉をうるおすために
発泡酒(150円)を頂きます


発泡酒の銘柄は
「クリアアサヒ」か「のどごし生」から選べた


卓上の調味料は
一味唐辛子と胡椒のみ

お箸は割り箸

レンゲあり


座席はカウンターのみで12席ほどかな?
店内は小ざっぱりとしていて清潔感があり
デートにも使えるかもしんまい^^

DSC_6864

何も言わないと
ニンニクは入らない仕様とのこと


無料トッピングは
食券提出時に聞かれる

DSC_6835

らーめん 600円
(野菜多め ニンニク入り)

DSC_6831

野菜多めにしたので
標準的な二郎のデフォぐらいの量は
入っているようだ


野菜の茹で加減には
シャッキリ感を残す方向性が
感じられる

DSC_6840

スープの表面には
細かい背脂がちりばめられているが
スープ自体は乳化度低めで
しょっぱさ控えめなので
飲ませるスープな印象

DSC_6848

チャーシューは赤身主体で
普通に柔らかく
安心して食べられる豚さんでした^^

DSC_6856

麺は中太〜太くらいの太さで
もっちりとした食感

食後感から推測するに
麺量は茹で前重量で200g程度かと
思われます


「ちょっと小腹が空いたかな?」
ってときに
(普通の人にとって)最適な量と
コッテリ感を持った
ラーメンなんではないかと思いますた^^


ごちそうさまー

ラーメン二郎@神田神保町店 de 『ラーメン』5

DSC_3915

(実食日:2012/04/05)

銀座のアポーストアに寄った帰りに
ラーメン二郎 神田神保町店で
超遅い朝飯兼昼飯を食べてきました

DSC_3911

15:10頃到着すると
4人しか並んでいません!!

DSC_3921

4月2日から営業時間が変更になり
昼の部のみの通し営業になりました


ニンニク掲示板の書き込みにもあったように
昼の3時以降はかなり空いてるみたいです

周知されていない今が狙い目カモ?

DSC_3925

営業時間が変わっても
券売機の内容は変わらないようです

DSC_3928

いつものように生玉子50円も購入

DSC_3942

ラーメン 650円 コール=ヤサイニンニク


麺茹で釜の前の席だったので
厨房の中の作業をよく観察できて
面白いのですが
これから暑くなると
この席は地獄なんですよね

DSC_3933

芸術的な
神保町の盛り付け


いつ見ても
惚れ惚れしますなー(*´Д`*)

DSC_3949

豚は厚みが1cmくらいある巻豚が2枚!
前回食べた小豚よりも
豚の量が多い感じがします

ってか、豚が巻豚に変わった?!



スープ表面が
液体アブラの層で覆われているのは
いつものとおりですが
乳化が進んだ色をしています

DSC_3958

麺は昔(4年前ぐらい?)を思い出させるような
食感と風味で
これは旨い!


やはり
昼だけの営業にして
以前よりも余裕が出来たのか
それとも回転を上げて捌く必要が無くなったからなのか
よく分かりませんけど
とにかく今日の麺は良かったです^^

DSC_3967

猫舌ハイパー加速装置の
生玉子ちゃんで
すき焼き二郎


神保町店で
すき焼き二郎が快適に食べられる季節も
そろそろ終わりかな

DSC_3975

デフォでカラメだったのですが
通し営業の遅い時間のスープということで
かなり濃厚な豚ダシが出ていて
思わず半分くらい飲んでしまいました^^;


いろいろ言われているようですが
神保町店は旨いっスね!

昼のみ営業になって
自分的にはかなりハードル高いですが
またチャンスを見つけて
食べに来たいです

ごちそうさまー

DSC_3978

15:40頃
店を出たとき
ナント並びゼロ!

だったんですが
学生さんの団体が
襲来したので
一転賑やかになりました^^

若いってイイナー!

神田 磯野@淡路町 de 『醤油らーめん』5

DSC_2949

夕方になって
雨がやんだので
秋葉原までお散歩に出かけました


これまでの反動か
スッキリアッサリしたラーメンが食べたくなったので
淡路町の『神田 磯野』へ

DSC_2954

醤油か塩かで悩んだのですが
無化調スープということなので
ここは無難に醤油で

DSC_2958

店内はカウンターのみ(8席ほどかな?)


