チャイナ!

2008年04月30日

忘れた頃にジンバブエ

 こんにちは。
 地味に、ジンバブエ第三弾です。

第一弾 USドルより弱い通貨 1USドルは2500万ジンバブエドルです
第二弾 ジンバブエが荒れると、プラチナの価格が上がるのか?

 たぶん、日本人の99%が知らない話題なので、GWの自由研究の題材にすると、非常に個性的なレポートになると思います。

 ってことで、チベットと、ミャンマーと、ジンバブエのニュースをライフワークにしようと思っております。
 もりぞおです。

 チベットは、今、世界で屈指のホットな話題になっているのですが、それに伴い、ジンバブエも少しニュースに出るようになってきました。

中国のジンバブエ武器輸出 欧米反発 新たな対立の火種に

ジンバブエ向けの銃やロケット弾、迫撃砲などを積んだ中国の貨物船は十八日、南アフリカのダーバン港で荷揚げを拒否された。ジンバブエは内陸国のため、周辺国の港で荷揚げしなければならないが、モザンビークやアンゴラも入港を拒否した
これを受け、米国は、周辺国に荷揚げ拒否を働きかけたことを認めた。

 中略

 ジンバブエ大統領選は、独裁体制を敷くムガベ大統領が劣勢と伝えられ、投票結果が公表されない異常事態が続く。

 
 ジンバブエ、大変なことになっています。。
 大統領が劣勢だからといって、選挙結果が公表されないってどういう事よ。
 もう、無茶苦茶だ・・。

 で、そんな無茶苦茶になっている国に、ロケット弾や迫撃砲を輸出する、中国も中国。

 第二弾の話しであったとおり、ジンバブエから産出されるプラチナを独占的に入手するために、武器を輸出。
 まさに、死の商人と化しています。

 なんでこれがチベットと結びつくかというと、単に欧米vs中国の対立の図式というだけはなく、資源をめぐるなりふり構わぬ中国の攻勢という点でも結びついているからです。
 そう。チベットにも、やっぱり鉱山資源が大量に埋まっているのです。


 かたや、武力を行使して鉱山資源のある土地を侵略する。
 かたや、武力を提供することで鉱山資源を支配する独裁者を手なずける。

 しっかりした信念を持つダライラマは武力行使でぶっ飛ばし
 なりふり構わないムガベ大統領は武力提供で懐柔する

 まさに、硬軟使い分けた中国の外交。

 21世紀、資源をめぐる戦争が起こることが予想される世紀です。
 それを阻止するためにも、やはり、北京オリンピックの開会式はボイコットした方がいいかもしれません。



2008年03月26日

上海雑伎団

中国といえば、中国雑伎団。

 以前、北京に行った際に見た雑伎団は、それはそれはヒドイモノで、
・なんの変哲もない皿回しの皿を落とす
・飛んできた人も、普通に落とす
・踊りがバラバラ
・あまりすごくない
 と、ミスを見つけるのが中心となるような出来でした。

 しかーし。
 雑伎団の本場といえば、上海。
 もう、これは行きますよ。

 上海商城劇院
 上海のリッツカールトンの中にある劇場なので、地下鉄龍安寺から歩いて数分のところにあるのですが、
 ホテルの最寄りの駅の名前が2年前のガイドブックと変わってたり、
 リッツカールトンの1階(っていうか車寄せ)が工事中で入口がさっぱり分からなかったり、
 ホテル自体が六本木ヒルズくらいでかいためどこになにがあるか分からなかったり
 迷いまくったのですが、まあ、無事に到着。

 ちなみに、お値段は最高の席で200元(=3000円)

 1時間半のショーなのですが、、、、凄かった。
 半端じゃない。


 まず、しょっぱな人がわらわら出てきて、小学校の組体操で必ずやるピラミッド、これを3*2*1でやる。
 そして、てっぺんのひとが逆立ちする。まあ、ここまでは普通です。

 が、しばらくすると、2段目も逆立ち・・。
 ええええ、バランス感覚どうなってるの・・・。と思ってたら、一番下の3段目まで逆立ち・・・。
 バランスも、腕力も、どうなってるんだよ・・・。凄すぎるぞ・・。

