1587379026296765606
マツダのライトウェイトスポーツカー"Mazda MX-5 Miata/Roadster"の新型モデルが数日前にお披露目されたが(参照:マツダ、新型MX-5/ロードスターの画像を公開【動画追加】マツダ、MX-5 ミアータ/ロードスターの概要も発表)、お披露目の際に正確な数値が明らかにされていなかったその車輌重量について、現行NC型の1,120kg(RS)よりも丁度100kg軽量な1,020kgであるとオーストラリアのメディアMotoring.com.auがリポートしている(数値はおそらく日本仕様)。

また、排気量1.5Lと2.0Lが設定されるパワーユニットの2種の内のエントリーモデル用の1.5Lユニットに関し、その最高出力値が128hpであることも併せてリポートされている。この128hpという値は、現行NC型の2.0Lユニットの167hpよりもかなり劣るものであるが、欧州市場向けに販売されている排気量1.8Lユニットの126hpとは同等のものとなっている。おそらくは、約300ccも排気量が小さいことを鑑みると、炭素排出量や燃料消費量も大きく改善されていることだろう。


[ソース:Motoring.com.au via AutoGuide]