米国テキサス州ヒューストンで行われたドラッグレースイベントの際に撮影された、冷や汗ものの一瞬の映像。


地元のチューナーのD3 Performance Engineeringによって、排気量8.4L V型10気筒エンジンにスーパーチャージャーを装着するなどのチューニングが施された"Dodge Viper"がドラッグストリップに登場(同じイベントにおいて、0-400mm9.4秒@143mph≒230Km/hというタイムを叩き出している。動画:下)。
しかし、強力すぎるパワーのためにレース中にコントロールが・・・!?


じゃじゃ馬過ぎ。