 これが、しょっぱなの軽いギャグなのだから、もう大変。

 こんなこととか、


 
こんなこととか、


 こんなこととか・・・。



 無茶苦茶です。
 
 基本的に、人間を片手で一人持ち上げるのが標準。
 3メートル以内の高さに行くときにはジャンプかよじ登り、それ以上はシーソーを使う。
 いつでもどこでも誰でも、片足立ち、もう一つの足を頭へ持って行ける。

 という、人体の限界に近いことを軽々とやってくれるこの人たち。
 軽々と、というのがポイントで、ハッキリ言って、変態だ。


 しかし、ふと思うのですが、この身体能力で、オリンピックには行かないのでしょうか・・。
 っていうか、オリンピック選手って、もっと凄いのか?


 中国のスポーツエリート教育はものすごく、子供の頃に手足の大きさや心肺機能を測定し、見込みのある人間を徹底的に強化する。
 この、雑伎団の人たちもそうやって教育されてきてるのだと思います。

 だとすると、この人たちって、もしかしたら、体操競技エリートのおちこぼれ・・・。いや、考えまい。

 
 とにかく、バカスゴイので、上海に行ったときには、是非みてみてください。
 中国の恐ろしさの源泉のひとつが、ここにあります。



2008年03月23日

チベット、争乱

前々回の話しで、ちょっと話題にした、チベット問題。
 1週間のうちにすっかり大きくなってしまいました。

 ちょうど、中国に行っている間に、何冊かチベット関連の本を読んでいたので、おそらくテレビではまともに報道されていないであろう、チベット問題についてお話しします。


 まず、チベットは現在「中国領 チベット自治区」と呼ばれています。

 元々、ダライ・ラマを中心に穏やかな生活をおくっていたチベット人。
 それが、1950年代に中国人民解放軍の侵略にあい、現在実質的に植民地となっているのが現状です。

 この様子は、映画・セブンイヤーズインチベットに描かれています。

 中国政府は、ダライ・ラマは悪の中枢、チベットは元々中国のモノという歴史観を持っているため、この映画での描写を許すことが出来ず、監督と主演ブラッドピットは、永久に中国国内出入り禁止になっています。

 この侵略から逃れたダライ・ラマは、現在インドに亡命し、チベット亡命政府を作っています。


 現在、チベットの首都ラサへは、北京から鉄道が走っており、観光地化が進んでいます。
 それと同時に、チベット仏教(=ダライ・ラマへの信仰)に対する弾圧を行っており、ダライ・ラマの写真を飾ることはおろか、チベット人が外国人と話しをすることすら止められている状況です。

 チベット仏教を信仰する仏教徒は、この状況を我慢出来ず、インドへの亡命があとを経ちません。
 当然、パスポートやビザが発行されるわけもなく、ヒマラヤを徒歩で越えるという無謀な旅に。
 さらに、この国境では人民解放軍が多数警備しており、登山家などが、亡命するチベット人を動物を狩るように射撃する様が目撃しており、中国の非道が2ちゃんねるなどで明らかになっています。(いや、2ちゃんねるだけじゃなくて、ニューヨークタイムスとかでも・・)

 ちなみに、私が上海でチベットについて調べようとしたのですが、このような記載がされたサイトには全くアクセス出来なくなっていました。

 実際、動画投稿サイトなども閉鎖されているようですし。

中国、25の動画共有サイトを営業停止処分に

 そもそも、チベット仏教とは「因果応報」を肯定的に取ったものが教義の中枢をなしており、
「今自分が行ったことが、未来の自分をつくる。だから、いいことをしましょう」
 という、平和な宗教です。

 実際、ダライ・ラマは、この状況でも、戦闘はおろか北京オリンピックのボイコットにすら反対をしています。

 チベット仏教では、輪廻転生が信じられており、先代のダライ・ラマが死ぬと、同時刻に生まれた子供の中から、先代の記憶を受け継いだ子供を捜し、新しいダライ・ラマとなる、極めて平和的な王政の禅定が行われている国です。

