be-K93WE4aS9Jg
フランスの自動車専門誌Motorsport Magazineは、マニクール サーキットで行った"Audi R8 V10 Plus"のラップタイムの計測の映像を公開した。また、以前に計測した他のスポーツカーのタイムと今回計測したR8 V10 プラスのラップタイムの比較も行っている(映像2:20頃)。


関連:Video of the day:マニクールサーキットでドンカーブート D8 GTOのラップタイムを計測


第2世代の"Audi R8"の現状のトップエンドモデルであるR8 V10 プラスは、通常のR8よりも70ps、10Nm、それぞれ強力な最高出力610ps&最大トルク560Nmを発揮する排気量5.2L V型10気筒エンジンと7速デュアルクラッチトランスミッション"S tronic"、4輪駆動システム"quattro"をからなるパワートレインを搭載。加えて、車輌重量も40kgも軽量な1,555kgとするなど、シャシーもよりスポーティな仕立てとした仕様である。その動力性能は、0-100Km/h加速2.7秒、最高速度340km/hを公称している。