お水をどうぞ

ラーメン食べ歩きと料理の話題が多いブログです

辛味

べんてん@高田馬場の『辛つけ』5

DSC03647

激アッー!
な日々が続きますが
ワタクシは
約8ヶ月ぶりに
高田馬場のべんてんへ
行ってきました

DSC_5668

ひえひえ〜


なグラスに注ぐビール

DSC_5674

ウマウマ〜


なおつまみも
変わらないですね

DSC_5680

厨房はN松さんがメインで
新人男性店員さんとの2名体制でした


新人さんはタフで頼もしそうな印象です

DSC_5697

辛つけ 850円 (辛味別皿)


冷やし油そばと迷いましたが
久しぶりなので
大好きな辛つけで^^

DSC_5702

久しぶりなせいか
麺がやたらと細く感じたんですが
人間の記憶って
結構いい加減らしいので
実際には変わってないと思います

DSC_5689

べんてんのつけ汁は
いつ見ても旨そうな色をしている


夜の部が始まった当初は
脂が強かったり
煮干しの苦味が出ていたり
ブレが大きかった時期がありましたが
今はそういうこともなく
安心の美味しさがあります


途中から辛味を入れて
辛つけに味変

DSC_5706

しっかり水で冷たく締められている麺は
ツルっとした啜り心地がイイ!


350gとは思えないほど
サクッとお腹の中に
消えて行きました
(中少なめでも良かった)

DSC_5726

新人店員さんがサーブしてくれた
スープ割り


今の辛味はマイルドなので
ヒーヒー苦しむこともなく
大変おいしく完飲しました
ごちそうさまです



N松さん
明日で退職されるそうで
お疲れ様でした
少しだけお話できてよかったです

DSC03646

夏季休業のお知らせ

DSC03651

コメント欄で捲り一発さんから教えて頂いたとおりで
もにゃもにゃ童謡が流れていた
お惣菜やさんが無くなり
イタリアンなお店になっていますた (´・ω・`)

べんてん@高田馬場の『辛つけ』5

DSC_9442

今回で
ラーメンの記事が
600回目に到達しました\(^o^)/

狙っていたわけじゃないんですが
600回目は
高田馬場のべんてんさんです^^


べんてんの記事だけで296回なので
ビールや交通費も入れたら
べんてん代で50万越えてるって
アホですね バカですね

年間600杯以上食べている
屈強なラヲタさんたちに比べたら
屁みたいな杯数ですが
プチ・ダイエッツ(笑)をしながら
よく食べたものだと
自分のことながら
呆れてしまいます^^;

DSC_9449

いつもと同じように
20時過ぎにべんてん前のガードレールに着くと
外待ち5名


なんですが

行列を無視して突入した
酔っ払いの爺さんが
スタッフの永松さんになだめられながら
ガードレール沿いに並ぶよう誘導されています


その爺さん
納得が行かないようで
ガードレールに並んでいる人たちに
悪態をついて
絡み始めます (´д`;)

もうね アフォかと ヴァカかと タヒねと・・・

絡まれてる人
テラカワイソース (´・ω・`)

と思いながら
爺さんと目を合わさないようにして
もしものときのために
イデの力を発動させる態勢を整えていると
永松さんの懸命の説得で
爺さんは去って行きました

絡まれた人と店員さんは
大変でしたねぇ


もしイデが発動していたら
豊島区と新宿区が蒸発していたところでした(´д`;)

DSC_9455

辛つけ 850円 (辛味別皿)
アジタマアリガトウゴザイマス


そんな
べんてん野外劇場の後に
無事ビールと辛つけにありつき
ホッと一安心 (〃´o`)=3

DSC_9462

ああ・・・ 今日のつけ汁も絶品だぁ・・・


クリア感がありながらも
重厚感のある風味抜群のダシと
クッキリとした味の輪郭


しかも具沢山で
昔のべんてんの味とボリュームが
帰ってきたようです

DSC_9468

麺がいつもより多いのは
少なめのお客さんがいたからだと思われます


スープ割り飲んだら
腹パンパンですよ^^;

ビール1本だけにしといて良かった〜


夜の部のべんてん旨すぎっス!