 小さく静かに暮らしていれば、争乱に巻き込まれるわけはなく、
「混乱を引き起こし、祖国を引き裂こうとしている」という、中国政府の発言は、とても信じられるモノではありません。


 オリンピックの政治利用は絶対に反対の立場にいる私ですが、チベットに対するこの様子をみると、フランス政府が言っているような、開会式のみボイコットという態度は正しいのかもしれません。


 現在、オリンピックの成功が至上命題である中国政府に、各国が五輪ボイコットを含めたあらゆる手段で圧力をかける。

 哀しいけれど、これくらいしか解決の手段が見つからないのが、この問題の困ったところです。

 唯我独尊の価値観を持った中国政府が経済力を持ってしまったが故の悲劇。
 チベットが無事に自治出来ることと、台湾で同じような悲劇が起こらないことを切に望みます。
 

 近いうちに、弾圧されているラサと、亡命政府があるインドのダラムサラに行こうと思っていただけに、このニュースは、私の中でミャンマーの次に重いです。

 そして、この件に関しても、日本政府になんの期待も持てないのが、哀しい。
 



2008年03月19日

上海に行ってきた

 なんか、このところ、年に一度のペースで中国に行っています。(出張)
 北京、広州ときて、今度は上海。

 ついこの前まで、世界の消費の中心地だったこの街は、

 目抜き通りには、馬鹿でかくて綺麗なビルが建ち並び、

目抜き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩脇道に入ると、狭い路地と汚い家が佇んでおり、

路地

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 夜にはきらびやかな夜景と鮮やかな船、

夜景

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 昼にはこんがらがった電線とくすんだ街灯

電線

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 8:30-16:30営業のなんとか公司と、24時間営業のコンビニが同居し、

コンビニ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 うっかり頼むと、100元(1500円)をすぐ越えてしまう点心も旨いけど、

点心

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 街灯の2元(30円)くらいのおでんも旨い。

屋台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな街でした。

 住んでいる人たちにとっては、希望と恐怖に満ちあふれているんだろうなあ。
 1億総小金持ちを目指す日本とは違って。



2007年04月15日

中国ブームが来てるんだとさ

 海外を歩いてて見つけた、特徴あるモノ。
 それらに、現地で気が付いたこととの関連性を見いだして(こじつけて)、コラムにするというのがこのblogのよくある文章です。

 同じような手法のコラムを毎日新聞で見つけました。

ちまたに続く中国ブーム 政治はようやく「氷が解け」たが…

日中間の「氷を解かす旅」を終えて、温家宝首相は中国へ帰って行った。「政冷経熱」といわれた時代もあったが、草の根の「プチ中国ブーム」は息長く続いている。中国に魅せられる理由は?


 このあと、プチ中国ブームなるものの例が載っているのですが、それが

パンダ
三国志
中国茶

 って、全部20年以上前から人気だと思うんですけど・・・。

 この理屈で行くと、コカコーラが売れてるから、アメリカブームとかいうことになりかねない。

 こういう明らかに駄目な文章が、記名付きで、全国に何百万部もばらまかれてしまう、新聞記者の人も大変な職業です。

 きっと、上司に
「温様来たから、適当に中国ブームの記事書いといて!」
 みたいなことを言われて、むりくり書かされたのでしょう。

 書くことがない時、書きたいことがない時に文章を書くのはなかなか大変なことです。
 作家とか、記者とか、ライターとか、そういう職業の人の苦労は、こんな風にのんきにツッコミ文章を書いているだけでもとてもよく分かります。
 とても、真似できない。出来たら、避けて通りたい。
 好きなことを、仕事にすることのリスクは、こんなところにあるのでしょう。

 ってことで、私は、見返りゼロでも、こうやってのんきに気が向いた時に、だらっと文章を書いていきますんで、ソコントコヨロシク。

 と、いうわけで、人を悪者にしつつ、それをかばっていい人の振りをしながら、自分の文章更新頻度が下がっていることの言い訳までしてしまう、たいへん性格の悪い文章でした。

