2006年10月04日

モロッコの食べ物 主食編

もりぞおさん、お宅訪問シリーズが一通り終わったので、今日はのんびり歯医者で歯を削ってきました。
セプテンバーイレブンの時だから、5年前。
アメリカ行く前に、とりあえず応急処置をしてもらったのを、5年間引っ張ったのはやりすぎだった。

 で、その削った口で、キムチ食ったら、しみるのなんの。
 ま、とくにオチはないんですが。

さて、モロッコで一番美味しかった食事は、コレ。

肉じゃが

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 肉じゃが!

 日本人の友達の家でごちそうになったのですが。

 いや、いまいちいい思いでないんですよ・・・モロッコ料理。
 モロッコという国は、食文化が発展しない理由がたくさんあるのです。

・砂漠に近いこともあり空気が乾燥していてくそ暑いために、食物の保存が難しかった
・イスラム教なので、食べられないものが多い(豚とか)
・ラマダン(断食)があるため、年に一月はろくなモノを食べない

 そんなわけで、モロッコのレストランに行くと、どこへ行っても同じメニューが載っています。

タジン

タジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 陶器のポットで鶏肉や野菜、スパイスを煮込んだもの。
 ポットがかわいい。

タジンポット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クスクス

クスクス

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 小麦のご飯(クスクス)にシチューのようなスープをかけて食す。
 シチューは旨いのですが、小麦がぱさぱさして、とてもアレ。


コレに、インド料理屋などでおなじみに、スパイシーな焼き鳥、ケバブを加えた3大メニューが繰り返されるのがモロッコの食事。
 それぞれは、まあ、それなりに美味しいのですが、さすがに毎日食ってると飽きる。
 3日目くらいでもうイヤになってきます。

 そして、最も忌むべき存在なのが

アラブパン

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 アラブパン。

 乾燥した地域のパンに「ふっくら」という言葉はありません。
 乾燥していて、堅い。
 口が血まみれになりそうな、アゴの筋力トレーニングのようなこの食物が、いろんなパッションをそぎ落としてくれます。


 あと、普通では食べられない料理(と、地球の歩き方に書いてあった)パスティラ

パスティラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パイ皮に肉とライスを包んで焼いて、砂糖をかけた食べ物。
 スパイシーな肉と、甘い皮、その上に砂糖。

 甘さと辛さが微妙にまじって・・・この感覚を日本語でなんと表現していいのか・・

 まあ、一番的確な表現は・・・ 不味い。



mota2005 at 19:00コメント(4)トラックバック(0)モロッコ  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みかじ   2006年12月06日 17:25
いやあ、いろいろなところに行ってるね。
肉じゃがおいしそう!
食わせろー!
2. Posted by もりぞお   2006年12月08日 07:33
肉じゃが、最高!
お近くの「和民」で食べてみてください。
3. Posted by 背が高い水着   2015年04月22日 06:53
×Mg5れ戦略作た「交流戦
4. Posted by 激安水着通販   2015年04月26日 07:36
レGU×Mg5れ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
コメント
点取占い様
点取り占いブログパーツ
test
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)