Ferrari_GTC4Lusso_01
フェラーリは、3月1日に開幕する2016 ジュネーブモーターショーで一般に向けての披露を予定する2+24シーターGTの"Ferrari FF"のフェイスリフトモデルの画像と概要を公開すると共に、フェイスリフトに併せ、その名称を"Ferrari GTC4Lusso"に改めることも発表した。


関連:フェラーリ、"FF"のフェイスリフトモデルのティーザー画像を投資家向けに公開


フロントセクションやリアセクション、サイドやドアパネルを含む、ほぼ全ての外板のデザインを改めた他、ヘッドライトやリアコンビネーションランプなどの造形も新たにすることによって、エクステリアのイメージをFFから刷新するGTC4ルッソは、10.25インチのディスプレイと最新のインフォテインメントシステム、よりコンパクトなエアバッグのコンポーネントの恩恵によって小型化されたフラットボトム ステアリングホイール、助手席側のダッシュボードに情報を映し出すディスプレイを配置することでパッセンジャーにもドライビングエクスペリエンスを提供する"Dual Cockpit"などを新たに採用した上、素材やデザインを見直すなどでキャビンも大幅にリフレッシュしている。


その長いフロントノーズに搭載する排気量6.2L V型12気筒エンジンは、FFよりも約30%も燃費を向上しながら、最高出力を651hpから680hpへ、最大トルクを683Nmから697Nmへと強化するなどのアップデートが施されたと発表。なお、最高速度値こそ335Km/hに据え置かれたが、0-100Km/h加速値は0.3秒速い3.4秒となっている。


その他、電子制御ディファレンシャル"E-Diff"、磁性流体ダンパー"SCM-E"、Cd値の改善に合わせた新しいセットアップが施された"Slip Side Control"システムなどに加えて、新開発の4輪駆動&操舵システム"4RM-S(four-wheel drive and steering)"も装備される。


Source:AutoGuide


訂正:
本文の誤記を修正しました。
「1.通りすがりのエンスージアスト」様、ご指摘感謝です。


Ferrari_GTC4Lusso_02

Ferrari_GTC4Lusso_07

Ferrari_GTC4Lusso_08

Ferrari_GTC4Lusso_05

Ferrari_GTC4Lusso_06

Ferrari_GTC4Lusso_04

Ferrari_GTC4Lusso_03

Ferrari_GTC4Lusso_09