ごちそうさまでした〜

べんてん@高田馬場の『辛つけ』5

DSC_6153

木曜日の夜は
始まったばかり
まるで僕達の愛の様な
ざわめき




ひょうきん族のEDテーマ(by 山達)
を思い出してパクってしまうほど
べんてん木曜ナイツは
盛り上がりを見せてきている
今日この頃 最近
と勝手に思っているのですが


今夜は子連れの一家も
ガードレールに並んでいたりして
ナンツー 微笑ましい光景!

DSC_6158

辛つけの辛味別皿を注文し
ビールをひとり楽しむオサーンの横には
子連れ一家



若かりし頃なら


チョー うぜぇぇぇえええ!!!!!

べんてんは殺伐としているべき (キリッ!



とか思っていたかもしれないけど
今はなんだか
こういうのを見ると和むし
心から楽しいと思えるようになった

DSC_6161

ほのぼのとして
つい またしても
ビール2本目に突入してしまう^^;


小さな子供の分にR玉頼んで
親御さんは両方ともTチ玉って
店に気を遣ってエライナーと思うけど
大変だろうナー  。・゚・(ノД`)

DSC_6173

ビール2本目が
まだあと半分も残ってるのに
つけ麺が出来上がり〜


今夜のつけ汁は
表層が乳化アブラ多めな風情で
いかにも夜の部している

DSC_6181

辛つけ 850円 辛味別皿
(味玉アリガトゴジャマス)


ビールを飲みながら
食べることに

DSC_6184

麺の上に掛けてもらった
べんてん自家製ラー油は
全然辛くないけど風味が(・∀・)イイ


けど ちょっと麺多くね?

DSC_6193

最近は
塩油そばと冷やし油そばばかり食べていたから
つけ麺は久しぶりで緊張するぜぇ

DSC_6203

麺の茹で加減は最高で言う事無しっス!


つけ汁は
見た目を裏切らないコッテリ感があって
夜の部ならではのヤング(笑)な味わい


醤油ラーメンや塩ラーメンだと
どういう感じなのかなー?

DSC_6210

忘れちゃいけない辛味投入
(いつも忘れそうになる)


麺が残り半分になったところで
辛つけにメタモルフォーゼ

DSC_6216

あっという間にスープ割りのお時間


今夜のべんてん辛つけはガツン!と来ますた!!


次回のべんてんは
冷やし油そばを麺柔らかめの呪文で
注文してみたいと思います

ではでは(・∀・)つ

暖簾が新しくなった べんてん@高田馬場 de 『塩油そば』5

DSC_4063

今夜もべんてんさんへ・・・


ちょっ!∑( ̄ロ ̄|||)


暖簾が新しくなってる!




って 知ってましたけどね^^

DSC_4072

麻っぽい生地そのままで
何も書かれてませんね

とてもシンプル

DSC_4085

着いたときは満席だったので
ガードレールで1分ほど待つと
すぐに席が空いて
ビールとおつまみで
一人しんみりしていると


学生風の団体さんが
6人とか7人で入ってきて
オススメのメニューを聞いてたりして
若いってイイナー!
とほのぼのとしたり

DSC_4087

塩油そば 850円


いつものように
生玉子50円を全卵で乗せてもらい
(サービスで頂いた味玉とダブってしまった)

DSC_4092

塩油そばは
具が下に入ってるので
麺の量が多く見えますね^^;


他のお客さんの8割ぐらいが
つけ麺の注文でした


塩油そばは
これが食べ納めになるのかもしれんね


なんて
万感の思いを込めて
麺をたぐるオッサン(=自分)なのでした

DSC_4096

スパイ(・∀・)シー!

オイ(・∀・)リー

マイ(・∀・)ウー

DSC_4113

夜遅い時間帯の
動物系と魚介系のバトルフィールドのような
スープで割ってもらい
思い残すことなく
べんてんの塩油そばを
満喫してきました


旨い!旨いなあ!(´∀`*)


やはり私はコレクターではなくリピーターである (キリッ


ごちそうさまー

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_3634

今週も夜のべんてんさんへ

DSC_3636

木曜日って
20時を過ぎると
空いてますね


お湯換えタイムもあったりしたので
ビール2本飲みました^^


プチ・ダイエッツ中のため
朝からオニギリ2個で過ごしたので
ビールの酔いが回って
クラクラしてきましたよ

DSC_3648

辛つけ 850円 (辛味別皿)