 ではまた。

2007年01月31日

爆走する中国の建築ラッシュ

日本のもりぞおです。
 中国で疲れ果てていたのですが、いろんなモノを接種して、だいぶ復活しました。

 そんな私の疲れの原因の一因は「泊まったホテルのベッドが固かった」
 そのホテルは、コレ。

新世紀ホテル 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 どーん

 外見は立派なホテルです。

 そのホテルの窓から見渡す風景は、コレ。

新世紀ホテルの窓から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どよーん

 街を歩いているととても綺麗に見える中国ですが、その手入れは奥まで行き届いてはいないようです。

 ちなみに、このどんよりしたビル群の中に、前回の宝石屋があります。

 じゃあ、綺麗なビルは建築していないのかというとガンガンしています。

 大きな街からその周辺都市を走っていると、幹線道路脇の空き地に巨大なビルがバンバカ建築されています。

 また、大きな街の中心地からちょっと離れた下町。
 ここでは、古い町並みがまとめてぶっ潰され、その上に六本木ヒルズのようなどでかいビルが建立されています。

建築現場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国は土地はほぼ全て国家の所有物であり、個人・法人が所有権を得ることはできません
 そして、個人の場合は70年のレンタルという形で提供されるのです。
 そのレンタル権は、自分の子供に相続することが出来る。(だから、農家では男の子が必要なのですね)

 こうやって、国家が基本的に全ての土地を自由に出来るので、このように古いモノをあっという間にぶっつぶして、新しいモノを作ることが出来る。

 だから、中国の建物はどでかく、道は普通に片道4車線。
 
 首都国際空港が、首都から2時間かかるうえに、数名の住民の反対により滑走路を増やすこともままならない、日本の国土交通省からみたら、夢のようなしくみですね。

 こうやって、共産党が独裁的に権力を持っているために、あらゆる事をトップダウンで、明確な意図を持ってマネージできるのが中国の強さです。

 しかし、それは、その共産党が暴走や、共産党幹部の腐敗や、共産党が押さえきれない地方の暴走など、様々なリスクの要因でもあります。


 人類が未だかつて経験したことがない量の人民を抱え、様々なリスクを抱えたまま、年間10%の経済成長率という猛スピードで、中国は。

 いったいどこに行くんでしょうねえ。

 中国の街の中を走っているだけで、その爆走のスピードと重量感だけは、ひしひしと感じることが出来ます。



2007年01月27日

中国バカコレクション 華麗なる編

中国最終日です。
 今、私の財布には人民元が2.6元しか入っていません。
 40円です。
 さすがに、食事もする気にならない額なので、ホテルに引きこもっています。
 金がないのは、首がないのといっしょや。

 さて、前回に引き続き、バカコレクション。

 とりあえず、恒例の、
 ぴかちゅー

ぴかー!

 

 

 

 

 

 

 

 


 どこに行っても見かける、デッサンの狂ったぴかちゅーですが、美国(アメリカ)著名品牌の看板であるという点でも、何かが間違っています。

 また、日本が誇るアニメの傑作。鉄腕アトム。

アトム

 

 

 

 

 

 

 

 


 アトムの髪って、堅いんじゃないんだ・・・。


 また、日本の誇る小売業の王様。セブンイレブン。

セブンイレブン

 

 

 

 

 

 

 

 


 セブンイレブンでは、この傘が普通に売っています。
 そして、市民は普通にさしています。

 そして、中国の小売と言えば、パチモン。
 パチモンの鞄や服だけを売っているパチモンデパートが複数軒林立している地域があるのですが、そこには、パチモンのタグや紙袋だけを販売している店もあります。

タグ屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 隙間産業の中の隙間産業ですね・・。

 また、パチモンデパートの入り口では、ブランド雑誌とかが売っています。

案内所

 

 

 

 

 

 

 

 

 お姉さんが熟睡しているところに、このビルの空気があらわされていると思います。


 そして、パチモンではない装飾品の派手さは、日本人では理解できない感覚があります。
 町中の宝石屋

派手な宝石屋

 

 

 

 

 

 

 

 


 レインボーなネオンと、赤と金の装飾が、質実剛健とか、symple is bestといった価値観を凌駕する迫力を醸し出しています。
 
 中国の十二支では、猪の変わりに豚が入っており、今年は豚年なのですが、

豚

 