午後の三時過ぎということもあり
客はまばらで
自分を含めて三名ほど


厨房は
店主さん(?)お一人で
切り盛りされているようですが
コスチュームがイタリアン系シェフのようで
カッコ良すぎです^^

DSC_2969

醤油らーめん 780円


無化調のラーメンを食べるのは
ひさしぶりのような気が^^;

DSC_2967

トッピングでまず目を引くのが
岩海苔ですねー


太めのメンマは
食感と味付けが素晴らしいです


チャーシュー(肩ロース?)は
非常に柔らかく
しっとりとしていて
ホロホロとしたところもあり
丁寧なお仕事を感じます

DSC_2962

岩海苔が多めですが
風味はそんなに磯磯とはしていないので
意外に全体の味のバランスは良いと思います

DSC_2979

スープは鶏ベースのようで
表層に浮かぶ鶏油がフワっと香り立ちます


ほどよい塩味とコクがあり
無化調の優しい味が
じんわりと体に染み渡るような
気持ちよさがありました

DSC_2985

細めの麺は
噛み応えがパッツリとした小気味良い食感で
日本蕎麦のような啜り心地


岩海苔やネギを麺に絡めて食べると
味に変化が出て
最後まで飽きずに食べることができました


コッテリ濃厚ラーメンの対極にあるような味だけど
無化調でも本格的ラーメンとしての主張があるし
こういう味のラーメンも好きだなあ


今度は塩にしてみようかな
ごちそうさまでした




※ アッチの磯野に対する戯言はコッチです

背脂醤油 のあ@神田 de 『韓式にくじゃが脂そば』5

DSC_2467

本日も神田の「のあ」で
限定品を乞食る(笑)ことに


インフルエンザの後遺症みたいなのが
長引いているので
ここらで一気に全快へと
もって行きたい所存

DSC_2420

とりあえず
ひとしきり
飲んでから

DSC_2429

韓式にくじゃが脂そば 1000円


のあのマスターのブログによると


> 今週は 韓式にくじゃが脂そばです 今回は風邪対抗型として
> 長葱を多めにして 辛さも増してあります テンメンジャン等も加え
> コクも増してあります ご賞味ください
> 辛さは調整できます ご遠慮なくどうぞ


とのこと


確かにブツ切りの長ネギが
軽く1本分は入っている様子

DSC_2440

ネギ辛ぇえ!!! Σ(゚д゚;)


生のネギが辛い!
辛すぎて死にそうになったよ!!
風邪が治るどころか
命の炎が吹っ飛ぶかと思ったよ!


ネギの辛さのため
タレの辛さが後ろに隠れてしまっているが
食べた翌日の体調から推測するに
タレも結構辛かったようだ

DSC_2455

麺は冷〆で提供


最初は快調に食べ進むも
中盤からは
ネギの辛さや謎の香辛料と味の濃さ
そして牛背脂が
難攻不落の要塞のごとく
目の前に大きく立ちふさがってきた


もはや
これは薬の一種と見なして
対峙せねばならないような
必死感すら漂い始める


そういえば
飲んでるときに
隣の席でこの品を食べている人が居て
食べるペースが異常に遅いので
嫌な予感がしていたのだが
そういうワケだったのか(ピコーン!


麺はほとんど食べたけど
具が1/3ぐらい残っちゃったな
(ライスがサービスならもう少しイケたか)


悔しいけれど
今夜は
のあに負けたよ


また忘れた頃に
闘いに来るから
じゃあの

背脂醤油 のあ@神田 de 『全牛ラーメン』5

DSC_2152

幼少のみぎり


「ヤギを食べた後は絶対に
冷たいものを飲んじゃダメらよっ!!」


と祖母から念を押されたものですが
それがラピュタの最終呪文に匹敵するほどの
重要な教えだとは
気が付きませんでした

のあに出逢うまでは

DSC_2159

肉に撃たれて眠りたい


そんな思いに駆られる瞬間は
誰にだって訪れるはず

DSC_2144

お兄さん、あんた肉人(にくんちゅ)だねぇ


と沖縄のオバアに言われてみたい

DSC_2141

そして


お肉の国の人だもの


と三田佳子に言わせてみたい

DSC_2073

のあマスターのブログによると


> 牛スープは牛とH2Oのみ使用 一番濃厚なスープです

> 和牛スライス 和牛脂も加えて 最強のラーメンです


という限定メニューが
今日から始まるらしい


最強のラーメン ∑( ̄ロ ̄|||)


ですよ?
ワケが分かんないですが
とりあえず凄そうな感じがします


「ラーメンは格闘技である」


というのが持論なので
これは是非とも食べに行かねば!!




ということで
18時過ぎに店に入ると
カウンターは満席で
飲み客用(?)のテーブル席も
ほぼ埋まっています


のあってこんなに混む店だったっけ?