酔ったので
傾斜アングルで

DSC_3655

今日のつけ汁は
少し酢の効きが強めな感じでしたが
閉店間際の脂多めの濃厚さを
オフセットするような利かせ方なのカモ

DSC_3660

辛つけなので
ラー油を掛けて下さいました(・∀・)


やはり
べんてんの麺の旨さは
つけ麺で味わうのが一番だと再認識させられ

DSC_3674

例によって例のごとく
中盤から辛味をドバっと
漢らしくつけ汁に全投入するのですた

DSC_3679

麺に絡めたり
直接飲んだりして
ここまでつけ汁が減ったところで
スープ割りをお願いすると

DSC_3687

このような色のスープ割りになります
(割っても色があんまり変わんない)


ちょっと久しぶりの辛つけだったので
辛いなぁと思いましたが
さすが絶妙なバランス


最後まで完璧に美味しく頂けて
大変満足の一杯でした
ごちそうさまでース



余談ですが
塩油そばの札はまだありました

焦がし系メニューがあるうちは
塩油そばも存続するそうですが
いつまであるかについては
確かなことは分かりません

[動画] べんてん@高田馬場の『塩油そば』5

DSC_3483

今回は動画でお楽しみください^^

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_1531

寒風吹きすさぶ神田川沿いに到着したのは
いつもより遅めの
9時20分ごろでした


でもこの時期なので
まだ1順目が埋まってなくて
よかったよかった


1順目が埋まったのは
9時40分ごろだったかな?


開店したのは10:10頃だったかな?

DSC_1538

辛つけ 850円
辛味別皿、生卵(+50円)全卵をつけ汁に

DSC_1533

サービスで頂いた野菜炒めは
モヤシとキクラゲが
シャッキリポ(ry
と炒められたもので
これも美味いっすねー
ありがとうございます m(_ _)m


店主さん
手を負傷されていて
かなり大変そうに
お見受けしました
お大事に

DSC_1544

いつもよりも
太めに見える気がする麺は
ちょい少なめにブレ^^;


でも
今日はオナカの調子が
通常の5割減だったので
これより多いと
また撃沈(前科)していたかも

DSC_1549

やっぱり
生卵全卵つけ汁入れは
いいっすね〜


つるつるとオナカに入っていくもんだから
辛味を入れるのをすっかり忘れてしまい
ご親切なお隣の超常連さんに指摘していただいた時には
時すでにお寿司で
麺は無くなってしまった状態 orz...

DSC_1563

仕方がないので
つけ汁に辛味を投入し
飲むことにしました


オナカ一杯なので
スープ割りは少しでお願いして
飲み干すと
辛味がキューっと胃に染み込むようで
うーん辛い!
けど美味い!



今日も美味しい辛つけを堪能させていただき
とても良い土曜日でした
ごちそうさまでした

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_1382

年が明けてから
初のべんてん


神田川沿いは
風が強く寒すぎて死む! ヒィー(((゜Д゜)))ガタガタ

DSC_1386

ビールを飲んでると
酔いが回ってくる前に
体が冷える罠

DSC_1389

それでもだんだんホカホカしてきて
つけ汁のご到着


今朝は
もやしとキャベツを
シャッキリポン(©クリ子)と炒めたものを
サービスで乗っけていただきました

DSC_1403

辛つけ 850円
辛味別皿 生卵(+50円)全卵をつけ汁に


年末にも同じもの食ったじゃん!
と言われそうだけど
その通り


つまり
美味しいものは
2度3度4度5度と食べても
美味い法則なのです

DSC_1406

野菜炒めが
あまりにもアノ某店を
想起させてしまうものだったので
卓上の刻みニンニクを
乗せてみました^^

DSC_1411

年が明けてから
麺が一段と美味さを増したと
べんてんの超常連さんから
伺っていたとおりで
気持ち太めになったかのように見える
モッチリしなやかな
のど越し最高の麺の
すばらしい美味さ!

DSC_1419

生卵全卵と辛味少々を
麺に絡めて頂くと
異次元の美味さへと昇華するのはもちろんのこと
野菜炒めとの相性もすこぶる良好でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚


これを「野菜つけ」として
レギュラーメニュー化してくれないかなあ・・・
なんて妄想も^^;

DSC_1420

辛味が昨年よりは
蝦の香りと辛さ度が増したように感じましたが
気のせいかな?