 

 

 

 

 

 

 


 いくらなんでもコレはやりすぎだと思う。
 どういうTPOでコレをつけるのかが、創造も出来ない。

 中国の華麗なるセレブの感覚は、永遠に私の理解の範疇外にある気がします。。。



2007年01月26日

中国バカコレクション 食べ物編

にいはお。
 まだ中国にいます。もりぞおです。

 本日は恒例の、バカコレクションを。食べ物編で。

 納豆偽造問題(問題の内容が分からなくなる名前だ)の次に話題になっているであろう、あの問題。

 こちらでは、まだまだ元気に発売中です。

みるきー

 

 

 

 

 

 

 

 


 賞味期限切れ蛾入りお菓子。

 ちなみに、中国では、「賞味期限」という記載はありません。

賞味期限

 

 

 

 

 

 

 

 


 このように、「製造年月日」と、「そこから何ヶ月」って事だけが書いてあります。
 日本人の賞味期限に関する関心は、異常だと思う。
 たぶん病気なので、薬を打ってもらうべきだ。


 また、こういう国でいつも見るのが、「プリングルス」の異様な高価格。

ぽてちー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポテチコーナーを見ると、プリングルスが15元(230円)
 その半分くらいの大きさの国産のが2.9元(45円)
 
 舶来ものは、やはりえらそうです。
 プリングルスおやじが、中国スターよりも遥かにでかい顔をしていることが、この構図を如実にあらわしています。

 また、各製品のデザインも独特です。

寸胴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この水、恐ろしく、寸胴・・・。

 何でもありといえば、食べ物。
 足がついているものは椅子とテーブル以外、空を飛ぶ物は飛行機以外なんでも食べるという中国人ですが、足がなくて、空も飛ばないこんなものも食べます。

タツノオトシゴ

 

 

 

 

 

 

 

 


 乾燥タツノオトシゴ・・・。
 その他、ヒトデやゲジゲジ、謎の生物などが、姿見のまま売っています。


 さて、全然関係ないのですが、私が成田で買っていったおみやげ。
 その名も・・・

白い恋人が、泣いているー

 

 

 

 

 

 

 

 


 いくらなんでも、コレは酷いと思う。
 長野で、「白い針葉樹」ってのが売ってたけど、台場が白くなる事なんて年に数回しかないだけに、より悪質だ。

♪しーろーい恋人が 泣いていーるー



2007年01月19日

私は今、中国にいます 中国は今、ここにいます。


中国からおはようございます。
 もりぞおです。

私は今、中国は広東省、広州にいます。仕事です。
 
今日は、ここの駐在員の人から聞いた、中国のちょっとフクザツな事情の話を私なりにアレンジしてお届けします。

駐在員の人が通訳の人と一緒に中国内陸部の、農村地帯にある工場に行った時のお話。


空港から2時間以上。何もない農村部の向こうに工場はあります。
車は、広大な畑と、わらぶき屋根の家だけが続く土地を走って行きます。

この農村部の人たちは、一日0.5元(7円)くらいで生活しているそうです。

そんな土地に、時たまこんなことが書いてある看板があります。
「男の子だけではなく、女の子も大切にしましょう」

どういうことかと通訳に聞いてみたところ、
 農村部では、貴重な労働力である男の子が大切。
 そして、一人っ子政策により、むやみに子供を生めない。

 だから、
 男の子が生まれる その家はお祭り騒ぎ 祭り
 女の子が生まれる ちょっとうれしい、ちょっと残念

 という事になるそうです。

 従って、必然的に親の愛が男の子に編重してしまいがち。そこであんなスローガンがあるのです。

 ただし、かの有名な一人っ子政策ですが、こういう農村部では、地方自治体が裏技を容認してくれるため、男の子が生まれるまで何とかしてくれるようです。

 一人目に女の子が生まれたら、おばあちゃんの子として登録
 二人目も女の子が生まれたら、戸籍登録せずにスルー(でも義務教育は受けられる)

