Hyundai HND-9 Coupe Concept
現在開催中の2016 北米国際自動車ショーで、トヨタのレクサスブランドやドイツのプレミアムブランドに対抗する新ラグジュアリーブランド「Genesis」の初のモデル"Genesis G90"をグローバルなお披露目を行った現代自動車だが、そのジェネシスのラインナップに将来的に追加するクーペモデルに、BMWのハイパフォーマンスクーペ"BMW M4 Coupe"をターゲットとするようなパフォーマンスバージョンを設定することを計画していると、現代自動車の"N"パフォーマンス部門のトップであるAlbert Biermann氏への取材を基に米国の自動車専門誌Car and Driverが伝えている。ちなみにBiermann氏は、2014年末までBMW M GmbH社のエンジニアリング部門のヴァイスプレジデントを務めていた人物である(画像は2013年発表のコンセプトモデル"Hyundai HND-9 Coupe Concept")。


関連:プロモーション映像:2017 ジェネシス G90/EQ900


現代自動車が新たに起ち上げたパフォーマンスサブブランドの"N"に関しては、既にWRCマシンのイメージを反映した"Hyundai i30"のホットバージョンを開発していることが伝えられているが、その後に登場するであろうジェネシスブランドのパフォーマンスモデルは、現在の"Hyundai Genesis Coupe"の後継モデルとしてラインナップされる見込みの"Genesis G70 Coupe"がベースに開発されるとのこと。独得なコンセプトのアクスルを備え、高いハンドリング性を有するというこのG70 クーペの"N"ハイパフォーマンスバージョンには、425hpの最高出力を発揮する排気量3.0L 直列6気筒ターボエンジン搭載のM4 クーペに対抗すべくパワーアップした排気量5.0L V型8気筒エンジンないしは排気量3.3L V型6気筒ターボエンジンのいずれかが載せられる可能性があるとのことだ。


Source:Car and Driver