2008年04月06日

桑田の引退と、野茂のメジャー昇格

> 友へ

>突然の引退発表で、ビックリした?
>本当に、ゴメンね!

 なんて、いつもキモチワルイ語りかけで始まる桑田真澄公式blog

 そんな、キモさもひっくるめて、私の大好きなblogであり、そこに書かれている文章から、彼の野球へのそして、人生への真摯な態度がひしひしと伝わってきて、心が動かされます。

> 引退を決意した夜、ゆっくりとお風呂に入り、
> 長年、酷使してきた体を、感謝の気持ちをこめて丁寧に、
> そして、きれいに洗ったんだ。
> 風呂上りには、ベッドに大の字に横たわり、
> お父さん、お母さんから、頂いた体に感謝しながら、
> 今までの野球人生を振り返ってみたよ。
>
> たくさんの思い出が、次から次へと映画を観るように流れてきて、
> 体が熱くなって、何とも言えない心地良さだったなぁ。
>
> 努力して、辛抱して、そしてまた努力してきたからこそ楽しかったんだ。
> 野球は、甘くないよ。
> プロ野球は、もっと甘くないんだよ。
> 甘くないからこそ徹底的に研究して、勉強して立ち向かっていくんだよね。
> 大変だからこそ、一生懸命頑張り、その努力が、たまらなく楽しかったんだと思う。
>
> 現役を離れても、たまらなく楽しい時間を経験していきたいよ。

 この文章の中に、
 野球選手としての野球の楽しさ、興奮、感激
 そして、それだけでなく「注目される人」であることの辛さや、
 たくさんのことをやり遂げて、解放された安堵感
 そんなものを感じさせてくれます。

 世界平和のために野球をやっている人間は、伊達じゃない!

 ちなみに、私は、元格闘家須藤元気や、ゲーム塊魂のプロデューサー高橋慶太など、世界平和のために何かをやっている人が大好きです。

 去年、メジャーに上がったときに、私は、

 ここから先はボーナスみたいなもんです。

 なんて、勝手に言ってました。
 明らかに実力的にメジャーに通用するレベルではなかったと思うのですが、その真摯な姿勢と、今までの積み重ねに支えられてきた運、これが「野球の神様からのプレゼント」として、彼の元に舞い降りてきたのでしょう。

 ボーナスステージの延長戦まで戦い抜いての引退。
 なんか、ホント、よかったなあ・・と思います。


 そして、今日、野茂英雄のメジャー昇格が決まりました。
本当にうれしい メジャー昇格の野茂

 マイナーリーグはおろか、ベネズエラリーグまで行って、野球をやり続けた野茂。
 38歳になって、アメリカで解雇されて、それでもベネズエラまで行って野球を続ける男。
 その理由を語るとき、いつも口にしていたのが「野球をプレーしたいから」

 ヒルマン監督の下、最高の舞台で、思う存分「野球をプレーして」もらいたいです。
 きっと、これも野球の神様がプレゼントしてくれた、最高のボーナスステージでしょう。

 今期の初マウンドに登る瞬間、彼はその時世界で一番野球を、いや人生を楽しんでいる人だと思います。

 そして、野茂は古巣ドジャースから勝利をあげると、メジャーで2人目の「全球団から勝利をあげた投手」になるそうです。
 ロイヤルズはアメリカンリーグだから、交流戦でドジャースと当たれば・・・。

 でも、もし、そんな偉業を達成しても、
「与えられた仕事を、こなすだけです」
なんて、ぼそっとつぶやくんだろうな・・。

 そんな、伝説の男が、素敵でなりません。



mota2005 at 16:18コメント(2)トラックバック(0)野球!  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オーガ   2008年04月06日 23:59
真澄ちゃん、テラキモス (;´Д`)
だが、そこがいい。

野茂は、史上4人目の両リーグでノーヒットノーランをやった時も、淡々としてたっけ・・・。

現役でいるうちは、「記録は後からついてくるだけのもの。どーでもいい。」的な考え方なのかもね。

僕はどーやら、職人気質な漢に弱いようです(;^_^A
2. Posted by もりぞお   2008年04月07日 22:46
投手受難の地クアーズフィールドのノーヒットノーランは、もう永遠に誰も達成できないと言われてますからね。。
そんな偉業を達成しても、淡々と。。カッコイイ・・。

そして、上原、メジャー宣言!
カッコイイ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
コメント
点取占い様
点取り占いブログパーツ
test
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)