 こんな風に、国の政策に地方が抜け道を作って運用しているようです。


 その農村部を走っていると、わらぶきの家にまじって、時たま綺麗なレンガ造りの家が目に付きます

「その家は、女の子が都会で働いているのですよ」

 女の子。特に二人目の戸籍がない子は、農村では仕事がないので、都会で働いて親に仕送りを送ります。
 都会で稼ぐ額は、月数百元(1万数千円)
 何割かを仕送りしてもらうのですから、一日0.5元(7円)で暮らしている農民は、今までと桁違いの収入を得る事になります。

 そして、家の値段は数万元(数十万円)
 女の子が、数年働いて仕送りを送れば、すぐに立派な家が買えてしまいます。


 さらに、そうやって都会に出て、数年働いて、政府に数千元(数万円)払うと、登録されてない戸籍を登録してくれて、晴れて戸籍上も家族の一員となれるそうです。


 この話は、数々の矛盾をはらんでいます。

 喜ばれて生まれた息子より、ちょっと残念がられて生まれた娘の方が、何百倍もの富を家にもたらしてくれること。
 
 農村で一生懸命農業を行う事と、都会で働くことの、埋めることの出来ない所得の差が存在していること。
 
 人が子供を生むという、人類の根本にかかわる営みに、国が制御をかけるという暴挙。

 さらに、そこに対する裏技。

 そして、金で根本的ルールもひっくり返ること。


 共産体制一党独裁
 市場経済の導入に伴う、あまりにも急激な経済発展と格差

 そんな中でも、中国人は、たくましく生きています。



2006年01月15日

中国へ行く

中国に行って参ります。

 突如、北京に行ってくることにしました。

理由1
 朝、日経のPodCastで、「年末年始の海外旅行者数は微減。中国便の搭乗率が50%を切っている」と言うことをきいたから

理由2
 通りすがりのペガサスさんが、中国行きをさらっと勧めてくれたから

理由3
 なぜか、部署の本棚に、「地球の歩き方 北京」があったから。

理由4
 聞けば聞くほどでたらめな国だから。

 理由1の原因である、鳥インフルエンザや暴動は、インドから比べたら屁みたいなものだし、航空券見たら、確かにガラガラだし、天安門とか万里の長城とか黄河とか、おいしいものもあるし、ということで、即決。チケット即取り。20000マイルなり。
 ちなみに、空港使用税が6800円もかかりやがる。なめてんのか?(この金は、北京国際空港建造費1200億円の穴埋めに使われるのか?)

 ちなみに、もりぞおさん、日本株だけではなく中国株もやっており、ちょうど見ておきたかったというのもあります。

 その関係で、中国関係のニュースはそれなりに見ているのですが、先週とんでもない発表をしてました。

(12/20)中国、GDP世界6位に・04年、16.8%上方修正

国国家統計局は20日、2004年の国内総生産(GDP)を16.8%上方修正すると発表した。その結果、04年のGDPは15兆9878億元(約1兆9300億ドル)に拡大、イタリアを抜いて世界6位になり、5位のフランスとほぼ並ぶ。

 どゆこと?
 2005年の12月になって、2004年のGDPを16%も上方修正って、日本の個人がこんなことやったら、税務署にボコにされますよ!?

 まあ、コレは、国ぐるみの悪質な所得隠しみたいなもんで、中国は「アタシ、ビンボー、アルヨ!」といって、ODA(政府開発援助)もらったり、国連分担金少なくしてもらったりと、いろいろやってたわけです。まあ、世の中ってのは、貧乏人にはやさしくできてますからね。

 ただ、どう考えてもあやしいってことで、アメリカのシンクタンクとかが調査した結果、とんでもない隠しが出てきたわけです。
 今年は去年よりもさらに8-9%のびてるわけで、2005年のGDPは、イギリス、フランスを抜いて世界第4位になることは確実。

 日経平均株価の上昇で浮かれているうちの首相とは大違いで、こんな祭り状態の経済成長時でも、一番得するにはどうすべきかをしたたかに考えている中国。

 見習いたくもあり、ムカツキもするこの国を、ちょっくらのぞいてきます。



livedoor プロフィール
コメント
点取占い様
点取り占いブログパーツ
test
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)