2006年03月19日

WBC vol.1 「切れちゃ駄目だ!」

ワールドベースボールクラシック

 野球とプロレスという時代の最先端にいないスポーツをこよなく愛すもりぞおさん。
 イチローに心酔し、短期決戦にしびれる私にとって、WBCは最高の舞台です。
 私が踊るわけじゃないけど。

 2次リーグの韓国戦、準決勝の韓国戦。プレイボールからプロジェクターで完全観戦ですよ。
仕事?なにそれ?

 そんな感じで観戦した、この2試合。
 これからの生活の中で、何度も何度も思い出したくなるような、大切な試合になりました。

 短期決戦の凄いところは、ひとつひとつのプレー全てに魂が入ること。

 野球ってスポーツは、間が多く、時として気が抜けることが多いです。
 これが、夕食のおかずに、晩酌のつまみにちょうどいいのでしょうが、スポーツとしてはどうかというところがあります。

 そんな野球でも、短期決戦の試合は、気を抜くヒマがない。
 たったひとつのエラーが、たった一球の失投が全てをぶちこわす、そんな恐怖と緊張から、非常に肩の凝る試合になります。

 両チームのピッチャーの投球の精度の高いこと、高いこと。
 投げる球にボール球が少なく、魂が入っていない遊び球が全くない。

 それにつられるように、とにかくミスのない守備。
 守備位置の正確さ、返球の隙のなさ。それが生み出す素晴らしいジャンピングキャッチと、レーザービーム。

 2次リーグの韓国戦。
 勝負のきっかけを作った、同点で迎えた8回のサードの落球。
  ミスはミスだが、「まあ、しゃあない」といえるようなミスです。でも、それが命取りになる試合だったのです。その直後に、決勝点となる2点タイムリーが飛び出しました。

 ただ、立派だったのは、その失点のあとに続いていた緊張感が全く切れなかったこと。
 ミス→タイムリーという最悪の流れ。幸運にも、2点を取られたプレーからそのまま3アウト目をとれたというのもありますが、とにかく最後まで気持ちを切らずに試合を続けることが出来た。
 それが、今日につながったのです。
 (実際、あのあと1失点でもしていれば、準決勝に残れなかったわけだし)

 準決勝の韓国戦。
 勝因は、韓国のピッチャーが切れたこと。
 
 同点で迎えた6回。松中の2塁打のあと、多村がバントをミスって三振。
 流れが韓国に行くべきところで飛び出した福留の劇的な先制ツーランホームラン。ここまでは仕方がありません。

 そのあと、いらだちを隠せない韓国のピッチャーは、小笠原にデッドボール。
 この球は、魂が入ってませんでした。いらだちから来る投げやりなデッドボール。
 韓国はここで、投手を代えるべきだったのに、続投させます。
 案の定暴投でランナーが進んで、そのあとタイムリーヒット。
 ここで、韓国チームの緊張の糸がぷちんと切れた音がしました。

 100%集中しているイケイケのチームと、緊張が切れたチーム。実力が伯仲している中で、このメンタルの違いでは、勝負にはなりません。
 この後、日本は一気に5点取り、試合を決定づけました。
 仮に、(2次リーグの日本のように)2点だけで押さえていたら、この先どうなっていたか分かりませんでした。

 切れちゃ駄目だ、切れちゃ駄目だ・・・。

 6回までの日本は、なかなか点が取れず、上原の素晴らしいピッチングと外野の好守だけが光っていました。
 チャンスを作れど、作れど、細かいミスと不運につぶされる打撃陣。
 そんな攻撃を見ながらも、完璧な集中力でしっかり押さえる上原。それをバックアップする守備陣。

 うまくいかなくても、ミスをしても、味方が仕事をしてくれなくても、しぶとく切れずに、集中。

 この感覚、しっかり自分に刻み込んで、切れそうな時に思い出したい、そんな素晴らしい試合でした。

 さあ!あと一試合!松坂!!
 仕事?なにそれ? と、思ったら春分の日か。Good!!



mota2005 at 15:54コメント(0)トラックバック(0)野球!  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
コメント
点取占い様
点取り占いブログパーツ
test
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)