つけ麺 + 生卵 + 辛味 = 超最高


という
べんてん鉄板フォーミュラは
今年も健在のようです


ごちそうさまでした!

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ 全卵つけ汁入れ』5

DSC_1167

今年も残すところ
あと2日

DSC_1165

30日のべんてんは
土祝と同じく早めの
10時ちょい過ぎに
開店しました

DSC_1171

ビールのお通しの
ネギメンマチャーシュー ラー油かけに

DSC_1174

辛つけの辛味別皿を先に出して頂いたものをかけると
もうコレ超最高(・∀・)!

DSC_1188

でも
その上を行く
ハイパーウルトラ超最高なものが
あったのです!

DSC_1190

辛つけ 850円 
辛味別皿 生卵全卵(+50円)つけ汁入れ


ハイパーウルトラスーパー常連さんのオススメで
べんてんに通い続けて初めて
生卵をつけ汁に入れてみました
それも全卵で!

DSC_1198

青海苔もありがとうございました(´∀`*)

DSC_1202

なんでも
生卵全卵の上に辛味をちょっとかけて食べると
これがかなり素晴らしい美味しさとのこと


実は
つけ汁の中に生卵を入れるのは
味が壊れちゃうような気がして
今までやらなかったんですが
東池袋大勝軒系では
「もりなま」というメニューがあるくらいなんですよね

DSC_1212

いやこれ
実に大変な美味さ!.。゚+.(・∀・)゚+.゚


生卵の白身が甘みを帯びたような美味しさで
目から鱗の体験でした!!


辛味が少し乗ることで
味に締まりが出るようで
これからは

『辛つけ辛味別皿 生卵全卵つけ汁に』

がマイ鉄板オーダーとなりそうです


べんてんのつけ麺は
結構食べてきたつもりでしたが
まだ新しい発見
新しい美味しさがあったとは!と
奥の深さに驚かされた
年末のべんてん詣ででした
ごちそうさま〜

べんてん@高田馬場 de 『辛つけ』5

DSC_0710

師走は
体内べんてん濃度を高めるど〜!!


っと日曜日を挟んで
また朝からべんてんへ


店頭には
正式な年末年始の営業のお知らせが
貼ってありました
(シティ派超常連さんのお話によると
昨日から貼ってあったらしいです)


今年は元日が日曜日だからなのか
べんてん名物の
お正月特製ラーメンは
大晦日に前倒しのような形に
なったのかな?


今朝の開店は11:07頃でした

DSC_0712

今日のお通しも
デフォでこの気前の良さ

ビールが旨い!
旨いなあ(´∀`*)

DSC_0716

先に運ばれてくるつけ汁


腹ペコの俺達なら
見るだけで味わうことすら可能な
このルック アンド フィール

DSC_0718

辛つけ 850円 (辛味別皿)


つけ麺を食べたい時は
辛味別皿で
辛つけとして注文するのが
すっかりマイ鉄板ルール
になってしまいました

DSC_0719

いつも言ってますが
寒い時季の麺はよく締まってて
つけ麺にすると
最高に旨いですね〜


今日ぐらいの気温だと
凍えるほどの寒さではないし
麺はシャッキリポンと舌の上で踊るし
ベストに近いんじゃないかと
思いました

DSC_0721

キタコレ!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

DSC_0724

これも
お婆ちゃんの繰り言のように
何度も言ってますが
前半は普通のつけ麺として食べ
辛味の投入は後半に行います


上の画像は
麺を食べ終わって
スープ割りをお願いする前に
つけ汁を少し飲んで
量を調整した後のものです


空になった麺ドンブリに
つけ汁をある程度捨ててから
スープ割りをお願いするという
ワザもあるそうですが
自分は貧乏性なので
いつもつけ汁を飲んで減らしてます^^;

DSC_0725

スープ割りをしてもらった直後の状態


スープ割り前と
あんまり変わらないように見えますが
朝一番のフレッシュなべんてんスープが加わって

ぶっ生き返る!!

ような気がする奇跡の瞬間なのです


べんてんのつけ麺超最高〜!!!
ごちそうさまでした

記事検索
Categories
Archives
livedoor プロフィール

MeanFrog

  • ライブドアブログ