全牛ラーメンの食券を確保しておいて
とりあえず一人で飲むことにしました

DSC_2139

上の券売機の画像はブレブレなので
店を出る時に撮り直したのがコレ
(この時点では全牛ラーメン売り切れ)

DSC_2074

のあ特製おつまみ(300円)と
生ビール大ジョッキ(400円)で
チビチビとやりながら
まったりとした時間を過ごします


多方面のヲタっぽいお客さんが多くて
メガネ着用率が八割超えてそうで
まるで自分ちに居るかのような
安らぎを覚えますなあ(´∀`*)

DSC_2075

ビールのお代わりをし
今度はポテトサラダ(300円)をつまみに
チビチビとやり

DSC_2079

このポテトサラダは
ほぐし豚がたっぷり入っていて
味が濃厚で
ビールのつまみにすると
メチャ旨ですよ(*´Д`*)

DSC_2087

のあに来るのは久しぶりだなあと思って調べてみたら
前回来たのは1年ちょっと前のことでした^^;

時の過ぎるのは早いですねぇ(しみじみ)

DSC_2092

全牛ラーメン 1400円


ついに
最強のラーメンが
やってきました
(値段も最強^^;)


サービスでライスが付きます

DSC_2094

和牛スライスが
10枚ほど乗っている様に圧倒され Σ(゚д゚;)

DSC_2099

和牛肉の塊の表面を炙ってから
スライスしているようです


ほとんどレアに近いお肉で
ローストビーフとも違う
肉を食べる醍醐味に溢れまくりで
凄いインパクト!!

DSC_2113

牛とH2Oのみを使用したというスープは
一見サッパリしてそうですが
コラーゲン(ゼラチン質)濃度が半端なく
しかも牛の旨みが濃くて
お腹にドッシリ来ます

食後なんか
口の周りがパリパリになって
凄いのなんのって^^;

これを食べた後は
絶対に冷たいものを飲んじゃダメですね



スープの表面には
和牛脂の小さな塊が浮いていますが
クドさや臭みは無くて
食べやすかったです

結局スープを完飲しました^^;

DSC_2125

のあでラーメンを食べるのは初めてだったんですが
麺は硬めの茹で加減で
ツルツルパツパツとした小気味良い食感で
ラーメンもなかなか良いですねぇ



さすが「のあ」

これだけインパクトのあるラーメンを頂くと
参りますた 降参です
って気分になります


お姉さんの笑顔の接客にも癒されましたし
マスターもお元気そうでなによりです

また機会を見つけて
飲み&食べに来たいと思います

ごちそうさまでした

ラーメン二郎@神田神保町店 de 『小豚 & 生玉子』5

DSC_1708

今年の二郎初めは
神田神保町店にしてみました


19:30頃
あの通りに着くと
靖国通りには達していないものの
駐車場は余裕で超えていて
30人以上は
並んでいたと思われます


19:46に宣告
あぶないところでした

DSC_1666

1時間半ほど並んで
やっと入店


前回から
2年ちょっとぶりになるけれど
店内のレイアウトや
券売機は
全く変わってないようです

DSC_1670

小豚 750円 +生玉子(50円)
コール=ヤサイニンニク


最終ロットの一つ手前ぐらいだったので
後客を気にせずに
マイペースで
ゆっくり食べられるのが
大変ありがたいです^^

DSC_1674

ちょい別アングルからの画


神保町のヤサイの盛りって
男のコって感じで
カッコいいですね(*´Д`*)(´∀`*)

DSC_1681

豚は薄切りになっちゃったみたいだけど
まあこれはこれで食べやすいし
悪くはないんじゃないかと


スープ表面の
液体アブラの層は
ご健在でした

DSC_1691

麺はどうだろう?


柔らかめがデフォになったようで
これはこれで好きですね


表面がもっとデロっとしてても
いいかもしれないなあ(´▽`)

DSC_1699

途中から
すき焼き二郎に切り替えて
ゆっくりと楽しみました


麺の量は以前と変わらないように見えましたが
余裕で完食できたので
なんだか不思議です

DSC_1707

プチ・ダイエット中なので
スープは一口だけ飲んで
ごちそうさまでした〜


全体的にライトになったような印象でしたが
我々非ジロリアンにとっては
食べやすくて
いいんじゃないかと
ポジティブな評価を
させていただきたく
今年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

小豚@ラーメン二郎 神田神保町店

jiro4_27Nov2009

仕事が早く終わった(というか早引きした)ので
こちらの二郎へ。

ここに来るのは約7ヶ月ぶりになります。
最近の行列の長さに怯えて
なかなか来れませんでした。

17:20頃到着で丁度駐車場を超えた位置でした。
セカンドロットに滑り込みセーフ。
定刻より少し早く開店しました。

以前券売機があった場所に
ジュースの自販機が置かれてありますね。
券売機は一番奥に移動したので、
入口寄りの席だと、券を買いに奥まで行って
コップに水を注いでから
Uターンする格好で席に着きます。

jiro1_27Nov2009

小豚 750円 (コール: ニンニク)


ここはマシマシ系呪文が通じるので
「ヤサイマシマシニンニクマシマシ」とかの呪文が飛び交います。

私は久しぶりに来て食べきれるか不安なので
大人しくニンニクコールだけで。

生卵も注文してすき焼き二郎もしましたよ。

jiro2_27Nov2009

ブ厚くて脂身がトロトロの『ネ申豚』
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!! (古っ)

jiro3_27Nov2009

麺は前より細くなったというか
扁平率が高くなったような気がしました。

そのせいか、麺の食感は以前に比べてソフトになったような。
麺カタメで注文するお客さんが多いのは
そのせいなのでしょうか?

