be-1fGpHQ8NbPc
スーパーカースポッターとして知られるShmee150氏は、スウェーデン エンゲルホルムに所在するKoenigsegg Automotive AB社の工場を探訪して、最新モデルの"Koenigsegg Regera"を同乗試乗(工場周辺を軽く流す程度)するなど取材。また、工場施設内で、そのレゲーラ及び"Koenigsegg Agera RS"の生産の模様も収めている。なお、工場の案内とレゲーラの解説は、Koenigsegg Automotive AB社の創業者で最高経営責任者でもあるChristian von Koenigsegg氏自らが行っている。


関連:Video of the day:ケーニグセグ、キャビンから撮影したレゲーラの公道でのテスト走行の模様を公開


Koenigsegg Automotive AB社の最新作であり、初のプラグインハイブリッド搭載モデルであるこのレゲーラは、最高出力1,085bhpを発揮する排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジンに、エンジン部とリアアクスル左右に配された計697bhpの出力の3基の電気モーターと9.27kWhの容量のバッテリー、KDD(Koenigsegg Direct Drive System)と呼ばれる固定ギア比のギアボックスからなるシステムを組み合わせた最高出力1,782bhp&最大トルク2,000Nmのプラグインハイブリッドドライブトレインを、カーボンモノコックシャシーに搭載するというメカニズムを採用した"Hybrid Megacar"である。車輌重量は1,628kg。動力性能は0-100km/h2.8秒、0-400km/h20秒以下と発表されている。


訂正:
タイトルの誤りを修正しました。
ご指摘下さった「6.通りすがりのエンスージアスト」様、感謝です。