VW-Golf-GTI
フォルクスワーゲンのホットハッチ"Volkswagen Golf GTI"の次世代モデルに関する幾つかの情報を、入手したその情報を基に製作した予想イメージ(画像:上)と共に英国の自動車専門誌AutoExpressがリポートしている。


関連:噂:次世代のVW ゴルフ、2016年の後半にデビュー!? GTIは265馬力にパワーアップへ?


そのリポートによると、スチールとポリマーを組み合わせた新技術"steel-polymer sandwich tech"を用いることで更に軽量化が図られるという8世代目の"Volkswagen Golf"をベースとする新しいゴルフ GTIには、通常で260bhp、オプションパッケージの"Performance Pack"装着車で300bhp、最も強力な"Volkswagen Golf GTI Clubsport"バージョンで325bhpの最高出力値の排気量2.0L 4気筒ターボエンジンが搭載されるとのこと。また、駆動方式は前輪駆動で、ギアボックスは6速マニュアルトランスミッションないしは、現在の7速DSGと同様のサイズと重量であるという新開発の10速デュアルクラッチトランスミッション"DSG"のいずれかが組み合わせられるのだとしている。


少し前にお伝えした報道では、登場時期が前倒しになるとされていたが、AutoExpressの今回のリポートによると、次期型ゴルフ GTIのリリースは今まで言われていた通りの2018年以降となるそうである。


Source:AutoExpress