柔らかい麺もそれなりにモチモチ感があって美味しいですが、
二郎なら、麺の中心が生煮えっぽいボソボソ感がある方が
二郎らしくて好きです。
今度来るときは麺カタメにしてみようかな。


麺に関しては少しグチっぽくなってしまいましたが
全体としては相変わらず凄くハイレベルな二郎ですね。
すき焼き二郎も美味しかったし…。
やっぱり冬場は二郎にもっと通おうと思いました。
美味しい二郎、ごちそうさまでした!

小豚@ラーメン二郎 神田神保町店

jiro1_29Apr2009

昨夕のラーメン二郎 神田神保町店のメルマガで

「明日29日は、昼の部のみ営業します。」

との告知が。

神田神保町店は日祝定休なので、珍しい事です。

GWの休業の前に
神保町店には一度行っておきたかったので
今朝は神保町へ向かいました。

9時10分ごろ着くと、並びゼロでした。
少し着くのが早すぎたようです。

開店5分前くらに
通称『馬場親父』さんが出てきて
大きさの確認だけをしにきました。

11時ちょい過ぎに開店。

jiro2_29Apr2009

小豚 750円 +生卵 50円 (ヤサイニンニク)


西澤店主が、サッカーで言う「ノールックパス」風に

『小豚の方、ニンニクは?』

と視線はドンブリに落としたまま聞いてきます。

それを馬場親父さんが復唱して私に聞いてきます。
このシーンは、いつ見てもシビれます。

凄いラーメン店というのは
大抵こういう渋い様式美があるので
リピートしていて飽きないですね。

jiro3_29Apr2009

豚です。

豚ダブルを注文される方が多かったです。
自分もダブルにすればよかったと後で後悔しました。

jiro4_29Apr2009

ニンニクの量はニンニクコールして丁度良いくらいです。

やっぱり二郎はニンニクですね。
仕事で打ち合わせがあるときはニンニクを入れられないので
とても悲しくなりますが…。

jiro5_29Apr2009

今日の麺は少し細めですかね?

開店待ちしているときに
店の中の会話が聞こえてくるのですが
麺線がどうだとか話していましたので
もしかすると製麺で変更があったのかも。

jiro6_29Apr2009

豚に関しては、もう何も言うことはありません。

ただただ旨いです。ありがとうございます。

jiro7_29Apr2009

スープは乳化していないスッキリ系の
カネシガツン系で、キレのある神保町らしい味わいでした。

今日のスープは、これまでに食べた神保町の中では
抜群に旨いものでした。
なんというか、豚の旨みが濃厚に出ていて
ほのかな甘みを感じる素晴らしい味でした。

いや〜、ホント旨かったです。

すき焼き二郎も最高でした。

ごちそうさまでした。

ラーメン二郎 神田神保町店 で 「 小豚 」

jiro6_27Nov2008

今朝は九段下で緊急脱出し、一路
ラーメン二郎神田神保町店

jiro5_27Nov2008
jiro1_27Nov2008

小雨の降る中、10時35分に到着。前の方が順番を譲ってくれたので、1stロットに滑り込むことができました。11時5分過ぎに開店。

お箸がエコ箸になっていました。割り箸に比べると麺がたぐりづらいですが、慣れれば大丈夫でした。

jiro2_27Nov2008
jiro4_27Nov2008 jiro3_27Nov2008

小豚(ヤサイニンニク) 750円

全体的にボリューム感たっぷりで、小でも某二郎の大より多いと思います。 麺がギッシリ詰まっていて、非常に食べ甲斐があります。ヤサイマシにしたので、プチタワー状態です(汗

豚は脂身がフワフワとろけるような柔らかさで、「うまいうまい」と心の中で連呼してしまいました。

麺は強力小麦(オーション)の香りが強く感じられます。食べても食べてもドンブリから現れてくる麺に小さな幸せを感じました。

スープはそれほどしょっぱくなく、良いカネシ加減です。香りも素晴らしく、 思わず完飲してしまいました。

ラーメン二郎神田神保町店はやはり只者ではありません。毎日長蛇の列が出来るワケです。

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